閉じる
  1. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  2. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  3. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  4. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  5. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  6. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  7. 赤ちゃんが首や頭を振る原因は病気?首振りが激しい、上下左右に振ると危険…
  8. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  9. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  10. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんが手を握り返す、手をグーにする理由は?把握反射が関係?

赤ちゃん 手を握り返す グー

生まれてまもない赤ちゃんは、いつも手をグーの状態で握っています。

また、赤ちゃんの手の平に指で触れると、ギュッと握り返してくれます。

いずれもとても可愛いものですが、どうしていつもグーをしていたり、手を握り返してくれたりするのかについては、知らない人が多いものです。

この記事では、赤ちゃんが手をグーにしている理由、手を握り返す理由、原始反射について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんはいつも手をグーにしている

生まれてまもない赤ちゃんの手は、いつもグーの状態になっています。

親が赤ちゃんの手を開いてパーにしてみても、手を放すとすぐグーに戻ります。

ずっと握りしめているので、手の中に汗をかいて臭ったり、ゴミが溜まったりして心配になってしまうお父さんお母さんもいますが、赤ちゃんにとっては正常な状態です。

赤ちゃんがいつも手をグーにしている理由

赤ちゃんがいつも手をグーにしているのは、指を伸ばしたり広げたりする筋肉が十分に発達していないためです。

手の指を動かすには、指を伸ばすための筋肉(指伸筋)や指を拡げるための筋肉(背側骨間筋)などを使いますが、低月齢のうちはこうした筋肉が未熟です。

そのため、いつも指を曲げてグーの状態にしており、大人が指を開かせてみても、手を放すとパーの状態を維持できずグーに戻ってしまうのです。

なお、ネット上には、赤ちゃんが手をグーにしている理由を把握反射(原始反射の一つ)と関連付けている記事を見かけますが、根拠となるような研究結果は見当たりません。

物を握らせても持てない

生まれてまもない赤ちゃんは、いつも手をグーにしていますが、筋肉がないので物を握らせてもすぐ落としてしまいます。

生後1ヶ月頃には、自分の意思で手を開くことができるようになり、軽いおもちゃなら短時間ではあるものの握っていられるようになります。

生後2ヶ月頃になると、自分の意思でグーパーができるようになり、また、ガラガラなどを握っていられるようにもなります。

手をグーにできないと病気や障害?

赤ちゃんが手をグーにしない場合、病気や障害の可能性があります。

例えば、指先の神経が麻痺していると、麻痺のある指だけ曲げることができず伸びたままになっています。

また、脳や筋肉に異常がある場合も、手をグーにできないことがあります。

生まれてまもない赤ちゃんの手は、グーの状態が正常なので、グーができていない場合は小児科を受診させて病気や障害の有無を確認してもらいましょう。

関連記事

赤ちゃんの手指の発達!握る、掴む、指しゃぶり、つまむ、指差しは何ヶ月から?

