赤ちゃんの寝言泣きとは?原因と見分け方、対処法は?いつまで(何ヶ月)?

寝言泣き 赤ちゃん いつまで 生後1歳

赤ちゃんが夜中に泣き出すと、「夜泣き」だと思って抱っこしたりあやしたりしていませんか?

実は、赤ちゃんが夜中に泣き出すのは、「夜泣き」ではなく「寝言泣き」のことがあります。

寝言泣きは、赤ちゃんが寝ている状態で発する寝言の一種であり、夜泣きのように赤ちゃんのお世話してあげる必要はありません。

むしろ、寝ている状態の赤ちゃんを起こしてしまうと、再び寝かしつける手間がかかりますし、赤ちゃんの生活リズム(睡眠リズム)を乱すことにもなりかねません。

寝言泣きのことをよく知り、寝言泣きと夜泣きと区別できるようになることで、夜間の赤ちゃんのお世話が楽になりますし、赤ちゃんの安眠を妨げる頻度も減っていきます。

この記事では、寝言泣きの概要、原因、いつまで(生後何ヶ月、生後何歳)続くか、夜泣きとの違い、対処法について紹介します。

スポンサーリンク

寝言泣きとは

寝言泣きとは、名前のとおり、赤ちゃんが寝ている状態で発する「寝言」です。

赤ちゃんは、新生児の頃から大人と同じように寝言を言います。

寝言といっても、赤ちゃんは言葉を獲得していないため、大人のように言葉を話すことはできず、泣く、笑う、叫ぶ、うなるなど言葉以外で表現されます。

特に、新生児から生後2ヶ月頃までの赤ちゃんは、泣く以外の表現方法を獲得しておらず、寝言といえばほぼ100%寝言泣きということになります。

寝言の種類

赤ちゃんは、色々な寝言を言います。

寝言泣き(泣く)以外にも、叫ぶ、笑う、うなる、クーイング、喃語など、赤ちゃんが起きている間に見せる行動や発声はいずれも寝言として現れることがあります。

関連記事

赤ちゃんの寝言でうなる、叫ぶ、笑う?寝言泣きと夜泣きの区別は?

寝言泣きの原因

私たちの眠りは、レム睡眠とノンレム睡眠の繰り返しで構成されています。

  • レム睡眠:身体は寝ていて脳は起きている「浅い眠り」
  • ノンレム睡眠:身体も脳も寝ている「深い眠り」

ノンレム睡眠中は、脳も身体も寝ています。

一方のレム睡眠中は、眠っているのは身体だけです。

脳(記憶を司る大脳皮質と辺縁系)は起きており、起きている時の体験をリピート再生して、記憶として定着させる作業を行っています。

この作業中に脳の言語中枢が起きていると、再生中の体験に合わせた寝言を発することがあるのです。

赤ちゃんは、大人に比べて睡眠全体に占めるレム睡眠の割合が多く(およそレム睡眠:ノンレム睡眠=5:5)、その分、寝言の頻度も多くなる傾向があります。

関連記事

赤ちゃんの寝相が悪い!悪すぎ!横向き、うつ伏せ、ばんざい、えびぞり対策は必要?

スポンサーリンク

寝言泣きはいつから、いつまで(生後何ヶ月)

寝言泣きは、新生児の頃から見られます。

生後2ヶ月~生後3ヶ月頃にクーイング、生後4ヶ月頃に喃語を覚えた後は、寝言泣き中にもクーイングや喃語が出てくるようになります。

  • クーイング:舌を使わず「あ~」「う~」「えっえ」などの母音を発声すること
  • 喃語:言葉を獲得していない赤ちゃんが意識的に発する意味のない声

生後1歳~生後2歳頃に意味のある言葉を話し始めると、子どもや大人と同じように寝言の中で意味のある言葉を話すようになり、「寝言泣き」は少なくなっていきます。

ただし、言葉を覚えても、うまく使いこなせるようになるには時間がかかるため、生後2歳を過ぎても寝言泣きが続いたり、聞き取れない言葉を発したりすることはあります。

いつまでも寝言泣きを続けていると心配になるかもしれませんが、スキンシップをしっかりとって見守ってあげることが大切です。

関連記事

赤ちゃんの喃語とは?いつから?少ないと自閉症?クーイングの違いと意味は?

