赤ちゃんの咳の原因は?熱なし、吐く、咳が止まらない理由と病院受診の目安

赤ちゃん 咳 鼻水 吐く 長引く

赤ちゃんは、お母さんから抗体をもらって生まれてくるため、新生児期から生後6ヶ月頃までは風邪などの病気にかからないと言われています。

しかし、抗体があっても100%病気にならないわけではありませんし、免疫をもらえない病気もあるtめ、体調を崩してしまうことがあります。

そのため、親としては普段から赤ちゃんの様子を細かく観察し、体調管理に努めてあげる必要があります。

赤ちゃんの体調管理のバロメーターの一つとなるのが、赤ちゃんの咳です。

咳が続くと赤ちゃんが不機嫌になったり寝つきが悪くなったりしますし、病気が原因で咳をしていることもあるため、赤ちゃんが咳を始めたら、赤ちゃんの様子をよく観察して原因を推測し、必要に応じて病院を受診させてあげなければなりません。

この記事では、赤ちゃんが咳をする原因と病院受診のタイミングについて紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが咳をする理由

咳とは、異物が気管の粘膜を刺激することにより、反射的に呼気が急速に吐き出される運動です。

医学の世界では「咳嗽(がいそう)」と呼ばれています。

咳は、外界の異物が体内に侵入するのを防ぐために私たちの身体に備わった防御反応の一つで、急速な呼気と一緒に痰やウィルスなど気道に侵入した異物を体外へ排出する役目があります。

赤ちゃんが咳をするのは、気道内に侵入したウィルスや細菌、痰、その他の異物を追い出すためなのです。

しかし、異物を追い出すために咳が続くと、腹痛や胸の痛みを引き起こしたり、肺の病変を悪化させたりするリスクがあります。

赤ちゃんが咳をする原因と病院受診のタイミング

ひと口に「赤ちゃんの咳」といっても色々なタイプがあり、咳の原因は咳のタイプを観察することで推測できるようになっています。

赤ちゃんの咳の主なタイプは、以下のとおりです。

呼吸 その他症状
ゴホゴホ(湿った咳) 異常なし 痰、鼻水、鼻づまり
コンコン(軽く乾いた咳) 喘鳴(ヒューヒュー、ゼーゼーなど) 風邪症状なし
ゲホゲホ 苦しそう、大きく早い呼吸 食欲不振、咳が止まらない
ケンケン(犬の声に似た咳) 苦しそう 声のかすれ、食欲不振、チアノーゼ
激しい 苦しそう 無呼吸発作

スポンサーリンク

痰が絡んでゴホゴホと湿った音がする咳

赤ちゃんが、痰が絡んでゴホゴホと湿った音の咳をしていたら、風邪を疑います。

風邪とは、ウィルスなどの感染により上気道(鼻腔や咽頭など)が炎症を起こした状態です。

赤ちゃんが風邪をひくと、「ゴホゴホ」「ゴホンゴホン」などと痰のからんだ湿った咳(湿性咳嗽)を繰り返します。

鼻水が喉の奥に流れ込んだり、体内に侵入した風邪の原因となるウィルスなどを追い出そうとしたりして咳をしているのです。

咳以外にも、発熱、頭痛、鼻水、鼻づまりなどの症状が出ることがあります。

病院受診のタイミング

咳以外の症状が見られない場合は、赤ちゃんが安静に過ごせる環境を整えてあげた上で様子を見守りましょう。

病院へ行っても、医師からは安静にするように言われるだけのことが多いですし、他の赤ちゃんからウィルスをもらってしまうリスクもあります。

咳が続くうちに別のウィルスなどが体内に侵入して重い病気を引き起こすリスクもあるため、赤ちゃんの元気がなくなった、38度以上の熱を出したなど咳以外の症状が見られた場合は、すぐ小児科を受診させてください。

その他、以下の症状がある場合も受診させましょう。

  • 黄色い鼻水が出る
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 食欲がない
  • ずっと機嫌が悪い
  • 寝付きが悪い

なお、注意したいのは急性気管支炎です。

急性気管支炎とは、ウィルス感染により気管支が急性の炎症を起こす風邪の一種です。

発熱と乾いた感じの咳が続いた後、痰がからんだ湿った感じの咳になっていくのが特徴です。

関連記事

赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安

喘鳴を伴うコンコンと乾いた音がする咳

赤ちゃんが、滾々と乾いた咳をしており、呼吸をするときにヒューヒュー、ゼーゼーなどの音(喘鳴、ぜいめい)が聞こえる場合、小児喘息性気管支炎が原因で咳をしている可能性を考えます。

小児喘息性気管支炎とは、呼吸困難を発作的に繰り返す病気です。

喘息性気管支炎か否かは、胸の辺りから喘鳴という特徴的な音が聞こえるかどうかが大きなポイントとなります。

喘息性気管支炎では、気管支が過敏に反応して気道が狭まり、狭まった気道を空気が通るときにヒューヒュー、ゼーゼーと音がします。

また、風邪の症状である鼻水や鼻づまりはあまり見られません。

小児喘息性気管支炎を発症しやすいのは生後1歳の幼児から学齢期の子どもで、発症者の約90%を占めています。

新生児期から乳児期までの赤ちゃんが発症することは珍しいものですが、0%ではないので注意はしておきましょう。

病院受診のタイミング

小児喘息性気管支炎は、病院での治療が必要な病気です。

喘鳴が聞こえたらすぐ小児科を受診させ、治療を受けさせてあげてください。

かかりつけの小児科を受診させるのが基本ですが、専門的かつ継続的な治療が必要になる場合は、専門の病院を紹介されることもあります。

中長期的に治療を継続する必要がある場合が多く、赤ちゃんに負担が少ない投薬治療や対処を続けてあげることが大切です。

乾燥やホコリなどが原因となっている場合もあるため、家庭内においては、濡れタオルや加湿器で部屋の湿度を高くしたり、赤ちゃんの生活空間を清潔に保ったりする対応が求められます。

関連記事

赤ちゃんの痰が絡む時の取り方は?咳が絡んだ咳や窒息、呼吸困難の対処は?

