赤ちゃんが吐く!吐き戻しの原因は?大量、噴水様、透明な嘔吐は危険?

赤ちゃん 吐く 吐き戻し 嘔吐

赤ちゃんが母乳やミルクを吐くことはありませんか。

新生児期から低月齢の赤ちゃんが母乳やミルクの吐き戻しや嘔吐をすることは、実はそれほど珍しいことではありません。

しかし、赤ちゃんが吐くのを見ると「病気ではないか。」、「内臓などに異常があるのではないか。」などと心配になるお父さんお母さんは多いものです。

中には、実際に病気や障害、臓器の異常などが原因で吐き戻しや嘔吐を繰り返す赤ちゃんもいるため、吐き方や赤ちゃんの様子を観察し、受診の要否の見極めや適切な対応をしてあげることが大切です。

この記事では、赤ちゃんが吐く(吐き戻し、嘔吐)原因と対応、吐く原因になる病気と見分け方、よく吐く(吐き戻し、嘔吐)時期について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが吐く原因(吐き戻し、嘔吐)原因

赤ちゃんが母乳やミルク吐く吐き戻しは、新生児期から低月齢の頃によく見られるもので、個人差はありますが、ほとんどの赤ちゃんが経験します。

赤ちゃんが吐く原因は複数あり、それぞれ対応が異なります。

  • 胃が未発達で吐きやすい構造をしている
  • 胃の中に空気が溜まりやすい
  • ゲップと一緒に吐き戻しする
  • 母乳やミルクを飲みすぎている

各原因と対処法について、詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんが吐く(吐き戻し、嘔吐)原因:胃が未発達で吐きやすい構造をしている

大人の胃は、テレビCMなどでよく見かける形状をしています。

一方で、新生児や低月齢の赤ちゃんの胃は、膨らみが少なくまっすぐな筒状(とっくり型)をしている上、胃の入り口の筋肉が未熟で入り口の蓋がきっちり閉まらない状態です。

そのため、母乳やミルクが胃に収まりきらず、ちょっとした刺激で逆流し、口から吐き出してしまいます。

対応:授乳後は、頭の位置が高くして寝かせる

繰り返しですが、赤ちゃんの胃は筒状で、蓋がきっちり閉まらない状態です。

そのため、授乳後すぐに布団やベッドに寝かせると、胃の中に入った母乳やミルクが簡単に口から出てしまいます。

基本的には、キャップを外したペットボトルをテーブルの上に倒して置くと中の液体が流れ出るのと同じ原理です。

そのため、授乳後しばらくは、赤ちゃんの頭の位置が高くなるように抱っこしてあげる(授乳中の抱き方と同じ)と、吐き戻しが少なくなります。

布団やベッドに寝かせる場合は、赤ちゃん用の枕やクッションで頭の位置を高くして寝かせてあげましょう。

ただし、あおむけに寝かせると、吐き戻した母乳やミルクが喉に詰まって窒息するリスクがあるので、右を向かせて寝かせてあげましょう。

右向きに寝かせるのは、胃から腸へ抜ける出口が身体の右側に位置しているからです。

右向きに寝かせることで、胃の出口が身体の下の方へ来て、母乳やミルクが腸へ流れていきやすくなります。

関連記事

添い乳のやり方は?病気しやすい、歯並びが悪くなる、鼻づまりが起こるというのは本当?

赤ちゃんが吐く(吐き戻し、嘔吐)原因:胃の中に空気が溜まりやすい

赤ちゃんは、胎内では胎盤と臍帯を通して必要な栄養を得ることができましたが、胎外へ生まれ出た後は、自力で母乳やミルクを飲んで栄養を得なければなりません。

しかし、生まれてまもない頃の赤ちゃんは、哺乳反射という生まれ持った原始反射に頼って母乳やミルクを飲んでおり、上手に吸い付いたり飲み込んだりすることができず、母乳やミルクと一緒に空気も大量に飲み込んでしまいます。

そのため、飲み込んだ空気が胃の中に空気が溜まりやすいものです。

胃の中の空気の量が多いと、母乳やミルクが胃の中に流れていかず逆流し、口から出てしまいます。

対応:授乳→ゲップ→授乳を繰り返す

ゲップは、授乳ごとにさせるのが一般的ですが、胃の中に空気がたくさん溜まり過ぎてしまい、ゲップさせる頃には胃が空気でパンパンになっている赤ちゃんもいます。

そこで、授乳とゲップを小刻みに繰り返し、空気が胃の中に溜まり過ぎる前に出させることで、吐き戻しが少なくなります。

例えば、ミルクを45ml飲ませたい場合は15ml飲ませるごとにゲップをさせ、空気が出たらまた15ml授乳することを繰り返してみましょう。

関連記事

赤ちゃんのゲップを出すコツは?出ない時は縦抱き?苦しそうに吐く時は?

