大泉門とは?位置と閉鎖時期は?閉じない、陥没、膨隆の原因は?

大泉門 新生児 閉鎖

赤ちゃんの頭には、ペコペコと凹む部分があるのを知っていますか?

眉間から頭頂部を結ぶライン上の中間地点(おでこの上、髪の生え際より少し上あたり)と言えば分かるでしょうか?

この頭のペコペコした部分が大泉門です。

人の頭蓋骨には、赤ちゃんが産道を通って生まれたり、脳の発達に合わせて頭が大きくなったりするためのギミックがあり、大泉門はそのギミックが備わっていることの証です。

この記事では、大泉門の概要、人の頭蓋骨の仕組み、大泉門の異常やぶつけたときの対応について紹介します。

大泉門とは

赤ちゃん 大泉門

大泉門とは、赤ちゃんの額の上付近にある頭蓋骨の継ぎ目のことです。

赤ちゃんの眉間に指を当て、当庁部へ向けてなぞっていくと、髪の生え際より少し上あたりにプクッと膨らんでペコペコした部位に行き当たります。

ここが大泉門です。

個人差はありますが、通常は数cm程度で、ひし形をしています。

実は、人の頭蓋骨は、乳児期の赤ちゃんの頃には複数枚の骨に分かれており、その骨と骨の継ぎ目の隙間が大泉門です。

成長するにつれて骨が重なり合い、私たちが知っている頭蓋骨の形ができあがっていくのですが、赤ちゃんの頃にはまだ骨の継ぎ目に大泉門が残っているのです。

「頭蓋骨があるはずの場所なのに、何だかペコペコする。」、「骨が欠けているのではないか。」などとビックリする人もいますが、乳児期に大泉門があるのは健康な証で、むしろ大泉門がないと成長発達の過程で問題が生じる可能性があります。

大泉門をじっくり観察していると、ドクンドクンと動く(拍動)のが目視できます。

なお、後頭部にも三角形の隙間があり、こちらも大泉門と同じ理由でできた骨の継ぎ目で、小泉門と呼ばれています。

スポンサーリンク

頭蓋骨がいくつかの骨に分かれている理由

赤ちゃん 大泉門 頭 凹み

頭蓋骨がいくつかの骨に分かれているのには、2つの理由があります。

産道を通り抜けやすくする

1つめは、分娩時に赤ちゃんの頭が産道を通り抜けやすくするためです。

経膣分娩の場合に赤ちゃんが通る産道は、とても狭く、赤ちゃんの頭でもそのままでは通り抜けることができません。

そのため、分娩時には、頭蓋骨の骨を重ね合わせて頭のサイズを小さくし、産道を通り抜けます。

ただし、胎児の段階で頭の大きさが一定以上に成長していると、いくら頭蓋骨の骨を重ね合わせても通り抜けるのが難しく、無理に通過させると脳を圧迫するリスクがあるため、帝王切開に切り替えられることがあります。

脳と一緒に大きくなるため

もう1つは、赤ちゃんの脳が発達して大きくなる余地を残しておくためです。

赤ちゃんの脳は、赤ちゃんの成長に伴って大きくなります。

そのため、頭蓋骨も脳と一緒に大きくなれるように、頭蓋骨は一枚ではなくいくつかの骨が合わさっているのです。

もしも、頭蓋骨が1枚の骨だったら、赤ちゃんの脳は頭蓋骨の中に押し込められてしまい、生まれたときから成長できなくなってしまいます。

スポンサーリンク

大泉門はいつ閉じる(閉鎖の時期)

