赤ちゃんが笑わない原因は障害?自閉症や発達障害児も笑わない?

赤ちゃん 笑わない 原因 何ヶ月

赤ちゃんの笑顔は、見る人を幸せな気持ちにしてくれます。

通常、赤ちゃんの笑いは、新生児~生後1ヶ月頃には新生児微笑(生理的微笑、無意識に起こる微笑み)が中心ですが、生後2ヶ月~3ヶ月頃になると社会的微笑(刺激に対する反応としての笑い)に切り替わっていきます。

そして、月齢を経るにつれて、自らの意思で笑うことを学習し、満面の笑み、微笑み、照れ笑いなど笑いのバリエーションも豊富になります。

しかし、中には、抱っこしてあやしても、好きなおもちゃを渡しても笑わない赤ちゃんがいます。

親としては、赤ちゃんが笑わないと「病気や異常があるのではないか。」、「育て方が悪いのではないか。」などと心配になってしまうものです。

どうして笑わない赤ちゃんがいるのでしょうか。

この記事では、赤ちゃんが笑わない原因と対処法について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが笑わない原因と対処法

赤ちゃんが笑わない原因は、赤ちゃんの発達から親の関わり方、病気や障害まで様々あり、それぞれ対応が異なります。

赤ちゃんが笑わない原因:生理的微笑(新生児微笑)に気づかない

新生児期の赤ちゃんは、気分や感情とは関係なく無意識に笑うことがあります。

生理的微笑(新生児微笑、自発的微笑)と呼ばれる現象です。

生理的微笑は、親が微笑みかけるといった周囲の刺激とは関係なく無意識に起こる笑いで、1日に何度も笑う赤ちゃんもいれば、数日に1度くらいしか笑わない赤ちゃんもいます。

そのため、赤ちゃんが笑っていることに気づかない親も少なくありません。

特に、上の子の世話や家事に追われていたり、毎日仕事で多忙だったりする場合、赤ちゃんが笑うのに気づかず見逃している可能性があります。

生理的微笑に気づかない場合の対処法

赤ちゃんと過ごす時間を増やし、赤ちゃんの顔をこまめに確認することにつきます。

関連記事

生理的微笑・新生児微笑とは?いつからいつまで?社会的微笑との違いは?

赤ちゃんが笑わない原因:性格や個性

泣くことは、赤ちゃんが欲求を周囲に伝えてお世話してもらうための手段であり、胎外で生きていくための生命線です。

そのため、障害などで泣くことができないなどの場合を除き、生まれたての頃はどの赤ちゃんもよく泣きます。

一方で、笑うことは、泣くことに比べると重要度が低く、泣くことよりも個人差が大きいものです。

生理的微笑は新生児期から見られますが、社会的微笑を始める時期は生後2ヶ月以降と遅く、自発的な笑いを始めるのはさらに月齢を経なければなりません。

また、笑う頻度も赤ちゃん一人ひとり違うため、笑わない、正確には笑う頻度が低い赤ちゃんもたくさんいます。

性格や個性が原因で笑わない場合の対処法

赤ちゃんが笑わない原因が、性格や個性なのか他の要因によるものなのかは判断しにくいものです。

「あれ、赤ちゃん笑わないなあ。」と感じ、不安がある場合は、小児科や子育て支援センターなどに相談してみてください。

赤ちゃんが笑わない原因:笑いのツボにはまっていない

断っておきますが、ふざけているわけではありません。

大人と同じく、赤ちゃんにも「笑いのツボ(好み)」があります。

例えば、縦抱っこが好きで横抱っこが嫌いな赤ちゃんは、縦抱っこをすると笑い、横抱っこをすると泣き出します。

また、「いないいないばあっ!」が好きな赤ちゃんは笑ってくれますが、ビックリさせられて泣いてしまう赤ちゃんもいます。

さらに、抱っこしてあやしてもらうのが好きな赤ちゃんをオンブしても、笑ってくれないことが多いでしょう。

このように赤ちゃんの「笑いのツボ」にはまる言動をしないと、赤ちゃんの笑顔を見ることができる頻度は下がります。

笑いのツボにはまっていないことが原因で笑わない場合の対処法

赤ちゃんの笑いのツボ(好み)をしっかり把握して、対応してあげることが大切です。

笑いのツボは、月齢を経るにつれてはっきりしてくるため、赤ちゃんの様子をじっくり観察して対応してあげてください。

赤ちゃんが笑わない原因:サイレントベビー(蛍光灯ベビー症候群)

