里帰り出産のメリットとデメリット(里帰り出産しないメリット)は?

里帰り出産 いつから いつまで

「赤ちゃんをどこで出産するか」は、妊婦やその家族にとって重要なテーマの一つです。

日本においては、「夫が多忙で、出産前後の家事やきょうだいの世話に不安がある。」、「生まれ育った地域で出産したい。」などの理由で里帰り出産を選択するお母さんがたくさんいます。

しかし、里帰り出産にはメリットだけでなくデメリットもあります。

この記事では、里帰り出産の概要、メリットとデメリットについて紹介します。

里帰り出産とは

里帰り出産とは、妊婦が一時的に実家へ帰省して、実家のある地域の病院で赤ちゃんを産むことです。

出産後のお母さんは、出産によって疲弊している上、生まれたての赤ちゃんのお世話にかかりきりになります。

お父さんが産前産後休暇や育児休業を取得したり、近くに住んでいる家族の手掛かりられたりするなどのサポートが得られない場合、お母さんだけで赤ちゃんのお世話と家事などをこなすことは困難です。

そのため、出産前に実家へ里帰りし、実家のサポートを得られる状態で出産したいと望むお母さんが増えています。

特に、初産の場合は里帰り出産を選択する確率が高くなっています。

スポンサーリンク

里帰り出産のメリットとデメリット

里帰り出産はメリットが目立っていますが、デメリットもあります。

里帰り出産するかどうかは、メリットとデメリットを踏まえて夫婦で十分に考慮した上で決めることが大切です。

里帰り出産のメリット

里帰り出産のメリットは、以下のとおりです。

  • 出産や育児の経験がある親がそばにいてくれる
  • 家事やきょうだいの世話を親に任せ、赤ちゃんの世話に集中できる
  • 生まれ育った地域で産後の疲れをいやすことができる

出産や育児の経験がある親がそばにいてくれる

妊婦の母(赤ちゃんの祖母)が健在であれば、出産や子育ての経験を活かしたサポートやアドバイスを受けることができます。

例えば、妊婦健診の送迎をしてくれる、陣痛が始まった時に一緒に病院へ行ってくれる、出産前の入院手続きや衣類の差し入れなどをお願いすることができます。

また、出産や育児を経験した親族がそばにいてくれるだけで気持ちが落ち着くという効果もあります。

家事やきょうだいの世話を親に任せ、赤ちゃんの世話に集中できる

お母さんは、赤ちゃんが産まれると、昼夜問わず赤ちゃんのお世話に追われることになります。

里帰り出産していれば、家事などを家族に任せて赤ちゃんのお世話に集中することができますし、きょうだいがいる場合はその世話も任せておくことができます。

また、赤ちゃんのお世話についても必要に応じてサポートやアドバイスをもらうことができます。

さらに、夫に気を遣う必要もなく、夫婦だけの場合よりも心身に余裕が生まれます。

生まれ育った地域で産後の疲れをいやすことができる

出産後は、出産によって疲労している上、出産直後から始まる赤ちゃんのお世話でさらに疲れが蓄積します。

里帰り出産をしていれば、赤ちゃんのお世話をはじめ生活全般において家族のサポートを受けることができ、産後の疲れをいやすことができます。

また、地元には昔からの友人知人がおり、行きつけのお店があるなど、気持ちの面でも産後の疲れをいやしやすいものです。

里帰り出産のデメリット(里帰り出産しないメリット)

里帰り出産のデメリットは、以下のとおりです。

  • 帰省の準備や転院の手続きが面倒
  • 一定期間は夫婦が離れて暮らすことになる
  • 経済的な負担が増える
  • 親から育児に口出しされる
  • 親に気兼ねする
  • 甘えすぎる

