背中スイッチとは?対策は?いつからいつまで続く?お腹スイッチとは?

背中スイッチ

布団に寝かせた瞬間、抱っこ中はぐっすり寝ていたはずの赤ちゃんがギャン泣きしたという経験はありませんか?

これがいわゆる「背中スイッチがオンになった。」という現象です。

赤ちゃんの寝かしつけで悩むことは珍しくありませんが、中でも背中スイッチへの対応でヘトヘトになっているお父さんお母さんはとても多いものです。

また近年、赤ちゃんが起きるのは背中スイッチではなくお腹スイッチが原因だという研究結果が発表され、背中スイッチなのかお腹スイッチなのか混乱している人も少なくありません。

この記事では、背中スイッチの概要、背中スイッチが始まる時期と原因、お腹スイッチとの関係、背中スイッチ対策について紹介します。

背中スイッチとは

背中スイッチとは、抱っこして寝かせた赤ちゃんが、布団に寝かせた途端に起きてしまう現象のことです。

赤ちゃんが起きることから「覚醒スイッチ」と呼ばれることがあります。

また、最新の研究で、赤ちゃんが起きるスイッチがお腹側にあることが分かったことから「お腹スイッチ」と呼ばれることもあります。

腕の中ではスヤスヤ眠っていた赤ちゃんが、布団に寝かせた途端に大泣きするのでとてもビックリしますし、一度起きるとなかなか寝付いてくれず、寝かしつけに苦労してしまうものです。

お腹スイッチと背中スイッチ

これまで、背中スイッチという名前が定着し、赤ちゃんが起きる原因は背中側にあると考えられていました。

しかし、2016年、理化学研究所の研究員が、「赤ちゃんを覚醒させるスイッチは背中側ではなくお腹側にある。」という研究結果を発表しました。

研究では、抱っこで眠った赤ちゃんを布団に寝かせる際に、背中が布団についていなくても、腹部がお母さんから離れることにより、①「落ちそうな感覚」を感じて赤ちゃんの心拍数が上がる、また、②丸まっていた赤ちゃんの背中や股関節が伸び、これが刺激になることにより、覚醒スイッチがオンになると説明しています。

覚醒スイッチが入るメカニズムについて従前の考え方と大きく異なるところはありませんが、「背中スイッチ」という名前からが背中側にあると思われがちだったスイッチが実はお腹側にあることを示したところは画期的です。

今後、背中スイッチではなくお腹スイッチが定着していく可能性もあるでしょう。

ただし、現時点ではお腹スイッチよりも背中スイッチという名称が定着しているため、この記事では背中スイッチで統一しています。

参考:赤ちゃんの覚醒スイッチは背中ではなく、おなか側!!最新研究を紹介|子育てに役立つ情報満載【すくコム】|NHKエデュケーショナル

背中スイッチはいつからいつまで

背中スイッチは、オンになりやすい時期があります。

背中スイッチはいつから

背中スイッチがオンになるのは、新生児期から生後2~3ヶ月頃が一般的です。

新生児期から生後2、3ヶ月頃といえば、赤ちゃんの授乳間隔も睡眠時間もバラバラで、ただでさえお父さんお母さんの疲れやストレスがたまりやすい時期です。

そんな時期に、抱っこして必死にあやして寝かしつけた赤ちゃんが、布団に寝かせた瞬間に起きて泣き出すと、イライラを通り越して絶望感すら覚えてしまうこともあるでしょう。

背中スイッチはいつまで

生後8ヶ月から1歳頃に落ち着くのが一般的です。

ただし、個人差がとても大きく、背中スイッチがまったくない赤ちゃんもいれば、1歳を過ぎてもすぐオンになる赤ちゃんもいます。

スポンサーリンク

背中スイッチがない赤ちゃん

背中スイッチがない赤ちゃんも一定数いることが分かっています。

背中スイッチが入りやすい赤ちゃんの親からすると羨ましい限りですが、背中スイッチのない赤ちゃんの親としては、「健康状態に問題があるのではないか。」、「元気がないのではないか。」などとかえって心配してしまうこともあるようです。

