赤ちゃんのおならが多い原因は?新生児がおならで泣く理由と対応は?

赤ちゃん オナラ

赤ちゃんは、よくおならをします。

「ぷうう」、「ぷりぷり」、「ぷっぷー」などバリエーションが豊富で、思わず笑ってしまうことも多い赤ちゃんのおならですが、「おならの回数が多すぎる気がする。」、「おならと同時に激しく泣き出すので、病気じゃないかと心配になる。」などと不安や心配を抱えている親も少なくありません。

実際に、おならの背後に病気が潜んでいることもあるため、「単なるおならだから、気にすることはない。」と笑い飛ばすわけにもいきません。

どうして赤ちゃんはおならは多いのでしょうか?

また、おならと一緒に泣き出す理由はどのようなものなのでしょうか?

この記事では、赤ちゃんのおならが多い原因と、赤ちゃんがおなら出なく原因について紹介します。

おならとは

おならとは、腸管の中に溜まった空気、ガス、水蒸気などが肛門から排出されたものです。

おならが臭いのは、腸内で発酵または腐敗した食べ物から発生した強い臭いのあるガス(アンモニア、トリメチルアミン、メルカプタン、硫化水素など)の影響です。

赤ちゃんは、授乳時や泣いたときなどにたくさんの空気を飲み込んでおり、一部をゲップで吐き出し、その他はおならとして放出します。

おならが出るのは、胃腸などの閉塞がなく正常に機能している証であり、お腹に溜まった空気に胃腸が圧迫されることで感じる不快さも解消してくれます。

関連記事

赤ちゃんのおならが臭い原因は?便秘、離乳食、下痢のせい?

赤ちゃんのおならが多い原因

まず、赤ちゃんのおならが多い原因を見ていきましょう。

赤ちゃんのおならが多い原因:母乳やミルクと一緒に飲み込んだ空気を放出している

赤ちゃんは、生まれたての頃は母乳やミルクの飲み方を学習していませんが、生まれつき備わっている原始反射の一つ「哺乳反射」によって母乳やミルクを飲みます。

哺乳反射が備わっていることで、飲み方を知らなくても乳首を探し出し、乳首に吸い付き、母乳やミルクを飲み込むことができるのです。

しかし、口の開け方や吸い付き方など細かな微調整は困難で、母乳やミルクと一緒に空気もたくさん飲み込んでしまいます。

飲み込んだ空気は授乳後のゲップで一部吐き出されますが、体内に残って胃腸へ流れ込んだ空気はおならとして放出されます。

哺乳反射で母乳やミルクを飲むうちに飲み方を覚え、自分の意思で上手に飲むことができるようになると、空気を飲み込む量は減っていきます。

関連記事

哺乳反射とは?赤ちゃんが母乳を飲まない原因は原始反射の異常?

赤ちゃんのおならが多い原因:よく泣く

赤ちゃんは、とにかくよく泣きます。

お腹が空いた、オムツが濡れて気持ち悪い、寂しいなど、あらゆる要求を泣いて表現し、親に対応を求めます。

泣くときは大きく口を開けて空気をたくさん吸い込んでおり、体内に入った空気は胃腸を通って肛門からおならとして放出されます。

赤ちゃんのおならが多い原因:ゲップが出ない

ゲップとは、母乳やミルクと一緒に飲み込んで胃の中に溜まった空気を口から吐き出すことです。

空気が胃の中に溜まると、お腹が張って赤ちゃんが不快さを感じてしまうので、授乳後は、母乳やミルクと一緒に飲み込んだ空気を吐き出させるためにゲップをさせます。

しかし、授乳ごとにゲップをしなかったり、飲み込んだ空気を吐き出し切らなかったりすることもあり、その場合、飲み込んだ空気は身体の中を通っておならとして体外へ出て行きます。

関連記事

赤ちゃんのゲップを出すコツは?出ない時は縦抱き?苦しそうに吐く時は?

