ワンオペ育児の意味とは?共働き、専業主婦、単身赴任のワンオペは当たり前?

ワンオペ育児 共働き 専業主婦 単身赴任

「子育て・育児は夫婦で協力して行うもの」という考え方が浸透し、男性の育児参加に関する制度が整備されつつある一方で、育児などの負担が夫婦の一方に集中する「ワンオペ育児」の増加が問題視されています。

社会全体としては男性の育児参加が求められているにも関わらず、どうしてワンオペ育児が増えているのでしょうか。

この記事では、ワンオペ育児の意味と原因、ワンオペ育児の解消法について紹介します。

ワンオペ育児とは

ワンオペ育児とは、家庭の諸事情により、夫婦の一方が育児の全てまたは大半を負担する状態のことです。

単に「ワンオペ」と呼ばれることもあります。

ワンオペ育児に陥る事情としては、夫婦の一方が育児に協力的でない、単身赴任や入院などで不在、子どもが夫婦の一方にしかなつかないなどが挙げられます。

また、育児に限らず、家事まで一人で負担しなければならない状態に陥っている場合や、夫婦共働きで育児、家事、仕事を一人でこなさなければならない場合もワンオペ育児に含まれます。

日本においては、多くの家庭でお母さんがワンオペ育児を行っており、ワンオペ育児を行うお母さんをワンオペ育児ママと呼ぶこともあります。

関連記事

ママ用語・今時育児用語一覧!ワンオペ、ハツマタ、ワーママ、姫・王子とは?

ワンオペの意味

ワンオペは、ワンオペレーション(one operation)の略語です。

元々は、コンビニや飲食チェーン店において、店員1人が店を切り盛りする状態を表す言葉です。

ワンオペを行う企業がニュースで大々的に取り上げられて社会問題となったことで、一躍有名になりました。

その後、「あらゆる業務を1人で行う」状況と、「家事育児などを1人で行う」状況が似ていることが注目され、ワンオペ育児という言葉が生まれました。

いわゆる「ママ用語」や「イマドキの育児用語」の一つで、語感が軽く内容の深刻さが伝わってこないという指摘があります。

スポンサーリンク

ワンオペ育児の原因

ワンオペ育児が起こる原因は、一つではありません。

ワンオペ育児の原因1:「男性が育児に協力する」という発想がない

前提として、日本では「男は仕事、女は家庭」という「すみわけ」が良しとされた時代がありました。

男女雇用機会均等法の制定などを経て女性の社会進出が徐々に進んではきましたが、未だに男女の役割について古い考え方を持っている地域や家庭は残っており、育児に協力するという発想のないお父さんが少なからずいます。

どちらかの実家で生活している場合、お父さんが育児に協力する意欲を持っていても、おじいちゃんおばあちゃんがそれを良しとしないこともあります。

ワンオペ育児の原因2:「仕事よりも家事育児の方が楽」という考え方

また、「仕事よりも家事育児の方が楽」という誤った考え方が根強く残っており、「自分はしんどい仕事を頑張っているのだから、家や子供のことくらいすべてやってほしい。」、「家や子供のことくらい頑張らないといけない。」と考えてしまうお父さんお母さんが多いこともワンオペ育児を生み出す原因と言えます。

特に、夫婦の一方が働き、夫婦の一方が専業主婦(専業主夫)もしくはパート・アルバイト勤務の場合に顕著です。

ワンオペ育児の原因3:社会の変化

さらに、核家族化や地域住民同士の横のつながりの希薄化といった社会の変化も、ワンオペ育児を増やす原因になっています。

家族や親せきは遠方におり、近隣住民とは挨拶程度の関わりしか持っていない状況では、ワンオペ育児が増加するのは必然と言えるでしょう。

こうした人との関わりの乏しさは、育児を一人で抱え込む傾向にもつながりやすく、保健センターや小児科にSOSを出すこともないままワンオペ育児に疲れ果て、児童虐待に至る親も少なくありません。

