赤ちゃんの目にゴミが入った!ホコリ、髪の毛、まつ毛などの取り方と対処法

赤ちゃん 目 ゴミ 入る 入った 対処

赤ちゃんの目にゴミが目に入っているのを見つけ、慌てたことはありませんか?

赤ちゃんの目には、大人と比較すると、頻繁に色々なものが入り込みます。

ホコリ、まつ毛、髪の毛、糸くず、目やになどだけでなく、中には得体のしれない物が入っていることも珍しくありません。

どれだけ注意していても、赤ちゃんの目にゴミが入ることはあるものです。

しかし、赤ちゃんは、ゴミが目に入っても目立った反応を示さないことが多く、こまめに目の中をチェックしてあげないと気付きにくいものです。

また、赤ちゃんの目の中に入ったゴミを見つけても、「下手に取ろうとすると、目を傷つけてしまうのではないか。」と不安になり、放置してしまう親が少なからずいます。

どうして赤ちゃんの目にはゴミが入りやすいのでしょうか。

また、赤ちゃんの目に入ったゴミなどを見つけた場合、どのように対処すべきなのでしょうか。

この記事では、赤ちゃんの目にゴミが入りやすい原因と、目に入ったゴミの対処法、病院受診の目安について紹介します。

赤ちゃんの目にゴミが入りやすい原因

赤ちゃんの目にゴミが入りやすい主な原因は、3つあります。

いずれの原因も、赤ちゃんの身体の未熟さによるもので、成長するにつれて改善されていきます。

目にゴミが入る原因:まつ毛が短く本数が少ない

まつ毛には、ゴミなど異物から眼球を保護する機能があります。

大人のまつ毛の長さや本数は個人差がありますが、平均は以下のとおりです。

まつ毛の長さ 約7cm
上まつ毛の本数 約120本
下まつ毛の本数 約40本

※日本人女性(成人)の平均的な長さと本数です。

しかし、生まれたての赤ちゃんは、まつ毛が生え揃っていないことが多く、生えていたとしても長さや量(本数)が一人ひとり違い、色素が薄くて見えにくいこともあります。

まつ毛が生え揃っていなかったり、まつ毛の長さが短かったりする場合、大人と比較すると目にゴミが入りやすくなります。

なお、まつ毛が生え揃う時期は、個人差がありますが、生後2~6ヶ月頃が多くなっています。

目にゴミが入る原因:まばたきの回数が少ない

まばたきの主な役割は、眼球が乾燥するのを防ぐ、目のピントを調節することですが、目にゴミが入るのを防ぐ働きもしています。

まばたきの回数は、成長とともに段階的に増えていきます。

月齢・年齢 まばたきの回数(分)
新生児 0~5回
乳児 0~10回
幼児 3~13回
小児 8~13回
大人 15~20回

新生児期の赤ちゃんは、目の周りの筋肉などが未熟でまばたきをほとんどしません。

乳児期に入っても1分間にするまばたきの回数は0回から10回で、大人と比較すると半分程度の回数です。

そのため、大人に比べて目を開けている時間が長い分だけ、ゴミが目に入りやすいのです。

なお、新生児期~低月齢の赤ちゃんは、まばたきをせずピント調節をしていますが、ごく限られた位置の限られた範囲にしかピントを合わせることができません。

関連記事

赤ちゃんの追視はいつから(何ヶ月)?練習法は?しないと自閉症や脳梗塞?

目にゴミが入る原因:まばたき反射(反射性まばたき、脅迫反射)がない

まばたき反射とは、強い光が目に入ったり、異物が目に近づいてきたりしたときに反射的に目を閉じる反射です。

脅迫反射と呼ばれたり、まばたきの種類の一つとして反射性まばたきと呼ばれたりすることもあります。

まばたき反射は、大脳皮質の資格中枢が機能することで出現するもので、標準的な出現時期は生後2~3ヶ月頃です。

したがって、生後2~3ヶ月頃までは、ゴミが目に近づいてもまばたき反射が起こらず、ゴミが目に入って今います。

なお、新生児期~低月齢の赤ちゃんは、視力が低く、視界も狭く、すでに書いたとおりピント調節機能も未熟な上に、手や腕を自分の意思で器用に動かすこともできません。

そのため、目に近づくゴミを視認できないことが多く、視認できたとしても振り払うことはできません。

赤ちゃんの目のゴミの取り方と対処法

では、赤ちゃんの目に入ったゴミの取り方と対象法を確認していきましょう。

目のゴミを取る方法:涙の基礎分泌で洗い流す

赤ちゃんの目にゴミが入っているのを見つけ、それがまつ毛、髪の毛、糸くずなど目への危険が低いと思われるものである場合、まずは、涙の基礎分泌により自然に洗い流されるのを待つのが基本です。

人の目には、ゴミなどが入ると、涙を分泌して洗い流すことで目を保護する機能が備わっており、ゴミが目に入っても、時間の経過とともに自然に涙が分泌されて洗い流してくれるのです。

