赤ちゃんが指や手を挟むケガ!病院受診の目安と応急処置方法は?

赤ちゃん 手 指 挟む

赤ちゃんがドアに指や手を挟んだことはありませんか?

お父さんお母さんが赤ちゃんに気づかずドアを閉めてしまったり、赤ちゃんが自分でドアを閉めて指を挟んだりする事故は、どれだけ気を付けていても起こることがあります。

少しの腫れや内出血で済むこともあれば、骨折などの大ケガになってしまう事故も少なくありません。

赤ちゃんが指や手を挟んで大泣きすると、パニックになり、とにかくあやして泣きやませようとする親が多いものです。

しかし、親自身が落ち着いて患部をしっかり確認し、家で対処することができるか病院を受診させる必要があるかを判断し、迅速かつ適切な応急処置をしたり、受診をさせたりすることです。

この記事では、赤ちゃんが指や手を挟むケガをした場合の患部の確認のポイント、病院受診の目安、応急処置の方法、赤ちゃんが指や手を挟みやすい場所と予防法について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが指や手を挟んだ場合は、まず、親自身が落ち着く

赤ちゃん 手 指 挟む

赤ちゃんが指や手を挟むケガをした場合、赤ちゃんは、痛みで頭が真っ白になって泣き続けるしかありません。

少しすれば痛みが引く程度のケガなのか、骨は折れていないか、出血はどうかなどと考え、行動することはできません。

親が赤ちゃんのケガの程度を確認し、応急処置をして、受診させるか否か判断しなければならないのです。

出血や骨折など明らかに大ケガをしている場合はパニックになりがちですが、深呼吸して気持ちを落ち着けて、冷静に行動することが大切です。

赤ちゃんが指や手を挟むケガをした場合の確認のポイント

赤ちゃん 指

赤ちゃんが指や手を挟んだ場合、まずは赤ちゃんの指や手の状態を確認します。

軽いケガの場合は応急処置をして様子を見ますが、判断に迷う場合や治療が必要なケガをしている場合は、病院を受診させてください。

確認の主なポイントは、以下のとおりです。

  • 赤ちゃんが泣いているかどうか
  • 腫れ(水ぶくれ)の有無
  • 出血の有無(内出血を含む)
  • 変色の有無
  • 爪が割れたり、はがれたりしたかどうか
  • 指や手を動かせるかどうか
  • 指や手を触った時に痛がるかどうか
  • 指や手を挟んだ場所
  • 指を挟んだ時の時刻

以上のポイントを確認し、家庭における応急処置で様子を見るか、病院を受診させて治療を受けさせるか判断します。

病院を受診させる場合、「いつ、どこで、どのようにケガをしたのか。」などを医師に詳しく伝えることで適切な治療を受けることができます。

手や指を挟むケガをした赤ちゃんに病院を受診させる目安

赤ちゃん 指 挟む

赤ちゃんの手や指に以下の症状が見られる場合は、病院を受診させてください。

  • 出血が多い
  • 大きな血豆ができている
  • 爪が割れる、はがれる、爪の中が内出血している
  • 挟んだところを触ると痛がる
  • 挟んだところが動かせない

挟まれた物の重さや速さによっては、指や手が深く切れて出血することがあります。

止血し、手を心臓より上にした状態で病院を受診させてください。

爪が割れたりはがれたりしている場合は、ウィルスや細菌に感染するリスクがあるため、ガーゼで患部を覆った上で病院を受診させる必要があります。

大きな血豆ができている場合も、赤ちゃんが血豆をかきつぶして傷口からウィルスや細菌が入り込むリスクがあるため、同様の対応が必要です。

患部を触ると赤ちゃんが痛がってなく、患部を動かすことができないなどの場合、骨折している可能性があります。

無理に動かさず、すぐに受診させましょう。

119番通報すべき場合

赤ちゃん 指 挟む

  • 血がたくさん出て止まらない
  • 指がちぎれた、もしくは、ちぎれそうになっている

出血が多い場合、赤ちゃんの命の危険がありますし、命が助かったとしても多量失血などで深刻な後遺症が残るリスクがあります。

一刻を争う事態であり、すぐ119番通報してください。

指がちぎれたりちぎれそうになっている場合も同様です。

救急車が来るまでは、手を心臓より高い位置に上げさせ、少しでも失血を少なくすることが大切です。

家庭における応急処置の方法

赤ちゃん 指 挟む

手や指を挟んだ後、患部に目立った外傷や骨の異常ががなく、赤ちゃんが気にする様子もなく落ち着いている場合は、特別な対応は必要ありません。

また、手や指を挟んだ直後に大泣きした後、親が抱っこして慰めてあげることで泣き止んだ場合も、外傷や骨の異常がないようであれば、患部を水やタオルでくるんだ氷で冷やすことで足ります。

