赤ちゃんの首すわりはいつから?首がすわる確認・判断基準と遅い時の練習法

赤ちゃんの首がすわる

赤ちゃんの首がすわるのはいつ頃か知っていますか。

生まれたての赤ちゃんは、首周りの筋肉が未熟で頭の重さを自力で支えることができず、抱っこすると頭が前後左右にグラグラと動きます。

布団に寝た状態から抱き上げるときは、首の後ろに手をまわしてサポートしてあげないと、身体を持ち上げたときに頭がダランと後ろに下がってしまいますし、縦抱っこしても同じ状態になります。

いわゆる、首すわりが完成していない状態では、頭を持ち上げた状態を維持するのにも大人のサポートが必要なのです。

赤ちゃんは、生後何ヶ月頃に首すわりが完成するのでしょうか。

また、何を基準に首すわりが完成したと判断すれば良いのでしょうか。

首がすわるのが遅い場合、どのように練習させると効果があるのでしょうか。

この記事では、首がすわる(首すわり)とはどういう状態か、首すわりの時期はいつからか、首すわりの判断基準、首すわりが遅い場合の練習方法について紹介します。

首すわり(首がすわる)とは

首がすわる(首すわり)とは、赤ちゃんが自分で頭や首を支えてコントロールできる状態になることです。

赤ちゃんは、頭を自分で支えられない状態で生まれてきますが、抱っこ、授乳、オムツ交換、語りかけなどお世話をしてもらう中で身体感覚が養われていきます。

また、生まれ持った原始反射によって身体が反応を繰り返すうちに筋肉や身体が発達し、自力で頭を支えておくだけの筋肉や身体機能が備わります。

なお、縦抱っこをしたときに、赤ちゃんが首をまっすぐ保てる状態=首がすわる(首すわり)だと思っている人も少なくありませんが、間違いです。

「首がすわる」という呼び方が、首をまっすぐ支えられるようになるというイメージを想起させやすいため、勘違いが起きてしまうようです。

赤ちゃんの運動機能の発達は、頭に近いところから遠いところへ

赤ちゃんは、まず目で物を追えるようになります。

それから、首が動かせるようになり、首がすわります。

首がすわると、今度は、興味のある物に手を伸ばして掴むようになり、寝返りできるようになり、お座りできるようになります。

さらに、ずりばいが始まり、ハイハイ、つかまり立ち、伝い歩きと続いていきます。

このように、赤ちゃんの運動機能は、顔や首など頭に近いところから、手、腰、足など頭から遠いところへ向かって発達していきます。

また、赤ちゃんの動きは、体の一部分だけを使うものから、体全体を連動させるものになっていきます。

関連記事

赤ちゃんの原始反射とは?一覧(種類、出現・消失時期)は?新生児に起こる?

スポンサーリンク

首すわり(首がすわる)の時期はいつから?生後何ヶ月頃から?

ある日突然、赤ちゃんの首がすわるわけではなく、月齢を経るにつれて少しずつ首の筋肉がつき、首すわりの完成に近づいていきます。

生まれたての赤ちゃんの首はフニャフニャ

生まれたての赤ちゃんは、首周りの筋肉が未熟な上に身体全体に占める頭の割合が大きいため、自力で頭を支えることができません。

頭を上下左右に動かすこともできず、布団の上でも親に寝かせてもらった姿勢からほとんど動くことができません。

あお向けに寝かせた状態から身体を抱き起そうとすると、頭が後ろにダラッと下がってグラグラします。

医師からは、「新生児を抱っこするときは、首と頭を支えて慎重に抱きかかえてください。」、「首と頭を支えた抱っこもできるだけ短い時間にしておいてください。」と指導されますが、それくらい新生児の身体は弱いものなのです。

なお、新生児を抱っこするときは横抱っこが基本です。

頭の重さが直接首に負担をかける縦抱っこについては、新生児のうちはなるべく控えてください。

関連記事

生後0ヶ月(新生児期)の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?寝ない?

生後1ヶ月頃から首周りの筋肉が発達

生後1ヶ月頃になると、赤ちゃんの首周りの筋肉が発達し、少しずつ自分の意思で身体を動かそうとするようになります。

例えば、赤ちゃんをうつ伏せに寝かせると、顔を持ち上げるしぐさを見せるようになり、首に筋肉がついてきたことを確認することができます。

ただし、顔をしっかり持ち上げた状態を維持することは難しく、首を左右に振ることもできません。

関連記事

生後1ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?寝かしつけは?

