閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  2. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  3. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  4. 赤ちゃんが首や頭を振る原因は病気?首振りが激しい、上下左右に振ると危険…
  5. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  6. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  7. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  8. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  9. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  10. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんのこぶししゃぶりはいつから?生後2ヶ月?口まわりのかぶれ対策は?

赤ちゃん こぶししゃぶり 原因 いつから

赤ちゃんは、ある時期から指しゃぶりを始めます。

手がベトベトになるまでしゃぶったり、何本もまとめて口に入れたりする他、手をグーにして拳のまま口に入れる「こぶししゃぶり」を始める赤ちゃんもいます。

こぶししゃぶりは指しゃぶりの一種で、ほとんどの赤ちゃんが経験する行動の一つですが、口の中を殴るように激しく出し入れすることもあれば、口の奥まで拳を入れようとすることもあり、見ている親としては心配になってしまうこともあるでしょう。

どうして楽に入る指ではなく、こぶしを口に入れたり舐めたりすることがあるのでしょうか?

この記事では、赤ちゃんがこぶししゃぶりする時期と原因、こぶししゃぶりによる口まわりのかぶれ対策について紹介します。

赤ちゃんのこぶししゃぶりとは

こぶししゃぶりとは、乳児期の赤ちゃんに見られる行動の一つで、グーにした手を口の中に入れたり、舌で舐めたりすることです。

「拳(こぶし)しゃぶり」と表記されることもありますが、「拳」という漢字が暴力的なイメージを与えることもあり、「こぶししゃぶり」と表記されることが多いものです。

こぶししゃぶりは指しゃぶりの一種で、握りこぶしを丸ごとしゃぶることもあれば、パーの状態で口の中に入れることもあり、手の形状はまちまちです。

関連記事

赤ちゃんの指しゃぶりの理由・原因は?時期はいつからいつまで?やめさせる?

赤ちゃんのこぶししゃぶりはいつから、いつまで

赤ちゃんがこぶししゃぶりをするのは、いつから、いつまででしょうか。

赤ちゃんがこぶししゃぶりを始める時期

赤ちゃんがこぶししゃぶりを始める標準的な時期は、生後1ヶ月~生後2ヶ月頃です。

ただし、赤ちゃんのその他の行動と同じく個人差が大きいため、月齢は目安程度に考えてください。

こぶししゃぶりをするには、こぶしを口の位置まで移動させたり、手をグーにしたりする必要があるため、腕や手の動かし方を覚えるスピードによって時期に差が出やすいものです。

腕の神経や筋肉に異常がある、こぶししゃぶりができない又は遅れることもあります。

赤ちゃんがこぶししゃぶりを終える時期

赤ちゃんがこぶししゃぶりを終える時期も個人差が大きいものですが、生後6ヶ月~生後1歳頃が一般的です。

生後6ヶ月頃というのは、寝返りでゴロゴロと移動したりお座りを覚えて視界が一気に開けたりし、自分自身よりも周囲に興味関心が向く時期で、自分以外の物を触ったり口に入れたりするうちにこぶししゃぶりが治まっていきます。

ただし、癖になっている場合は、生後1歳以降も続くことがあります。

スポンサーリンク

赤ちゃんがこぶししゃぶりする原因

赤ちゃんがこぶししゃぶりをする原因は、以下のとおりです。

  • 原始反射(哺乳反射)の影響
  • 自分の手だと認識している(味や形を確認している)
  • 遊んでいる
  • 気持ちを落ち着けている

それぞれの原因について、詳しく見ていきましょう。

原始反射(哺乳反射)の影響

赤ちゃんは、母乳やミルクを飲むための原始反射(哺乳反射)を持って生まれてきます。

哺乳反射とは、探索反射(唇に触れたものの方に顔を向ける)、捕捉反射(唇に触れたものを口に入れる)、吸啜反射(口に入れたものを吸う)、嚥下反射(口に入ったものを飲み込む)の4つで構成されており、母乳やミルクの飲み方を覚えていない赤ちゃんが授乳によって栄養を得るために不可欠なものです。

こぶししゃぶりに関係があるのは、哺乳反射のうちの吸啜反射です。

吸啜反射は、お母さんのおっぱいや哺乳瓶の乳首以外でも起こるため、偶然、拳が唇に触れると反射的に吸い付こうとして、こぶししゃぶりが始まるのです。

関連記事

赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?