赤ちゃんのおならが多い原因:母乳育児

母乳を飲むには、哺乳瓶からミルクを飲むよりも強い力でお母さんの乳首に吸い付く必要があり、その分だけ空気もたくさん飲み込みます。

そのため、ミルクだけを飲んでいる赤ちゃんよりも、母乳だけを飲んでいる赤ちゃんの方が、おならをたくさんする傾向があります。

ただし、母乳の飲み方や飲む量にも影響されるので、母乳だけを飲んでいる赤ちゃんの方が必ずおならをたくさんすると言い切ることはできません。

赤ちゃんのおならが多い原因:胃軸捻転

胃軸捻転とは、新生児期から生後1、2ヶ月の赤ちゃんに多い、胃がねじれて食道を圧迫し、お腹の痛みや張り、嘔吐、頻回のおならなどを生じさせる病気です。

時間の経過とともに自然に治ることが多いものですが、手術による治療が必要になることもあります。

関連記事

新生児・赤ちゃんの胃軸捻転症とは?原因、症状、対処は?入院手術は必要?

赤ちゃんがおならをして泣く原因

赤ちゃんは、おならと同時に泣くことがあります。

個人差はありますが、低月齢のうちはおならをして泣き出すことが多いものです。

赤ちゃんがおならをして泣く原因:おならの音に驚いている

赤ちゃんは、自分がおならをしても、自分のおならであると認識することはできません。

そのため、おならの大きな音を聞き、驚いて泣くことがあります。

特に、大きなおならの音を聞くと、身体をビクッとさせて驚き、両腕をパッと広げた後にしがみつくようなしぐさを見せます。

これは、モロー反射という生まれつき備わった原始反射の一つです。

モロー反射とは、大きな音など外からの刺激に対して、赤ちゃんが驚いたような動きを見せる原始反射です。

モロー反射は、以下のような反応が順番に現れます。

  1. 外からの刺激を察知する
  2. 両腕を外側に広げる(手のひらも開く)
  3. しがみつくように腕を内側に回して身体に引き寄せる

赤ちゃんは、自分のおならの大きな音に驚いて泣くことが多いですが、モロー反射によって身体が大きく動くことに驚いて泣き出すこともあります。

関連記事

モロー反射とは?いつまで?赤ちゃんがビクッと起きる、激しい時の対策は?

赤ちゃんがおならをして泣く原因:お尻に違和感がある

赤ちゃんにとっては、おならが出るときのお尻の感覚も慣れない刺激です。

おならが出るときのお尻の違和感に驚いたり不快さを感じたりして泣く赤ちゃんもいます。

赤ちゃんがおならをして泣く原因:お腹が苦しい

赤ちゃんは、月齢が低いほど1日に何度もウンチをしますが、何らかのきっかけで便秘になることがあり、ウンチの回数が減ったりウンチの出が悪くなったりすることがあります。

便秘になってウンチがお腹の中に留まる時間が長くなると、赤ちゃんはお腹の張りや苦しさなど不快さを感じて泣き出すことがあります。

また、ウンチが出る感覚があったのにおならしか出ず、お腹の圧迫感が解消しないことが不快で泣く赤ちゃんもいます。

関連記事

離乳食で赤ちゃんが便秘に!原因は水分不足?対策や解消法は?

赤ちゃんがおならをして泣く原因:ウンチが出た

赤ちゃんは、ウンチの出し方をコントロールできないので、おならと一緒にウンチまで出ることがあります。

赤ちゃんは、おならと一緒にウンチが出てオムツが汚れると、お尻に気持ち悪さを感じて泣き出します。

「ぷりぷり」というカワイイおならの音が聞こえたら、「あ、おならをした。ウンチも出ているかもしれないな。」と思って、赤ちゃんのオムツをチェックしてあげましょう。

まとめ

赤ちゃんは、母乳やミルクを飲んだときや泣いたときなどに空気をたくさん飲み込み、ゲップで出し切れなかった空気をおならで放出します。

また、自分のおならの音やおならが出るときのお尻の感覚に驚いたり、お腹の違和感やおならと一緒にウンチが出たりして泣き出すこともあります。

親としては「赤ちゃんってこんなにおならをするものなの?」、「どうして自分のおならで泣くの?」と思うかもしれませんが、いずれも自然な現象なので温かく見守ってあげましょう。

なお、空気の飲み込み過ぎが原因のおならについては、授乳後のゲップを徹底すれば頻度が減ることがあります。

おならは自然な現象ですが、どうしても赤ちゃんのおならが気になる場合は、こまめにゲップさせることを検討してみてください。