サイレントベビーとは、泣かない、笑わないなど、感情表現が極端に少ない赤ちゃんのことです。

蛍光灯ベビー症候群と呼ばれることもあります。

サイレントベビーは、医学用語後ではありませんが、子育て中のお父さんお母さんにはよく知られた言葉です。

サイレントベビーが原因で笑わない場合の対処法

サイレントベビーの原因は、親子のコミュニケーション不足です。

例えば、泣き叫ぶ赤ちゃんを放置する、抱っこしない、赤ちゃんの言動に反応しない、赤ちゃんに話しかけない、スマホを与えて放っておくなどです。

赤ちゃんは、親から思うようなコミュニケーションが得られない状態が続くと、「僕(私)に興味ないんだ。」、「泣いても意味がないんだ。」と感じて、サイレントベビーになっていきます。

サイレントベビーの一番の対処法は、赤ちゃんが泣いたらすぐに抱っこしてあやす、授乳やおむつ交換をするなど、赤ちゃんの要求にできるだけ早く応えることと、親の方からも意識して赤ちゃんに触れ、話しかけてあげることです。

親がきちんと赤ちゃんに関心を向けて対応してあげることで、赤ちゃんが「あ、僕(私)に興味を持ってくれている。」、「泣いたらお世話してくれる。」と感じられるようになり、自然とサイレントベビーから脱していきます。

関連記事

サイレントベビーとはどんな赤ちゃん?スマホが原因?将来への影響は?

赤ちゃんが笑わない原因:脳性麻痺

脳性麻痺とは、胎児期から生後4週(新生児期)までに、何らかの原因で脳が障害されることで、脳の機能が著しく失われた状態のことです。

姿勢・運動、精神発達遅滞(知的障害)、目や耳など感覚器官の障害、てんかん発作などが生じるリスクがあります。

新生児期から生後6ヶ月頃までは明確な症状が現れにくく、見過ごされやすいという特徴があります。

脳性麻痺の赤ちゃんは、障害された脳の部位によっては表情をうまく作れず、笑えないことがあります。

脳性麻痺が原因で笑わない場合の対処法

脳性麻痺は早期発見・早期治療がとても大切です。

赤ちゃんが笑わないだけでなく、以下の症状が見られる場合は、早急に小児科を受診させてください。

  • ミルクや母乳をうまく飲めない
  • 身体がけいれんする
  • 身体を異様に反る
  • 手を握りしめて開かない
  • 原始反射が消失しない
  • 寝返り、寝返り返り、お座り、ずりばい、ハイハイ、つかまり立ちが遅れる
  • 斜めに傾く、身体をねじるなど不自然な姿勢
  • 手足が固くて動きにくい
  • ものを飲み込みにくい
  • 声がうまく出せない

関連記事

脳性麻痺の原因と症状は?赤ちゃん特有の特徴と治療法は?

スポンサーリンク

赤ちゃんが笑わない原因:自閉症(自閉症スペクトラム障害)・発達障害

発達障害とは、行動やコミュニケーション、社会適応の問題を主とする障害のことです。

自閉症(自閉症スペクトラム障害)とは、①対人関係(社会性)の障害、②コミュニケーションの障害、③限定した常同的な興味、行動および活動(想像力の障害とそれに基づく行動の障害)を特徴とする発達障害です。

自閉症(自閉症スペクトラム障害)などの発達障害と診断された人の乳児期のエピソードを確認すると、泣いたり、笑ったり、ぐずったりといった感情表現が乏しかったというエピソードが多いものです。

例えば、発達障害のない赤ちゃんは、親が抱っこしてあやしたり、微笑みかけたりすると、嬉しそうに笑ってくれるものですが、発達障害の赤ちゃんは、無表情で身振り手振りも乏しく、喜んでいるのか嫌がっているのかもよく分からないことがあります。

自閉症(自閉症スペクトラム障害)・発達障害が原因で笑わない場合の対処法

自閉症(自閉症スペクトラム障害)などの発達障害の場合は、笑わない以外にも泣かない、目線が合わない、こだわりが強い、感覚過敏といった複数の症状が見られます。

こうした症状が複数見られる場合は、まず小児科に相談し、必要に応じて専門機関を受診させてあげてください。

通常、発達障害と診断されるのは生後3歳以降なので、乳児期の赤ちゃんを受診させても診断はつかず、経過観察となることが多いものです。

しかし、明らかに発達障害と分かる場合には、乳児期のうちから療育的な関わりを開始できる場合があります。

早期に発見して療育を始めることで、成長した時に問題なく社会に適応できる可能性が高くなるので、相談や受診を前向きに検討してみてください。

なお、臨床的には、乳児期に全く笑わなかったとしても、加齢とともに少しずつ笑えるようになることが多いとされています。

関連記事

赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんが笑わないことが、必ず病気や障害と直結しているわけではありません。

多くの場合、親が赤ちゃんの笑う場面を見逃しているか、赤ちゃんの性格や個性によるものであり、成長するにつれて笑顔を見せてくれる頻度が増えていきます。

一方で、確率は低いものの、病気や障害が原因で笑わない場合もあるので、違和感がある場合は小児科に相談しておくと安心です。