赤ちゃんが寝返りしない原因は病気や障害?生後6、7、8ヶ月は遅い?

寝返りしない赤ちゃん

赤ちゃんが寝返りを始める標準的な時期は生後5~6ヶ月です。

赤ちゃんの成長発達は個人差が大きいため、標準的な時期というのは目安程度に考えておくべきものですが、生後6ヶ月を過ぎても赤ちゃんが寝返りを始めないと、「何か異常があるのではないか。」と心配になってしまう親が少なくありません。

稀ですが、赤ちゃんが寝返りしない(寝返りできない)背景に病気や障害が潜んでいることも、不安を掻き立てる原因となっているようです。

この記事では、赤ちゃんが寝返りしない原因と対策について紹介します。

赤ちゃんの寝返りとは

赤ちゃんの寝返りとは、布団などの上に仰向けに寝転んだ状態から、身体をひねって180度回転させ、うつ伏せの状態になることです。

通常、生後3~4ヶ月頃に首すわりが完成した赤ちゃんは、顔を左右に向けたり身体を左右に揺すったりできるようになり、寝返りチャレンジを始めます。

寝返りを打つには、顔、首、腕、背中、腰、足などの動きをタイミング良く連動させる必要があり、赤ちゃんにとっては難易度が高い動きの一つです。

生後6ヶ月、7ヶ月、8ヶ月で寝返りしないのは遅い?

子育て関連のウェブサイトや書籍で寝返りについて確認すると、「生後3~4ヶ月頃に首すわりが完成し、生後5~6ヶ月頃には全身の筋肉が発達して寝返りを打てるようになる。」と書かれています。

乳児期の子育てでも、赤ちゃんが寝返りを始める標準的な時期を生後5ヶ月から6ヶ月と記載しています。

統計上、健常な発達と遂げた赤ちゃんの場合、生後5~6ヶ月頃に寝返りを覚えることが多いからです。

しかし、赤ちゃんの身体の成長や運動機能の発達の程度や速度は、遺伝的要因、首すわりが完成した時期、赤ちゃんの身長や体重、病気・ケガ・障害の有無、生活環境など無数の要因によって決まります。

当然ながらゆっくり寝返りを始める赤ちゃんも一定数おり、生後6ヶ月を過ぎても寝返りを始めないからといって過剰に心配する必要はありません。

基本的には赤ちゃんが自発的に寝返りを打ち始めるのを待ち、その過程で異常な動きなどが見られるようなら病院で検査を受けさせてあげましょう。

赤ちゃんの寝返りと大人の寝返りの違い

赤ちゃんと大人では、同じ寝返りでもやり方が大きく違います。

大人の寝返りは、①上半身をひねり、②身体の重心を移動させ、③下半身をひねってうつ伏せになります。

一方で赤ちゃんの寝返りは、①下半身をひねり、②身体の重心を移動させ、③上半身をひねってうつ伏せになります。

つまり、大人の寝返りが①上半身、②下半身の順番なのに対して、赤ちゃんの寝返りは①下半身、②上半身という逆の順番でうつ伏せをするのです。

関連記事

寝返りはいつから?寝返りしない時の練習方法は?生後3ヶ月の寝返りは危険?

