閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  2. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  3. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  4. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  5. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  6. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  7. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  8. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  9. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  10. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんのよだれが多いのはいつからいつまで?かぶれ、出ないときの対処は?

赤ちゃん よだれ 多い いつから いつまで 臭い 出ない 少ない

赤ちゃんのよだれは、健全に成長・発達をしている証であり、健康状態を知る上で大切なバロメーターの一つです。

しかし、よだれが出ていると「不衛生じゃないか」「肌が荒れるのではないか」と心配になるものです。

また、よだれがたくさん出すぎる、まったく出ない、よだれが増える時期が他の赤ちゃんより遅かったり早かったりするといった場合には、不安にかられてしまうでしょう。

そこで、このページでは、赤ちゃんのよだれの機能、よだれが出る原因と多い理由、よだれが多くなるのはいつからいつまでか、よだれが多い時期の対処方法、よだれが出ない・少ない・臭いなど、注意したいよだれにについて紹介します。

よだれの機能

赤ちゃんのよだれが出てくるのには、たくさん理由があります。

  • 食品の消化を助ける
  • 口内の粘膜を保護する
  • 口内の湿度を一定に保つ
  • 口内を洗浄、殺菌する

赤ちゃんは、大人に比べて身体の機能も免疫も未熟で、細菌やウィルスに感染しやすいものです。

そのため、よだれをたくさん出して、細菌やウィルスが口から体内へ侵入するのを予防しています。

よだれがダラダラ出ていると心配になるかもしれませんが、たくさん出ているのは赤ちゃんが健康な証です。

赤ちゃんのよだれがたくさん出る理由

赤ちゃんは、どうしてよだれが口からあふれ出てしまうのでしょうか。

唾液を飲み込めない

よだれとは、口の中の唾液が外にあふれ出たものです。

大人は、唾液が分泌されても口の中に留めておき、溜まってくると飲み込むことができます。

しかし、低月齢の赤ちゃんは、唾液を飲み込むことを覚えていないので、口の中に唾液が溜まってくると口の外に出してしまうのです。

口をずっと閉めていられない

大人は、口を閉じて唾液が口の外に出ないようにしています。

しかし、赤ちゃんは、口の周りの筋肉が十分発達しておらず、上手に口を閉めておけないので、よだれがあふれ出てきます。

唾液の分泌量が増える

赤ちゃんは、生後2ヶ月~生後3ヶ月頃から唾液の分泌量が増え始め、それに伴ってよだれがたくさん出るようになります。

指しゃぶり

赤ちゃんは、よく指しゃぶりをします。

特に、乳歯が生え始める時期は歯ぐきにむずがゆさを感じるので、よく指を口の中に入れるようになります。

その結果、唾液腺を刺激してよだれがたくさん出ます。

関連ページ

赤ちゃんのよだれはいつからいつまでが多い?

