イヤイヤ期・魔の2歳児とはいつからいつまで?対応は1歳半~3歳で違う?

赤ちゃん イヤイヤ期

子育ては楽しいことが多い一方で、大変なこともたくさなります。

子育て中のお父さんお母さんの多くが、子育てで大変な時期の一つに挙げるのが「イヤイヤ期」です。

イヤイヤ期の子どもは、ご飯を食べさせようとしても「イヤ」、おもちゃを片付けさせようとしても「イヤ」、抱っこしても「イヤ」というように、とにかく「イヤイヤ」を繰り返して言うことを聞いてくれないため、親としては対応に苦慮しがちです。

イヤイヤ期前後の子どもを表す「魔の2歳児」という呼び方も、こうした子どもの扱いにくさや親の大変さの中で生まれたものです。

どうしてイヤイヤ期が始まるのでしょうか。

また、イヤイヤ期に突入した子どもにはどのように対応すれば良いのでしょうか。

この記事では、イヤイヤ期の概要と原因、イヤイヤ期の始期と終期、対応・対処法、イヤイヤ期がない場合、発達障害との関係について紹介します。

イヤイヤ期とは

赤ちゃん イヤイヤ期

イヤイヤ期とは、子ども(幼児)が、親や周囲の働きかけに対して「イヤイヤ」と反抗的な態度を繰り返す時期のことです。

いわゆる魔の2歳児に特徴的な時期で、思春期に訪れる反抗期の前にやってくる反抗期ということで、「第一次反抗期」と呼ばれることもあります。

  • 魔の2歳児:イヤイヤという形での自己主張が多くなり、できることでもできないことでも何でも自分でやりたがる生後2歳前後の子どものこと。「イヤイヤ!」や「自分でやる!」は子どもの自己主張や自主性が育まれている証だが、親からすると子育てに苦労するため、「魔の」2歳児と呼ばれている。

イヤイヤ期の段階

魔の2歳児の特徴の1つであるイヤイヤ期は、子どもが自我を持ち、気持ちや感情などを表現できるようになったことを目の当たりにする時期です。

イヤイヤ期の初期は、自然に内から湧いてくる感情などを率直に表現し、思い通りにならないと怒って「イヤイヤ」を繰り返します。

言い換えると、自分の主張を相手にぶつけるだけの状態です。

思い通りにならないこともたくさんありますが、自分をコントロールする力も、言葉でうまく表現する力も身についていないので、とにかくイヤイヤで表現するのです。

しかし、親に注意されたり、思い通りにならなかったりする経験を積み重ねるうちに、少しずつ自分をコントロールできるようになります。

また、相手にも感情や気持ちがあることを理解し、相手の意見を聞いたり、我慢したりできるようになり、適切な自己主張の方法を学習していくことで、イヤイヤ期が治まっていきます。

イヤイヤ期がなかったり、親に一方的に抑えつけられたりして親子のコミュニケーションが不足した子どもは、情緒が安定せず、自制する力が未熟なまま大きくなってしまいます。

