赤ちゃんのお菓子・おやつはいつから?1歳でせんべいはOK?アレルギーは?

赤ちゃん お菓子 いつから アレルギー

赤ちゃんは、離乳食が進んで色々な物を食べられるようになってくるにつれて、お父さんお母さんが食べているお菓子・おやつにも興味を示すようになります。

お父さんお母さんとしては、「離乳食も慣れてきたし、そろそろ赤ちゃん用のお菓子を買ってみようかな。」と思う一方で、「一度おやつを食べさせると、おやつばかり欲しがるのではないか。」、「いくら赤ちゃん用のお菓子とはいえ、ご飯に比べると健康に良くないのではないか。」といった不安や心配を抱えることもあるでしょう。

また、どのくらいの月齢でどんなお菓子を食べさせて良いのか分からず困っているお父さんお母さんも少なくありません。

このページでは、赤ちゃんにお菓子・おやつをいつから食べさせるか、生後何ヶ月でどんなお菓子を食べさせるか、お菓子を食べさせる時の注意点について紹介します。

赤ちゃんのお菓子・おやつはいつから

赤ちゃんにお菓子を食べさせる目安は、離乳食後期(カミカミ期)に入る生後9ヶ月~生後11ヶ月頃です。

この時期には、赤ちゃんの多くが3回食になり、ゴックン、モグモグ、カミカミという食事の基本動作を一応身につけていますし、お菓子に興味を持って食べたがるようにもなります。

ただし、離乳食の進み方は個人差が大きいので、お菓子を与えるかどうかは月齢だけでは判断せず、赤ちゃんが3回食になっているかどうか、離乳食をしっかり噛んで飲み込めているかどうかを基準にしてください。

また、最初は1本、1かけらから始め、赤ちゃんに負担がかからない量を考えて与えましょう。

お菓子のパッケージには、「生後6ヶ月~」と書かれている

赤ちゃんのお菓子のパッケージには「生後6ヶ月~」とプリントされたものがあり、「生後6ヶ月から食べさせられる。」と思うかもしれません。

確かに、生後6ヶ月以降であれば、首がすわり、親の支えがあればお座りできるようになりますし、押し出し反射(口の中に入った物を舌で押し出す原始反射)も消失しているので、お菓子を口に入れることはできます。

また、お菓子メーカーも赤ちゃんの身体の成長発達を考慮してお菓子を製造販売しているので、お菓子を食べさせると100%問題が起こるわけではありません。

しかし、通常、生後6ヶ月頃は、離乳食初期(ゴックン期、生後5ヶ月~生後6ヶ月頃)に当たり、母乳やミルク以外の物を食べることに慣れさせる時期です。

具体的には、10倍がゆなどヨーグルト様の離乳食を一さじ一さじ慎重に食べさせるところから、豆腐や、茹でてすりつぶした白身魚などを食べさせていきます。

赤ちゃんの胃腸の負担や体調を考えて、1日1回で様子を見ながら徐々に2回に増やし、赤ちゃんが口に入った物を吐き出さずにゴックンする(飲み込む)ことを目指します。

このような時期に赤ちゃん用のお菓子を与えると、誤飲のリスクが高くなりますし、胃腸への負担も大きくなってしまいます。

そもそも、赤ちゃんは、母乳やミルク以外の物に慣れるのに必死なので、お菓子を食べても喜ばないことが多く、むしろ拒否反応を示すこともあります。

生後6ヶ月頃の赤ちゃんにお菓子を食べさせるのはリスクが高い上に、誰にもメリットがないことと言えます。

関連ページ

離乳食初期(5~6ヶ月・ゴックン期)の進め方!おすすめ食材や簡単レシピ

生後7ヶ月~生後8ヶ月ならどうか

一般的には、生後7ヶ月~生後8ヶ月は離乳食中期(モグモグ期)にあたります。

離乳食初期(ゴックン期)のメニューに比べて水分量を減らし、赤ちゃんが歯ぐきでつぶせるくらいの固めに調理して、赤ちゃんにモグモグと食材をつぶすことを覚えさせます。

食パン、麺類(そば、中華麺を除く)、鶏肉(ささみ、ひき肉)や白身魚、一部の野菜など食べられる食材もどんどん増えていきます。

そのため、お父さんお母さんとしては、「色々な種類の食材を食べられるから、お菓子も少しなら大丈夫だろう。」と思いやすい時期です。

しかし、離乳食がうまく消化されないまま排泄されたり、下痢になったりしやすく、離乳食初期に戻すことも少なくない時期なので、お菓子を食べさせることはおすすめできません。

