乳児期 | 乳児期の子育て
閉じる
  1. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  2. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  3. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  4. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  5. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  6. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  7. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  8. 赤ちゃんが首や頭を振る原因は病気?首振りが激しい、上下左右に振ると危険…
  9. 赤ちゃんの原始反射とは?一覧(種類、出現・消失時期)は?新生児に起こる…
  10. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんのおならが多い原因は?新生児がおならで泣く理由と対応は?
  2. いいとこ取り育児の問題とは?外面イクメンや偽イクメンを改めさせる方法は…
  3. いいとこ取り育児とは?ママがイライラする育児の具体例は?
  4. ジャーゴン・ジャルゴンの意味とは?失語症?言葉の発達との関係は?いつま…
  5. 赤ちゃんの運動機能の発達!原始反射から粗大運動・微細運動の発達!
  6. 赤ちゃんや幼児期の子どもの急病やケガの応急処置一覧!
  7. 赤ちゃんの事故の原因と事故防止法一覧!
  8. 産後うつとは?症状はいつまで?産後うつの原因、チェック、治療法は?
  9. 赤ちゃんの一人遊びはいつから?放置が良い?一人遊びしないと自閉症?
  10. 両親学級とは?目的と内容、いつ頃参加?行かなかったら?母親学校との違い…
閉じる

乳児期の子育て

タグ:乳児期

赤ちゃんは、生まれたての頃には自分の手足を自由に動かすこともできませんが、日に日に出来ることが増えていきます。手足を動かす、頭を上下左右に振る、寝返りや寝返り返りをうつ、ズリバイ・ハイハイで移動する、つかまり立ちや伝い歩きをするなど…

基本的信頼感は、発達心理学用語の一つです。赤ちゃんのうちに獲得されるべきもので、自己肯定感や自尊心を育んだり、社会の中で他人と円滑な関係を築いて充実した生活を送ったりするために重要だと考えられています。この記事では、基本的信…

乳児期の赤ちゃんは、親をはじめ周囲の大人からお世話してもらわないと生きていけません。そのため、お世話をしてくれる人との密接な関係を築くための能力をいくつも持っています。中でも、自分の発見、共同注意、社会的参照、愛着はとても大…

主な原因はストレスと言われる歯ぎしり。「ギシギシ」という独特の不快な音に加え、歯や顎へのダメージ、頭痛や肩こりにも繋がるため、歯ぎしりに悩む人は少なくありません。実は歯ぎしりは、大人だけではなく、乳児期の赤ちゃんにも見られる…

点頭てんかんという病気を知っていますか?点頭てんかんは、てんかんの一種ですが、一般的なてんかんと違って症状が分かりにくく、たくさんある赤ちゃんの病気の中で「気づきにくい病気」の一つと言われています。一方で、早期発見、早期治療…

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がることはありませんか?法律上、赤ちゃんを車に乗せる時は、チャイルドシートに座らせることが義務づけられていますが、チャイルドシートを嫌がる赤ちゃんはとても多いものです。チャイルドシートに座らせる…

赤ちゃんがいつも同じ方向を向いて寝ていたら、向き癖がついている可能性があります。赤ちゃんの頭はとても柔らかく変形しやすいので、向き癖がついてしまうと頭の形がいびつになるリスクがあります。そこで、このページでは、向き癖の原因と…

「揺さぶられっ子症候群」という概念が登場し、赤ちゃんを揺さぶる行為が、赤ちゃんに悪影響を与える可能性があることが知られるようになりました。しかし、揺さぶられっ子症候群を引き起こす要因や具体的な症状はあまり広まっておらず、「赤ちゃんを…

赤ちゃんは、日に日に出来ることが増えていきます。寝返りやハイハイを覚えると、床の上を自由自在に動き回るようになり、つかまり立ちや伝い歩きを覚えると、高いところにある物を取ることができるようになります。つかまり立ちや伝い歩きが…

赤ちゃんは、毎日のように新しいことを覚えます。ついこの間首がすわったと思ったら寝返りを覚え、気がつくとハイハイで部屋中を動き回るようになっています。そして、二次元(平面)の移動に慣れると、今度は三次元(立体)に興味を持つよう…

舌の色は、表情や動き、体温などと同じく、赤ちゃんの健康状態を知るための大切な指標です。舌には血管がたくさん通っていて、体調の変化ですぐ色が変わるので、赤ちゃんの健康状態を簡単にチェックすることができます。母乳やミルク、離乳食…

乳児期の赤ちゃんは、大人より免疫力が弱くて病気にかかりやすいものです。鵞口瘡(口腔カンジダ症)も、乳児期にかかりやすい病気の一つです。聞きなれない名前ですが、「赤ちゃんの口の中や舌が白くなる病気」と言えば、「あ!あれが鵞口瘡…

赤ちゃんは、自分の髪の毛を引っ張ったり、むしったりすることがあります。赤ちゃんの髪の毛は大人に比べるとデリケートな上、赤ちゃんは髪の毛を力いっぱい引っ張ったりむしったりするので、抜け毛や髪の痛みの原因になってしまいます。赤ち…

赤ちゃんは、手で物を掴んだり、腕をブンブン振り回したりできるようになると、手で掴んだ物を投げるようになります。見ている分にはとても可愛く赤ちゃんの成長を感じられる行動ですが、コップにおもちゃ、ティッシュの箱、離乳食の入ったお皿など、…

発達障害は、早期発見・早期療育が大切です。「子どもが発達障害かもしれない。」と思ったら、早めに子どもに病院や専門機関を受診させ、必要に応じて療育を受けさせることで、発達障害の諸症状が日常生活に及ぼす影響を最小限に抑えることができます…

昔は、知能などに遅れがある障害を精神薄弱や精神遅滞と呼んでいましたが、約20年前に知的障害(知的発達障害の略)という言葉が使われるようになり、一般社会にも広まっています。しかし、知的障害とはどのような障害で、原因、症状、特徴は何かな…

赤ちゃんはテレビが大好きです。テレビを付けっぱなしにしていると、赤ちゃんは、ジッと画面を見つめます。また、ハイハイやつかまり立ちができるようになると、テレビのまん前まで行って食い入るように画面を見るようになります。赤…

赤ちゃんは、様々な病気を抱えて生まれてくる可能性があります。その一つがダウン症です。ダウン症は、染色体の異常による先天性の病気で、精神発達の遅れなど様々な症状があります。この記事では、ダウン症の原因と種類、赤ちゃんが…

赤ちゃんの夜泣きは、子育てにおける大きな悩みの種の一つです。ある日突然始まって数ヶ月以上にわたって続く上、お父さんお母さんが熟睡している時に泣き出すことが多いため対応がとにかく大変で、育児の中でも負担感が大きくストレスがたまりやすい…

赤ちゃんは風邪をひきやすいもの赤ちゃんがかかる病気で最も多いのが、風邪(かぜ)です。風邪とは、ウィルスや細菌などの感染により、気道が炎症を起こした状態です。感冒とも呼ばれます。風邪は、咳、鼻水、鼻づまり、下痢、頭…

さらに記事を表示する

読まれている記事

  1. ロタウィルス
  2. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  3. カンガルーケア 赤ちゃん
  4. 原始反射
  5. 予防接種
  6. 予防接種
  7. ロタウィルス
  8. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  9. 赤ちゃん 風邪 発熱 下痢 咳 鼻水 鼻づまり
  10. 赤ちゃん 首 頭 振る 筋性斜頸
ページ上部へ戻る