赤ちゃんのズリバイ時期と練習はいつから?後ろ向きずりばい、ハイハイとの違い

赤ちゃん,ずりばい,いつから,練習方法

寝返りできるようになった赤ちゃんは、目の前の物に手を伸ばし、届かないと必死に身体を動かして何とか触ろうとするものです。

この、周囲に対する無限の好奇心が原動力になり、ずりばいという移動手段を獲得していきます。

ずりばいは、平面をスムースに移動する最初の手段で、また、ハイハイや一人歩きを始めるための筋力トレーニングも兼ねており、赤ちゃんの健全な身体の成長発達に欠かせない動作です。

この記事では、赤ちゃんのずりばいの概要、ハイハイとの違い、ずりばいを始める時期、後ろ向けにずりばいする理由、練習方法について紹介します。

赤ちゃんのずりばいとは

赤ちゃんのずりばいとは、うつ伏せになってお腹を床につけた状態で、腕や足の裏で床を押したり蹴ったりしながら、前や後ろにはって進むことをいいます。

いわゆる「匍匐前進(ほふくぜんしん)」です。

赤ちゃんは、首がすわり、寝返りやお座りができるようになると、次はずりばいにチャレンジするようになり、さらにハイハイへと進んでいきます。

ずりばいができるようになると、それまで寝返りで左右に移動していたものが、前後にも自由に移動できるようになり、赤ちゃんの行動範囲が一気に広がります。

最近の研究で、ずりばいが脳や運動機能の発達を促すことが分かり、赤ちゃんのエクササイズとしてずりばいを練習させる家庭も増えています。

スポンサーリンク

ずりばいとハイハイの違い

うつ伏せの状態で床にお腹をつけ、腕や足の裏の力を利用して、前後に這って進むのがずりばいです。

一方のハイハイとは、うつ伏せの状態から手のひらと膝を床について身体を持ち上げ、四つん這いの状態で前後左右に進む動きです。

ハイハイは、ずりばいの状態からさらに体を持ち上げる必要があるため、ずりばいを覚えてからハイハイでできるようになるのが一般的です。

ただし、赤ちゃんの運動機能の発達は個人差が大きく、全ての赤ちゃんがずりばいを経由してハイハイに進むわけではなく、いきなりハイハイを始める赤ちゃんもいれば、ずりばいからつかまり立ちにステップアップする赤ちゃんもいます。

また、ずりばいやハイハイと似た動作に肘ばいと高ばいがあります。

肘ばいは、ずりばいとハイハイの間、高ばいは、ハイハイの一歩先の動作です。

肘ばい

肘ばいとは、上半身を起こした状態で、左右の肘を交互に床につけて前や後ろに移動することをいいます。

腕や肩の筋肉がよく発達している赤ちゃんによく見られます。

肘ばいは、勢いよく肘を床について移動するので、硬い床は避けて、畳やマットの上に寝かせてあげましょう。

高ばい(クマ歩き)

高ばいとは、両手と両足を床につけて体を持ち上げ、両手とつま先で床を押したり蹴ったりして移動することをいいます。

移動する様子が四足歩行で移動するクマに似ていることから、クマ歩きとも呼ばれています。

立ち上がって二足歩行する一歩手前の状態と言えます。

関連記事

赤ちゃんのハイハイはいつから?練習と部屋の対策、ハイハイしないで立つと変?

スポンサーリンク

赤ちゃんのずりばい時期はいつから(6ヶ月、7ヶ月、8ヶ月、9ヶ月)?

統計的に見ると、生後7ヶ月~8ヶ月頃にずりばいを始める赤ちゃんが多くなっていますが、個人差はかなりあります。

ずりばいは、首がすわり、寝返りを打てるようになった後に始めるものなので、首すわりや寝返りがゆっくりだと、ずりばいもゆっくり始める傾向があります。

また、ずりばいをしないままハイハイを始めたり、いきなり立ち上がったりする赤ちゃんも一定数いるので、ずりばいしないことを心配する必要はありません。

ずりばいが早いのは良くない?

生後6ヶ月頃からずりばいを始める赤ちゃんがいます。

ずりばいを始めたということは、標準的な成長より早くずりばいを始めるだけの筋肉がつき、身体の動かし方を覚えたということなので、成長の早さを褒めてあげたくなるかもしれません。

しかし、赤ちゃんの成長は早ければ良いというわけではありません。

ずりばいを始める時期が早かったからといって、身体に負担がかかったり、不適切な身体の動かし方を覚えたりすることに直結はしませんが、生後7ヶ月~8ヶ月頃に始めた赤ちゃんに比べるとバランスが悪く、身体の動かし方もぎこちないものです。

慣れるうちに自然なずりばいができるようになることもありますが、独特なずりばいがクセになってしまい、その後のハイハイや一人歩きにも影響する可能性があるので注意が必要です。

赤ちゃんが自発的にずりばいするのを止めさせる必要はありませんが、折を見て、身体の正しい動かし方をゆっくり教えてあげましょう。

後ろ向きにずりばい(後ばい)する原因

ずりばいを始めてまもない赤ちゃんは、後ろに後ろにズリズリと移動することが多いものです。

いわゆる「後ばい」です。

「病気なのではないか?」、「身体に異常があるのではないか?」と心配になるかもしれませんが、病気でも障害でもありません。

赤ちゃんがずりずり移動する様子をよく観察してみてください。

後ろ向きにずりばいしている赤ちゃんは、足で床を蹴りながら、腕を突っ張っているはずです。

つまり、腕がつっかえ棒になって前に進めず、足や体の動きで後ろに移動しているのです。

「それではいくら頑張っても前には進まないよ。」と声をかけたくなりますが、赤ちゃんは、試行錯誤を繰り返しながら身体の使い方を学習している最中です。

ある時、「あ、腕を突っ張ってるから進めないんだ。」と自分で気づき、腕を突っ張るのを止めて前にずりずり進むことができるようになるので、それまでは温かく見守ってあげましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんのずりばい練習はいつから?