赤ちゃん 大泉門 閉鎖 時期

大泉門は、新生児の頃から徐々に増大していきます。

「大泉門がいつまでも閉じない」、「それどころか増大していく」と不安になるお父さんお母さんは少なくありませんが、増大していくのが普通です。

大泉門が縮小し始めるのは、生後10ヶ月前後からで、生後10ヶ月~1歳2、3ヶ月頃には触れても分からなくないくらいまで塞がります。

個人差はありますが、2歳前後には大泉門が完全に閉鎖することが多いものです。

なお、小泉門は、生後1ヶ月頃には閉鎖します。

新生児の大泉門に強い刺激は厳禁

新生児 大泉門 ぶつけた

大泉門や小泉門は骨と骨のすきまであり、頭の他の部分に比べて特に注意が必要な部位です。

頭蓋骨で守られている部分よりも外からの衝撃、特に打撃に弱く、脳に直接振動などが伝わってしまうリスクがあります。

新生児期から生後数ヶ月間の大泉門はそれ以降の時期よりも柔らかく弱いので、外からの衝撃や打撃には十分気をつけなければなりません。

頭に乳児脂肪冠ができている場合、ガーゼを挟んだブラシで髪をとくことがありますが、大泉門付近は触れないようにしておくのが安全です。

ただし、指で軽く触ったり、沐浴の際にさすったりする程度であれば問題はなく、必要以上に大泉門をかばう必要まではありません。

関連記事

乳児脂肪冠とは?赤ちゃんの頭皮の肌荒れの原因、症状、ケアは?

大泉門をぶつけたら

赤ちゃん 大泉門 ぶつけた 凹み

大泉門やその付近をぶつけた場合は、まず、ぶつけたところの腫れの有無、熱を帯びているかどうかを確認します。

内出血している場合は、大泉門が膨らんでいるので、すぐに病院を受診してください。

ただし、大泉門をぶつけてもすぐ症状が出ないことがあるので、ぶつけてから24時間は、お父さんお母さんが交代で赤ちゃんの様子を確認し、異常があればすぐ受診させられる準備を整えておきましょう。

大泉門付近をぶつけた当日は、入浴は控えてください。

大泉門付近をぶつけてすぐ大泣きした場合は、深刻な問題はないことが多いものです。

一方で、ぶつけたときに赤ちゃんが泣かなかったり、気絶したりした場合は要注意です。

意識がない場合は119番通報し、意識があったとしても119番通報を念頭に置きつつ小児科もしくは脳神経外科に連絡して対応を相談してください。

関連記事

赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた場合の対応は?泣かない、吐く時は?

スポンサーリンク

大泉門の異常

赤ちゃん 大泉門 膨隆 膨らみ

大泉門は、赤ちゃんが生まれてから生後10ヶ月頃までは増大し、その後、縮小に転じて生後2歳頃には完全に塞がるのが一般的です。

しかし中には、大泉門が閉じない、生まれたときから大泉門が閉じているなどの場合があります。

大泉門が閉じない

生後2歳を過ぎても大泉門がはっきり残っている場合は、骨の病気(くる病など)、染色体の異常、甲状腺機能低下症などの可能性があります。

小児科を受診して確認してもらい、必要に応じて治療を受ける必要があります。

ただし、大泉門が閉じる時期は個人差が大きいので、乳幼児健診で指摘されず、頭囲と体重・身長のバランスがとれている場合は心配いりません。

なお、アペール症候群の場合も、大泉門の閉じる時期が遅くなることがあります。

関連記事

アペール症候群とは?原因、症状、治療法は?赤ちゃんの寿命への影響は?

大泉門が閉じている

狭頭症や小頭症を抱えて生まれた赤ちゃんは、生まれたときから大泉門が閉じていたり、通常よりも早く大泉門が閉じたりします。

大泉門が閉じない場合と同様、乳幼児健診で指摘されない場合は、過剰に心配する必要はありません。

大泉門が膨隆している(膨らみ)

大専門が膨隆している場合、発熱、頭蓋内圧の亢進、脳腫瘍、脳炎、髄膜炎、水頭症などの病気の可能性があります。

水頭症など脳の病気の場合、放置すると深刻な後遺症や障害が残ることがあるため、大泉門が膨らんでいると感じたら、早めに小児科を受診しましょう。

関連記事

水頭症とは?赤ちゃんの原因、症状、治療法は?寿命や後遺症は?

大泉門が陥没している(へこみ)

大泉門のへこんでいる場合、脱水や栄養状態の不良の疑いがあります。

脱水を起こしている場合、放置すると赤ちゃんが重篤な状態に陥る可能性があるため、早急に小児科を受診してください。

まとめ

大泉門は、人の頭蓋骨が分かれている期間にできる骨と骨の隙間のことです。

生後10ヶ月頃までは増大し、その後、生後2歳頃までに閉じるのが一般的ですが、中には出生時から閉じていたり、いつまで経っても閉じなかったりすることがあり、病院を受診させなければならないケースもあります。

大泉門付近は、頭蓋骨に守られている部位よりも弱いため、ぶつけたときは赤ちゃんの様子を慎重に観察し、適切に対応してあげなければなりません。