閉じる
  1. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  2. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  3. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  4. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  5. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  6. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  7. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  8. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  9. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  10. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんが咳き込む、咳が続く・止まらない原因と対応は?耳鼻科は受診する?

赤ちゃん 咳が続く 咳き込む

赤ちゃんは、大人に比べて身体の機能が未熟なので、些細な刺激でも体調を崩して様々な身体症状が現れます。

咳をすることもよくあり、連続して咳き込む、熱なしで咳が続く・止まらない、痰のからんだ咳を繰り返すといった症状は、赤ちゃんを育てているとよく見かけます。

しかし、赤ちゃんは咳をすることで体力を消費しますし、また、重い病気が原因になっていることもあるため、「咳くらい大丈夫だろう。」と思わず、気づいた時点で適切に対応してあげる必要があります。

このページでは、赤ちゃんが酷く咳き込む、咳が続く・止まらない場合の原因や対応について紹介します。

赤ちゃんの咳の原因

咳とは、体内に入り込んだ異物が気管や喉の粘膜を刺激した際に、異物を体外へ出そうとして起こる反射です。

「咳の原因は風邪などの病気だ。」と考えている人は多いですが、咳をする原因は病気に限らず、ハウスダストや空気の乾燥など様々なものがあります。

赤ちゃんの場合、身体の機能が未熟で、喉や気管も大人に比べて細く狭く、微細な異物でも過敏に反応することが多いものです。

赤ちゃんの咳の主な原因は、以下のとおりです。

  • 病気(ウィルス性の風邪など)
  • 鼻水が喉に流れている
  • 微粒子(PM2.5など)
  • タバコの煙
  • 花粉
  • ハウスダスト
  • 空気の乾燥(湿度が低い)
  • アレルギー
  • 気圧の変化(台風の接近中など)

たいていの場合、複数の原因が絡み合っていることが多く、原因の特定が難しくなっています。

赤ちゃんが咳き込む、咳が止まらない場合の対応

赤ちゃんが激しく咳き込んだり、咳が止まらなかったりすると、赤ちゃんの体力が削られてしまいますし、症状が悪化するリスクもあるため、咳が治まるように対応してあげる必要があります。

