赤ちゃんの鼻づまり解消法は?寝れない、苦しそう、夜泣きする場合は病院?

赤ちゃん 鼻づまり 解消法

赤ちゃんが、鼻がつまって息苦しそうにしているのを見たことはありませんか?

赤ちゃんの鼻の穴は大人より小さく、気温や湿度の変化にも敏感に反応するため、大人に比べて頻繁に鼻詰まりを起こしやすいものです。

赤ちゃんは、軽い鼻づまりならケロッとしていることもありますが、口呼吸が上手にできないため、鼻詰まりが酷くなると息苦しさを感じるようになります。

そして、息苦しさ=不快さを感じると機嫌が悪くなって四六時中グズリ泣きしたり、寝付けないで夜泣きを繰り返したりすることもあります。

また、母乳やミルクを吐くなどの症状も現れ、体調を崩してしまうことも珍しくないため、親としては早い段階で赤ちゃんの鼻づまりを解消させてあげることが大切です。

赤ちゃんの鼻づまりについて、家庭でできる解消法にはどのようなものがあるのでしょうか?

この記事では、赤ちゃんの鼻づまりの解消法について紹介します。

赤ちゃんの鼻づまり解消法

赤ちゃん 鼻づまり 解消

赤ちゃんの鼻づまり解消法はたくさんあり、その多くが家庭で手軽に実践できます。

この記事で紹介する赤ちゃんの鼻づまりの解消法は、以下のとおりです。

  • 赤ちゃん用の鼻吸い器(鼻水吸引機)を使う
  • タオルなどで鼻の頭を温める
  • 綿棒で鼻の中をくすぐってクシャミを促す
  • 室温を上げる
  • 室内の湿度を上げる
  • お風呂に入れる
  • 上半身を抱っこして寝かせる
  • 母乳や白湯を点鼻薬代わりにする

いずれも初期段階の鼻づまりに有効な方法です。

鼻水が酷い、発熱、嘔吐下痢などの症状が見られる場合や、呼吸が難しいレベルの鼻づまりがある場合は、早急に小児科を受診させてあげましょう。

関連記事

赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明は安全?治らないとアレルギー?

