閉じる
  1. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  2. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  3. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  4. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  5. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  6. 赤ちゃんが首や頭を振る原因は病気?首振りが激しい、上下左右に振ると危険…
  7. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  8. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  9. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  10. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
閉じる

乳児期の子育て

産後うつとは?症状はいつまで?産後うつの原因、チェック、治療法は?

産後うつ 症状 原因 治療

産後うつは、多くの女性が出産後に経験する症状の一つです。

何が原因で、どのような症状が起こるのでしょうか?

また、どのように産後うつをチェックし、治療するのでしょうか?

この記事では、産後うつの概要、原因、症状、チェック方法、治療法について紹介します。

スポンサーリンク

産後うつとは

産後うつとは、出産後に起こるうつ症状のことです。

漠然とした不安、気分の落ち込み、不眠、倦怠感などが継続して注意力や集中力が低下し、さらにネガティブな気持ちになるという悪循環に陥りやすく、育児放棄、乳児虐待(児童虐待)、自傷行為などにつながるリスクもあります。

時間の経過とともに症状が落ち着くこともあれば、精神疾患へ進行してしまうこともあります。

男性の産後うつ傾向について

一般的に、産後うつは女性のみに起こる症状だと思われがちです。

しかし、「20%弱の男性が、妻の出産後に理由なく不安や心配する傾向がある。」という国立成育医療研究センターが2016年に発表した調査結果があり、男性も妻の出産後にメンタル面の問題を抱えるリスクがあることが示されています。

この調査では、妻が妊娠中の男性のメンタルヘルスの状態と虐待につながる行為との関係が調査され、215人の男性のうち16.7%(36人/215人)の男性が「うまくいかないときに自分を責めることがある。」などのうつ傾向を示したとされています。

産後うつの原因

産後うつは、出産に伴うホルモンバランスの急変、出産で疲弊した状態で赤ちゃんのお世話を続けることによる育児疲れ、育児に対するプレッシャー、夫など周囲の協力が得られない不満と先行きへの不安などによって起こると考えられています。

ただし、原因が特定されているわけではなく、現在は、ホルモンバランスの変化と生活環境の要因が相互に絡み合って発症するという考え方が主流になっています。

ホルモンバランスの急変

妊娠中に大量に分泌されていた女性ホルモン(プロゲステロン、エストロゲン)の分泌量が出産後に急減する一方で、母乳の分泌に関わるホルモンなどの分泌が増えます。

その結果、ホルモンバランスの急な変化に身体がついていけず、自律神経に影響を及ぼして情緒が不安定になる傾向があります。

育児疲れ

出産後の女性は、妊娠によって疲弊した身体が回復しないまま、赤ちゃんのお世話に追われることになります。

昼夜問わず授乳、オムツ交換、抱っこしての寝かしつけなどを繰り返すことでより一層身体に疲労が蓄積します。

寝不足になり、自分の時間はおろか十分に食事をとることさえままならないことも多く、身体だけでなく心もすり減って不安定になってしまう傾向があります。

育児に対するプレッシャー

赤ちゃんは、身の回りのことを全て親にしてもらわないと生きていけません。

また、ちょっとした刺激で体調を崩し、些細なミスが重大なケガや病気につながります。

そのため、「赤ちゃんを健康に育てないといけない。」という重い責任とプレッシャーに押しつぶされそうになりながらお世話を続け、疲弊してしまうことが多いものです。

周囲の協力が得られない(ワンオペ)

出産後に家事育児のサポートが得られなことも、大きなストレスになります。

出産直後からいわゆる「ワンオペ」状態に陥り、気持ちが落ち込んでしまう女性は少なくありません。

関連記事

ワンオペ育児の意味とは?共働き、専業主婦、単身赴任のワンオペは当たり前?

先行きの不安

「食事もろくに取れず、体調不良や寝不足が続き、ストレスを抱えたままの生活がこの先もずっと続くのではないか。」、「家事育児を一人で担う生活をいつまで続ければ良いのか。」など、先行きに対する不安も産後うつの一因になると考えられています。

産後うつの症状

産後うつでは、一般的なうつ病に見られる心身の症状に加え、産後うつ特有の症状が見られます。

うつ病の心の症状

うつ病患者は、自分自身や自分が置かれた環境をネガティブに捉え、「自分は誰からも必要とされない人間」だと思い込んだり、引きこもって社会とのかかわりを遮断したりします。

また、うつ病の症状は、一般的に、うつ病の症状は日内変動が大きく、朝が最も重く、夕方頃には軽くなる傾向があります。

うつ病患者に見られる主な心の症状は、以下のとおりです。

  • 気分が落ち込む(憂鬱)
  • ネガティブなことばかり考える
  • 不安が抑えられない
  • 物事に集中できない
  • 空虚さを感じる
  • 寂しさを感じる
  • 何事にも興味がわかない
  • 何事にも楽しさを感じない
  • 何事もやる気がしない
  • 外出が億劫
  • 対人関係が億劫
  • 食欲がない
  • イライラしやすい