赤ちゃんの咳を止める主な方法は、以下のとおりです。

  • こまめに鼻水を吸引する
  • 湿度を適切に保つ
  • 水やお茶をたくさん飲ませる
  • 就寝時は上半身を高くする

赤ちゃんの咳を止める方法1:こまめに鼻水を吸引する

風邪をひくなどの原因で鼻水がたくさん出ている場合、鼻水が喉に流れることがあります。

赤ちゃんは、鼻をかんだり、喉に流れた鼻水を口から出したりすることができないので、鼻水が気管に入って息苦しくなって咳き込んでしまいます。

鼻水吸引機を使って、こまめに鼻水を吸引してあげましょう。

鼻水吸引機には電動タイプと口で吸うタイプがありますが、電動タイプは音が大きく赤ちゃんが怖がって大泣きし、涙まで喉に流れてより一層咳き込むことになりがちです。

まずは、口で吸うタイプを試し、十分に吸引できない場合は電動タイプの購入を検討しましょう。

赤ちゃんの咳を止める方法2:湿度を適切に保つ

室内の空気が乾燥している(湿度が低い)と、喉が乾き、痰も絡んで、咳き込みやすくなります。

赤ちゃんの咳が続く場合、濡れタオルを干して室内の湿度を高めてください。

夜間については、大きめのタオルを濡らして赤ちゃんが寝ている部屋にかけておくと、朝まで湿度が高い状態を維持することができます。

赤ちゃんの咳を止める方法3:水やお茶をたくさん飲ませる

水分が足りていないと、喉が乾き、痰も粘り気が強くなって絡みやすくなります。

母乳やミルク、常温の水やお茶、白湯(湯冷まし)をこまめに飲ませ、十分に水分をとらせてあげましょう。

熱いとやけどのリスクがあり、冷たいと喉を刺激するため控え、常温もしくは白湯くらいの温度の飲み物を飲ませてください。

赤ちゃんが飲みたがらない場合は、常温もしくは少し温めたジュース(甘みのある飲み物)を飲ませる方法もありますが、柑橘系は喉への刺激が強いため控えましょう。

赤ちゃんの咳を止める方法4:就寝時は上半身を高くする

赤ちゃんは、起きている時よりも寝ている時の方が酷く咳き込みます。

これは、あおむけの姿勢が、立ち姿勢(立位)や座り姿勢(座位)に比べて鼻水や痰が詰まりやすいためです。

赤ちゃんの上半身の下に枕やクッションを入れ、上半身が起き上がるような姿勢にしてあげることで、気道が確保されて咳き込むことが少なくなります。

スポンサーリンク

咳が続く・止まらない場合に考えられる原因と対応

咳を止める方法を試してみても、赤ちゃんの咳が続く場合は、重い病気が潜んでいる可能性があり、要注意です。

咳が続く原因になる主な原因は、以下のとおりです。

  • アレルギー
  • 副鼻腔炎
  • 肺炎
  • 気管支炎
  • 小児気管支喘息
  • 百日咳
  • クループ症候群

咳が続く原因1:アレルギー

アレルギーとは、体内に入った異物を排除するための免疫反応が過剰に起こることです。

アレルゲン(食べ物、ダニ、ほこり、花粉などアレルギー反応の原因となる物質)に対して起こり、何がアレルゲンとなるか、どのような症状が起こるかは人それぞれです。

アレルギー反応として咳が出ている場合、風邪薬を飲んでも加湿等の対応を続けても咳が続くことになります。

小児科を受診すると、まずは、風邪など病気を治療する薬が処方されます。

効果がない場合、アレルギー検査を行い、アレルギーが認められる場合にはアレルギーに効果のある薬が処方されます。

アレルギー検査は、ある程度アレルゲンの当たりをつけた上で実施されるため、赤ちゃんの食生活や生活環境について詳しく説明することになります。

スポンサーリンク

咳が続く原因2:副鼻腔炎

副鼻腔炎(副鼻腔炎)とは、副鼻腔(鼻腔を囲む骨の中の空洞)や鼻の奥が炎症を起こす病気です。

鼻水や鼻づまりが続き、痰の絡んだ湿った咳をしている場合は、副鼻腔炎の可能性があります。

初期であれば、こまめに鼻水を吸引してあげることで自然に治癒しますが、悪化していると家庭では対応できず、耳鼻科での治療が必要になります。

赤ちゃんが体調を崩した時は、まずかかりつけの小児科を受診させるのが基本ですが、小児科では風邪やアレルギーの薬を処方されるばかりで、副鼻腔炎の治療はもちろん可能性を示唆されることもあまりありません。

咳だけでなく鼻水や鼻づまりが続き、小児科を受診しても症状が治まらない場合は、一度、耳鼻科を受診してみましょう。

咳が続く原因3:小児肺炎

小児肺炎とは、ウィルスや細菌が肺に感染して炎症を起こす病気です。

赤ちゃんは、ウィルス性肺炎を発症することが多く、大人に比べてウィルスへの抵抗力が乏しいため生命を落としてしまうこともあります。

肺炎は、病院での治療が必要な病気です。

痰の絡んだ激しい咳に加え、38度以上の高熱が続いたり、呼吸困難が見られたりする場合は、早急に小児科を受診してください。

咳が続く原因4:気管支炎

気管支炎とは、ウィルスや細菌の感染によって気管支の粘膜が炎症を起こす病気です。

風邪が悪化して発症することがあり、咳に加えて発熱したり鼻水が出たりし、悪化すると呼吸困難に陥ることもあります。

発症当初は発熱と乾いた咳が続き、徐々に痰の絡んだ湿った咳に変化していくのが特徴です。

病院での治療が必要です。

咳が続く原因5:小児気管支喘息

小児気管支喘息とは、気道の粘膜に炎症が起こって通過する物に過剰反応する状態になることで、急に気道や気管支が収縮して呼吸困難に陥る病気です。

喘鳴(呼吸時のゼイゼイ、ゼロゼロ、ヒューヒューという音)や乾いた咳(コンコンと軽い感じの咳)がある一方で、発熱や鼻づまりといった風邪の症状がないのが特徴です。

家庭内では原因となるアレルゲンを取り除くことが対策になりますが、一度発症すると、多くの場合は病院での治療が必要です。

咳が続く原因6:百日咳

百日咳とは、百日咳菌に感染することで発症する病気です。

咳、くしゃみ、鼻水など風邪に似た症状から始まり、顔を真っ赤にして咳き込む発作や、息を吸う時の笛のような音、咳き込んで吐くといった症状が特徴です。

4種混合ワクチンの予防接種を受けることで予防できますが、赤ちゃんが発症した場合は命の危険があるため、早急に病院で治療を受ける必要があります。

咳が続く原因7:クループ症候群

クループ症候群とは、ウィルスや細菌に感染することにより、喉や声帯が炎症を起こす病気です。

夜間から早朝にかけて悪化しやすい、犬の鳴き声に似たケンケンという咳、声が枯れるなどの特徴があり、症状が悪化すると気道が狭くなって呼吸困難に陥ることもあります。

病院で治療を受ける必要がある病気です。

関連ページ

 

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんの咳の原因は様々ですが、中には重い病気が原因となっている咳もあり、注意が必要です。

まずは、鼻水の吸引や加湿など家庭でできる対応を試してみて、それでも赤ちゃんの咳が続く場合は、小児科を受診させましょう。

なお、小児科受診を続けても一向に咳が止まらない場合は、副鼻腔炎など耳鼻科系の病気の可能性も考えて、耳鼻科の受診も検討してみましょう。、

ページ上部へ戻る