閉じる
  1. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  2. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  3. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  4. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  5. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  6. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  7. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  8. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  9. 赤ちゃんが首や頭を振る原因は病気?首振りが激しい、上下左右に振ると危険…
  10. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
閉じる

乳児期の子育て

歯ぐずりとは?期間はいつから?寝ない、夜泣きの対策は歯がためと歯ブラシ?

赤ちゃん 歯ぐずり いつから

赤ちゃんは、乳歯が生え始める頃になると、頻繁に泣いたりぐずったりするようになります。

いわゆる「歯ぐずり」と呼ばれるものです。

歯ぐずりは、多くの赤ちゃんに見られる現象ですが、「最近、ずっとぐずりっぱなしだけれど、どこか悪いのだろうか。」、「ぐずりながら口に手を突っ込んでいるけれど、口の中が痛いのだろうか。」と心配する親は少なくありません。

この記事では、歯ぐずりの概要、赤ちゃんが歯ぐずりする原因、症状、対応について紹介します。

歯ぐずりとは

歯ぐずりとは、乳歯が生え始める時期に、赤ちゃんが痛みやむず痒さを感じて泣いたりぐずったりすることです。

赤ちゃんは、「歯が生える」という初めての経験に伴う歯ぐきの慣れない感覚に戸惑い、不快さを感じて歯ぐずりを始めるのです。

歯ぐずりと同時期に、赤ちゃんが口の中に手を入れて歯ぐきを触ったり、口の周りをこすったりすることもありますが、理由は歯ぐずりと同じです。

歯ぐずりはいつから、いつまで

赤ちゃんの歯ぐずりはいつから始まり、いつまで続くのでしょうか。

歯ぐずりはいつから

赤ちゃんが歯ぐずりを始める標準的な時期は、生後6ヶ月頃です。

歯が生え始める時期・順番・場所には個人差がありますが、生後6ヶ月頃になると下の真ん中の歯の頭が見え始め、赤ちゃんの歯ぐずりが始まることが多くなっています。

歯ぐずりが始まると、以下の行動が見られるようになります。

  • 不機嫌な様子でずっとぐずっている(抱っこしたりあやしたりしても不機嫌なまま)
  • 唾液(よだれ)の量が増え、口から溢れ出てくる
  • ブーブー唇を震わせて唾を飛ばす
  • 口をもぐもぐ、もごもごさせる
  • 近くのおもちゃやタオルをとにかく噛むようになる
  • 手を口に入れて歯ぐきを触る
  • 寝付きが悪くなる
  • 夜泣きをする
  • 食欲がなくなる
  • 発熱や発疹がでる

歯ぐずりが始まる生後6ヶ月頃は、夜泣きが始まる時期と重なっており、歯ぐずりの影響で夜泣きがひどくなることがあります。

ただし、歯ぐずりの程度や行動は個人差が大きく、四六時中ご機嫌斜めな赤ちゃんもいれば、乳歯が生え始めてもケロッとしている赤ちゃんもいます。

関連記事

赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?

スポンサーリンク

歯ぐずりはいつまで

歯ぐずりのピークは、最初の乳歯(舌の真ん中の歯)が生え始めてから、2本目の乳歯が生える頃までで、その後は少しずつ治まっていく傾向があります。

歯ぐずりの開始時期と同じで赤ちゃんによって差がありますが、生後6ヶ月頃に初めての乳歯が生え始めた場合、生後9ヶ月頃には2本目の歯が生え、歯ぐずりが落ち着くことが多くなっています。

ただし、上の歯が生え始めても歯ぐずりが治まらず、乳歯が生え揃うまでぐずり続ける赤ちゃんもいます。

歯ぐずり対策

赤ちゃんが歯ぐずりを始めると、離乳食、授乳、寝かしつけなど日々のお世話のハードルが上がり、ぐずり続ける赤ちゃんにイライラしてしまう機会も増えます。

歯ぐずりの対策を覚えておき、赤ちゃんの様子を見ながら実践しましょう。

歯ぐずりの主な対策は、以下のとおりです。

  • 歯固めを噛ませる
  • 冷たいガーゼで歯ぐきを拭く
  • 赤ちゃん用のゴム歯ブラシを使う
  • 歯ぐきの腫れ、痛みは冷やす

いずれの対策も家庭で簡単に実践できるものです。

歯ぐずり対策:歯がためを噛ませる

歯固めとは、歯ぐきを丈夫にするために、乳歯が生え始める前の赤ちゃんにしゃぶらせる赤ちゃん用品です。

赤ちゃんは、生後5~生後6ヶ月頃になると離乳食を開始し、食事の方法が「母乳やミルクを吸って飲む」から「食べ物を噛んで食べる」へシフトしていきます。

歯固めは、食事の方法の変化に対応できるよう、赤ちゃんに「噛む」動きを覚えさせ、歯ぐきを鍛えさせる効果が有名ですが、実は、赤ちゃんの気持ちを安定させる効果もあります。

歯ぐずりが始まった赤ちゃんに歯固めを与えると、歯固めを噛んだりしゃぶったりするのに夢中になり、歯ぐずりが落ち着きます。

赤ちゃん用のゴム歯ブラシを使う

赤ちゃん用のゴム歯ブラシで優しくブラッシングしてあげると、歯ぐきの痛みや痒みを和らぎ、歯ぐずりが治まることがあります。

ゴム歯ブラシが歯ぐきに当たる感覚が心地よくて、歯ブラシを握って噛み続ける赤ちゃんもいますが、噛む動作を覚えたり歯ぐきを鍛えたりする効果があるので好きにさせてあげましょう。