赤ちゃんが吐く(吐き戻し、嘔吐)原因:ゲップと一緒に吐き戻しする

赤ちゃんの胃の中に溜まった空気は「ゲップ」で吐き出させるのが基本です。

出産した病院の看護士や新生児訪問に来た保健師などから「授乳後はゲップさせましょう。」と指導されるのは、赤ちゃんが授乳時に飲み込んだ空気を吐き出させる必要があるからなのです。

しかし、生まれたての赤ちゃんは、ゲップをすることにも慣れておらず、飲み込んだ空気と一緒に母乳やミルクを吐き出してしまいます。

対応:赤ちゃんのペースでゲップさせる

授乳後に赤ちゃんにゲップをさせることは大切です。

しかし、授乳後すぐゲップするよう促したり、ゲップが出るまで背中を叩いたりすると、赤ちゃんは怖さや驚きを感じ、母乳やミルクを大量に吐き戻してしまう傾向があります。

1、2回ゲップしなくても赤ちゃんの体調が急に悪くなることはないので、「授乳の度に欠かさずゲップさせないといけない。」と神経質に考えるのではなく、赤ちゃんのペースでゲップさせてあげることを心がけましょう。

赤ちゃんが吐く(吐き戻し、嘔吐)原因:母乳やミルクの飲みすぎている

新生児や低月齢の赤ちゃんは、哺乳反射という原始反射の働きによって母乳やミルクを飲んでいます。

そのため、お腹が一杯かどうかに関わらず、口の周りに乳首が当たると吸い付いて母乳やミルクを飲もうとし、また、乳首に吸い付いている間はひたすら吸い続けます。

母乳の出が良い場合などは、お母さんが授乳量を調節してあげないと、胃の許容量を超えても飲み続け、飲み過ぎた分を吐き戻してしまうことがあります。

対応:授乳量を調整する

ミルクは1日の回数や1回あたり量が細かく決められており、医師や看護師からも指導されるので、その通りに授乳すれば問題はありません。

一方で、母乳は「赤ちゃんが欲しがるだけ」飲ませてあげることが多く、飲ませすぎて吐き戻しや嘔吐を引き起こしやすいものです。

赤ちゃんは一人ひとり体格も食欲も異なり、また、母乳が出る量もお母さんによって異なるところ、親子だからといって赤ちゃんの体格や食欲と母乳が出る量がマッチしているとは限りません。

赤ちゃんが頻繁に吐き戻す場合は、こまめに授乳量を調整してあげることが大切です。

関連記事

赤ちゃんの満腹中枢はいつから?授乳方法と飲ませすぎのサインは?

スポンサーリンク

赤ちゃんが吐く(吐き戻し、嘔吐)時期

通常、赤ちゃんがよく吐くのは新生児期から生後1ヶ月頃までで、その後は徐々に吐く頻度が少なくなり、生後3ヶ月頃には落ち着いていきます。

ただし、病気が原因となっている場合や、内臓の発達具合によっては、生後3ヶ月以降も吐き戻しが続くことがあります。

3ヶ月健診の頃に吐き戻しが続いているようなら、医師に相談し、必要に応じて検査や治療を受けさせてあげましょう。

離乳食を開始する生後5~6ヶ月以降は、お母さんからもらった免疫の効力が切れ、ウィルスや細菌に感染して病気になることが多くなり、病気が原因で吐き戻しや嘔吐をすることがあります。

また、離乳食で口にした食材にアレルギー反応を起こし、吐く赤ちゃんも少なくありません。

食べ物を吐くという趣旨とは違いますが、寝返りや寝返り返り、ズリバイやハイハイで移動できるようになると、あちこち移動して手あたり次第何でも口に入れるようになるため、誤飲のリスクも高まります。