呼吸困難や発熱を伴うゲホゲホと重苦しい咳

赤ちゃんが、ゲホゲホと重苦しい咳をしていて、呼吸困難や発熱を伴う場合は、肺炎のおそれがあります。

肺炎とは、ウィルスや細菌などが肺に感染して炎症を起こす病気です。

抵抗力が乏しい赤ちゃんにとっては、命に関わる危険な病気の一つです。

新生児期から乳児期まではB群連鎖球菌、肺炎球菌、インフルエンザウィルスなど原因として発症しやすいものです。

ゲホゲホと重苦しい咳と同時に注意して観察したいのが、赤ちゃんの呼吸です。

普段より呼吸が早い、苦しそうに呼吸している、大きく早い呼吸を繰り返しているなどの症状が見られる場合は、肺炎を疑います。

呼吸しづらさから母乳やミルクを飲む量が減ることで、肺炎を疑う場合もあります。

病院受診のタイミング

肺炎は、家庭での対処で治まることはなく、速やかに小児科を受診させる必要があります。

ゲホゲホと重苦しい咳、呼吸困難(呼吸が早い、苦しそう、大きく早い呼吸)、38度以上の高熱が見られたら受診させてあげましょう。

その他、以下の症状が見られる場合も受診させることをおすすめします。

  • 赤ちゃんの寝つきや機嫌が悪い状態が続いている
  • 脱水症状がみられる
  • チアノーゼが出ている

脱水症状は、呼吸がしづらく母乳やミルクを飲む量が減ることで起こるため、十分な水分補給が大切です。

関連記事

赤ちゃんの肺炎の原因は?症状は熱と咳?治療で完治する?

ケンケンと犬の鳴き声に似た咳

赤ちゃんが、ケンケンと犬の鳴き声に似た咳をする場合、クループ症候群の可能性があります。

クループ症候群とは、ウィルスや細菌に感染することにより、声帯やのど周辺が炎症を起こす病気です。

気道の機能が未熟な上に狭い赤ちゃんかかりやすい病気で、声帯が腫れて声が枯れ、ケンケンと犬の鳴き声に似た咳が出て、呼吸困難が進行すると酸素不足でチアノーゼの症状が現れることもあります。

のどに痛みを感じて母乳やミルクの飲みが悪くなり、体重減少や脱水症状を招くリスクもあります。

病院受診のタイミング

クレープ症候群の症状が進行すると呼吸困難などで命が危険にさらされるため、声の枯れやケンケンという咳がある場合は、速やかに小児科を受診させる必要があります。

その他、以下の症状がある場合も受診させてください。

  • 呼吸が苦しそう
  • チアノーゼが出ている
  • 息を吸うときに鎖骨の上や横がへこむ

関連記事

クループ症候群の原因は?症状は熱と咳と呼吸音?入院治療が必要?

激しい咳が止まらないで続く(咳き込んで吐く)

赤ちゃんが激しい咳を繰り返し、いつまでも咳が止まらないで続く場合、百日咳を疑います。

百日咳とは、百日咳菌が呼吸器に感染して起こる病気です。

最初は鼻水や咳などの風邪に似た症状があるだけですが、2週間経っても咳が止まず、徐々に顔を真っ赤にしながら咳を繰り返す、咳き込んで吐く、息を吸うときに笛の音のような音が出る、咳き込んで吐くなどの症状が現れてきます。

新生児期から乳児期の赤ちゃんが発症すると命の危険が高い病気で、特に、生後6ヶ月未満の赤ちゃんが発症すると無呼吸発作が起こるリスクが高くなっています。

日本では、生後3ヶ月から4種混合ワクチン(百日咳、破傷風、ポリオ、ジフテリア)の予防接種が受けられるため発症率は下がっていますが、油断はできません。

病院受診のタイミング

2週間以上咳が止まらない場合は、すぐ小児科を受診させてください。

また、以下の症状が見られる場合も受診させてあげましょう。。

  • 顔を真っ赤にして咳を繰り返す
  • 息を吸うときに笛の音のような音が出る
  • 咳き込んで吐く

関連記事

クループ症候群の原因は?症状は熱と咳と呼吸音?入院治療が必要?

まとめ

咳は、体内に侵入した異物を追い出すための防御機能であり、赤ちゃんのうちから備わっています。

赤ちゃんが咳をする原因は、咳の音や諸症状から推測することができ、風邪、小児喘息性気管支炎、肺炎、クループ症候群、百日咳などの病気が潜んでいることもあるため、赤ちゃんの症状をよく観察して病院受診を判断しなければなりません。

赤ちゃんの命に関わる病気もあるので、判断を迷う場合は「とりあえず様子見」ではなく、「とりあえずかかりつけの病院を受診」させるようにしてください。

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 赤ちゃん 風邪 発熱 下痢 咳 鼻水 鼻づまり
  4. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  5. 赤ちゃん 医療費控除 申請 計算 対象
  6. 赤ちゃん 自閉症 症状 兆候
  7. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  8. カンガルーケア 赤ちゃん
  9. 発達障害 図 自閉症
  10. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害

facebookページ

ページ上部へ戻る