また、乳歯が生える前から歯ブラシでブラッシングする習慣をつけておくことは、乳歯が生えた後にブラッシングがスムースに行えるようになるという効果もあります。

なお、大人の歯ブラシを使ったり、力任せにこすったりすると、赤ちゃんの歯ぐきを傷つける可能性があるので控えてください。

歯ぐきの腫れ、痛みは冷やす

乳歯が生える時期は、歯ぐきが赤く腫れたり歯ぐきが破れて出血したりして強い痛みを感じることがあります。

歯ぐきが腫れた場合は、冷やしたガーゼで歯ぐきを優しく拭いてあげると、痛みが和らいで腫れも治まります。

冷やした歯固めを噛ませる方法もありますが、冷たすぎると赤ちゃんが不快さを感じますし、長い間噛ませすぎるとかえって歯ぐきを痛めることもあるので、赤ちゃんの様子を見ながら試してください。

歯ぐきから出血した場合は、血が止まるまで、冷やしたガーゼで傷口をしっかり押さえてあげます。

なお、歯ぐずりに対して乳児用の痛み止めを使う場合は、事前に小児科の医師に相談してください。

親の独断で市販の薬を赤ちゃんに与えると、思わぬ副作用などで赤ちゃんを危険にさらすリスクがあるので、控えてください。

関連記事

赤ちゃんが噛む原因は?対象は乳首とおもちゃ?噛み癖をやめさせる方法は?

スポンサーリンク

歯ぐずりで夜泣きがひどくなった時の対策

歯ぐずりと夜泣きが重なり、夜泣きがひどくなった時の対策は、以下のとおりです。

  • 無理に寝かしつけようとせず、気分転換させる
  • 疲れるまで泣かせる
  • 起きている間にたくさん遊ばせる(予防)

無理に寝かしつけようとせず、気分転換させる

親にとって赤ちゃんの夜泣きは負担が大きく、ストレスを感じやすいものです。

夜泣きが始まると「赤ちゃんを寝かしつけること」に全力を注ぎ、いつまでも夜泣きを続ける赤ちゃんにイライラしてしまいます。

まずは、抱っこしてあやす、子守唄をうたう、好きな音楽を聴かせるなどして寝かしつけてみるのは基本ですが、それでも赤ちゃんが寝ないようなら、無理に寝かしつけようと躍起にならず、赤ちゃんの気持ちを落ち着かせることを意識してみましょう。

ベランダに出て外気に触れさせる、抱っこして家の近くを散歩する、電気をつけるなど、夜泣きを始めた状況を変えることで赤ちゃんの気持ちが落ち着き、気がつくと寝ていることがあるものです。

疲れるまで寝かせる

泣くことは体力を消耗します。

気分転換をさせても夜泣きが治まらない場合は、赤ちゃんが疲れて寝るまで泣かせてみるのも一つの方法です。

親の負担が大きく、ご近所迷惑になることもあるので、翌日の予定や子育て環境に留意しながらではありますが、いつまでもぐずぐず泣き続けるよりも、大泣きした方が早く寝てくれることが多いものです。

なお、「疲れるまで泣かせる」ために赤ちゃんを個室で放置する親がいますが、これは危険です。

赤ちゃんが喉に何かを詰まらせる、ベッドから落ちる、泣いて暴れた拍子にうつ伏せになって窒息するなどのリスクがあるので、泣かせる時は必ず傍に寄り添っていてあげましょう。

起きている間にたくさん遊ばせる

日中に体力を温存した状態で寝ると、夜中に目が覚めて夜泣きを始めることが多いものです。

そのため、日中に身体を使った遊びをたくさんさせて体力を消耗させることが、夜泣きの予防になります。

手足を伸ばしたり縮めたりする、寝返りや寝返り返りでゴロゴロ移動する、ズリバイやハイハイで部屋中を這って動くなど、身体の発達状況によって遊び方は様々ですが、安全面に配慮した上で思う存分遊ばせてあげましょう。

歯がためや歯ブラシの選び方

歯固めは赤ちゃんが口に入れる物なので、素材、安全性、衛生面を考えて選ぶ必要があります。

素材に注意する

市販の歯がためは、塩化ビニール製のものが多いのですが、弾力や柔らかさを出すために「フタル酸エステル類」という環境ホルモンが使われていることがあります。

フタル酸エステル酸は、長い期間摂取すると肝臓や腎臓、生殖系に悪影響を及ぼすことが分かっているので、歯固めを選ぶ際には成分に注意してください。

安全面と衛生面を重視する

いろいろな種類の歯がためが市販されていますが、赤ちゃんが噛んでも口の中を傷めにくく、洗いやすいものを選びます。

突起、溝、飾りが多いもの、色落ちしやすいものは安全面でも衛生面でもお勧めできません。

まとめ

歯ぐずりは、乳歯が生える時期に多くの赤ちゃんに見られる行動です。

ある日突然始まることもあり、親としては「何事か」と思うかもしれませんが、病気や障害ではないので、赤ちゃんの様子を見ながら対応してあげましょう。

歯ぐずり対策の基本は歯固めを与えることですが、歯ぐきの腫れや痛み、出血などが見られる場合は、歯ぐきを冷やすなどの対策をとり、赤ちゃんの不快感を和らげてあげてください。

Facebookページ

ページ上部へ戻る