生後2ヶ月頃から縦抱っこしても首がガクガクしなくなる

生後2ヶ月頃になると、首周りの筋肉はさらに発達し、短時間だけであれば縦抱っこをしても首をまっすぐに維持していられるようになります。

また、自分の意思で首を左右に振れるようになり、あお向けの状態に寝かせておくと、音や声がした方向に首を向けて確認します。

しかし、頭を持ち上げた状態を維持するのは難しく、長時間の縦抱っこも首に大きな負担がかかります。

この時期の赤ちゃんの様子を見て、首がすわったと勘違いするお父さんお母さんが多いですが、「首がしっかりしてきた」段階であり、首すわりの完成にはもう少し時間が必要です。

関連記事

生後2ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?お出かけ、縦抱っこは?

生後3ヶ月頃からうつ伏せの状態で首を持ち上げられるようになる

生後3ヶ月頃になると、赤ちゃんは、うつぶせの状態で首を持ち上げて、短時間ならその状態を維持していられるになります。

そして、生後3ヶ月から4ヶ月頃に、自分の意思で首を支えたり、頭の動きをコントロールしたりできるようになります。

この状態になってようやく、「首がすわる」、「首すわりが完成する」と言えます。

関連記事

生後3ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?3ヶ月健診は?

首すわりの確認方法・判断基準

首すわりの判断基準は、以下のとおりです。

  • うつ伏せの状態で、自力で頭を持ち上げることができる
  • 仰向けの状態で、赤ちゃんの両手を持って引き起こすと頭がついてくる
  • 縦抱っこした際に、首をまっすぐ保つことができる

以上3つの判断基準を全て満たした時に、初めて「首がすわりが完成している。」と言えます。

1つか2つ満たしている状態は、「首がすわり始めている」と表現することはありますが、まだ「首がすわっている」、「首すわりが完成している」とは言えません。

うつぶせの状態で、自力で頭を持ち上げられる

首の筋肉が発達し、うつぶせの状態から、自力で頭を持ち上げられるかどうかを確認します。

首の筋肉の発達が未熟な段階では、頭を持ち上げることができず、頭を上手に持ち上げることができません。

縦抱っこした際に、首をまっすぐに保つことができる

縦抱っこして赤ちゃんの体を少し斜めにした時に、赤ちゃんが首を上に持ち上げる仕草を見せるかどうかを確認します。

首すわりが完成する前に縦抱っこすると、頭がガクガクと揺れ動き、揺さぶられっこ症候群を引き起こすリスクがあります。

あお向けの状態で、赤ちゃんの両手を持って引き起こすと頭がついてくる

あお向けに寝かせた赤ちゃんの両手を持って優しく引っ張った時に、体と一緒に首と頭が持ち上がるかどうかを確認します。

首の筋肉が十分でない状態では、頭が身体について来ずダラッと下に落ちてしまいます。

赤ちゃんの首すわりは乳幼児健診で確認される

なお、首すわりの判断基準は上に書いたとおりですが、赤ちゃんが基準を満たしているか否かについて家庭で判断することは難しいことがあります。

例えば、「自力で頭を持ち上げる」という基準は、「何とか頭を持ち上げることができる」だけなのか「軽々と頭を動かせる」レベルになっている必要があるのか、判断がつかないでしょう。

また、「首をまっすぐ保つことができる」という基準についても、「まっすぐ」がどのような状態なのか家庭では分かりにくいものです。

そのため、家庭で「首すわりが完成した」と判断し、首がすわった前提で赤ちゃんに接するのはリスクが高いです。

首すわりについては、3ヶ月健診(地域によっては4ヶ月健診)の確認項目の1つに含まれているため、首がすわった前提で赤ちゃんに接するのは、健診で医師から「首すわりが完成していますね。」というお墨付きをもらってからにしてください。

スポンサーリンク

関連記事

赤ちゃんの車はいつから?長時間や抱っこはダメ?チャイルドシートは義務?

首すわりと抱っこ

首すわりが完成したか否かで、赤ちゃんへの接し方は大きく変化します。

その一つが抱っこです。

首すわり前の抱っこ

首すわり前には、赤ちゃんの頭と首が安定し、かつ、呼吸がしやすいように、身体全体を包み込むように抱っこする必要があります。

ポイントは、赤ちゃんの頭がグラグラせず、赤ちゃんが息苦しそうにしないということです。

新生児期以降は、上記のポイントを押さえていれば、横抱っこでも縦抱っこでも問題ありません。

首すわり完成後の抱っこ

首すわりが完成すると、頭や首を支えなくても、赤ちゃんが自力で頭の位置を維持しておけるため、首すわり前ほど「頭や首をしっかり支えないといけない。」と神経質になる必要はなくなります。

