閉じる
  1. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  2. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  3. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  4. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  5. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  6. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  7. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  8. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  9. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  10. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんが頭をぶつけた、打った時の対応は?泣かない、吐く時は?

赤ちゃん 頭 ぶつけた ぶつける 打った 対応

赤ちゃんが頭をぶつけたら、すぐ病院を受診させるお父さんお母さんは少なくありません。

命に関わるひどいケガをしたのではないか、内出血を起こしているのではないか、後遺症が残るのではないか、どうしていいか分からないなど、不安や心配に押しつぶされそうになるのは、親として当然です。

しかし、赤ちゃんが頭を打った場合に一番大切なのは、落ち着いて赤ちゃんの様子を観察し、受診や対応が必要な症状が出ているかどうかを見極めることです。

症状によっては、すぐに救急車を呼ぶ必要がある急を要する場合もありますが、家で様子を見ても良い場合もあります。

赤ちゃんの様子をしっかり観察し、救急車を呼ぶのか、病院へ連れて行くのか、家庭で対応するのかを、正しく見極めましょう。

このページでは、赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時にチェックすべきポイント、頭を打ったりぶつけたりしやすい状況、緊急時の相談先である小児救急電話相談事業(#8000)について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時にチェックすべきポイント

新生児 赤ちゃん 頭をぶつけた 対処 たんこぶ 病院

赤ちゃんが頭を打ったときにチェックするポイントは、大きく分けると4つあります。

  • 赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時に「意識が有るか無いか」、「泣くか泣かないか」
  • 赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時に「皮下血腫(たんこぶ)」、「腫れ」、「へこみ」、「出血」が有るか無いか
  • 赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時に「吐くか吐かないか」
  • 赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時に「様子がいつもと違うか違わないか」

それでは、一つひとつのポイントについて詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時に「意識が有るか無いか」、「泣くか泣かないか」

赤ちゃん 頭 打つ ぶつける

意識がはっきりしていて、大泣きする

赤ちゃんが、頭を打った直後に目を見開いて大泣きし、泣き止んだ後はいつもと変わらず過ごしていれば、ひとまず安心できます。

ただし、大事を取って、頭を打った日は家の中で安静に過ごし、入浴や運動は控えるようにします。

また、頭の怪我は、しばらくして症状が出ることも少なくないので、頭を打ってから48時間は様子を見て、普段と様子が違う場合は受診を検討してください。

意識がない、意識がはっきりしない、泣かない

次のような場合は、急性硬膜下出血(内出血)を起こしている可能性があり、一刻を争う状況なので、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。

  • だんだんと顔色が青ざめてきた
  • 呼びかけても、体を刺激してもグッタリしていて反応がない
  • 甲高い声で泣き、その後、引きつけや嘔吐がみられる
  • 頭をぶつけた後、泣かないでボンヤリしている
  • 目の焦点が定まらない

頭をぶつけた後、赤ちゃんが泣かないとホッとするかもしれません。

しかし、泣かないときの方が、大泣きしたときよりも深刻なことが多いので注意しましょう。

赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時に「皮下血腫(たんこぶ)」、「腫れ」、「へこみ」、「出血」が有るか無いか

赤ちゃん 頭 打つ たんこぶ

意識がはっきりしている場合は、皮下血腫(たんこぶ)、腫れ、へこみ、出血の有無を確認します。

皮下血腫(たんこぶ)、腫れ、へこみ、出血がある

打撲部分をよく確認し、皮下血腫(たんこぶ)や腫れがある場合は、濡らしたガーゼやタオルで冷やします。

皮下血腫(たんこぶ)が大きい場合は、脳内出血や頭蓋骨の骨折を疑い、病院で精密検査を受けさせることが望ましいでしょう。

出血量がわずかであれば自然と止まるのを待ちますが、出血量が多い場合は病院で傷を消毒して塗ってもらう必要があります。

皮下血腫(たんこぶ)、腫れ、へこみ、出血がない

念のため、少しの間は打撲部分を冷やし、赤ちゃんの様子を見ます。

赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時に「吐くか吐かないか」

赤ちゃん 頭 ぶつける 吐く

吐く、嘔吐が続く

嘔吐が続く場合は、すぐに受診させてください。

嘔吐が1、2回くらいで、吐く量も少なく、赤ちゃんの様子が普段と変わらないようであれば、家庭で1、2日様子をみます。

吐かない

嘔吐がない場合は、家庭での様子見で足りますが、1,2日は様子をみてください。

赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時に「様子がいつもと違うか違わないか」

赤ちゃん 頭 ぶつける へこむ

頭を打った後、次のような症状が続く場合も、少量ですが急性硬膜下出血(内出血)を起こしている場合があるので、受診してください。

  • 赤ちゃんが不機嫌なことが多い(笑わない)
  • 母乳やミルクを飲む量が減った
  • ぐずって寝付かない(寝てもすぐ起きる)
  • 神経質に泣きながら首を振り続ける