スポンサーリンク

赤ちゃんが手を握り返す理由

生まれてまもない赤ちゃんは、手の平を指などでこすると、ゆっくりギュッと握り返してくれます。

指以外でも、綿棒やペンなど細長い物で掌をゆっくりこすっても、同じ反応が見られます。

赤ちゃんが手を握り返す理由

生まれてまもない赤ちゃんが手を握り返す理由は、把握反射という原始反射によるものです。

把握反射とは、赤ちゃんが生まれつき持っている原始反射の一つで、赤ちゃんの手の平を指などで刺激すると、手をゆっくりギュッと握る反射のことです。

つまり、赤ちゃんが自分の意思で握り返しているわけではなく、手の平に与えられた刺激に対する反射として握り返しているのです。

赤ちゃんが手を握り返す理由は明らかになっていませんが、刺激から身を守るための防衛機能だという説があります。

把握反射は消失していく

通常、把握反射は、胎児期に備わり(在胎28週頃に出現して在胎32週頃に成熟)、生まれたての頃から確認することができます。

生まれた後は、徐々に自分の意思で手を動かせるようになり、手に触れた物を握ることができるようになって、生後4~6ヶ月頃には把握反射が自然消失します。

つまり、反射的に物を握っていたのが、自分の意思で握ることができるようになるのです。

なお、生後6ヶ月以降も把握反射が消失しない場合は、中枢神経系に異常があります。

手を握り返さない、握る力が弱い

一方で、生まれてまもない赤ちゃんが、手の平を刺激されても握り返さない(把握反射が出現しない)場合、脳や上部脊椎に障害を抱えている可能性があります。

「握り返しはあるけれど、弱い気がする。」、「把握反射がまったくない。」といった場合は、小児科を受診させてください。

原始反射とは

赤ちゃんが手を握り返すことをはじめ、低月齢の赤ちゃんの行動を知る上で重要なキーワードが「原始反射」です。

原始反射とは、生まれてまもない赤ちゃんが、お母さんのお腹の外で生活するために必要な能力です。

原始反射の大半は胎児のうちに備わり、生まれたての頃から機能して赤ちゃんの生活をサポートします。

例えば、生まれてまもない赤ちゃんは、母乳やミルクを飲む方法を学習していません。

しかし、哺乳反射という原始反射が備わっていることで、オートマティックに乳首を探して吸い付き、母乳やミルクを吸い、飲み込むことができます。

このように、原始反射には赤ちゃんの生命を維持する機能があります。

また、原始反射が繰り返し起こることで運動機能が上昇するとともに、反射によって起こる行動を学習し、少しずつ自分の意思で実行できるようになっていきます。

母乳やミルクを飲むことでいえば、生まれたての頃は哺乳反射に頼っていたものが、少しずつ飲み方を覚え、自分の意思で飲むことができるようになるのです。

関連記事

哺乳反射とは?赤ちゃんが母乳を飲まない原因は原始反射の異常?

主な原始反射

赤ちゃんが生まれ持っている主な原始反射は、以下のとおりです。

  • 交叉伸展反射:①あおむけの状態で、②赤ちゃんの片膝を押さえて足を伸ばし、③足の底を強めに押すと、④反対側の足が曲がった後、⑤足を伸ばして内側に回す
  • 屈筋逃避反射:①あおむけの状態で、②足先を針や爪で刺激すると、③刺激した足が曲がってひっこめる
  • 手掌把握反射:上で紹介した把握反射と同じ
  • 足底把握反射:①足の裏を指などで刺激すると、②5本の足指が曲がる
  • バビンスキー反射:①尖った物で、②赤ちゃんの足の裏を、かかとからつま先へこすると、③足の親指が足の甲側に曲がり、④親指以外の指が外側に開く
  • ギャラン反射:①膝の上にうつぶせにし、②指先で肩甲骨から背骨に沿って上から下にこすると、③こすった側へ身体を曲げる
  • 陽性支持反射:①両わきを支えて立たせ、②足の裏を床につけると、③つま先を突っ張って身体を支える
  • 台乗せ反射:①両わきを支えて立たせ、②足の甲を台に押し付けると、③足を曲げて台の上に足を乗せる
  • 自立歩行反射:①両わきを抱えて立たせ、②陽性支持反射を起こした上で、③身体をゆっくり前の方へ傾けると、④両足を交互に出す(歩いているように見える)
  • 哺乳反射:①乳首を探し、②見つけると口を開け、③乳首に吸い付き、④母乳やミルクを飲み下す
  • 押し出し反射:舌に触れた固形物を舌で押し出す(哺乳反射が優先される)
  • 引き起こし反射:①あおむけの状態で、②両手を持ってゆっくり引き起こすと、③頭が持ち上がり、両手両足や身体が曲がって、④起き上がろうとする
  • モロー反射:①あおむけの状態で、②頭を少し持ち上げてから下ろすと、③両腕が外側に向けて開き、④その後、両腕を自分の体に引き寄せる
  • 緊張性迷路反射:あおむけの状態では両手両足や身体を伸ばし、うつぶせの状態では両手両足を曲げて身体を丸める
  • 非対称性緊張性頸反射:①あおむけの状態で、②首を左右の一方に曲げると、同じ側の手足が伸び、③反対側の手足が曲がる
  • 対称性緊張性頸反射:①うつぶせの状態で、②頭を上げさせると、両腕が伸びて両足が曲がり、③頭を下げさせると、両腕が曲がって両足が伸びる

関連記事

赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?

スポンサーリンク

まとめ

生まれてまもない赤ちゃんが手をグーにしている理由と、手を握り返す理由について紹介しました。

いずれも低月齢の赤ちゃん特有の可愛い行動で、ただ見ているだけでも問題はありません。

しかし、赤ちゃんの行動の理由を知っておくことで、その後の成長をより楽しむことができるようになります。

原始反射については、乳児期の短い期間しか見ることができないので、赤ちゃんの体調を十分に考慮しながら、ぜひ色々試してみてください。

Facebookページ

ページ上部へ戻る