赤ちゃんの目の周りが赤い!原因は乾燥や湿疹?病院受診の目安は?

赤ちゃん 目の周り 赤い

赤ちゃんの目の周りや目の下が赤いことはありませんか。

赤ちゃんの目の周りが赤いのを見つけると、「アトピーだろうか。」、「肌に異常があるのだろうか。」、「かゆくてこすりすぎたのだろうか。」などと心配になることが多いでしょう。

実は、赤ちゃんの目の周りが赤くなるのは、珍しいことではありません。

赤ちゃんの皮膚は大人と比較すると未熟で、ちょっとした刺激でも反応して赤くなってしまうのです。

そのため、目の周りが赤いからといってアトピーや病気だと思って過剰に心配する必要はありません。

ただし、放置して良いわけではなく、赤くなった原因を探り、必要に応じて小児科を受診させたり、家庭で対処したりしてあげないと、症状が悪化してしまいます。

この記事では、赤ちゃんの目の周りが赤くなる原因と、病院受診の目安について紹介します。

赤ちゃんの目の周りは赤くなりやすい

赤ちゃんの皮膚は、大人に比べると厚みがなくバリア機能が未成熟なので、刺激や汚れに反応しやすいものです。

特に、目の周りの皮膚は他の部位よりも薄いため、些細な刺激でもすぐ赤くなります。

赤ちゃんの目の周りが赤くなっているのは、異物や目やになどの刺激による一時的な症状であることが多いものです。

目の周りの刺激に不快さを感じた赤ちゃんがかいたりこすったりして赤くなることもありますが、不快さの原因を取り除いてあげることで治まります。

スポンサーリンク

赤ちゃんの目の周りが赤い原因

異物による刺激以外で赤ちゃんの目の周りが赤い原因として考えられる病気などは、以下のとおりです。

  • 乾燥
  • アレルギー
  • サーモンパッチ
  • アトピー性皮膚炎
  • 乳児脂漏性湿疹

赤ちゃんの目の周りが赤い原因:乾燥

赤ちゃんの肌は、水分を保持しておく機能が未熟なので、放っておくとすぐ水分が失われて乾燥してしまいます。

特に、身体の他の部位より皮膚が薄い目の周りはすぐ乾燥し、表面がカサカサして赤くなります。

肌が乾燥するとかゆみが増すため、赤ちゃんが目の周りをこすって肌を傷つけ、さらに赤くなることもあります。

また、子育てに慣れないお父さんお母さんは、「赤ちゃんの肌はデリケートだから清潔に保たないといけない。」と思って、沐浴のたびに赤ちゃんの顔を石鹸で顔を洗ったり、ガーゼやタオルでゴシゴシ拭いたりしがちです。

しかし、石鹸の使い過ぎや顔の拭き過ぎは、肌の乾燥を加速させ、肌を傷つけることにもなってしまいます。

赤ちゃんの目の周りは、身体の他の部位に比べると皮脂の分泌が少ないので、目やにや汚れを見つけた時に、濡らしたガーゼなどで優しく拭き取るだけで十分です。

赤ちゃんの乾燥肌のケアは、赤ちゃん用の保湿クリームやワセリンを塗ったり、加湿器や濡れタオルで室内の湿度を上げたりする方法が効果的です。

家庭でのケアで乾燥肌が改善しない場合は、小児科や皮膚科を受診させてあげましょう。

赤ちゃんの目の周りが赤い原因:アレルギー

アレルギーとは、身体の中に侵入した異物を排除するための仕組みが過剰反応することです。

アレルギーを引き起こす物をアレルゲンといいます。

何がアレルゲンとなるかは赤ちゃんによって異なりますが、一般的には、ミルク、石けん、ハウスダスト、花粉、離乳食に含まれる食材などがアレルゲンとなってアレルギー反応が起こることが多くなっています。

乳児期の赤ちゃんの場合、乳製品、卵、小麦などの食材がアレルゲンとなりやすい傾向があります。

アレルギー反応は、アレルゲンに触れた(体内に取り入れた)時からまもなく起こるため、急に赤ちゃんの目の周りが赤くなったら、直前のミルクや離乳食、赤ちゃんが触れた物、いた場所などを確認することが大切です。

一度の反応ではアレルギーによるものかどうか判断しにくいので、「特定の食材が含まれる離乳食を食べた後。」、「特定の物に触れた時」など、同じ反応が出る状況や反応の詳細を確認しておきましょう。

アレルギーが疑われる場合は、小児科を受診します。

小児科の医師は、赤ちゃんの親から聞き取った情報を元にアレルギー反応の原因を推測し、アレルギー検査を行って原因を特定した上で、原因に応じた対応を教えてくれます。

そのため、親としては、「アレルギー反応と思われる反応が出る状況や反応の詳細をチェックし、正確に医師に伝えること」がとても大切になります。

アレルギー反応への対処の基本は、アレルゲンとなる物質を避けることですが、主要食材がアレルゲンとなっている場合は完全に避けることが難しいため、対処方法を医師としっかり話し合っておく必要があります。

関連記事

アレルギーマーチとは?予防と対処は?アトピー、喘息、消化管異常が連鎖?

