閉じる
  1. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  2. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  3. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  4. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  5. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  6. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  7. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  8. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  9. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  10. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんが電気の光(蛍光灯)を見つめる理由と目への影響は?

赤ちゃん 目 光 蛍光灯

赤ちゃんの目と光

赤ちゃんは、生後3ヶ月から生後4ヶ月頃から、電気の光(蛍光灯)を見つめるようになります。

赤ちゃんがジッと見つめる姿はとてもかわいいものですが、いつも電気の光ばかり見つめていると、「目が悪くならないか」、「光が好きな子は発達障害があると聞いたことがある」と不安になるお父さんお母さんも少なくありません。

しかし、どうして赤ちゃんが光を見つめるのか、赤ちゃんの目にどういう影響があるかについては、あまり知られていません。

そこで、このページでは、赤ちゃんが光を見つめる理由と目への影響についてまとめました。

赤ちゃんが光を見つめる理由

スポンサーリンク

赤ちゃんの目が見える時期は生後3ヶ月から生後4ヶ月

赤ちゃんの目は、新生児の頃から「明るい」「暗い」という明暗は認識できます。

しかし、新生児の視力は0.01から0.02くらいで、黒、白、灰色の3つしか認識できません。

また、眼球を動かしていますが両目の焦点を合わせられませんし、モノの輪郭がはっきり見えておらず、人やモノや色は認識できません。

そこから成長するにつれ、生後1ヶ月、生後2ヶ月頃には固視(見ようとしているモノを静止画としてとらえること)を身につけます。

生後3ヶ月から生後4ヶ月頃には、両目の焦点が合わせられるようになり、追視(動いているモノを目で追うこと)も身につけて、人やモノを認識できるようになります。

赤、青、黄、緑といった色も、はっきり認識できるようになります。

一方で、視力は生後3ヶ月で0.1から0.2、生後1歳で0.4くらいなので、遠くのものははっきり見えません。

こうした目の特徴により、赤ちゃんは、次のような対象に強い興味を向けます。

  • 近くにあるモノ
  • はっきりした色や形のモノ
  • 刺激の強いモノ

電気(蛍光灯)の光は、赤ちゃんが興味を向けやすいモノの特徴をすべて満たしているため、ジッと見つめているのです。

関連ページ

電気の光が赤ちゃんの目に与える影響

電気の光(蛍光灯)は、赤ちゃんの目にピンポイントで光を当てるものではなく、部屋全体を明るくする照明器具で、赤ちゃんの目に影響を与えることはありません。

ただし、明るく光っているモノを長時間見つめ続けると目に負担がかかり、視力の低下を招くリスクは否定できません。

明るさの度合いが強いほど、リスクは高くなる傾向があります。

大人ならすぐ目をそらしますが、赤ちゃんは興味が向いた対象を見つめ続けてしまうので、お父さんお母さんが適当なところで目をそらさせてあげることが大切です。

急に違う方向を向かせると不機嫌になることがあるので、蛍光灯の近くに目を引くおもちゃを吊るしたり、お気に入りのおもちゃを持たせたりして、自然に目をそらせるよう工夫してあげましょう。

赤ちゃんが電気の光に顔をしかめることがある

赤ちゃんを暗い部屋から電気のついた部屋へ連れて行くと、顔をしかめ、ぐずることがあります。

これは、目が明るさに順応しきれず、驚いて顔をしかめたりぐずったりしているのです。

長いトンネルから急に日差しの中に出たり、暗い玄関から朝日のまぶしい外に出たりした時に目がくらむのと同じ現象です。

ヨコ抱っこされている赤ちゃんは、顔が上向きなので蛍光灯を直に見ることになり、大人より強くまぶしさを感じやすいものです。

少しすると、明るさに慣れて普通の表情に戻りますし、目への悪影響もありません。

電気の光の色

「蛍光灯の色は、白よりオレンジの方が目に優しい。」と言われることがありますが、差はありません。

市販の蛍光灯はどれも目への影響を考えて製造されているので、お父さんお母さんの好みで選んで問題ありません。

スポンサーリンク

蛍光灯ベビー症候群との関連

蛍光灯ベビー症候群とは、親が赤ちゃんに構わず放置した場合などに、赤ちゃんが蛍光灯をぼんやりと見つめる状態のことです。

サイレントベビーと呼ばれることもあります。

蛍光灯ベビー症候群の場合、蛍光灯をじっと見つめるだけでなく、動きが緩慢になったり、刺激に反応しなくなったりする特徴があります。

蛍光灯ベビー症候群の症状が継続すると、赤ちゃんの成長発達に深刻な影響を及ぼしてしまうことがあるので、兆候があると感じたら、早めに小児科に相談し、赤ちゃんへの関わり方を教えてもらいましょう。

関連ページ

「光をジッと見つめる=発達障害」?

発達障害がある赤ちゃんには、けいれんによって光を見つめたまま固まるという症状が見られることがあります。

声をかけたり、身体を軽く叩いたりしても無反応な場合や、懐中電灯の光を目に当てても瞳孔が動かない場合は、発達障害を原因とするけいれんの可能性があるので、早めに受診させてあげましょう。

ただし、発達障害と診断されるのは3歳以降が一般的なので、乳児期に受診しても「発達障害の可能性はあるが断定できないので、経過観察しましょう。」と言われることがほとんどです。

関連ページ

まとめ

赤ちゃんが電気の光(蛍光灯)を見つめる理由と目への影響について紹介しました。

長時間、電気の光(蛍光灯)を見続けない限り、赤ちゃんに大きな影響はありませんが、室温や湿度を確認する際などに、部屋の明るさもチェックしてみると良いでしょう。

なお、親としては、赤ちゃんのちょっとしたしぐさや症状でも気になってしまうものです。

その多くは問題のないものですが、中には病気や障害が原因となっていることもあるので、「これくらい大丈夫だろう。」と安心せず、赤ちゃんの様子を慎重に見守り続けてあげましょう。

※最近、このサイトの記事の一部もしくはすべてを無断で別のサイトの記事として使用される事例が複数ありました。

記事の内容が歪めて書き直されたり、数値等を変えたりしている記事が多く、誤った情報が子育て中のお父さんお母さんに伝わってしまうのではないかと懸念しています。

そのため、ツールを使用してリライトの域を超える悪質な記事だと判断した場合には、サイトに削除依頼を申請し、対応されない場合は、弁護士に相談して記事を執筆したライター等に対する法的措置を検討します。

読者としてこのサイトを訪問していただいている方には不快な文章ですが、ご理解いただけると幸いです。

ページ上部へ戻る