挟んだところが少し赤くなって腫れる、軽い切り傷、うっすらと内出血を起こしている、血豆が小さい場合も、同様の対応で様子を見る判断もあり得ます。

赤ちゃんが氷で冷やすのを嫌がった場合、指や手を心臓より高い位置に持ち上げることで対処してあげましょう。

また、赤ちゃんを慰めるときは「もう大丈夫」、「泣かなくても良いよ。」などと言うよりも、「痛かったね~」、「怖かったね~」などと赤ちゃんの気持ちを代弁してあげる方が効果があります。

なお、手や指を挟んだ直後は目立った外傷がなくても、時間が経過した後に患部が腫れてくる場合もあるため、挟んでから2~3時間は赤ちゃんの様子や患部の状態をこまめに確認してください。

関連記事

赤ちゃんの擦り傷、切り傷の処置はワセリンでモイストヒーリング?消毒は?

スポンサーリンク

赤ちゃんが指や手を挟みやすい場所と予防法

赤ちゃん 手 指 挟む

赤ちゃんは、家の中でも外でもとにかくよく動き回り、あれこれ動かしたり、あちこち手や指を突っ込んだりするので、何かと指や手を挟みやすいものです。

どれだけ対策していても、ケガをするリスクを失くすことはできませんが、下げることはできます。

家の中の安全対策

赤ちゃん 指 挟む

赤ちゃんは、力の加減や調節がうまくできず、ドアの効率的な開け方も分かりません。

ドアノブに手も届かないので、ドアの隙間などに手を差し入れて開けようとするなど、大人が想像できないようなところで指や手を挟んでケガをしがちです。

赤ちゃんが手や指を挟むリスクが高いのは、以下の場所です。

  • 玄関扉
  • ベランダに続くサッシ
  • クローゼットの折れ戸
  • ふすま
  • 引き出し
  • スライドドア
  • 引き戸(特に蝶番付近)

特に、玄関扉やサッシは重量があるため、挟まれると大ケガになるリスクが高いものです。

屋外の安全対策

赤ちゃん 指 挟む

赤ちゃんが手や指を挟むのは、屋内とは限りません。

屋外でも、以下のような場所で手や指を挟んでケガをすることがあります。

  • エレベーターの扉
  • 車のドア
  • 電車のドア
  • バスのドア

いずれも挟まれると重傷を負ってしまいます。

また、チャイルドシートやベビーカーの可動部分に指を突っ込んでしまう赤ちゃんも少なくありません。

赤ちゃんが指を挟むのを予防する方法

赤ちゃん 指 挟む

赤ちゃんが指を挟みやすいところを把握しておき、少なくとも大ケガにつながりかねない場所については、赤ちゃんが近づくことができない工夫をすることが大切です。

家の中の場合、赤ちゃんが指や手を挟みやすいのはドア関連が多いため、以下の予防法が効果的です。

  • 玄関やサッシの前にベビーサークルを設置する
  • ドアにストッパーを付ける
  • 完全に閉まらないよう緩衝材を挟む
  • 移動する時以外はドアに鍵をかけておく

屋外の場合、こうした予防策を講じることは難しいため、指や手を挟みそうな場所では意識して赤ちゃんの行動をチェックし、危ないと思ったら手を握ってあげましょう。

関連記事

赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた場合の対応は?泣かない、吐く時は?

まとめ

赤ちゃんは、よく手や指を挟むケガをします。

手や指が小さく弱いため、大人なら少し痛みを感じる程度のことでも大ケガをしてしまい、命の危険や後遺症が残るリスクがあります。

出血、大きな血豆ができた、爪が割れる、はがれる、爪の中が内出血したなどの場合は、早急に病院を受診させる必要があります。

外傷がなく骨の異常もない場合などは、患部を冷やすなどして家庭で様子を見ることもできますが、容体が悪化する可能性を考慮してケガから2~3時間は赤ちゃんの様子をこまめに確認することが大切です。

なお、事故を未然に防ぐことが何より大切であり、屋内や屋外での安全対策を講じることも、親としては大切なことです。