赤ちゃんの舌が白い原因は?黒い、緑色、黄色、茶色は病気?対処法は?

赤ちゃん 舌の色 白い

赤ちゃんの舌の色はこまめにチェックしていますか?

赤ちゃんの舌が白くなっていることや、黒い、緑色、黄色、茶色などになっていることはありませんか?

舌の色は、表情や動き、体温などと同じく、赤ちゃんの健康状態を知るための大切な指標です。

舌には血管がたくさん通っていて体調の変化ですぐ色が変わるため、赤ちゃんの健康状態を簡単にチェックすることができるのです。

母乳やミルク、離乳食が付着しているだけの場合もありますが、中には深刻な病気が原因で舌が変色している場合もあるので、こまめに赤ちゃんの舌の色をチェックしておくことが大切です。

この記事では、健康な赤ちゃんの舌の色、舌の色が白い、黒い、黄色、緑、茶色になる原因と対処方法について紹介します。

健康な赤ちゃんの舌は何色?

赤ちゃん 舌の色

健康な赤ちゃんの舌の色は「ピンク色」です。

生まれたての赤ちゃんの舌はみんなきれいなピンク色をしていますが、この色が健康な舌の色です。

母乳の場合はお母さんが食べた物、ミルクの場合は成分、離乳食を始めた後は食べた食材によって、ピンク色と赤色の中間のような舌の色になることもありますが、少し赤みがかっている程度なら健康状態に問題はありません。

一方で、舌の色が白い、黒い、黄色、緑色、茶色の場合は、病気が原因で下の色が変色している可能性があります。

赤ちゃんの舌が白い原因と対処法

赤ちゃん 舌 白い

赤ちゃんの舌の色が白い場合に原因として考えられるのは、以下のことです。

  • 母乳やミルクが舌の上に残っている
  • 鵞口瘡(がこうそう)・口腔カンジダ症
  • 溶連菌感染症

母乳やミルクが舌の上に残っているため、赤ちゃんの舌が白い

赤ちゃん 舌 白い

赤ちゃんの舌の色が白いと、普段のきれいなピンク色とのギャップで驚いてしまいますが、よく見ると母乳やミルクがついているだけのことが多いものです。

赤ちゃんは、月齢が低いほど一日に何度も母乳やミルクを飲むため、母乳やミルクが舌に付着したまま残って白くなるのです。

牛乳を飲んだ子どもが口の周りに白いおひげを生やしますが、あれと同じです。

放っておくと、授乳の度に母乳やミルクがどんどん付着して舌が真っ白になります。

対処法

こまめにふき取ってあげることが一番の対処法です。

赤ちゃんの舌はとてもデリケートなので、濡らしたガーゼで優しくふき取ってあげましょう。

タオルや歯磨き、乾いたガーゼなどを使用すると、舌の表面を傷つけて出血し、赤ちゃんが痛みで大泣きしてしまいます。

また、傷口に母乳やミルクがたまったり、傷口からウィルスや細菌が入り込んだりするリスクもあります。

濡らしたガーゼであっても、ゴシゴシ強くこすりすぎると舌の表面を傷つけることがあるので、注意してください。

鵞口瘡・口腔カンジダ症が原因で、赤ちゃんの舌が白い

赤ちゃん 舌 白い

鵞口瘡(口腔カンジダ症)とは、カンジダというカビが口内感染することで、口内に白い斑点ができる病気です。

「がこうそう」と読みます。

鵞口瘡は、新生児期~乳児期にかけて赤ちゃんがかかりやすい病気で、幼児期以降の発症率は高くありません。

感染源は、お母さんの産道、おっぱいや哺乳瓶の乳首など赤ちゃんが口に入れる物です。

生まれて間もない新生児が鵞口瘡を発症した場合、お母さんがカンジダに感染していて、赤ちゃんがお母さんの産道から出てくるときに感染したと考えられます。

一方で、新生児期以降の赤ちゃんが鵞口瘡を発症した場合、産道感染だけでなく、おっぱいや哺乳瓶など赤ちゃんの口が触れるところにカンジダが付着していた可能性を疑います。

鵞口瘡が原因でできた白い斑点は、母乳やミルクの残りかすのように見えることもあります。

対処法

妊娠中は、免疫力が低下してカンジダに感染するリスクが高まります。

ボロボロしたおりものが出るようなら、カンジダに感染している可能性があります。

汗腺を疑って早めに診察を受け、感染が確認された場合は出産前に治療を済ませておくことで、赤ちゃんへの感染を防ぐことができます。

母乳を飲ませている場合、授乳の前後に乳首や乳房を拭くなどして、赤ちゃんの口が触れる部位を清潔に保つことが大切です。

ミルクを飲ませている場合、①ミルクを飲ませた後は、毎回、哺乳瓶を煮沸洗浄して殺菌することと、②ミルクの作り置きはしないことを徹底してください。

鵞口瘡は、濡らしたガーゼで拭き取ると白い斑点が剥がれ落ちますが、無理に拭き取ると舌の表面が傷ついて、傷口が炎症を起こしたり、細菌やウィルスが感染したりするリスクがあるので注意してください。

炎症や二次感染がない場合は、赤ちゃんが口に入れる物や触れる物を清潔に保ち、経過観察することになります。

炎症や二次感染がある場合や、白い斑点が広範囲にできている場合は、早めに小児科を受診させてあげましょう。

こまめに赤ちゃんの口内を洗浄し、小児科で処方されたシロップを1日3回程度服用させることで、2~3日程度で症状が落ち着きます。

ただし、不衛生な環境で生活していると短期間のうちに再発するので、症状が改善しても衛生面には気を配ってあげてください。

関連記事

赤ちゃんの鵞口瘡(口腔カンジダ症)の原因は?痛いときは病院?薬で治療?

