新生児の体温の正常値(平熱)と高い・低いは?首筋での測り方は?毎日測る?

赤ちゃんの体温

新生児を抱っこして「あれ、熱あるんじゃないの?」と思ったことはありませんか?

実は、新生児は私たちよりも体温が高めで、「熱あるんじゃないの?」くらいでも正常値のことが多いものです。

親としては、新生児の体温の正常値や高い・低いの基準を把握し、体温に異常があったときに適切に対応できるようにしておくことが大切です。

また、新生児の体温の異常に気づくには、体温の測り方や測る感覚なども知っておかなければなりません。

この記事では、新生児の体温(正常値、高い・低いの基準)と、新生児の体温の測り方について紹介します。

新生児の体温(正常値、高い・低いの基準)

まず、乳児期の赤ちゃんの体温の正常値(平熱)を確認しておきましょう。

正常値(平熱) 36.5度以上~37.5度未満

乳児期の赤ちゃんの体温の正常値(平熱)の平均は、36.5~37.5度で、大人の平熱よりも少し高めです。

個人差が大きく、36.5度に近い体温が平熱の赤ちゃんもいれば、37度以上が平熱の赤ちゃんもいます。

そのため、親としては、定期的に赤ちゃんの体温を測り、自分の赤ちゃんの平熱を把握しておくことが大切です。

新生児の体温は高い、でも調節はできない

新生児の体温は、乳児期の赤ちゃんの体温と同じく平熱の平均は36.5度~37.5度です。

しかし、生まれて間もない新生児は、体温調節機能が未熟で、周囲の温度や着ている衣服の影響によって体内に熱をため込みやすいものです。

また、体温が低下しても運動によって体温を上昇させることができず、褐色脂肪という脂肪を分解して熱を補うため、動いていなくても体温が高くなります。

そのため、エアコン、窓の開閉、衣服の着脱などでこまめに調節してあげないと、すぐに高熱を出してしまいます。

新生児は、「暑い」「寒い」などと言葉で自分の状態を伝えることができないので、定期的に新生児の体温をチェックして平熱を把握し、体温がいつもより高いまたは低い場合はすぐ対応してあげる必要があります。

新生児の体温を測る回数と時間帯

新生児は、まず平熱を把握し、その後も定期的に体温を測ってあげる必要があります。

新生児の体温を測る回数

1日4回が基本です。

新生児は体温調節機能が未熟なため、大人が感じないような些細な気温の変化、授乳、オムツ交換などでも頻繁に体温が変化します。

そのため、毎日4回、決まった時間に体温を測り、健康な状態の体温を把握するとともに、そこからの変化の有無を確認する必要があります。

新生児の体温を測る時間帯

新生児の体温を測る時間帯は、以下のとおりです。

赤ちゃんが起きたとき
母乳やミルクを飲む前(母乳やミルクを飲んだ後は体温が上がります)
夕方 母乳やミルクを飲む前(お出かけした場合、帰宅直後は体温が上がっているので、帰宅して30分くらい時間を空けて測ります。)
赤ちゃんが寝る前(布団に入った後は体温が上がります)

生まれたての頃から、朝、昼、夕方、夜の4回は赤ちゃんの体温を測り続けて1週間くらい記録することで、赤ちゃんの平熱を把握することができます。

赤ちゃんの平熱を把握することや毎日決まった時間に体温を測ることは、赤ちゃんの体調管理の基本になるので、特に、体調の変化が大きい新生児期にはしっかり実践しなければなりません。

関連記事

赤ちゃんの生活リズムはいつから整える?月齢(生後何ヶ月)ごとの対応

新生児の体温の測り方(体温計を使った測り方)