関連ページ

離乳食中期(7~8ヶ月、モグモグ期)の進め方!おすすめレシピ、量や硬さ


スポンサーリンク

赤ちゃんにお菓子を食べさせるメリット

赤ちゃんにお菓子を食べさせていると聞くと、あまり良い印象を持たない人が多いのではないでしょうか。

しかし、赤ちゃんは、お菓子を食べることで、離乳食では味わいにくい新鮮な食感を楽しむことができます。

また、自分の手でお菓子を掴んで口に入れるという動作も新鮮で、食べることに対する興味関心を強めていきます。

なお、お菓子のメリットとして「栄養補給」を挙げているサイトがありますが、これは幼児期に入って一人歩きなどを覚え、エネルギー消費量が跳ね上がった後の話です。

乳児期の赤ちゃんのうちは、1日3回、離乳食をしっかり食べさせることで栄養補給させてあげましょう。

乳児期の赤ちゃんが食べられるお菓子

乳児期の赤ちゃんに食べさせるおやつは、次の3つを満たすものにしてください。

  • 唾液で溶けやすく、誤飲するリスクが少ないお菓子
  • 消化が良いお菓子
  • アレルギーの心配がないお菓子

具体的には、パッケージに「生後6ヶ月~」と記載されている赤ちゃん用クッキー、ボーロ、せんべいなどです。

ただし、アレルギー反応を起こすリスクのある食材が含まれているお菓子もあるので、パッケージの表記を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんにお菓子を食べさせる時の注意点

赤ちゃんにおやつをあげるときは、次の点に注意しましょう。

大人のお菓子は食べさせない

中には、「柔らかかったり、小さくしたりすれば、大人のお菓子でも大丈夫だろう。」と考えて、グミや綿あめ、スナック菓子のかけらなどを赤ちゃんに食べさせてしまう親がいます。

しかし、大人のお菓子は、赤ちゃんにとっては多すぎる量の糖分、カロリー、塩分や、保存料や添加物が含まれており、肥満や虫歯、体調不良の原因になることがあります。

また、誤飲やアレルギー、胃腸の異常といった事故や症状を引き起こすリスクも高いため、絶対に食べさせないでください。

また、赤ちゃんにお菓子を食べさせた親が児童相談所に虐待通告された例もあり、軽い気持ちで実行したことが思わぬ状況を生むことにもなりかねません。

アレルギーに注意する

  • 卵(特に白身)
  • 牛乳(乳製品)
  • 小麦
  • はちみつ

卵、牛乳、小麦は、乳児期の赤ちゃんの3大アレルゲンです。

特に、卵は多くのおやつや食材に含まれるので、注意が必要です。

はちみつは、乳児ボツリヌス症を引き起こすボツリヌス菌が混入しているリスクがあるため、乳児期の赤ちゃんには食べさせないようにしましょう。

関連ページ

乳児ボツリヌス症とは?後遺症と死亡例は?原因食品と症状、治療、予防は?

お菓子はお昼寝後の午後3時と決めておく

赤ちゃんは、お菓子が食べられるようになる生後9ヶ月~11ヶ月頃には、朝起きて昼寝をして夜寝るという生活リズムや、1日3食を食べる習慣がおおむね身についているはずです。

こうした生活や食事のリズムを崩さないために、お菓子を食べさせるのは、お昼寝を終えた後の午後3時と決めておくと良いでしょう。

午前10時をお菓子の時間にする場合もありますが、昼食をあまり食べなくなることがあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんとお菓子について紹介しました。

赤ちゃんはお菓子が大好きで、一度食べさせるといつも欲しがるようになりますし、親が決めた量では満足せずお腹が膨れるまで食べたがります。

赤ちゃんの食べる姿がかわいくて、ついついたくさんあげてしまうこともあるかもしれませんが、お菓子を食べたせいでご飯が食べられなくなることがないよう、適度に親がコントロールしてあげましょう。

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  4. 赤ちゃん 自閉症 症状 兆候
  5. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  6. 発達障害 図 自閉症
  7. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害
  8. 赤ちゃん 首 頭 振る 筋性斜頸
  9. 赤ちゃん 頭 ぶつけた ぶつける 打った 対応
  10. ロタウィルス

facebookページ

ページ上部へ戻る