赤ちゃんが口からよだれを垂れ流すのは、いつから、いつまでなのでしょうか。

また、よだれの量が特に多いのはいつ頃の時期でしょうか。

赤ちゃんのよだれはいつから

赤ちゃんは、生後2ヶ月~生後3ヶ月頃から唾液の量が増え始め、よだれが目立つようになります。

そして、離乳食を始める生後5ヶ月頃になると、離乳食をしっかり消化するために一段と唾液の分泌が増えて、よだれの量も増えていきます。

乳歯が生え始める生後6ヶ月~生後9ヶ月頃には、口の中がむずがゆくなるので、何にでも噛みついたり、指で歯茎を触ったりして唾液腺を刺激し、唾液の分泌を促します。

赤ちゃんのよだれはいつまで

生後9ヶ月頃になると、口の周りの筋肉が発達して口を閉めておけるようになります。

また、唾液を上手に飲み込めるようにもなるので、よだれがダラダラと流れ出すことは少なくなっていきます。

1歳頃には、よだれの量が落ち着いてくるのが一般的です。

ただし、個人差があります。

よだれの量が多くなる時期や、量が落ち着く時期は、赤ちゃんの成長や発達の速度に比例する傾向があります。

つまり、成長が早い赤ちゃんはよだれの量が多くなったり、落ち着いたりする時期も早い傾向があります。

2歳を過ぎてもよだれの量が落ち着かない場合は、小児科に相談

よだれの量が落ち着く時期は個人差が大きいので、よだれの量が多いままでも、病気や障害を心配する必要はありません。

ただし、いつまでもよだれを流し続けていると、外出中や保育園で好奇の目を向けられてしまいますし、衛生面の問題もあります。

2歳をすぎても、赤ちゃんのよだれの量が落ち着かない場合は、一度、小児科などに相談して対応を検討しましょう。

家庭では、「よだれ出てるよ。お口閉めようか。」「つばがたくさん出てるのかな。ゴックンしようか。」と指摘してあげましょう。

また、口の周りの筋肉を鍛えるために、離乳食のときにしっかりもぐもぐさせるのも効果的です。

赤ちゃんのよだれが多い時期の対処とよだれかぶれ

よだれを放っておくと、よだれかぶれを起こしたり、よだれに細菌やウィルスがくっついたりしてしまうので、こまめによだれを拭き取ってあげることが大切です。

ゴワゴワのタオルを使ったり、ゴシゴシこすったりすると、赤ちゃんの肌を痛めてしまいます。

また、上下左右に拭き取ろうとすると、嫌がる赤ちゃんが少なくありません。

濡らしたガーゼハンカチで、口の周りをトントンと優しくたたくように拭き取ってあげましょう。

拭き取った後は、皮膚が乾燥するまでソッとしておいてあげましょう。

赤ちゃんから目を離すときは、食事中以外でもよだれかけ(スタイ)を付けさせ、よだれでベタベタになる前にこまめに交換します。

赤ちゃんのよだれかぶれ

よだれかぶれとは、よだれが原因で口の周り、頬、首がかぶれた状態です。

赤ちゃんは、大人に比べて皮膚が薄いため、よだれがついたまま放置するとすぐ荒れてしまいます。

真っ赤にかぶれ、かゆみで赤ちゃんが不機嫌になることもあります。

よだれかぶれのケア

どれだけ気を使っていても、赤ちゃんはよくよだれかぶれになります。

よだれかぶれになったら、よだれを拭き取った後に、ワセリンやベビーオイルで皮膚を保湿してあげましょう。

ワセリンやベビーオイルは、赤ちゃんのヨダレで流れてしまうので、よだれを拭き取って乾燥させた後は、毎回塗ってあげましょう。

保湿してもよだれかぶれが改善されない場合は、小児科に相談した上で、皮膚科を受診しましょう。

こんなよだれには要注意

よだれは、赤ちゃんの体調のバロメータです。

次のようなよだれには注意が必要です。

  • よだれが出ない・よだれの量が少ない
  • よだれが臭い
  • 泡状のよだれが出る

よだれが出ない・よだれの量が少ない

赤ちゃんにとっては、よだれがたくさん出ているのが健康な状態なので、よだれが出ない、よだれの量が少ない場合は注意が必要です。

赤ちゃんが唾液を上手に飲めていたり、口を閉じられるようになっていたりするのであれば、問題ありません。

しかし、急によだれが出なくなった場合は、脱水を起こしている可能性があります。

赤ちゃんの体調をこまめに確認し、いつもより多めの水分補給を心がけましょう。

唾液が出ない状態が続くと、口の中が乾燥してしまい、粘膜が十分に機能せず細菌やウィルスに感染しやすくなりますし、離乳食が十分消化されなくなることもあります。

3日以上よだれが出ない場合は、小児科を受診しましょう。

よだれが臭い

通常、赤ちゃんのよだれは無臭でサラッとしています。

赤ちゃんのよだれが臭い場合は、口内の水分量が少なくなって雑菌が繁殖している可能性があります。

臭いだけでなく、よだれに粘り気がある場合は、口内環境が悪くなっていると判断して間違いないでしょう。

多めに水分補給して口内環境を整えてあげましょう。

泡状のよだれが出る

赤ちゃんの口元に泡状のよだれが出ていることがあります。

これは、赤ちゃんが口をたくさん動かして、よだれが泡立っているためだと考えられています。

泡状のよだれが出たからといって、病気を心配する必要はありません。

ただし、赤ちゃんが口内の乾燥を気持ち悪がって口を動かしている可能性があるので、よだれの匂いや粘り気を確認し、多めに水分をあげましょう。

うちの場合

うちの赤ちゃんは、それはもうたくさんよだれを流していました。

よだれを流し始めたのは、標準的な時期より少しゆっくり目の生後4ヶ月頃からで、離乳食を始めた後はいつも滝のようなよだれを流すようになり、1時間おきくらいでよだれかけを交換していました。

よだれでぐっしょり濡れたよだれかけは気持ち悪いらしく、自分で引っ張って首から取り、ブンブン振り回したり床に投げつけたりして周囲によだれをまき散らしていたのが記憶に焼き付いています。

よだれが落ち着いたのは生後2歳の誕生日を迎える前くらいです。

私が一人で赤ちゃんを2日間くらいお世話した日があり、昼を過ぎてもよだれかけがほぼ濡れていないので、「あれ、そういえばよだれ流さなくなったね。」と気づきました。

妻の話では、数か月前からよだれかけを交換する回数が一気に減ったようでした。

ページ上部へ戻る