背中スイッチの入りやすさは個人差が大きいところなので、基本的には寝かしつけがしやすくてラッキーくらいに考えておいて問題ありませんが、どうしても気になる場合は乳幼児健診や小児科受診時に相談してみましょう。

背中スイッチが発動する(オンになる)原因

背中スイッチがオンになる主な原因は、睡眠の質と原始反射(モロー反射)の2つです。

背中スイッチの原因:睡眠の質

新生児期から生後2~3ヶ月頃までの赤ちゃんは眠りが浅く、少しの刺激ですぐ目を覚まします。

また、人の眠りには、浅い眠り(レム睡眠:体は寝て脳が起きている状態)と深い眠り(ノンレム睡眠:体も脳も寝ている状態)があります。

赤ちゃんは、大人に比べて睡眠全体に占める浅い眠り(レム睡眠)の割合が高く、そのことが目を覚ましやすい原因になっています。

背中スイッチの原因:原始反射(モロー反射)

背中スイッチの原因は、この眠りの浅さに加え、モロー反射という原始反射が影響しています。

モロー反射とは、外から大きな刺激を与えられた時に、赤ちゃんが何かにしがみつくような動きを見せる原始反射です。

大昔、人が木の上で生活していた頃に身を守るために備わった原始反射で、現在の生活では必要のないものですが、しっかりと残っているのです。

モロー反射が起こるのは、以下のような場合です。

  • 物音がした
  • 明るさが変化した
  • 態勢が変わった
  • 落ちそうな感覚があった

すでに紹介したように、赤ちゃんは大人に比べて眠りが浅いため、ちょっとした刺激で目を覚まします。

大人なら気づかないような物音や明るさの変化も敏感に察知し、危機的状況だと脳が勘違いしてモロー反射を起こすことがあります。

また、態勢が変わった、高度が下がったなど、木から落ちるような感覚がした時にも、大昔の名残でモロー反射が起こり、何かにしがみつこうとします。

ただし、モロー反射は生後4ヶ月頃には自然に消失するもので、消失しない場合は脳などの異常を疑います。

そのため、生後4ヶ月以降の背中スイッチについては、モロー反射以外が原因で起こっていると考えます。

関連記事

モロー反射とは?いつまで?赤ちゃんがビクッと起きる、激しい時の対策は?

その他

生後4ヶ月以降は、赤ちゃんの生活リズムが整い始め、モロー反射も自然消失します。

この時期の背中スイッチの原因としては、室内の照明の変化、お母さんの身体のぬくもりがなくなること、周囲の物音や匂いなどが考えられます。

大人にとっては些細な刺激でも、赤ちゃんにとっては覚醒を促す刺激になることが多いものです。

背中スイッチ対策

これまで、多くのお父さんお母さんが背中スイッチに悩まされ、「いかに背中スイッチをオンにしないか」について試行錯誤してきました。

背中スイッチを取り除く方法は見つかっていませんが、背中スイッチがオンになりにくくなる方法はいくつも発見されています。

背中スイッチ対策1:抱っこの姿勢のまま布団に寝かせる

抱っこ中の赤ちゃんは、体を丸めて寝ていますが、布団に寝かせるときはどうしても身体が伸びてしまい、姿勢の変化で赤ちゃんが起きることがあります。

そこで、授乳クッションと一緒に赤ちゃんを抱っこしておくことで、布団に寝かせても抱っこ中と姿勢が大きく変わらず、赤ちゃんが起きにくくなります。

授乳クッションがない場合は、ふかふかのタオルケットでも代用できます。

背中スイッチ対策2:抱っこの温もりを保ったまま布団に寝かせる

抱っこ中の赤ちゃんは、お父さんお母さんの体温と、赤ちゃん自身の体温を感じてぬくぬくの状態で寝ていますが、布団に寝かせるとそうした温もりが減ってしまい、温もりの変化で赤ちゃんが起きることがあります。