赤ちゃんの目の周りが赤い原因:サーモンパッチ

サーモンパッチとは、毛細血管が増殖・拡張することにより、赤ちゃんの顔にできるシミのような赤いあざです。

産卵期のサケに見られる赤い模様に似ていることから、サーモン(サケ)パッチという名前が付けられました。

おでこや眉間、鼻など顔の中心部分にかけて赤いあざができることが多く、正中部母斑とも呼ばれています。

まぶたなど目の周りに赤いあざができることもあり、寒い時期には赤色が濃くなる傾向があります。

生後1歳半までに約80%、生後3歳までに約90%が自然消失するため、経過観察が基本です。

生後2歳を過ぎても自然消失しない場合は、レーザーで治療を検討することになります。

関連記事

サーモンパッチの原因は?いつ消える?消えない時はレーザー治療?

スポンサーリンク

赤ちゃんの目の周りが赤い原因:アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、アトピー素因を持つ赤ちゃんが発症する、慢性的に皮膚の炎症が起こる状態です。

乳児期の赤ちゃんがアトピー性皮膚炎を発症すると、目の周りだけでなく、首や耳の後ろなどに湿疹ができ、身体や手足の関節部分などに症状が広がっていく傾向があります。

強いかゆみを伴うため、赤ちゃんがかきむしって症状を悪化させてしまいがちです。

また、湿疹がない部分の肌も乾燥してざらざらになります。

アトピー性皮膚炎の症状は、悪化と改善を繰り返すのが特徴で、生後1~2歳前後には自然に消失することもあれば、その後も症状が続くこともあります。

アトピー性皮膚炎の症状は、他の湿疹などと区別がつきにくいため、赤ちゃんの皮膚症状が気になった段階で早めに小児科や皮膚科を受診し、医師に診てもらいましょう。

市販の保湿クリームを使うと症状が悪化することもあるので、まずは医師に相談し、適切なケアを教えてもらってください。

関連記事

アトピー性皮膚炎とは?原因と症状は?治療で完治する?

赤ちゃんの目の周りが赤い原因:乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹とは、ホルモンバランスの影響により、新生児期から生後3~4ヶ月頃までの赤ちゃんによく見られる湿疹のことです。

クリーム色のかさぶた状の湿疹や、フケのような湿疹ができるのが特徴です。

ほっぺやおでこ、頭皮など皮脂の分泌が多い部位にできやすい湿疹ですが、赤ちゃんによっては目の周りにできることもあります。

かゆみや痛みは伴いませんが、炎症を起こすと赤く腫れあがったり化膿したりすることがあります。

病気ではないので、湿疹ができた部位を濡らしたガーゼでこまめに拭き、清潔に保つことが大切です。

関連記事

赤ちゃん(乳児)の脂漏性湿疹とは?原因、症状とケア方法は?

赤ちゃんの目の周りが赤い時に病院を受診させる目安

乾燥が原因の場合は、家庭において赤ちゃんの肌の保湿と室内の加湿を行うことで対応できます。

サーモンパッチは経過観察が基本ですし、乳児脂漏性湿疹は患部を清潔に保つことで改善していきます。

一方で、アレルギー反応やアトピー性皮膚炎が原因で目の周りが赤くなっている場は、家庭でケアすることは難しく、病院を受診させて適切な治療を受ける必要があります。

つまり、赤ちゃんの目の周りが赤い時に病院を受診させる目安は、以下のとおりとなります。

  • 特定の状況(ミルクを飲んだ後、離乳食を食べた後、特定の物に触れた後など)に目の周りが赤くなる(アレルギー反応)
  • 目の周りだけでなく、首や耳の後ろなどに湿疹ができる(アトピー性皮膚炎)
  • 湿疹がない部分の肌も乾燥してざらざらになる(アトピー性皮膚炎)
  • 症状が悪化と改善を繰り返す(アトピー性皮膚炎)

なお、赤ちゃんの目の周りが赤い原因が特定できない場合も、アレルギー反応やアトピー性皮膚炎の可能性を考えて、念のために小児科や皮膚科を受診させてあげてください。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんの皮膚はバリア機能が未熟なため、些細な刺激で赤くなるものです。

したがって、赤ちゃんの目の周りが赤くなる原因は、肌の乾燥、サーモンパッチ、アトピー性皮膚炎、湿疹など様々で、それぞれ必要な対応が異なります。

赤ちゃんの目の周りが赤いことに気づいた場合、赤ちゃんの身体や様子を確認して原因を推測し、アトピー性皮膚炎など治療を要する物が原因となっていると思われる場合は、病院を受診させてあげましょう。

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 赤ちゃん 風邪 発熱 下痢 咳 鼻水 鼻づまり
  4. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  5. 赤ちゃん 医療費控除 申請 計算 対象
  6. 赤ちゃん 自閉症 症状 兆候
  7. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  8. カンガルーケア 赤ちゃん
  9. 発達障害 図 自閉症
  10. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害

facebookページ

ページ上部へ戻る