うつ病の身体の症状

心の症状に伴い、身体にも様々な症状が現れます。

うつ病の身体の症状は、以下のとおりです。

睡眠の異常(寝つきが悪くなる、眠りが浅い、すぐ目が覚める)

  • 慢性的な倦怠感
  • 慢性的な疲労感
  • すぐ疲れる
  • 感情の起伏が激しくなる
  • 喉の渇き
  • 頭痛
  • めまい
  • 動悸
  • 身体の痺れ
  • 体重減少

産後うつ特有の症状

赤ちゃんは、親の言動を敏感に察知するため、親が産後うつになって不安定な様子を見せると、赤ちゃんも不安や怖さを感じて不安定になることがあります。

また、育児放棄や虐待など、赤ちゃんの成長発達に悪影響を及ぼすリスクもあります。

産後うつ特有の主な症状は、以下のとおりです。

  • 育児に過度に神経質になる
  • 赤ちゃんがかわいいと思えない
  • 赤ちゃんに愛情を感じない
  • 赤ちゃんを育てる自信が持てない
  • 育児に強い負担感や徒労感を抱く
  • 赤ちゃんのお世話を続けるくらいなら死にたいと思う
  • 自分の生活が赤ちゃんに束縛されていると感じる
  • 育児に前向きになれない自分を「ダメな母親」だと思い込んで責める
  • 赤ちゃんを産まなければよかったと思う

スポンサーリンク

産後うつの時期(いつから、いつまで)

出産後は、ホルモンバランスや生活が急変し、想像できないくらいのストレスを感じて心が不安定になりやすい時期です。

出産直後から出産後1ヶ月程度の間には、多くの女性が軽いうつ症状や不安神経症状などを経験します。

いわゆる「マタニティブルー」と呼ばれる状態です。

その後、症状が落ち着くこともあれば、産後うつに移行することもあります。

つまり、産後うつの始まる時期は、出産後1ヶ月頃が多くなっています。

産後うつがいつまで続くかは個人差が大きく、1~2ヶ月程度で症状が治まることもあれば、1年近く症状に悩まされ続けることもあります。

ここでいう「個人差」とは、女性の気質、性格、体質だけでなく、育児スタイルや周囲のサポートなど生活環境も含んでいます。

産後うつのチェック

産後うつのチェック方法としては、EPDS(エジンバラ産後うつ病自己評価票)が世界的に有名です。

EPDS(エジンバラ式産後うつ病自己評価票)とは

EPDSとは、産後うつ病のスクリーニングを目的として開発された質問紙です。

1987年に英国で開発された後、各国の言語に翻訳されて世界的に普及しており、日本でも使用されています。

翻訳版の発行に当たっては信頼性や妥当性の検証が行われており、日本語版についても、出産後1ヶ月における信頼性や妥当性の検証が行われています。

EPDSは、自己記入の質問紙です。

10のチェック項目にそれぞれ4つの選択肢があり、最も当てはまるものを選択します。

所要時間は約5分です。

各チェック項目の回答について0点から3点の得点を与えて評価します(0~30点)。

日本語版EPDSでは、9点以上で産後うつ病の可能性が高く(感度75%、特異度93%)、病院を受診する目安とされています。

ただし、EPDSはあくまで自己評価に基づくチェックなので、EPDSの結果のみで診断がつくことはありません。

EPDSのチェック項目

日本語版EPDSでは、「あなたが、過去7日間に感じたことに最も近い答えにチェックをつけてください。」と教示し、以下のチェック項目に回答してもらいます。

  1. 笑うことができたし、物事の面白い面も分かった。
  2. 物事を楽しみにして待った。
  3. 物事が悪くいったとき、自分を不必要に責めた。
  4. はっきりとした理由もないのに不安になったり、心配した。
  5. はっきりとした理由もないのに恐怖に襲われた。
  6. することがたくさんあって大変だった。
  7. 不幸せなので、眠りにくかった。
  8. 哀しくなったり、惨めになった。
  9. 不幸せなので、泣けてきた。
  10. 自分自身を傷つけるという考えが浮かんできた。

各チェック項目には、いつも同様にできた、あまりできなかった、明らかにできなかった、全くできなかったの4択で回答します。

産後うつの治療

産後うつへの対応では、無理をしすぎず心と身体をいたわることが大切です。

家事育児をできる限りパートナーや家族に任せ、十分な睡眠と1日3食の食事をとり、適度な運動を心がけて、規則正しい生活リズムを取り戻すとともに、趣味や外出などリラックスできる時間を持つようにしましょう。

どうしても症状が改善しない場合は、産婦人科や保健センターの相談窓口などに相談し、適切な治療を受けたり専門機関を紹介してもらったりしてください。

産後うつの治療は、心理療法や薬物療法が中心になりますが、治療の内容は症状の程度などによって異なります。

スポンサーリンク

まとめ

産後うつは、出産を経験した人なら誰にでも起こる可能性があります。

産後うつの予防を意識しておくことは大切ですが、産後うつになったとしても気に病む必要はなく、「誰にでも起こることだ。」、「それだけしんどい思いをしているのだ。」と考え、自分を労わる気持ちを持ってください。

Facebookページ

ページ上部へ戻る