溶連菌感染症が原因で、赤ちゃんの舌が白い

赤ちゃん 舌 白い

溶連菌感染症とは、溶血性連鎖球菌という細菌に感染することで起こる病気です。

溶血性連鎖球菌は、春から夏と冬に流行しやすい細菌で、保育園や幼稚園などで集団生活をしている場合や、公共施設の赤ちゃんコーナーなどへ頻繁に遊びに行く場合などに感染するリスクがあります。

溶連菌感染症の主な症状は、39度以上の発熱、喉の腫れと痛み、赤い発疹、白い舌苔(ぜったい)、いちご舌などです。

乳児期の赤ちゃんの場合、発疹やいちご舌の症状はあまり見られず、発熱や喉の腫れと痛みなどが主症状のことが多いものです。

症状の一つである舌苔とは、舌の表面にできるコケ状のもので、白色や黄色いことが多くなっています。

溶連菌感染症の発症初期には、白い舌苔が見られます。

対処法

溶連菌感染症が自然に治ることはありません。

38度以上の発熱や喉の腫れなどが2日間以上続く場合は、小児科を受診させてください。

処方された薬を飲ませてあげれば2、3日で熱が下がり、発疹が出ている場合も1週間程度で消失します。

受診させず放置すると、急性糸球体腎炎やリウマチ熱など、より深刻な合併症を引き起こすリスクがあるので注意してください。

関連記事

溶連菌感染症とは?赤ちゃんも感染する?原因、症状、治療法は?

スポンサーリンク

赤ちゃんの舌の色が黒い、緑色の原因と対処法

赤ちゃん 舌 黒い 緑色

赤ちゃんの舌は、白くなるだけではなく、黒色や緑色に変色することもあります。

赤ちゃんの舌の色が黒いまたは緑色の原因は、以下のとおりです。

  • 黒毛舌
  • 抗生剤やお母さんの薬

黒毛舌が原因で、赤ちゃんの舌が黒い、緑色になる

赤ちゃん 舌 黒い 緑色

黒毛舌とは、舌の表面の糸状乳頭という細かい突起が過剰に伸びて黒くなった状態のことです。

毛舌は、カンジダ菌などに感染することで発症します。

黒くなるのは、色素を出す菌が舌で増殖するためです。

対処法

早めにカンジダの治療を受けさせてあげることが大切です。

また、授乳や離乳食の後は、毎回、濡らしたガーゼで口の中を拭き取ったり白湯を飲ませたりして口の中を清潔に保つことも忘れないでください。

赤ちゃんの口が清潔でも、おっぱいや哺乳瓶、食器などに菌が付着している場合もあります。

おっぱいは、授乳の前後に拭き、哺乳瓶や食器は授乳後の煮沸洗浄を徹底してください。

抗生剤やお母さんの薬が原因で、赤ちゃんの舌が黒い、緑色になる

赤ちゃん 舌 黒い 緑

赤ちゃんが病気の治療で抗生剤を飲んでいる場合、抗生剤の副反応で赤ちゃんの舌の色が黒色や緑色になることがあります。

また、母乳を飲ませている場合、お母さんが飲んでいる薬の影響を受けることがあります。

対処法

服薬を止めれば、舌の色は徐々に元に戻ります。

ただし、通常は病気の治療などのために服薬しているはずなので、独断で中断せず、まずは小児科を受診して相談しましょう。

お母さんについても同様です。

スポンサーリンク

赤ちゃんの舌が黄色、茶色になる原因と対処法

赤ちゃん 舌 黄色 茶色

赤ちゃんの舌の色が黄色、茶色になる原因は、以下のとおりです。

  • 舌苔
  • 鵞口瘡(がこうそう)・口腔カンジダ症
  • 溶連菌感染症

舌苔が原因で、赤ちゃんの舌の色が黄色、茶色になる

赤ちゃん 舌 黄色 茶色

舌苔(ぜったい)とは、舌の表面にできるコケ状に見えるもので、白や黄色い舌苔がよく見られます。

溶連菌感染症などが原因で舌苔になることもありますが、古い粘膜がはがれて舌の上に溜まっていることもあります。

対処法

赤ちゃんの口内環境を清潔に保つことが、一番の対処法です。

授乳や離乳食の後は、毎回、濡らしたガーゼで口の中を拭き取ってあげましょう。

仕上げに白湯を飲ませてあげると、より効果的です。

鵞口瘡や溶連菌感染症で赤ちゃんの舌が黄色、茶色になる

赤ちゃん 舌 黄色 茶色

「赤ちゃんの舌の色が白い原因と対処法」で紹介した鵞口瘡や溶連菌感染症ですが、赤ちゃんの舌の色が黄色、茶色になる原因になる場合もあります。

関連記事

赤ちゃんが舌を出す理由は?障害や病気が原因?6ヶ月、10ヶ月が多い?

まとめ

赤ちゃんの舌の色は、赤ちゃんの健康状態を把握するための大切な指標の一つです。

生まれたときと同じピンク色が健康な状態ですが、鵞口瘡や溶連菌感染症などの病気が原因で白い、黒い、緑色、黄色、茶色などに変色することがあります。

授乳時などに赤ちゃんの舌の色をこまめに観察し、異常があれば赤ちゃんの様子を確認した上で、必要に応じて小児科を受診させてあげましょう。

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 赤ちゃん 風邪 発熱 下痢 咳 鼻水 鼻づまり
  4. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  5. 赤ちゃん 医療費控除 申請 計算 対象
  6. 赤ちゃん 自閉症 症状 兆候
  7. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  8. カンガルーケア 赤ちゃん
  9. 発達障害 図 自閉症
  10. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害

facebookページ

ページ上部へ戻る