その結果、タバコなどの危険物を誤飲して嘔吐するケースもあります。

スポンサーリンク

赤ちゃんが吐く(吐き戻し、嘔吐)原因になる病気と見分け方

病気が原因で赤ちゃんが吐くこともあります。

風邪や胃腸炎、幽門狭窄症など、赤ちゃんの吐き戻しや嘔吐を引き起こす病気はたくさんあります。

風邪

ほとんどの赤ちゃんが一度は経験する病気の一つが風邪です。

風邪とは、ウィルスや細菌などに感染して気道が炎症を起こした状態のことです。

風邪をひくと、吐き戻しや嘔吐だけでなく、咳、鼻水、鼻づまり、下痢、頭痛、発熱など様々な症状が現れます。

新生児期から生後数ヶ月までの間は、お母さんから受け継いだ免疫に守られていて風邪にかかりにくいものですが、絶対に風邪をひかないわけではありません。

胃腸炎

ウィルスや細菌に感染して起こる感染性の胃腸炎が多く、ウィルス等の種類や赤ちゃんの体調によっては重症化するリスクもあります。

症状は感染したウィルス等によって異なりますが、多くの場合、激しい嘔吐の他に下痢を伴います。

幽門狭窄症

幽門狭窄症とは、胃の出口(幽門)が狭くなり、飲み込んだ物が胃から腸へ流れにくくなる病気です。

幽門狭窄症を原因とする嘔吐は、噴水のように勢いよく吐き出すのが特徴です。

関連記事

赤ちゃんの幽門狭窄症の原因は?症状は噴水様の嘔吐?治療は?

腸閉塞

飲み込んだ物が腸に詰まった状態が、腸閉塞です。

腸閉塞を原因とする嘔吐は、黄色もしくは黄緑色をしているのが特徴です。

脳出血

頭を打った、ぶつけた後に赤ちゃんが吐いた場合は、すぐ小児科を受診させましょう。

特に、頭を打ってから半日以内に吐いた場合、けいれんや意識障害がある場合は一刻を争うので、119番通報も検討してください。

関連記事

赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた場合の対応は?泣かない、吐く時は?

病院受診の目安となる吐き戻しや嘔吐

病気が原因で赤ちゃんが吐き戻しや嘔吐をしている場合、早急に小児科を受診させて治療を受けさせてあげなければなりません。

ここでは、病気が原因の吐き戻しや嘔吐の症状をまとめて紹介します。

嘔吐物が透明、黄色、黒色(母乳やミルクの白色ではない)

母乳やミルクが逆流する吐き戻し(嘔吐)は、当然ですが白色(母乳やミルクの色)です。

赤ちゃんの嘔吐物の中に白色以外のものが混じっている場合、病気による嘔吐の可能性を疑います。

嘔吐物の色 可能性のある病気など
黄色(胆汁) 先天性腸疾患
透明(胃液など) 胃の疾患
赤や黒(血液) 胃の出血

いずれも放置すると赤ちゃんの命に関わる疾患の可能性があるため、すぐ小児科を受診させてあげてください。

母乳やミルクを噴水のように吐く

母乳やミルクを噴水の用に吐くのは、幽門狭窄症に特徴的な症状です。

生後3ヶ月までの間に噴水用の嘔吐が繰り返される場合は、幽門狭窄症の可能性が高いため、小児科で治療を受けさせる必要があります。

赤ちゃんの元気がない

赤ちゃんが元気にしているか否かは、赤ちゃんの体調を知る上で最も大切な指標です。

主観的だと思うかもしれませんが、常に赤ちゃんと一緒に過ごしてお世話をしている親が「あれ、赤ちゃんの元気がないな。」と感じた場合、下手な医師の判断よりも赤ちゃんの状態を正確に捉えていることが多いものです。

赤ちゃんの嘔吐が続いていて、赤ちゃんの元気がなくなってきた場合は、迷わず小児科に相談してください。

頻繁かつ大量に吐き戻しする

赤ちゃんの嘔吐は珍しいことではありませんが、毎回吐いたり、飲んだ量全てを吐いたりすることはほとんどありません。

したがって、赤ちゃんが授乳の度に吐く、大量に吐き戻す場合も小児科を受診させることを検討してください。

赤ちゃんの体重が増えない

赤ちゃんの体重は、個人差や時期による変動はありますが、1週間や1ヶ月単位で見ると増え続けていくものです。

赤ちゃんが頻繁に吐き戻すことに加え、体重が増えないまたは減少している場合も、何らかの病気が潜んでいる可能性があります。

小児科で原因を探ってもらい、必要な治療を受けさせてあげましょう。

関連記事

ちゃんの体重が増えない原因は病気や授乳量?月齢(何ヶ月)ごとに確認!

まとめ

赤ちゃんの吐き戻しや嘔吐は、親としてはとても心配になるものです。

しかし、程度の差はあるものの、どの赤ちゃんにも見られる現象なので、心配しすぎず、吐いた時に適切に対応してあげることが大切です。

もしも、いくら対応しても吐き戻しが治まらない場合や、噴水のように吐き出すなど気になる吐き方をした場合は、早めに小児科を受診させることをおすすめします。