そこで、抱っこする際にタオルケットで赤ちゃんを包んだまま抱っこし、タオルケットごと布団に寝かせると、温もりの変化が少なくなるので、赤ちゃんが起きにくくなります。

背中スイッチ対策3:布団を暖めておく

寒い時期には、布団乾燥機や湯たんぽで布団を暖めておく方法もあります。

ただし、熱すぎたり、抱っこ中の体感温度と違ったりすると、かえって赤ちゃんが起きてしまいます。

赤ちゃんが心地よいと感じるのは、お母さんと体温と同じくらいの温度です。

背中スイッチ対策4:慎重に寝かしつける

赤ちゃんを布団に寝かせるとき、お尻から布団に下ろして両足を置き、腰、背中、肩と上半身を少しずつ寝かせて、最後に頭を寝かせます。

そして、最後に首の下の腕を抜くのですが、この腕を抜くときに赤ちゃんがよく起きてしまいます。

そこで、抱っこする際に腕にタオルを敷いておくと、寝かしつけの際に腕が抜きやすくなりますし、感触も変わらないので、赤ちゃんが起きにくくなります。

また、腕を抜く前に赤ちゃんに添い寝し、赤ちゃんが寝息を立てたらそっと腕を抜くのも効果的です。

背中スイッチ対策5:うつぶせ寝

赤ちゃんは、あお向けよりうつぶせの方が寝つきが良くなることがあります。

赤ちゃんを横向けで布団の上に寝かせ、そこから赤ちゃんの身体に手を添えながらうつぶせに寝かせて、赤ちゃんが寝付くまで背中を優しく叩いてあげましょう。

ただし、うつぶせ寝は乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクがあるので、赤ちゃんをうつ伏せに寝かせた後はそばに寄り添い、熟睡したら仰向けに寝かせるようにしましょう。

関連記事

ちゃんのうつぶせ寝はいつから?うつ伏せの練習は?SIDSの危険は?

背中スイッチ対策5:添い乳を活用する

添い乳とは、赤ちゃんに添い寝しながらおっぱいをあげることです。

赤ちゃんは、おっぱいを飲んでおなか一杯になると、満足感と一緒に眠りについていくものです。

赤ちゃんが眠たくないときに添い乳しても効果が薄いので、抱っこして赤ちゃんをウトウトさせた後に添い乳するのが一般的です。

お父さんが赤ちゃんを抱っこしてウトウトさせ、お母さんにバトンタッチすれば、夫婦の協力関係が築けますし、お互いの負担が少なくてすみます。

ただし、添い乳の場合、赤ちゃんにげっぷをさせる機会がなく、寝ている間に母乳を吐き出してしまうことがあるので注意してください。

関連記事

添い乳のやり方は?病気しやすい、歯並びが悪くなる、鼻づまりが起こるというのは本当?

背中スイッチ対策6:おなかの上でうつぶせ寝させる

抱っこの温もりを感じながらうつぶせ寝させる方法です。

おなかの上でうつぶせ寝させる方法は、以下のとおりです。

  • お父さんお母さんがあお向けに寝転ぶ
  • おなかの上に赤ちゃんをうつぶせに寝かせる
  • 布団をかけて寝かしつける
  • 赤ちゃんが寝たら、布団の上にあお向けに寝かせる

前提として、背中スイッチがオンになって間もないなど、赤ちゃんがウトウトしている状態である必要があります。

目を覚ました状態だと、おなかの上に寝かせてもすぐ降りてしまいます。

また、赤ちゃんが寝ても15分くらいはおなかの上に乗せたままにしておくと、布団の上に寝かせたときにスキマスイッチが発動する確率が下がります。

スポンサーリンク

まとめ

背中スイッチが入り始めると、赤ちゃんの寝かしつけの難易度が格段に上がり、毎晩のように悪戦苦闘することになります。

長いと1年近くも背中スイッチと戦い続けることになるため、少しでも負担を軽くできるよう対策を覚えておきましょう。

最近の研究で明らかになったお腹スイッチ(スイッチは背中側ではなくお腹側にある)も念頭に置いて対策を試してみてください。