関連ページ

スポンサーリンク

赤ちゃんが頭を打つ、ぶつけやすい状況

赤ちゃん 頭打つ ぶつける

赤ちゃんは、寝返りしておもちゃに頭をぶつけたり、ハイハイ中に勢い余って壁に衝突したり、つかまり立ち中にバランスを崩して転倒したりするなど、いろいろな場面で頭を打つことがあります。

また、抱っこ中に誤って壁やドアに赤ちゃんの頭をぶつけるなど、親の不注意が原因になることもあります。

寝返り・寝返り返り

赤ちゃん 寝返り 早い

寝返りした先に固いおもちゃやテーブルの脚などがあり、頭をぶつけることがあります。

寝返りの場合は目や口をケガすることが多く、寝返り返りの場合は後頭部を強く打って重傷化しやすい傾向があります。

赤ちゃんの移動範囲を見極め、ぶつかると危ない物は置かないようにしましょう。

関連ページ

お座り

赤ちゃんのお座り

お座り中にバランスを崩して転倒し、頭を打つことがあります。

特に、お座りを始めた時期と、お座りに慣れて座った状態で遊びだした時期に事故やケガが増える傾向があります。

赤ちゃんがお座りしている場所の近くには物を置かないことと、転倒の可能性を考えて見守ってあげることが大切です。

関連ページ

ハイハイ

赤ちゃん ハイハイ ずりばい 違い

赤ちゃんは、興味がある物に一直線に突進しますし、ハイハイだと前に出して進むことになるので、勢い余って壁や物に衝突してしまうことが少なくありません。

振り向きざまや、方向転換した時に頭をぶつけることもあります。

壁やテーブルの脚など、赤ちゃんがぶつかると危ない場所に緩衝材を巻くなどの対応が大切です。

また、赤ちゃんを呼ぶ時は、背後からは絶対に避けましょう。

関連ページ

つかまり立ち・伝い歩き

つかまり立ち 練習 赤ちゃん

つかまり立ちや伝い歩きの最中にバランスを崩して転倒し、床や壁で頭を打つことがあります。

赤ちゃんは、大人に比べて体全体に占める頭の割合が大きいので、バランスがとりにくく、ちょっとしたことですぐバランスを崩してしまいます。

寝返り、お座り、ハイハイに比べ、頭を打った時に重症化しやすい傾向があります。

赤ちゃんの周りにぶつかると危ない物を置かず、つかまり立ちや伝い歩きを始めた当初は近くで見守ってあげましょう。

関連ページ

高いところからの転落・落下

赤ちゃんが高いところによじ登れるようになると、転落や落下のリスクが出てきます。。

赤ちゃんは、高いところに登った後、頭から降りようとしますし、身体に占める頭の比率が高いので、頭を打つ確率が高いものです。

赤ちゃんが危ないところによじ登らないよう、整理整頓やベビーサークルや柵を活用して対応しましょう。

関連ページ

抱っこ

赤ちゃん 頭打つ ぶつける

赤ちゃんを抱っこして移動している時に、誤って赤ちゃんの頭を壁やドアなどにぶつけてしまうことがあります。

特に、赤ちゃんが生まれたての頃は、赤ちゃんの大きさがうまく把握できず、障害物を避けたつもりがぶつけてしまうという事故を起こしがちです。

また、足元が良く見えず物につまづき、赤ちゃんと一緒に転倒してしまう事故も多発しています。

赤ちゃんを抱っこしているときは、周りや足元をよく見て、ゆっくり慎重に動くことが大切です。

寝相の悪さ

寝ている時に壁などに頭をぶつけてしまう赤ちゃんはとても多いものです。

赤ちゃんは、大人よりもレム睡眠の割合が高い分、寝ている時もよく動くため、頭をぶつけてしまうリスクが高いのです。

壁やドアの角など、赤ちゃんが頭をぶつける心配がある場所は、クッションや緩衝材であらかじめブロックしておきましょう。

関連ページ

地震

地震発生時には、照明や食器などが落ちてきて赤ちゃんの頭にぶつかることがあります。

地震が起きても落下するものがない場所で寝かせるようにしましょう。

見逃しやすいのが照明です。

赤ちゃんを照明の下で寝かせると、地震が起きて照明が赤ちゃんの顔面に直撃することがあるので、注意が必要です。

特に、吊り下げ型のものは危険です。

関連ページ

赤ちゃん・子供の防災グッズリスト一覧!グッズ以外の防災は?