赤ちゃんは、首がすわり、寝返りを打てるようになって、腕や足の運動機能が発達してくると、自分からずりばいを始めます。

そのため、ずりばいの練習は絶対必要というわけではありません。

また、低月齢のうちからずりばいを練習させると、かえって体を痛めてしまい、その後の成長に支障が出ることもあります。

一方で、冒頭に書いたように、ずりばいには脳や運動機能の発達を促す効果があることが分かってきたので、適切な時期に適度に練習させてみてもいいでしょう。

練習させる場合は、赤ちゃんの運動機能や骨の発達状況を考え、寝返りや寝返り返りが自由に打てるようになってから始めてください。

ずりばいの練習方法

練習の方法としては、赤ちゃんの足の裏に壁を作る方法、赤ちゃんの目の前にオモチャを置く方法、お父さんお母さんがずりばいの見本を見せる方法が効果的です。

共通しているのは、赤ちゃんの興味関心を引くということです。

もちろん、練習を始めてすぐにずりばいを始める赤ちゃんはいませんが、繰り返すうちに少しずつできるようになりますし、練習中のお父さんお母さんのスキンシップや声かけも、赤ちゃんにとってはとても嬉しいものです。

これらの方法は、後ろにずりばいする赤ちゃんに、前にずりばいさせたいときにも有効なので、試してみてください。

スペースの確保と部屋の片付け

練習させる前に、練習スペースを確保し、練習する場所を片付けておきましょう。

きゅうくつな場所では思ったように練習できず、壁などに頭をぶつけてしまう危険もあります。

また、赤ちゃんは、周囲のことを気にせず思いっきり身体を動かすので、散らかった場所で練習させると怪我をする危険があります。

赤ちゃんが移動できる範囲に、赤ちゃんが掴んだり口に入れたりして危ないものがないか確認してください。

ずりばいの練習1:赤ちゃんの足の裏に壁を作る

  1. 赤ちゃんの足側に座る
  2. 手や足で赤ちゃんの足に触れ、後ろに下がらないようにする
  3. 赤ちゃんの足を軽く押す

赤ちゃんの足の近くに座り、手や足で赤ちゃんの後ろに壁を作って通せんぼします。

赤ちゃんの足を手や足で軽く押してやると、赤ちゃんは、「こっちには進めないんだな」と思い、空間のある前へ体を動かそうとするようになります。

ずりばいの練習2:赤ちゃんの目の前にオモチャを置く

  1. 赤ちゃんの手が届く範囲を確認する
  2. 赤ちゃんの手がぎりぎり届かない範囲にオモチャを置く
  3. 赤ちゃんにおもちゃを掴むように促す

ずりばいを始めるころの赤ちゃんは、興味のある物に手を伸ばし、掴んで口に入れようとします。

赤ちゃんの手がギリギリ届かないところにオモチャを置くと、赤ちゃんは目の前のオモチャをつかもうと必死に腕を伸ばし、届かないことが分かると体を前に動かそうとします。

ただし、赤ちゃんがぐずり出したら中止し、おもちゃを渡してあげましょう。

無理強いすると、ずりばいの練習自体を嫌がることがあります。

ずりばいの練習3:お父さんお母さんがずりばいの見本を見せる

  1. 赤ちゃんに声をかけて注意を引く
  2. 赤ちゃんの近くに寝転ぶ
  3. 赤ちゃんが見ているのを確認しながらずりばいする

赤ちゃんは、「マネをする」ことで「学習」するものです。

ずりばいについても、お父さんお母さんがずりばいするのをジックリ観察し、動きを覚えてマネを始めます。

見本を見せる時は、赤ちゃんが色々な角度から観察できるよう、赤ちゃんの目の前や横など位置を変えて何度も見せてあげましょう。

まとめ

赤ちゃんのずりばいは、ハイハイなどその後の移動手段獲得につながる大切な動作です。

始める時期は個人差があり、中にはずりばいを飛ばしていきなりハイハイやつかまり立ち、一人立ちを始める赤ちゃんもいますが、温かく見守ってあげましょう。

標準的な開始時期より始めた場合には、赤ちゃんが体を壊さないよう配慮が必要になります。

ずりばいを練習させる場合は、赤ちゃんが自発的に楽しんでできるよう工夫を凝らすとともに安全面にも十分配慮してください。

うちの場合

うちの赤ちゃんは、首すわりや寝返りがゆっくりだったこともあり、生後8ヶ月を過ぎてもずりばいを始めませんでした。

始めたのは生後9ヶ月半ばです。

ずりばいはしないままハイハイやつかまり立ちを始めるのかなと思っていた矢先のことでした。

似た月齢の赤ちゃんが次々ずりばいするのを見て、少し焦りを感じ始めた時期でした。

私が最初に目にした時は、赤ちゃんはずりばいで後ろ向きに進んでおり、思わず「なんで後ろ向き?」と突っ込んでしまいました。

ただ、後ろ向きでもずりばいはずりばいなのでジッと見守り続けていたところ、1ヶ月ほどで前に進めるようになりました。

その後は、障害物を乗り越えられるようになり、ハイハイを始め、つかまり立ちにチャレンジと、トントンとできることが増えていきました。

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  4. 赤ちゃん 自閉症 症状 兆候
  5. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  6. 発達障害 図 自閉症
  7. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害
  8. 赤ちゃん 首 頭 振る 筋性斜頸
  9. 赤ちゃん 頭 ぶつけた ぶつける 打った 対応
  10. ロタウィルス

facebookページ

ページ上部へ戻る