寝言泣きと夜泣きの見分け方

夜泣きも寝言泣きも、赤ちゃんが突然泣き出すところは同じなので、区別をつけるのは簡単ではありません。

代表的な寝言泣きと夜泣きの見分け方は、「赤ちゃんが寝てから泣きだすまでの間隔」をチェックする方法です。

寝言泣きは、すでに書いたとおりレム睡眠時にのみ起こる現象であるところ、レム睡眠とノンレム睡眠は40分から60分前後で交互に繰り返されるため、寝言泣きも同じ間隔で起こることが多いものです。

一方の夜泣きは不規則に起こるため、寝言泣きか夜泣きかは泣く間隔で見分けることができることがあります。

しかし、寝言泣きや夜泣きが起こるのはお父さんお母さんも寝ている深夜の時間帯です。

赤ちゃんが泣きだしたときに、「前回泣いたのは何分前だから、これは寝言泣きだ!」と考えて判断するのは難しいことが多いでしょう。

そんなときは、赤ちゃんが泣きだしてもすぐにお世話をせず、少し様子を見てください。

寝言泣きは、赤ちゃんが寝ている状態で発する「寝言」なので、大人の寝言と同じで、しばらく何もせずに様子を見ていると自然に治まっていきます。

一方で、夜泣きは、何もしないと赤ちゃんがさらに強く泣いたりぐずったりするため、見分けることができるのです。

なお、レム睡眠中は激しい眼球運動が起こっているため、赤ちゃんの瞼(まぶた)をめくり、眼球が激しく動いていればレム睡眠中(寝言泣き)と判断する方法もあります。

ただし、必ずしも眼球運動が起こるわけではないため、確実な方法とは言えません。

関連記事

赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?

寝言泣きの対処法

寝言泣きに一番効果的な対処法は、しばらく何もせずに様子を見守ることです。

寝言泣きが始まると、2、3分は泣き続けたり、手足をバタバタさせたりすることがあり、親としては、赤ちゃんが泣きだすと抱っこしてあやしてあげたくなるでしょう。

しかし、抱っこしてしまうと赤ちゃんを起こすことになり、その後の寝かしつけが大変ですし、夜中に起きる癖がついて睡眠リズムが崩れるリスクもあります。

構ってあげたい気持ちは分かりますが、親自身と赤ちゃんのためにこらえてください。

もし、赤ちゃんの寝言泣きが長引くようなら、以下の方法を試してみましょう。

寝言泣きの対処法:寄り添って身体に触れてあげる

身体に触れてあげると、赤ちゃんは寝ていても気持ちが落ち着くものです。

赤ちゃんの寝言泣きは、不快なことと連動して起こる傾向があると言われており、優しく触れることで不快さを緩和してあげることができます。

寝言泣きの対処法:背中を優しくトントン叩いてあげる

スキンシップをとるという意味では、触れてあげることと同じ効果があります。

また、一定のリズムで刺激を与えてあげることも、赤ちゃんが落ち着く効果があると言われています。

寝言泣きの対処法:手を握ってあげる

赤ちゃんの手は、身体の中でも敏感に刺激を感知する器官です。

寄り添って身体に触れながら、手も握ってあげることで、赤ちゃんの気持ちを落ち着ける効果が高まります。

寝言泣きの対処法:小声で歌ったり、話しかけたりしてあげる

レム睡眠は脳が起きている状態であり、歌声や話し声は脳に届いています。

お父さんお母さんなど身近な人の声は赤ちゃんの脳を落ち着ける効果があり、スキンシップとは別の方法で赤ちゃんを落ち着かせてあげることができます。

いろいろと試してみても泣き止まない場合は、赤ちゃんが何かの拍子に起きてしまった、または、夜泣きをしている可能性が高いため、抱っこしてあやしたり、授乳したりして対応してあげましょう。

スポンサーリンク

まとめ

寝言泣きと夜泣きは本当に紛らわしく、慣れるまでは区別がつきにくいものです。

しかし、寝言泣きという現象を知っておくことで、夜中の赤ちゃんのお世話がグッと楽になります。

また、寝言泣きと夜泣きそれぞれに適切な対応をしてあげないと、赤ちゃんが睡眠リズムを乱したり、酷い場合は睡眠障害に陥ったりするリスクがあるので、注意しましょう。