閉じる
  1. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  2. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  3. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  4. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  5. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  6. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  7. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  8. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  9. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  10. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんが水とお茶を飲まない原因は?病気と脱水の恐れ、飲ませ方は?

赤ちゃん 水 お茶 飲まない

赤ちゃんが水やお茶を飲んでくれなくて困っていませんか?

赤ちゃんが思うように水分を飲んでくれず、やきもきしているお父さんお母さんはたくさんいます。

水分補給が不十分だと便秘になりますし、脱水のリスクも高まるので、親としては何とか飲ませたいのですが、赤ちゃんはなかなか飲んでくれません。

コップを手でひっくり返したり、口に入れても吐き出したりすることもあり、ついイライラしてしまうこともあるでしょう。

そこで、このページでは、赤ちゃんが水やお茶を飲まない原因、飲まないことによるリスク、飲ませる方法について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが水やお茶を飲まない原因

赤ちゃん 水 お茶 飲まない

赤ちゃんは、最初から水やお茶を飲まないわけではなく、たいていの場合は、飲まない理由があるものです。

水やお茶に慣れていない

水やお茶を飲み始めの頃は、母乳やミルクとの味や濃度の違いに戸惑い、なかなか飲んでくれないことがあります。

ジュースや牛乳の方がおいしい

水やお茶を飲まなくなる原因で最も多いのが、ジュースや牛乳など、より味が濃くておいしい飲み物を飲み始めたことです。

おいしいものが欲しいと思うのはとても自然なことですが、一度、ジュースや牛乳の味を覚えてしまうと、水やお茶を飲みたがらなくなってしまいます。

口の中や喉が痛い、気持ち悪い

赤ちゃんは、口の中や喉が痛い時は、何も口に入れたがらなくなります。

無理やり口に入れても吐き出したり、泣きわめいたりします。

関連ページ

機嫌が悪い

機嫌が悪いと、親がすることにとにかく反発・抵抗し、水やお茶を飲ませようとしても飲んでくれなくなります。

特に、イヤイヤ期が始まった後に顕著にみられます。

関連ページ

赤ちゃんが水やお茶を飲まない(水分補給不足)ことによるリスク

赤ちゃん 水 お茶 飲まない

大きなリスクは、脱水と便秘です。

脱水

赤ちゃんは、たくさん汗をかき、たくさんおしっこをするので、少し水分補給を忘れただけでも、すぐ脱水症状を起こしてしまいます。

特に、お風呂上りや夏場の外出時は、脱水症状を起こして亡くなるケースが後を絶たないので、要注意です。

便秘

水分不足が続くと便秘になるリスクも高くなります。

便秘になって便が硬くなり、うんちの際に肛門が切れて切れ痔になる赤ちゃんもたくさんいます。

関連ページ

スポンサーリンク

赤ちゃんに水やお茶を飲ませる方法

赤ちゃん 水 お茶 飲まない

水分補給は赤ちゃんにとって生命線ですが、水やお茶を無理やり飲ませるのは手間がかかりますし、赤ちゃんはますます飲むのを拒否するようになります。

そのため、赤ちゃんが自発的に水やお茶を飲む気になるよう、工夫することが大切です。

飲ませる容器を工夫する

赤ちゃん用の飲み物容器には、哺乳瓶、ストロー付きマグ、マグ、コップなどたくさんあります。

母乳やミルクからの移行期の場合、授乳で使っていた容器に水やお茶を入れてみると、飲んでくれることがあります。

スプーンで飲ませてみる

赤ちゃんは、水やお茶を飲み始めの頃は何かと不安を感じやすく、口に入れることさえ慎重になることがあります。

まずは、スプーンで1口ずつ飲ませてあげ、慣れてきたらストロー付きマグなどに入れて渡してみましょう。

少しずつカップに入れて飲ませる

コップに並々とついでも、赤ちゃんはなかなか飲んでくれないものです。

赤ちゃんが2口3口で飲み干せるくらいの量をコップにつぎ、赤ちゃんが飲んだらつぎ足すという方法を繰り返すことで、たくさん飲んでくれることがあります。

親が一緒に飲む

子供は、親のマネをするのが大好きで、マネをしながらたくさんのことを学習します。

赤ちゃんの前で水やお茶をコップについでゴクゴク飲み、「あ~おいしかった!」と笑顔で微笑みかけると、赤ちゃんは「おいしそうだなあ。飲んでみようかなあ」という気になるものです。

赤ちゃんのコップにも水やお茶をつぎ、同時に飲むようにすると、赤ちゃんがマネをしてゴクゴク飲んでくれることがあります。

ジュースや牛乳を止める

ジュースや牛乳を飲み始めてから水やお茶を嫌がるようになる赤ちゃんは、とても多いものです。

ジュースや牛乳の方がおいしいので、水やお茶をあげても「ジュースの方が良い」と嫌がるわけです。

便秘の際にオレンジジュースや牛乳を飲ませるのは仕方ないとして、それ以外は水とお茶以外飲ませないようにすると、少しずつ飲んでくれるようになります。

ジュースや牛乳を止めた当初は、赤ちゃんがぐずったり泣きわめいたりするはずですが、心を鬼にして我慢しましょう。

水やお茶を嫌がるからといってジュースを飲ませていると、ますます水やお茶を嫌がるようになりますし、虫歯や肥満の原因になり、糖尿病を発症するリスクもあります。

水分が多めの離乳食や食事を食べさせる

どうしても、水やお茶を飲みたがらない赤ちゃんには、離乳食や食事から水分補給させる方法がおすすめです。

離乳食や食事の水分をいつもより多めにしたり、スープや果汁をたくさん飲ませたりすることで、しっかり水分を摂れます。

オリゴ糖水を飲ませる

普通の水は嫌でも、オリゴ糖水なら飲んでくれることがあります。

オリゴ糖は、腸内の善玉菌を活性化させて腸内環境を整える働きがあり、便秘解消のためにオリゴ糖水を赤ちゃんに飲ませる家庭もあります。

注意したいのは、市販のオリゴ糖の中には、保存料、人工甘味料、砂糖が多く含まれるものが多いことです。

購入前に成分表示を確認し、オリゴ糖が100%の商品を購入してください。

オリゴ糖の純度が低い商品より値段は上がりますが、糖分の摂取過多や思わぬ健康被害の予防のためには大切なことです。

おいしいお茶を飲ませる

ベビー麦茶は飲まないけれど、大人が飲むお茶は飲むという赤ちゃんは意外に多いものです。

おすすめは大人用の麦茶です。

ノンカフェインの商品を選べば、赤ちゃんも安心して飲むことができます。

味が濃い場合は、水で薄めて飲ませてあげましょう。

ほうじ茶や番茶は、カフェインが含まれるので、十分に薄めてから飲ませるようにしてください。

ページ上部へ戻る