帰省の準備や転院の手続きが面倒

里帰り出産をする場合、まずは夫婦で里帰り出産することを話し合い、実家の親の了解を取り付ける必要があります。

また、両家の予定などを考えて帰省の時期や期間を大まかに決め、実家に帰省する準備や転院の手続きを進めなければなりません。

特に転院の手続きは、元の病院に事情を説明して紹介状を作成してもらい、里帰り先で病院を決めて通院や入院の手続きを進めるなど、手間がかかります。

一定期間は夫婦が離れて暮らすことになる

里帰り出産をする場合、遅くとも臨月前後には里帰りし、出産後も赤ちゃんやお母さんの状態が落ち着くまでは里帰り先で過ごさなければなりません。

短くても一ヶ月間くらい、長いと数ヶ月間は夫婦が離れて暮らすことになります。

急に単身生活に戻ったお父さんとしては、身の回りのことを全て自分でしなければならない上、家に帰っても一人という環境に寂しさを感じることもあります。

お母さんとしても、実家のサポートが受けられるものの、互いに支え合っていた夫がいない生活に違和感や寂しさを感じることがあります。

経済的な負担が増える

里帰り期間中は、実家から一定の支援を受けられるにしても、「親しき中にも礼儀あり。」、「できるだけ親に負担を掛けたくない。」などと考えて、生活費の一部など何らかの経済的負担をしている人がほとんどで、夫婦同居時より出費が増えるのが一般的です。

里帰り期間が長くなるほど、経済的負担は大きくなる傾向にあります。

親から育児に口出しされる

実家の親は「子育ての先輩」であり、困った時にアドバイスやサポートをもらえる頼れる存在です。

しかし、育児の方法は時代とともに変化するものですし、いくら親子でも子育ての方針が完全に一致することはありません。

そのため、里帰り出産中は、育児の方法や方針をめぐって親子ですれ違いや対立が起こることも珍しくありません。

例えば、「赤ちゃんには母乳だけ飲ませるべき。」、「手袋や靴下は使わない方が良い。」、「沐浴後は白湯を飲ませないといけない。」など、育児のいたるところですれ違いが起こります。

親に気兼ねする

お母さんが里帰りしている期間中は、実家全体が出産や育児を最優先にした生活を送ることになります。

そのため、里帰り期間が長くなるにつれて、実家の親や家族に申し訳なさを感じたり、気兼ねして思ったことを言いにくくなったりすることがあります。

また、家族の方も気兼ねしたり気を使ったりしているため、お互いにストレスを募らせて些細なことで衝突してしまうことも珍しいことではありません。

甘えすぎる

実家に帰ると、ついつい親の厚意に甘えてしまうものです。

里帰り出産でも同じで、親が何でもやってくれるからとついつい甘えてしまいがちです。

しかし、親には親の生活があり、あまりに甘えすぎていると親子関係が悪化する原因となります。

また、夫婦同居を再開した後に「実家ではあんなに楽だったのに。」と不満を抱き、夫婦喧嘩に発展してしまうこともあります。

スポンサーリンク

里帰り出産するかどうかは十分に話し合って決める

里帰り出産は、メリットだけでなくデメリットもあります。

里帰り出産によって夫婦関係が悪化したり、実家の親との関係がギクシャクしたりすることもあるため、まずは、里帰り出産について夫婦や実家の親と十分に話し合い、全員が納得した上で里帰り出産をしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

里帰り出産は、出産前後の家事などの負担が軽くなり、生まれたての赤ちゃんのお世話に集中したり、産後の疲れを癒したりすることができるメリットがあります。

一方で、奇声の準備など手間がかかり、夫婦が離れて暮らす期間が生じ、実家の親との関係に気を遣う必要があるなどのデメリットも存在します。

出産前は里帰り出産のメリットばかりが目について安易に選択しがちですが、出産後の夫婦関係や実家との関係を考えると、里帰り前出産について、夫婦や実家の親と十分に話し合っておくことが欠かせません。

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 赤ちゃん 風邪 発熱 下痢 咳 鼻水 鼻づまり
  4. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  5. 赤ちゃん 医療費控除 申請 計算 対象
  6. 赤ちゃん 自閉症 症状 兆候
  7. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  8. カンガルーケア 赤ちゃん
  9. 発達障害 図 自閉症
  10. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害

facebookページ

ページ上部へ戻る