ワンオペ育児が子どもに与える影響

ワンオペ育児の家庭では、子どもが親の一方とばかり過ごすことになります。

そのため、母子関係または父子関係のいずれかが過剰に親密になり、もう一方は極端に薄くなり、親子関係のバランスが崩れます。

子どもの健全な成長には、両方の親から愛情を注がれるとともに、親の性別に応じた関わりをまんべんなく受けることが重要ですが、ワンオペ育児ではそれが困難になります。

また、ワンオペ育児によって夫婦の一方に育児負担が集中すると、ワンオペを担っている人の不満やストレスが蓄積し、夫婦関係が悪化します。

夫婦関係が悪化すると家庭の雰囲気が悪くなり、それを敏感にキャッチした子どもが不安や心配を抱え、精神的に落ち着きをなくします。

「自分のせいで家庭の雰囲気が悪くなった。」と思い込んで自責の念に駆られたり、何とか夫婦関係を改善しようと無理をしたりすることもあります。

赤ちゃんであっても、夫婦関係の悪さは肌で感じ取っており、不安やストレスを身体症状として表現します。

関連記事

産後クライシスとは?離婚原因になる?いつまで?乗り越え方は?

ワンオペ育児は当たり前?

「単身赴任中だから。」、「専業主婦なんだから。」、「女なんだから。」という理由でワンオペ育児を押し付けるお父さんは、まだまだ少なくありません。

一方で、ワンオペ育児に不満を抱きつつ、「自分しか育児できる人がいないのだから仕方ない。」、「働いてもらっているからせめて育児くらいはしよう。」、「子育ては女の役割だし。」などと諦めてしまうお母さんが少なからずいるのも現状です。

しかし、「子育て・育児は夫婦が協力して行うもの。」です。

ワンオペ育児は、決して当たり前のことではなく、不適切な育児の状態です。

まずは、ワンぺ育児が異常な状態であるという認識を夫婦のどちらもが持つことが大切です。

その上で、なるべく早くワンオペ育児状態を解消する方法を探していきましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

単身赴任が赤ちゃん(小さい子供)の子育てに与える影響と対策は?

ワンオペ育児をなくす方法

ワンオペ育児をなくすためのキーワードは、「夫婦で話し合う」と「夫婦以外の人に助けを求める」です。

ワンオペ育児をなくす方法:夫婦で話し合う

まずは、夫婦で育児について(家庭によっては家事や仕事なども含めて)よく話し合い、互いの負担感やストレスを話し合います。

その上で、育児、家事、仕事の分担を振り返り、できるだけ細かく役割分担を決めましょう。

ポイントは、ワンオペ育児をしている人が、具体的にどういうことをしているかを細かく洗い出し、どれだけの手間と時間がかかるかを相手に伝えることです。

こうすることで育児の大変さが事実として相手に伝わり、「育児は楽」という誤解を払しょくさせるきっかけになります。

ワンオペ育児をなくす方法:夫婦以外の人に助けを求める

おじいちゃんおばあちゃん、きょうだい、親戚などに育児の協力を求めましょう。

「一人で育児できないなんて情けない。」と思うかもしれませんが、本来、子育て・育児は大勢でやるものなので、遠慮せずに頼りましょう。

親族が近くに住んでいない場合は、保健センターや小児科に相談してみるのもおすすめです。

「家庭のことを他人に知られたくない。」といった抵抗がある人も少なくありませんが、ワンオペ育児のしんどさに押しつぶされてしまうよりは良いはずですし、親身に話を聞いてもらったり、必要なサポートを受けたりできます。

また、金銭的な負担はかかりますが、ベビーシッターや家事代行などを頼んでみるのも一つの方法です。

特に共働きの家庭では有効な方法と言えます。

スポンサーリンク

まとめ

ワンオペ育児は、家の中で起こる問題なので、なかなか外からは気づきにくいものです。

そのため、まずは、問題意識を持っているお母さんが声を上げ、お父さんと一緒にワンオペ育児を解消する方法を考えたり、家庭外に助けを求めたりすることが大切です。

くれぐれも一人で思い悩み、つぶれてしまわないようにしてください。