どんなに注意していても、赤ちゃんが頭を打つ、ぶつけることはある

赤ちゃん 頭打つ ぶつける

事故を予防することは、もちろん大切ですし、赤ちゃんが頭を打たずに済むことが一番です。

しかし、赤ちゃんを育てていると、どんなに気を付けている家庭でも、赤ちゃんが頭を打ったり、ぶつけたりすることは、1度や2度と言わずあるものです。

繰り返しになりますが、一番大切なのは、赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時にどう対応できるかなので、失敗だと受け止めたり、過度に落ち込んだりしないようにしましょう。

関連ページ

赤ちゃんにおすすめの安全な暖房器具は?コタツは危険?適切な室温は?

小児救急電話相談事業を活用しよう

赤ちゃん 頭をぶつけた 小児救急電話相談事業

小児救急電話相談事業とは、厚生労働省が実施している相談事業です。

赤ちゃんを育てているお父さんお母さんが、夜間や休日の赤ちゃんの急な病気やけが、事故にどう対応すれば良いか、病院へ連れて行った方が良いのかなど判断に迷ったときに、小児科の医師や看護師に相談できます。

利用方法は、全国統一の短縮番号#8000をプッシュするだけです。

#8000をプッシュすると、住んでいる都道府県の相談窓口に電話が自動で転送され、小児科の医師や看護師から、赤ちゃんの症状に応じた適切な対応方法や、病院を受診する際のアドバイスを受けることができます。

赤ちゃんが頭を打った、ぶつけた時に受診する病院

結論から言うと、小児科と脳外科がある総合病院です。

赤ちゃんの病気やけがは小児科を受診させるのが基本ですが、小児科単科の小さな病院では脳の検査や外科的治療を行うことができません。

一方で、大人が頭をケガした場合は脳外科を受診しますが、脳外科の医師は赤ちゃんに関する専門的な知識を持っていません。

そのため、赤ちゃんに関する専門知識を有する小児科と脳に関する専門知識を有する脳外科の両方がある総合病院を受診させるのがベストです。

なお、かかりつけの医師ならともかく、初めて受診するような小児科では、「赤ちゃんが頭を打ったから診てほしい。」と電話したり病院に駆け込んだりしても、「うちでは診れません。」と門前払いされることがあるので注意してください。

信じられないかもしれませんが、同じような経験をした親は少なからずおり、病院を探している間に赤ちゃんの状態が悪化したという家庭もあります。

「赤ちゃんが頭を打ったら小児科と脳外科のある総合病院へ連れて行く。」と覚えておき、事前に近くの病院を探しておきましょう。

スポンサーリンク

うちの場合

赤ちゃん 頭 打った ぶつけた

深夜に泣き出した赤ちゃんを抱っこして室内を歩き回っている際に、ドアの角に赤ちゃんの頭をぶつけてしまいました。

赤ちゃんが大泣きし、いくらあやしても泣き止んでくれなかったので、どうして良いかパニック状態になり、藁にもすがる思いでネット検索を繰り返して、小児救急電話相談を見つけました。

電話すると、年配の看護師(落ち着いた声の感じからの想像です。)が応答し、電話した理由や赤ちゃんの状態を詳しく聞かれました。

そして、大泣きしたこと、意識がはっきりしていること、目立った外傷がないことや嘔吐がないことから、家で様子を見るよう言われました。

緊急時に的確な助言をもらえたことは本当に助かりましたが、それ以上に、パニック状態の私の話を優しく相槌を打ちながら聞いてくれ、落ち着かせてくれたことは、感謝しても感謝しきれません。

電話せずに済むのが一番ですが、いざという時に頼れる場所として、小児救急電話相談の短縮番号#8000はスマートフォンに登録しておきました。

追記(1歳3ヶ月)

一人歩きを覚えて部屋中をてくてく歩くようになりましたが、まだまだバランスをとるのが難しいようで、こっちでスッテン、あっちでコロリンとよく転んでいます。

ハイハイの頃に比べ、転んだ時に頭を打つリスクがグッと上がり、片時も目が離せない状況です。

尖ったところは緩衝材やクッションでカバーし、台所や洗面所の前はベビーサークルで塞ぐなど思いつく限りの対応はしていますが、100%防ぐのは難しいので悩んでいます。

追記(1歳9ヶ月)

1歳3ヶ月頃がかわいく見えるくらいよく転びます。

しっかり歩くことができるようになったのですが、、その分余裕が出てきたのか、段差、砂場、砂利道、布団・座布団・ソファの上など、あえて危険なところを歩くため、派手に転びます。

ノーゴー行動を実践していますが、聞いてくれるのは10%くらいでしょう。

しばらく目が離せない状態が続きそうです。

ページ上部へ戻る