閉じる
  1. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  2. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  3. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  4. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  5. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  6. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  7. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  8. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  9. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  10. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの目の充血の原因は?白目が赤い、片目だけ充血は病気?

赤ちゃん 目 充血 赤い

赤ちゃんの目は、ちょっとした刺激ですぐ充血して赤くなるものですが、子育てに慣れていないお父さんお母さんの中には、「病気なのではないか。」、「目の異常があるのではないか。」と心配してしまう人が少なくありません。

一方で、実際に、病気が原因で赤ちゃんの目が充血していることもあるため、「赤ちゃんの目が充血しているけれど、放っておけば治るだろう。」と安易に考えるのもリスクがあります。

赤ちゃんの目はどうして充血しやすいのでしょうか。

また、赤ちゃんの目が赤く充血する原因となる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

この記事では、赤ちゃんの目が充血しやすい理由、充血の原因となる病気、充血のケアについて紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの目が充血しやすい理由

赤ちゃんの目が充血しやすい理由は、結膜(まぶたの裏側と白目を覆う粘膜)の機能が未熟なことです。

結膜は、白く見えますが実は細い血管が通っており、何らかの原因で血管が腫れると赤く充血し、傷つけると血管が切れて出血します。

赤ちゃんの結膜は、大人に比べると目を保護する機能が未熟なため、異物の混入やウィルス感染といった外的刺激の影響を受けやすく、ちょっとした刺激でもすぐ赤くなってしまいます。

また、外的な刺激によって目にかゆみや痛みを感じた赤ちゃんが、不快さを和らげようとして目やその周りをこすった結果、結膜を傷つけて目が赤く充血することもあります。

少しこすったくらいなら数時間から1日程度で赤みが引いていきますが、強くこすったり、こすり続けたりした場合は、目の充血がずっと続き、違和感を和らげるためにさらに目をこするという悪循環に陥ってしまう傾向があります。

スポンサーリンク

赤ちゃんの目が充血した時のケア

家庭では、充血そのものをケアする方法はなく、充血が悪化しないようにケアしてあげることになります。

赤ちゃんの目が充血している時は、赤ちゃんが目をこすって傷つけないよう爪を切りそろえたり、ミトンを手にはめたりしてあげましょう。

また、濡らしたガーゼや綿棒で目の周りの汚れや目やにを優しくふき取り、目の周りを清潔にしておくことも大切です。

赤ちゃんの目の充血が半日以上続くようなら、目が傷ついていたり、何らかの病気や目の異常が原因となっていたりする可能性があるため、小児眼科を受診させましょう。

赤ちゃんの目の充血の原因

赤ちゃんの目が充血する原因となる病気は、以下のとおりです。

  • アレルギー性結膜炎
  • 細菌性結膜炎
  • ウィルス性結膜炎
  • 流行性角結膜炎
  • 逆さまつげ
  • ぶどう膜炎
  • 川崎病
  • 鼻涙管閉塞症

特に、3つの結膜炎(アレルギー性、細菌性、流行性角結膜炎)は、赤ちゃんがかかりやすい病気です。

それぞれの病気について、詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんの目の充血の原因1:アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは、アレルゲンが目に触れて結膜が炎症を起こした状態です。

アレルギー結膜炎を起こすアレルゲンとしては、ハウスダスト、動物の毛、カビ、ホコリ、花粉などが挙げられますが、何がアレルゲンとなるかは赤ちゃんによって個人差があります。

アレルギー結膜炎を発症すると、目の充血に加えて、目に激しいかゆみや違和感を伴うため、赤ちゃんが目を激しくこすってしまいます。

また、目やにが多くなり、まぶたが腫れ、常に涙目になるといった症状も現れる上、アレルギー性鼻炎を併発して、ひどい鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状が現れることも多くなっています。