その結果、うまく人間関係が築くことができなくなり、社会生活にも支障が出る傾向があります。

魔の2歳児がイヤイヤを始める原因

赤ちゃん イヤイヤ期

イヤイヤ期に突入した子ども(魔の2歳児)は、自我が芽生えて主張したいことはたくさんあるのに、それを適切に表現するだけの言語表現能力を獲得していません。

また、ちょっとした刺激でも敏感に反応して感情が揺さぶられますが、感情をうまくコントロールする力も身についていません。

そのため、内から湧いてくる感情や主張をうまく抑えられず、かといって言葉で表現することもできず、イヤイヤという態度で表現することになるのです。

思い通りになっている時はニコニコしているのに、少しでも思い通りにならないと、急にイヤイヤを始めるのが特徴です。

イヤイヤ期はいつから、いつまで

イヤイヤ期 いつから いつまで

イヤイヤ期は、子どもの正常な成長の過程でやってくるものです。

イヤイヤ期はいつから

イヤイヤ期が本格的に始まる標準的な時期は、生後1歳6ヶ月から2歳頃です。

自己主張自体は、乳児期の赤ちゃんの頃から始まっています。

赤ちゃんは、お腹が空いた、オムツが気持ち悪い、眠たくて気分が悪いといった不快感を泣いて訴えますし、離乳食を食べさせようとしたら顔を背けることもあります。

抱っこが嫌で背中をそらしたり、おもちゃを取り上げると泣いてだだをこねたりもします。

しかし、赤ちゃんの気を他にそらせたり、あやしたりすると、すんなり落ち着いてくれるものです。

この「気をそらすと落ち着く」というところが、イヤイヤ期との一番の違いです。

イヤイヤ期に入ると、とにかく思い通りにならないとイヤイヤし、周りの干渉や押しつけは徹底的にはねつけますし、なだめすかしてもほとんど効果はありません。

関連記事

赤ちゃんが泣き止まない原因は?新生児でも泣き止まない?対処法は?

イヤイヤ期のピークはいつ?

イヤイヤ期のピークは、イヤイヤ期に突入したての生後1歳6ヶ月~2歳前後から、言葉の爆発期を迎えるまでが多いものです。

ただし、イヤイヤ期や言葉の爆発期の時期は個人差が大きく、イヤイヤ期のピークもそれに左右されることになります。

  • 言葉の爆発期:幼児期の子どもが、突然、言葉をたくさん話し始める時期。語彙数が一気に増えて2語文や3語文を話すようになり、言葉を使った会話や意思表示が成立するようになる。

関連記事

言葉の爆発期とは?2歳の子供の言語発達段階・目安と関わり方は?

イヤイヤ期はいつまで

通常、イヤイヤ期は3歳から4歳頃に終わりを迎えます。

自分をコントロールする力を身につけ、また、言葉で自己主張する力が向上することで、イヤイヤ期は自然と収束していくものです。

ただし、イヤイヤ期の期間や終期は個人差が大きく、数ヶ月で終わることもあれば、就学前後まで続くこともあります。

イヤイヤ期が酷い時期(ピーク時)の対応・対処法

イヤイヤ期 対応 対処法

お父さんお母さんの多くがイヤイヤ期を迎えた魔の2歳児の対応に苦慮してきており、その分、膨大なノウハウが蓄積されています。

ここでは、イヤイヤ期の子どもに効果的な対応・対処法のうち、主要なものを紹介します。

イヤイヤ期の対応:頭ごなしに怒らない

子どものイヤイヤにイライラして、つい感情的になって怒ってしまうお父さんお母さんは多いものです。

しかし、頭ごなしに怒っても、子どもは不安や怖さを感じて萎縮するか、かえってイヤイヤを爆発させてしまうだけで、怒られた理由は理解できません。

結果、イヤイヤは治まりません。

また、子どもに「パパママは僕(私)のことが嫌いなんだ。」、「自己主張したらダメなんだ。」と思い込ませてしまい、親子関係や行動傾向に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

イヤイヤ期の対応:子どもの気持ちに寄り添い、共感してあげる

イヤイヤしている時の子どもは、自分の気持ちや感情がうまく整理できずに混乱しています。

そのため、まずは「イヤだったね~」、「もっと遊びたかったんだね~」と子どもの気持ちを優しい言葉で代弁し、気持ちに寄り添ってあげましょう。

子どもは、イヤイヤを続けながらも親の言動をしっかり見ているもので、気持ちに寄り添ってあげると、「パパママは僕(私)の気持ちが分かってくれているんだ。」とうれしくなり、少しずつ落ち着きを取り戻していきます。

イヤイヤ期の対応:子どもに選択させる

イヤイヤ期の子どもは、何でも自分でしたいという気持ちがとても強いので、親に言動を制限されると、かえって激しくイヤイヤを繰り返します。

そこで、指示の代わりに選択肢を与えてみましょう。

「ダメ!」、「○○しなさい。」ではなく、「○○しようか。△△でもいいよ。□□もいいかなあ。どれがいい?」と質問し、子どもに選ばせるのです。

もちろん、イヤイヤしている子どもは「全部イヤ!」と言うこともありますが、一方的に指示されるよりも選択肢を与えられる方が、イヤイヤをこじらせにくいものです。

また、常日頃から選択させる習慣をつけることで、子どもは、「自分で選べる。自分には選ぶ力がある。」という実感を持てるようになり、思い通りにならないことがあってもイヤイヤせず、別の方法を模索するようになります。