しかし、首すわり完成直後は頭や首を支える抱っこを継続し、赤ちゃんの様子を見ながら、少しずつ赤ちゃんの身体が安定する抱っこの仕方を見つけていきましょう。

また、赤ちゃんが寝ている間は頭や首を支えるか、大人の胸に頭をもたれかからせてあげてください。

赤ちゃんの首がすわらない

多くの赤ちゃんは、生後5ヶ月頃に首すわりが完成します。

生後6ヶ月になっても首がすわらない場合は、運動機能や神経の発達に異常がある可能性があるので、小児科を受診して相談してください。

首の異常は、首すわりが遅れるだけでなく、身体の内外のさまざまな障害を引き起こすリスクがあるので、早急に受診することが大切です。

なお、首すわりは、赤ちゃんの身体の発達を知る上で大切な指標の一つです。

そのため、乳幼児健診でも必ずチェックされています。

誤解しやすい「首すわりが遅くても気にしないで」というアドバイス

ネット上では、「首すわりが遅くても気にしないで」という記事を見かけます。

これは筋肉の発達の個人差が原因で首すわりが遅れているの話です。

しかし、親が「赤ちゃんの首すわりが遅いのは、筋肉が未発達だからだ。」と判断するのはとても難しいものです。

すでに書いたとおり、首すわりの遅さの背景には運動機能や神経の異常が潜んでいるリスクがあります。

「首すわりが遅いな。」と感じたら、念のため小児科に相談し、異常が認められる場合は適切な治療を受けさせてあげましょう。

首すわりが遅いときの練習方法

生後5ヶ月を過ぎても首すわりが感染しないようなら、練習をさせてみましょう。

首すわりの練習は、赤ちゃんに「首を持ち上げたい」という気持ちを持たせることを目的とします。

具体的な方法は、以下のとおりです。

  • 赤ちゃんをうつぶせに寝かせる
  • 赤ちゃんの頭の上方におもちゃを置いたり、座って声をかけたりする

毎日少しずつでも練習を繰り返し、赤ちゃんが首を動かすそぶりを見せたときに褒めてあげることで、少しずつ首がすわっていきます。

「首周りを鍛えれば首すわりが早くなる」という考えは間違いではありませんが、親が赤ちゃんの頭を掴んで上下左右に動かしたり、無理に縦抱っこしたりすると、赤ちゃんの身体に深刻な負担が蓄積してしまいます。

あくまで、赤ちゃんに自主的に頭を持ち上げさせる練習にとどめておいてください。

スポンサーリンク

うつぶせは首すわりの時期を早める

赤ちゃんは、うつぶせに寝かせると、頭を持ち上げたり左右に振ったりしようとします。

こうした動きは、あお向けに寝ているときよりも首や肩の筋肉をたくさん使うので、首の運動機能の発達を促します。

そのため、低月齢のうちからうつぶせで過ごす習慣のついている赤ちゃんの方が、ずっとあお向けで過ごしていた赤ちゃんよりも、首のすわりや寝返りが早くなる傾向があります。

日本では、赤ちゃんをうつぶせにすることに不安を感じるお父さんお母さんが少なくありません。

たしかに、うつぶせは窒息のリスクが高くなりますし、乳幼児突然死症候群(SIDS)との関連も指摘されています。

しかし、正しい方法を理解した上でうつぶせをさせれば、赤ちゃんの運動機能の発達を促すというプラスの側面を活かすことができます。

関連記事

赤ちゃんのうつぶせ寝はいつから?うつ伏せの練習は?SIDSの危険は?

まとめ

首すわりは、赤ちゃんの身体発達の重要な指標であり、その後の発達の基礎となるものです。

首すわりが完成すると、頭を左右に動かせるようになって興味関心の向く範囲が広がり、寝返り、寝返り返り、お座り、ズリバイなど次々に新しい動きを覚えていきます。

首すわりが遅い場合は小児科を受診させ、異常があれば治療を受けさせてあげましょう。

うちの場合

うちの赤ちゃんの成長はゆっくりなので、首がすわったのも生後5ヶ月頃でした。

生後4ヶ月を過ぎても首がすわらず不安もありましたが、気がついたらしっかり首を持ち上げられるようになっていて、改めて赤ちゃんの成長ってすごいなと思いました。

なお、生後4ヶ月後半に、そろそろ首がすわったかなと思って縦抱っこを試してみたり、うつぶせに寝かせて頭を持ち上げさせようとしてみたことがあります。

赤ちゃんは元気にしており、外見上は問題なさそうでしたが、私の祖父母に「首すわりが完成したように見えても、まだまだ弱いのだから無理をするな。」とこっぴどく怒られました。

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 赤ちゃん 風邪 発熱 下痢 咳 鼻水 鼻づまり
  4. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  5. 赤ちゃん 医療費控除 申請 計算 対象
  6. 赤ちゃん 自閉症 症状 兆候
  7. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  8. カンガルーケア 赤ちゃん
  9. 発達障害 図 自閉症
  10. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害

facebookページ

ページ上部へ戻る