閉じる
  1. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  2. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  3. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  4. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  5. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  6. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  7. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  8. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  9. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  10. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
閉じる

乳児期の子育て

子育てと育児の違いは?子育て本と育児本は同じ?子育て、育児に似た単語は?

子育て 育児 違い

「子育てと育児の違いは何?」と聞かれて、とっさに答えることができますか?

「子育て」も「育児」も「赤ちゃんや子供のお世話をすること。」だとは分かっても、日常生活の中で意味の違いを意識したり、使い分けたりすることはほとんどないでしょう。

一方で、子育て本と育児本があることや、赤ちゃんの主治医が子育てよりも育児をよく使うことに気づいた時など、ふとしたきっかけで「子育てと育児の違いって何だろう?」、「使い分けるものなんだろうか?」と思ったこともあるのではないでしょうか。

このページでは、子育てと育児の意味の違い、子育て本と育児本の違い、子育てや育児に似た単語について紹介します。

育児とは

育児とは、乳幼児(0歳~6歳)を育てることです。

大辞林第三版では、「育児=乳幼児を育てること。」と説明されています。

  • 乳幼児:乳児と幼児。小学校入学前の子供の総称。
  • 乳児:生後一年から一年半ぐらいまでの子供。児童福祉法では満一歳以下の子供をいう。ちのみご。
  • 幼児:おさない子供。児童福祉法上は満一歳から学齢までの子供。

(いずれも大辞林第三版から引用)

つまり、育児とは、乳幼児(0歳~学齢(6歳)までの子供)を育てることと言えます。

なお、大辞林第三版で「育てる」を調べると、以下のとおり説明されています。

  • 育てる:①生き物が成長するよう世話をする。②次第に大きくなるようにする、③能力・資質をのばすように教え導く。一人前になるようにしこむ。④おだててそそのかす

これを踏まえると、育児とは、「乳幼児(0歳~学齢(6歳)までの子供)が成長するように世話をすること」とまとめることができるでしょう。

子育てとは

子育てとは、乳幼児や子どもを育てることです。

大辞林第三版では、「子育て=子を育てること。育児」と説明されています。

育児は、すでに紹介したように「0歳~6歳の乳幼児を育てること」です。

一方で、「子どもを育てること」の意味は、「子(子供)」と「育てる」の意味を見ると分かります。

  • 子供:小児(こども)。児童(身体・精神ともにまだ十分に発達していない者。普通、小学校に在学する者をさすが、児童福祉法では一八歳未満の者をいう。 )
  • 育てる:①生き物が成長するよう世話をする。②次第に大きくなるようにする、③能力・資質をのばすように教え導く。一人前になるようにしこむ。④おだててそそのかす

(いずれも大辞林第三版から引用)

「子(子供)」と「育てる」の意味をまとめると、「子どもを育てること」とは、「心身ともに十分に発達していない者が成長するよう世話をするとともに、能力・資質を伸ばすように教え導くこと」になります。

つまり、子育てとは、育児(0歳~6歳の乳幼児を育てること)だけでなく、学童期の子どものお世話も含む言葉だと言えます。

子育て本と育児本の違い

子育てと育児の違いを踏まえると、子育て本と育児本は以下のような違いがあることになります。

  • 子育て本:0歳~学童期の子供が成長するよう世話をしたり、同時期の子供の能力・資質を伸ばすように教え導いたりするための知識やノウハウを記載した本
  • 育児本:乳幼児(0歳~学齢(6歳)の赤ちゃんや子ども)が成長するよう世話をするための知識やノウハウを記載した本

つまり、育児本は、主に乳幼児に関する内容を扱い、子育て本は、赤ちゃんから学童期の子供まで幅広い内容を扱っているものが多いということです。

ただし、実際に子育て本や育児本を見てみると、子育てと育児を必ずしも厳密に使い分けていないものも散見されます。

子育てや育児に似た単語

子供のお世話に関する単語は子育てや育児以外にもたくさんあります。

  • お世話
  • 養育(養う)
  • 育み(育む)
  • 保育
  • 養護
  • 愛育
  • 訓育
  • 知育

あまり聞き慣れない言葉もあるかもしれませんが、いずれもこそだてや育児に関する単語です。

それぞれについて詳しめに見ていきましょう。

お世話とは

お世話とは、生き物の面倒を見ることです。

赤ちゃんや子どもに限らず、動植物まで含めて面倒を見るという意味を持つ単語です。

「手をかけて援助をする」という意味合いが強いことから乳幼児に使われる機会が多く、年齢が上がって子供が自分のことを自分でできるようになるにつれ、使われる頻度が下がっていきます。

養育(養う)とは

養育とは、子どもを養って育てることです。

養子や養育費という単語があるように、「実子ではない子どもを引き取って衣食住の面倒を見る。」、「離婚して別居することになった子供を経済的に支える。」といった場合に使われることが多い単語です。

一方で、夫婦が揃った家庭における子育てで養育という単語を使うことはあまりありません。

育み(育む)とは

育みとは、守り育てることです。

親が我が子を献身的に守り育てるという意味で、乳幼児の子育てにおいて使われることが多い単語です。

子育て以外にも、「親鳥がひなを守り育てる」、「大自然が人の心と身体を育む」というように、大きな存在が小さな存在を育てる場合に使われます。

保育とは

保育とは、子どもの心身の健康な成長を目的として、保護しながら教育することです。

家庭における子育てに使われることもありますが、通常は、保育園、保育士という言葉があるように、主に幼児に対して家庭以外の場面で親以外から行われる保護や教育のことを指します。

養護とは

養護とは、子供が心身の健康を保ち、健やかに成長できるように、養い守ることです。

養護施設、養護学校という言葉があるように、親がいない子供、親と離れ離れに暮らす子供、障害がある子供など、特別な保護が必要な子供に関わる場合に使われることが多い単語です。

保育と同じく、家庭以外の場面で親以外が行う保護や教育を意味する単語ですが、教育よりも保護の要素が強いものです。

愛育とは

愛育とは、かわいがって育てることです。

日常生活の中ではあまり聞かない単語ですが、子供を特に大切に育てることを文章で表現する場合に使われることがあり、子育て本や育児本にはよく登場します。

訓育とは

訓育とは、教え育てることです。

情緒や感情、意思などを育み、社会に適応した人格を形成するための教育・指導を指す単語です。

しつけ、徳育の意味で使われることもあります。

知育とは

知育とは、知的能力を育み、知識を習得させる教育です。

最近は、成績・学力を向上させる意味で知育が使われることが増えていますが、本来は、推理力、記憶力、判断力などを育み、日常生活を豊かにする目的で行われるものです。

関連ページ

知育が赤ちゃんに与える影響は?方法と玩具の選び方は?いつから始める?

まとめ

子育てと育児の違いは、主に年齢や内容による違いです。

育児が、乳幼児に対するお世話に重きを置いた関わりであるのに対して、子育ては、乳幼児から学童期の子供に対するお世話や教育的関わりです。

子育てと育児は、日常生活においては厳密に区別して使われることはあまりなく、区別しなくても問題が生じることもありません。

しかし、意味の違いを把握しておくことで、子育てや育児に関する本を選んだり、ネットで子育て情報を収集したりする際に、より自分が求める情報を得やすくなるはずです。

また、子育てや育児だけでなく、子供のお世話に関する単語はたくさんあります。

全てを把握しておく必要はありませんが、大まかな意味を知っておくと、子供のお世話に関する情報に触れた時により深く内容を理解できるようになり、それがひいては子どもに対する適切な関わりにつながっていきます。

ページ上部へ戻る