ポイントは、2択ではなく3択以上にすることです。

イヤイヤ期の対応:ダメなことはしっかり叱る

危険なことや周りに迷惑をかけることは、たとえ子どもがイヤイヤしても、「ダメ!」と厳しく言い聞かせましょう。

ただし、同じ悪さに対して怒る時と怒らない時があったり、親の気分で怒り方が変わったりすると、子どもは混乱するので、怒る基準や怒り方を決めておくことが大切です。

なお、子どもは、突然怒られたり、時間が経ってから怒られたりすると、不安や恐怖で頭が真っ白になり、怒られた理由を理解できないことがあります。

まずは子どもの気持ちに寄り添って、気持ちを整理させてあげましょう。

イヤイヤ期の子どもを育てる親としての心構え

赤ちゃん イヤイヤ期

親がイヤイヤを繰り返す子どもへの対応に疲弊して余裕や自信を無くしてしまうと、親自身にとっても、子どもにとっても良くありません。

イヤイヤ期は、多くの子どもが成長の過程で通る大切な時期ですし、どんなに子育て上手な親でもイヤイヤ期の子どもには少なからず悩まされるものです。

また、どれだけイヤイヤ対策をしてみても、うまくいかない時はうまくいきません。

そのため、「イヤイヤ期の子どもに苦労しているのは自分だけではない。」、「子育てしていれば誰でも経験する時期だから楽しんでやろう。」くらいの気持ちを持ち、しんどくなったら、早めに周りを頼り、愚痴をこぼして助けてもらいましょう。

イヤイヤ期の子どもがいるお父さんお母さんにとっては、一人で悩まず、また、一人で立ち向かわないことが何より大切です。

家族や親族、知人友人などに頼ることができない場合、行政の子育て支援などを活用することも検討しましょう。

一人で思い悩み、何とかしようと頑張った末に燃え尽きてしまい、児童虐待に及んでしまうことだけは避けてください。

2歳でイヤイヤ期がない、遅い原因は?

赤ちゃん イヤイヤ期 ない

イヤイヤ期がない原因としては、以下のことが考えられます。

  • イヤイヤする必要がない(周囲の大人が自分の思い通りに接してくれる、思い通りにならないことがないなど)
  • 自己主張したいという欲求があまりない
  • イヤイヤ期が通常の時期より早いもしくは遅い
  • イヤイヤの程度が小さくて、親が気づかない

イヤイヤ期は、多くの子どもが成長の過程で通る時期だと書いたので、イヤイヤ期がないと異常なのかと不安になるかもしれませんが、イヤイヤ期がないからといって必ず異常があるということではありません。

しかし、イヤイヤ期がないことで、我慢やが自己主張する力が十分身につかず、その後の対人関係や社会生活に影響が出る可能性を否定することはできません。

また、学童期や思春期になってからイヤイヤ期が始まった場合、幼児期よりもイヤイヤの内容が重く酷くなりがちで、生活への支障が出たり家庭が崩壊したりするリスクをはらむことになります。

そのため、2歳を過ぎても子どもがイヤイヤ期に突入する様子が全くない場合は、小児科や子育て支援センターなどに相談してみましょう。

イヤイヤ期と発達障害

赤ちゃん イヤイヤ期 発達障害

発達障害とは、行動、コミュニケーション、社会適応の問題を中心とする障害のことです。

発達障害には自閉症スペクトラム障害、学習障害、注意欠陥多動性障害(AD/HD)などがあります。

発達障害の症状の「こだわりの強さ」や「かんしゃく」と、イヤイヤ期の子どもの言動を重ね合わせて、発達障害ではないかと心配するお父さんお母さんは少なくありません。

しかし、こだわりの強さやかんしゃくがあっても、それだけで発達障害と診断されることはありません。

心配な場合は、小児科の医師に相談し、必要に応じて発達障害専門の病院などを受診させてみましょう。

関連記事

赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?

まとめ

イヤイヤ期は、多くの子どもが健全に成長する過程で通るもので、この時期の過ごし方がその後の社会生活に大きな影響を与えることになります。

親にとっては大きな試練ですが、一人で無理をせず、周囲の力を借りながら子供と向き合い、乗り切ってください。