赤ちゃん用の鼻吸い器(鼻水吸引器)を使う

赤ちゃん 鼻づまり 鼻水吸引器

赤ちゃんの鼻づまり解消法の定番は、赤ちゃんの鼻水を吸引する方法です。

赤ちゃんの鼻から直接吸引する方法と、鼻吸い器(鼻水吸引機、口で吸い取るタイプと電動タイプ)で吸引する方法があります。

赤ちゃんの鼻から直接吸い取る

赤ちゃんの鼻から直接鼻水を吸引する場合の手順は、以下のとおりです。

  1. 口で赤ちゃんの鼻の穴の片方を覆う
  2. 息を吸う要領で鼻水を吸い出す

直接吸引することのメリットは、赤ちゃんの鼻の粘膜を傷つけることなく鼻水を吸引できることです。

両方の鼻の穴を覆うと赤ちゃんが呼吸をできなくなるので、注意してください。

また、赤ちゃんの鼻水にはウィルスや細菌が無数に潜んでおり、お父さんお母さんの体内に入って感染するリスクがあります。

鼻水を吸引した後はすぐに吐き出し、口の中をきれいに洗い流さなければなりません。

口で吸い取るタイプの鼻吸い器(鼻水吸引機)を使う

口で吸い取るタイプの鼻水吸引機の使用手順は、以下のとおりです。

  1. 吸い口を口にくわえる
  2. 赤ちゃんを抱っこして、鼻ノズルを鼻の穴に密着させる
  3. 鼻水を吸い出す

直接吸引する方法と異なり、親が鼻水を吸引することがないので衛生的です。

薬局で1000円前後で購入することができ、コストも少なくて済みます。

使用後は、煮沸消毒、電子レンジ消毒、薬液消毒など、指定された方法で消毒して保管してください。

電動タイプの鼻吸い器を使う

アマゾンなどのネット通販では、耳鼻科で使用される電動式鼻吸い器の小型版を購入することができます。

自動で鼻水を吸引してくれるので便利ですし、鼻の粘膜を傷つける心配もありません。

ただし、値段が1万円以上と高価な商品が多く、コストがかさみます。

使用手順はメーカーや機種によって異なるため、購入後に取扱説明書を確認してください。

タオルなどで鼻の頭を温める

赤ちゃん 鼻づまり 解消

鼻づまりは、その名前どおり鼻水が鼻の穴などにつまっている状態なので、鼻のとおりを良くしてあげることで改善します。

温めたタオルやガーゼを赤ちゃんの鼻の頭に置いて温めることで鼻のとおりが良くなり、鼻づまりが改善することがあります。

固まっていた鼻水も柔らかくなるので、他の鼻づまり解消法の準備として行うのも効果的です。

綿棒で鼻の中をくすぐってくしゃみを促す

赤ちゃん 鼻づまり 解消

赤ちゃん用の綿棒で鼻の中をくすぐると、くしゃみと一緒に溜まった鼻水が一気に出ます。

鼻水が乾燥して固くなっている場合は、室内を加湿し、温めたタオルで鼻の頭を温めて、鼻水を柔らかくしてからくしゃみをさせてあげると効果的です。

綿棒を使用する場合は、鼻の穴の入り口近くを刺激するのがポイントです。

綿棒を鼻の穴に突っ込みすぎると、鼻の粘膜を痛めてしまうことがあるので注意してください。

室温を上げる

赤ちゃん 鼻づまり 解消

室温が低いと、鼻の粘膜が冷気に反応して膨張し、鼻の穴が狭くなります。

その結果、鼻水が通るスペースがなくなって鼻づまりが悪化します。

室温を上げることで、粘膜の膨張が緩和されて鼻のとおりが良くなり、鼻水も柔らかくなって吸い出しやすくなります。

室内の湿度を上げる

赤ちゃん 鼻づまり 解消

室内が乾燥していると、鼻水が固まって鼻づまりひどくなります。

加湿器をつける、濡れタオルを室内に干すなどして室内を加湿することで、鼻水が柔らかくなって鼻づまりを改善させることができます。

室内の湿度を50~70%に保っておくことで、風邪やインフルエンザの予防にもなります。

関連記事

赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安

お風呂に入れる

赤ちゃん 鼻づまり 解消

お風呂に入って血行を良くすることも、鼻づまりの解消には有効です。

お風呂の中は温度も湿度も高いため、自然に鼻水が柔らかくなり、吸引したり拭き取ったりしやすくなります。

ただし、長時間お風呂に入れるとのぼせたり、体調を崩したりするリスクがあるので、鼻づまりを解消するためにお風呂に入れる時間を普段より延ばすのは止めてください。

上半身を起こして寝かせる

赤ちゃん 鼻づまり 解消

赤ちゃんは、鼻がつまったまま寝ると、息苦しさや気分の悪さで何度も目を覚ますことになります。

そこで、布団の下にクッションやタオルを入れて、上半身が少し起き上がるようにしてあげると、普通に寝るよりも鼻のとおりが良くなり、寝つきも良くなって夜泣きが減る傾向があります。

ただし、あまり急な角度をつけると、かえって寝心地が悪く目を覚ましてしまうことがあります。

一般的には、床と上半身の角度が15度から30度が心地良いと言われていますが、個人差があるので、赤ちゃんの様子を見ながら調整してあげましょう。

母乳や白湯を点鼻薬代わりにする

赤ちゃん 鼻づまり 解消

お母さんの母乳は、赤ちゃんにとっては万能薬のようなもので、点鼻薬代わりに鼻の穴に入れることもできます。

スポイトに母乳と白湯をを入れ、赤ちゃんの鼻の中に数滴入れると、鼻づまりが解消することがあります。

点鼻薬のような即効性はありませんが、副反応がなく安全ですし、病院に行く必要もありません。

薬を使う

赤ちゃん 鼻づまり 解消

赤ちゃんの鼻づまりで小児科を受診すると、血管を収縮させて鼻のとおりを良くする点鼻薬を処方されます。

即効性があるのがメリットですが、副反応として熱感や動悸などがあるため、用法・用量を守って使用することが大切です。

なお、薬局にも赤ちゃんの鼻づまり用の薬が売られています。

市販の鼻づまり薬は、胸や喉に塗るタイプで、風邪の引きはじめや軽めの鼻づまりであれば効果を発揮します。

ただし、副反応のリスクがあるので、まずは小児科を受診させて薬を処方してもらうことをおすすめします。

眠れない(寝れない)で夜泣きを繰り返す、ミルクを吐く場合

赤ちゃん 鼻づまり 夜泣きで眠らない ミルクを吐く

赤ちゃんは、鼻づまりが酷くなると息苦しさを感じ、眠れないで夜泣きを繰り返したり、ミルクを吐いたりすることがあります。

家庭でできる解消法を試しても鼻づまりが改善せず、赤ちゃんが苦しそうにしている場合は、小児科や耳鼻科を受診して電動鼻水吸引機で鼻水を吸ってもらい、処方された点鼻薬を使って症状を落ち着かせてあげましょう。

家庭での鼻づまり解消法はあくまで応急処置であり、赤ちゃんの状態が悪化したらすぐ病院を受診させるのが基本です。

赤ちゃんが元気になれば、鼻づまりが続いていても点鼻薬以外の解消法に切り替えても良いでしょう。

関連記事

赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?

まとめ

家庭でできる赤ちゃんの鼻づまり解消法には、鼻吸い器(鼻水吸引機)で直接吸引する方法だけでなく、鼻の頭を温める、クシャミを促す、室温や湿度を上げるなど様々な方法があります。

効果は個人差がありますし、赤ちゃんによって好き嫌いも分かれるので、様子を見ながら赤ちゃんが嫌がらず効果もある方法を見つけてください。

発熱、嘔吐、元気がない、息苦しそうにしているなどの症状がある場合は、早めに小児科を受診させ、必要な治療を受けさせてあげましょう。

うちの場合

赤ちゃんは、秋から冬にかけては本当によく鼻づまりになり、その度に機嫌や寝つきが悪くなり、妻も私も対応に追われていました。

最初は、早めに小児科を受診し、処方された薬を使っていましたが、薬を頻繁に使うのもどうかと思い、途中から病院には通わなくなりました。

代わりに、秋冬は室内の温度と湿度を少し高めに設定するようにしました。

それでも鼻づまりになった時は、温めたガーゼを赤ちゃんの鼻の頭に当て、それから鼻吸い器で鼻水を吸い出すようにしています。

薬を飲ませた時のように、すぐ鼻づまりが治ることはありませんが、少しずつ改善していきますし、副反応の心配もないので安心して続けられるのが良いところです。

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 赤ちゃん 風邪 発熱 下痢 咳 鼻水 鼻づまり
  4. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  5. 赤ちゃん 医療費控除 申請 計算 対象
  6. 赤ちゃん 自閉症 症状 兆候
  7. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  8. カンガルーケア 赤ちゃん
  9. 発達障害 図 自閉症
  10. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害

facebookページ

ページ上部へ戻る