自分の手だと認識している(味や形を学習している)

赤ちゃんは、視力が向上し、自分の意思で手足を動かせるようになると、自分の身体が自分の一部であることを確認するようになります。

赤ちゃんが自分の手をじっと見つめるハンドリガード(hand regard)や、身体のあちこちを手で触ったり引っ張ったりする行動が代表的ですが、こぶししゃぶり(指しゃぶり)も「自分の身体が自分の一部であることを確認する」行動の一環として起こります。

首がすわる生後4ヶ月前後からのこぶししゃぶりは、吸啜反射による本能的なものだけでなく、手の形や味を確認して自分の一部だと認識するという、赤ちゃん自身の意思による行動も含まれていきます。

遊んでいる

赤ちゃんは、何にでも興味を示して遊びの道具にするもので、自分の身体もおもちゃにして遊びます。

生まれたての頃は自力で身体を動かすこともままなりませんが、少しずつ手足を動かせるようになると、グーパーしたり、自分の身体に触れたり、手をヒラヒラさせたりして遊びながら、次々に新しい遊び(動き)を学習していきます。

こうした遊びの一環で、こぶししゃぶりを始める赤ちゃんがいます。

遊びとしてのこぶししゃぶりは一過性のもので、新しい動きを覚えて興味が移ると、気づかないうちにしゃぶらなくなっていきます。

ただし、赤ちゃんにとって指、手、こぶしをしゃぶる行動は心地良い刺激が得られることが分かっており、繰り返すうちにクセになることがあります。

気持ちを落ち着けている

指しゃぶりやこぶししゃぶりは、授乳中に似た感覚が得られ、赤ちゃんの気持ちを落ち着ける効果があります。

「精神的に不安定な赤ちゃんは指しゃぶりをすることが多い。」という噂がまことしやかにささやかれていますが、それは指しゃぶりの気持ちを落ち着ける効果を誤解した結果だと思われます。

赤ちゃんは、自分とお母さんが別々な存在であることをはっきり認識できていませんし、所用で少しそばを離れたお母さんがすぐ戻ってきてくれることも理解できません。

そのため、お母さんと少し離れただけでも強い不安を感じ、指やこぶしをしゃぶって気持ちを落ち着けようとすることがあります。

しかし、こうした不安は一過性のものであり、指やこぶしをしゃぶるから精神的に不安定とは言えません。

スポンサーリンク

こぶししゃぶりによる口まわりのかぶれ対策

こぶししゃぶりをすると、口まわりがよだれでベタベタになりますし、また、赤ちゃんが、口に入れてよだれだらけになった手で顔をペタペタと触ることもあり、結果、口まわりや頬などがかぶれてしまうことがあります。

赤ちゃんは、言葉がまだ理解できませんし、こぶししゃぶりを楽しんでいるので、口で注意しても止めてくれません。

そのため、親がこぶししゃぶりによる口まわりのかぶれ(よだれかぶれ)対策を講じる必要があります。

口まわりのかぶれ対策は、以下の3つです。

  • よだれを拭き取る
  • 顔を保湿する
  • 手を清潔に保つ

口まわりのかぶれ対策1:よだれを拭き取る

赤ちゃんのよだれ対策の基本は、よだれを拭き取ることです。

ぬるま湯で濡らしたガーゼで優しくなでるように拭き取ります。

ゴワゴワしたタオルを使ったり、強くこすったりすると、デリケートな赤ちゃんの肌が傷ついてしまうので注意してください。

よだれかぶれが目立つのは口まわりや頬ですが、赤ちゃんはよだれのついた手でも構わず顔をベタベタ触るので、顔全体がかぶれてしまうこともあります。

そのため、口マわりや頬、あごの下、おでこ、目や鼻の近くなど顔全体をまんべんなく拭き取ってあげましょう。

濡らしたガーゼで拭き終えたら、乾いたガーゼや柔らかいタオルで顔の水分を優しくふき取ります。

水分が残ったままだと肌が乾燥してしまい、かぶれ以上に肌がダメージを受けてしまうリスクがあるからです。

口まわりのかぶれ対策2:顔を保湿する

よだれを拭き取り、顔の水分を取ったら、ワセリンやベビーオイルで顔を保湿します。

ワセリンやベビーオイルはよだれで簡単に流れてしまうので、よだれを拭き取るたびに塗ってあげる必要があります。

口まわりのかぶれ対策3:手を清潔に保つ

いくら顔のよだれを拭き取っても、よだれだらけの手を放っておくと意味がありません。

口まわりと同じように、ぬるま湯につけたガーゼで優しくよだれを拭き取り、水分を取って、保湿してあげましょう。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんのこぶししゃぶりは指しゃぶりの一種で、程度の差はあるものの、ほとんどの赤ちゃんが成長の過程で行う動作です。

「精神不安定な赤ちゃん特有の現象」という誤解が根強く残っていますし、指しゃぶりを止めさせるためのグッズまで販売されていますが、温かく見守ってあげてください。

Facebookページ

ページ上部へ戻る