上まぶたのまつ毛を軽くつまみ、上まぶたを眼球から離してしばらく待つと、自然に涙が出てきてゴミを洗い流してくれます。

ただし、目のゴミが原因で赤ちゃんがグズリ泣きを始めたり、涙の分泌ではなかなか洗い流せなかったりする場合、以下の方法でゴミを取り除いてあげましょう。

目のゴミを取る方法:生理食塩水で洗い流す

生理食塩水とは、人の血液や組織液と浸透圧が等しく、人の細胞との親和性が高い、塩化ナトリウム水溶液のことです。

簡単に言うと、目に入れても問題のない0.85~0.9%の食塩水です。

医療用の生理食塩水は医師の処方箋がないと購入できませんが、家庭にある水と食塩で作ることができます。

一度沸騰させた水100mlに食塩0.9gを入れ、よくかき混ぜることで生理食塩水が完成します。

ただし、分量を間違えると赤ちゃんの目に負担がかかるため、くれぐれも注意してください。

生理食塩水で赤ちゃんの目を洗い流す手順は、以下のとおりです。

  1. 赤ちゃんを膝の上にうつ伏せに寝かせる
  2. 煮沸消毒したアイカップに生理食塩水を入れ、ゴミが入った目に押し当てる
  3. アイカップを押し当てたまま頭を起こし、まばたきさせる

赤ちゃんがビックリして泣きだしたり、全身を動かして嫌がったりすることがあるため、できれば2人体制で行いましょう。

母乳が出る場合、母乳を使って目のゴミを洗い流す方法もありますが、衛生面には十分に注意してください。

なお、応急処置として紹介していますが、赤ちゃんは些細な刺激で予想しない症状を起こすことがあるため、できる限り、小児眼科を受診させ、医療用の生理食塩水を処方してもらってください。

目のゴミを取る方法:綿棒で取る

赤ちゃんの目に入ったゴミを綿棒で取り除く方法もあります。

目に入ったゴミを綿棒で取る手順は、以下のとおりです。

  1. 赤ちゃん用の綿棒(抗菌されたもの)を用意する(2本以上)
  2. 明るい場所へ移動する
  3. 赤ちゃんをあお向けに寝かせる
  4. 赤ちゃんのまぶたを持ち上げてゴミを探し出す
  5. 綿棒(抗菌されたもの)を使ってゴミを拭き取る

綿棒があれば実行できる手軽な方法ではありますが、目のゴミを取ろうとして手元が狂い、眼球を傷つけてしまうという事故が後を絶ちません。

目の奥の方にゴミが入っている場合、目を傷つけるリスクが高いため、無理をせず病院を受診させてあげましょう。

なお、生理的食塩水を使用する方法と同じく応急処置として紹介していますが、衛生面の管理や繊細な作業が求められるため、できる限り病院を受診して医師にゴミを取り除いてもらってください。

目のゴミを取る方法:小児眼科を受診させる

目は人体の中でもデリケートな器官ですし、異常や障害があると生活全般に大きな影響を及ぼしてしまいます。

したがって、以下のような場合は、小児眼科を受診させて治療してもらってください。

  • 目が充血している
  • 赤ちゃんが目をこする(こすろうとする)
  • 目を傷つける可能性がある物が入っている
  • 涙の分泌、生理食塩水、綿棒ではゴミが取れない

時間が経過するほど、ゴミに付着した菌などで目に異常が生じるリスクが高くなるため、早めに受診させてあげることが大切です。

ネット上では、「ゴミが自然に取れるまでしばらく様子見で良い。」、「1日様子を見てもゴミが取れない場合に受診させることで足りる。」などの記載も散見されますが、リスクを考えるとおすすめできません。

スポンサーリンク

やってはいけない目のゴミの取り方

赤ちゃんの目にゴミが入ったのを見つけたときにやってしまいがちなのが、手の指でゴミを取ることです。

「見えているし、つまみやすそうだから大丈夫だろう。」、「一刻も早く取ってあげたい。」などと考える気持ちは分かりますが、リスクが高い行動です。

まず、人の指には無数の雑菌が付着しており、それが赤ちゃんの目に付着する可能性があります。

石けんと水で手を洗ったとしても雑菌が全て取れるわけではありませんし、目のゴミを見つけたときは手洗いもせず咄嗟に実行してしまうことが多いため、危険です。

また、小さな赤ちゃんの目に付着した小さなゴミを指先で取るのは非常に繊細な作業で、一つ間違うと爪で角膜を傷つけてしまうこともあります。

赤ちゃんのためを思った行動だとしても、小さなゴミを取ろうとして赤ちゃんの目に雑菌を付着させたり、傷をつけたりするのは本末転倒です。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんの目にゴミが入りやすいのは、まつ毛が短く本数が少ない、まばたきの回数が少ない、まばたき反射がないのが原因です。

目に入ったゴミを取るには、涙の基礎分泌で洗い流すのが基本です。

生理食塩水や綿棒を使う方法もありますが、衛生面などのリスクを考えると、できる限り小児眼科を受診させてあげることをおすすめします。

なお、ネットで「赤ちゃんの目にゴミが入った場合」について検索すると、「基本的に、様子を見ていて良い(経過観察で良い。)」という内容の記載が多いことに驚きます。

確かに、目にゴミが入ったからといって、100%目の病気や異常になるわけではありません。

しかし、目に病気や異常が起こった時に赤ちゃんがこうむる不利益の大きさや、その後の生活への支障を考えると、「様子を見ている」というのは非常にリスクが高いものです。

赤ちゃんを受診させるかどうかは親の判断になりますが、くれぐれも赤ちゃんのことを考えた対処をしてあげてください。

【参考】