赤ちゃん用の体温計には、首筋(脇の下)で測るタイプと耳で測るタイプがあります。

首筋で測る方法

首筋(脇の下)で測るタイプの体温計には電子体温計と水銀体温計があります。

いずれの体温計も体温を測るのに少し時間がかかります(水銀体温計の場合は10分前後、電子体温計の場合は1分)が、赤ちゃんの体温を正確に測ることができます。

新生児の体温を測る場合は、より短時間で体温を測ることができて、割れる心配もない電子体温計が適しています。

ただし、電子体温計は、若干ではありますが水銀体温計よりも誤差が大きくなることは、知っておきましょう。

体温を測る手順

  1. 新生児の首筋(脇の下)の汗を拭き取る
  2. 体温計を首筋(脇の下)に挟んで腕をおさえ、体温計がずれないようにする

使用する体温計は、赤ちゃん用の脇の下で測るタイプの体温計ですが、新生児のうちは首筋の方が正確な体温が測りやすいので、首筋(脇の下)と表記しています。

耳で測る方法

耳で測るタイプの体温計は電子体温計のみです。

1秒間で体温を測ることができるのが大きなメリットです。

一方で、慣れないと正しい体温が測れないこと、脇の下で測るタイプに比べて誤差が大きいのがデメリットです。

体温を測る手順

  1. 新生児の耳の中をきれいに掃除する
  2. 体温計を耳の中に入れる

耳垢が溜まっていると正確に測れないことがあるため、事前に取り除いておきましょう。

口に入れて測る体温計は使わない

口に入れて測る体温計は、正確に体温を測れるというメリットがあります。

しかし、体温計にウィルスや細菌が付着していることがあり、新生児期から乳児期の赤ちゃんに使用するのは控えてください。

スポンサーリンク

新生児の体温を測るコツ

新生児の体温を測るには、ちょっとしたコツが必要になります。

新生児の睡眠中や安静時に測る

母乳やミルクを飲んだ後、遊んだ後、夏場の暑い時期に外出したときなどは、赤ちゃんの体温も上がっているので、睡眠中や安静にしているときに測るようにします。

赤ちゃんの関心をそらす

赤ちゃんによっては、体温計の感触が嫌いだったり、腕を押さえつけられるのに不安を感じたりして泣き出すこともあります。

赤ちゃんの機嫌が良いときに、赤ちゃんのお気に入りの場所で測るようにしましょう。

赤ちゃんの好きなタオルやおもちゃを持たせるのも効果的ですし、お母さんが抱っこして、お父さんが体温計を持っておくのも良いでしょう。

また、お父さんやお母さんが絶えず話しかけて赤ちゃんの関心を引いておくと、落ち着いて検温することができます。

スポンサーリンク

新生児の体温の高い・低いの基準

体温が高い 38度以上
体温が低い 36度以下

新生児の体温が高い

新生児の平熱が36.5~37.5度なので、37.5度を超えたら要注意で、38度を超えたら高い(発熱)だと判断して病院受診を検討してください。

新生児は、言葉や態度で体調を表現することが難しく、高熱が出てもグッタリした様子もなく普段と変わらない様子で過ごしていることがあるので、お父さんお母さんとしては発熱に気づきにくいものです。

そのため、毎日決まった時間に体温を測ることや、こまめに赤ちゃんの顔色やご機嫌、食欲、便の状態などを確認しておくことが大切になります。

危ない発熱をチェック

赤ちゃんの発熱には、すぐに小児科を受診させる必要がある急を要する発熱と、様子をみてもよい発熱があります。

赤ちゃんが熱を出すと、お父さんお母さんは心配でたまらなくなると思いますが、赤ちゃんの様子を慎重にチェックして、受診させるかどうかを判断してください。

  • 赤ちゃんの機嫌が悪く泣き続けている
  • 寝ない、もしくは、すぐに起きてぐずり泣きする
  • 赤ちゃんがぐったりしている
  • 食欲がない(普段より授乳量が少ない)
  • 呼吸が苦しそう
  • 嘔吐や下痢が続く
  • 5日以上発熱が続く
  • 赤ちゃんの顔色が悪い
  • 手足が冷たい
  • 意識障害がある

様子をみる発熱

  • 赤ちゃんの機嫌が良い
  • 赤ちゃんが元気(食欲がある、よく寝る、よく遊ぶ、顔色が良いなど、普段の様子と変化がない。)

ただし、発熱がある場合、熱が完全に引くまでは外出を控え、家の中で安静に過ごさせるようにします。

また、発熱が5日以上続く場合は、小児科の受診を検討してください。

新生児の体温が低い

新生児の体温が36度以下なら、エアコンが効きすぎている、薄着させすぎているなどの可能性を考え、室温や衣服をチェックしてください。

関連記事

赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安

まとめ

新生児の体温の正常値(平熱)は36.5度から37.5度と大人より高めです。

38度を超えるようなら発熱と判断して病院受診を検討し、36度以下なら室温などを調節する必要があります。

毎日決まった時間に体温測定をすることは、新生児の健康管理の基礎中の基礎なので、欠かさず実践するようにしてください。