赤ちゃんの目の充血の原因2:細菌性結膜炎

細菌性結膜炎とは、細菌の感染によって結膜が炎症を起こす病気です。

目の充血に加えて、黄色や緑がかった目やにが多くなり、常に涙目になることもあります。

激しい目のかゆみを伴うことが多く、赤ちゃんが目をかきむしって傷つけてしまいがちです。

冬の寒い時期に、風邪をひいたのをきっかけに細菌性結膜炎を発症する赤ちゃんが多いため、まずは、風邪予防をすることが大切になります。

点眼薬の使用することによって短い期間で症状が治まりますが、薬の使用については小児眼科の医師と相談し、用量用法を守る必要があります。

赤ちゃんの目の充血の原因3:ウィルス性結膜炎

ウィルス性結膜炎とは、ウィルスの感染によって結膜が炎症を起こす病気です。

夏に流行しやすく、目の充血の他、異物感、目やにの量が増える、まぶたの腫れ、まぶたの裏にブツブツができるといった症状があります。

ウィルス自体を排除することは難しく、炎症を抑えたり、細菌の混合感染を予防したりする治療が中心となります。

赤ちゃんの目の充血の原因4:流行性角結膜炎(はやり目)

流行性角結膜炎とは、ウィルス性結膜炎の一種で、アデノウィルスの感染によって結膜が炎症を起こす病気です。

はやり目と呼ばれることもあります。

アデノウィルスは感染力がとても強く、保育園や幼稚園に通う幼児(1歳~就学前)が他の園児からうつされて流行性角結膜炎を発症することが多いものですが、赤ちゃんでも、保育園に通うなど他人と多く接する環境で生活していると発症のリスクが高くなります。

ウィルスに感染してから1週間程度の潜伏期間を経て発症し、主な症状は、目の充血、目やにの量の増加、瞼の腫れ、痛みなどです。

赤ちゃんの目の充血の原因5:逆さまつげ

逆さまつげとは、目の外側を向いて生えるはずのまつ毛が、目の内側を向いて生えた状態です。

逆さまつげになっていると、まつ毛が眼球を常に刺激するため、目が充血し、目やにもたくさん分泌されてしまいます。

赤ちゃんのうちの逆さまつげは経過観察するのが基本ですが、角膜を傷つけて炎症を繰り返す場合は治療を受けさせることになります。

関連記事

赤ちゃんの目やにの原因は?目やにが片目だけひどいと病気?何科を受診?

赤ちゃんの目の充血の原因6:ぶどう膜炎

ぶどう膜炎とは、ぶどう膜(脈絡膜、毛様体、虹彩)が炎症を起こした状態です。

ぶどう膜炎の原因の多くは、サルコイドーシス、原田病、ベーチェット病という3つの病気ですが、その他の病気によっても発症することがあります。

主な症状は、目の充血、鈍痛、目の前にゴミのような物が見える、視力の低下などです。

赤ちゃんがぶどう膜炎に発症する確率はわずかですが、0%ではありません。

赤ちゃんの目の充血の原因7:川崎病

川崎病とは、生後4歳未満の乳幼児が発症しやすい熱性疾患の一つです。

1967年に川崎富作医師によって発見された病気ですが、現時点でも原因は特定されていません。

川崎病を発症すると、目の充血、リンパ節の腫れ、発熱、発疹、イチゴ状舌などの症状が現れます。

赤ちゃんの目の充血の原因8:鼻涙管閉塞症

鼻涙管閉塞症とは、目と鼻をつなぐ管(鼻涙管)が先天的もしくは後天的に詰まった状態です。

分泌された目やにが涙と一緒に鼻へ流れていくことができないため、目に逆流して目やにが溜まったり、目が充血したりしてしまいます。

先天性鼻涙管閉塞症の場合、症状が片目のみ現れることが多くなっています。

鼻涙管閉塞症が慢性化すると、涙嚢に細菌が感染して慢性涙脳炎を発症することがあります。

目の充血で受診する病院

すでに紹介したとおり、赤ちゃんの目の充血で病院を受診させる目安は、充血が半日以上続く場合です。

受診させる病院(科)として望ましいのは小児眼科です。

小児眼科とは、眼科のうち、子どもの目の病気の治療を行っている病院のことです。

通常は「眼科」の看板だけを掲げているので、事前に赤ちゃんを診てもらえるかどうか確認しておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんは、結膜の機能が未熟で、ちょっとした刺激でも目が赤く充血するものなので、目が充血しているからといって過度に心配する必要はありません。

一方で、病気が原因で充血している場合もあるため、充血が半日以上続く場合は小児眼科を受診させてあげましょう。

ページ上部へ戻る