スポンサーリンク

赤ちゃんが寝返りしない原因と対策

赤ちゃんがなかなか寝返りを始めなくても心配し過ぎる必要はないと書きましたが、寝返りしない原因や対策を知っておくことは大切です。

赤ちゃんが寝返りしない主な原因は、以下のとおりです。

  • 赤ちゃんの体重が重い
  • うつ伏せ嫌いになっている
  • 服が邪魔
  • 寝返りがしにくい生活環境
  • 病気や障害

各原因について確認していきましょう。

赤ちゃんが寝返りしない原因と対策:赤ちゃんの体重が重い

体重の重い赤ちゃんが大きな身体を動かすためには、標準的な体重の赤ちゃんよりも筋肉がしっかりつき、運動機能が発達していなくてはなりません。

そのため、首すわりの完成に時間がかかり、寝返りを含む動作の獲得もがゆっくりになる傾向があります。

また、たっぷり身に付いたお肉が、寝返りするのを妨げてしまうこともあります。

体重が重いときの対策

体重が重くて寝返りしない場合、筋肉がついて運動機能が発達すれば自然に寝返りするようになります。

もしも赤ちゃんが寝返りの動き(片足を上げる、腰をひねる、腕を振るなど)を見せたら、寝返りを覚えさせるチャンスです。

赤ちゃんの腰に手を当てて支えながら、身体をゆっくり回転させてあげましょう。

しばらくは親のサポートが必要ですが、少しずつ自力で寝返りが打てるようになっていきます。

赤ちゃんが寝返りしない原因と対策:うつ伏せ嫌いになっている

日本では、赤ちゃんを仰向けに寝かせるスタイルが定着しているため、赤ちゃんがうつ伏せ(腹ばい)になることを嫌がる傾向があります。

そのため、寝返りできるだけの筋肉と運動機能は備わっているのに、うつ伏せの姿勢を嫌がって寝返りを打とうとしない赤ちゃんも少なからずいます。

うつ伏せ嫌いが極端な場合、自分で寝返りしたにも関わらずうつ伏せになった瞬間に大泣きしたり、すぐさま寝返り返りで仰向けに戻ったりします。

うつ伏せ嫌いになっているときの対策

生後3ヶ月頃までにうつぶせ姿勢に慣れさせておかないと、うつ伏せ嫌いになってしまう傾向があります。

そのため、首が座る前からこまめに赤ちゃんをうつぶせに寝かせる習慣をつけることが大切です。

一度うつ伏せ嫌いになった赤ちゃんについては、親がうつ伏せになって楽しそうにしているところを見せる、短い時間だけうつぶせにして遊ぶなど、うつ伏せ姿勢が楽しいと思わせる工夫が必要になります。

関連記事

赤ちゃんのうつぶせ寝はいつから?うつ伏せの練習は?SIDSの危険は?

赤ちゃんが寝返りしない原因と対策:服が邪魔

冬生まれの赤ちゃんの方が、夏生まれの赤ちゃんよりも早く寝返りを始める傾向があります。

原因は服装です。

冬生まれの赤ちゃんが生後5~6ヶ月の頃は、ちょうど夏場で薄着のため身体が動かしやすく、寝返りを打ちやすいのです。

一方で、夏生まれの赤ちゃんが生後5~6ヶ月の頃は冬場で服を着こんでいるので、思うように身体が動かせず、寝返りを打つのがゆっくりになりやすいのです。

服が邪魔なときの対策

夏場は、肌着だけ、おむつ一丁などで過ごさせても問題はありません。

冬場でも、エアコンで室温を調整し、赤ちゃんにはできるだけ薄着で過ごさせてあげることで、寝返りを打ちやすくなります。

赤ちゃんが寝返りしない原因と対策:寝返りがしにくい生活環境

赤ちゃんが普段過ごしている環境によっても、寝返りが遅れることがあります。

例えば、身体が沈み込むようなマットや布団で寝ている、常に抱っこしてもらっている、一日の多くをバウンサーの上で過ごしているなど、寝返りを打ちにくい環境に置かれていると、なかなか寝返りを始めません。

寝返りがしにくい生活環境の対策

なるべく固めのマットや布団に寝かせるなど、赤ちゃんが寝返りしやすい環境を整えてあげましょう。

赤ちゃんが左右どちらかに身体をひねるようになったら、ひねった向きと反対の体の下にクッションや枕を入れ、寝返りしやすくする方法も有効です。

赤ちゃんが寝返りしない原因と対策:病気や障害

病気や障害が原因で赤ちゃんが寝返りしないこともあります。

寝返りに影響を与える原因となるのは、先天性の脳の異常や骨や筋肉の異常などです。

例えば、脳性麻痺がある赤ちゃんは、寝返りしない(できない)または時期が遅れることが多いものです。

また、生まれた後の病気やケガによって寝返りができなくなることもあります。

病気や障害の対策

病気や障害が原因となっている場合、家庭で治療することはできません。

異常を見つけた時点で病院を受診させ、原因を突き止めてもらい、適切な治療を受けさせてあげましょう。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんがいつまでも寝返りを始めないと、親としては不安になると思いますが、赤ちゃんには赤ちゃんなりの成長発達のペースがあります。

過度に不安を抱いたり、練習を強要したりせず、赤ちゃんが自発的に寝返りを始めるのを待ってあげることが大切です。

ただし、病気や障害が潜んでいるリスクもあるため、赤ちゃんの行動に違和感があるようなら、念のため病院で検査してもらいましょう。