閉じる
  1. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  2. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  3. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  4. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  5. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  6. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  7. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  8. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  9. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  10. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
閉じる

乳児期の子育て

新生児期の赤ちゃんが快適安全に過ごせる部屋作り

部屋作り

赤ちゃんにとっては、部屋が世界

通常、新生児期の赤ちゃんは、一日中家の中にいてベッドや布団の上で過ごします。

また、暑い、寒い、乾燥している、蒸し蒸ししているなど、部屋の環境に不快さを感じても、泣いて訴えることしかできません。

そのため、新生児期の赤ちゃんが快適安全に過ごせる部屋環境を整えることは、とても大切です。

赤ちゃんが快適に過ごせる部屋作り

温度と湿度を調節する

新生児期の赤ちゃんは、体温調節が上手にできず、周囲の気温に大きく影響されてしまいます。

また、暑さや寒さを感じても、泣いて訴えることしかできません。

そのため、温度計や湿度計を設置してこまめに確認し、赤ちゃんが過ごしやすい環境を整えてあげましょう。

新生児期の赤ちゃんが過ごしやすいのは、室温は、夏場なら25~27℃前後、冬場は22~25℃前後、湿度は50~60%くらいです。

なお、エアコンやヒーターは微調整が難しいため、扇風機、湯たんぽ、タオルケットなどでの調整が必要になります。

スポンサーリンク

朝と夜で照明を調節

新生児期の赤ちゃんは、まだ生活リズムが確立されておらず、日々の生活の中で少しずつ朝や夜を区別し、生活リズムを作っていくものです。

視力はまだ十分ではありませんが、明るいか暗いかの区別は十分つくので、日中は太陽の光を取り入れて部屋の中を明るく保ち、夜は早めに電気を消してよく寝られるようにしてあげましょう。

なお、新生児期の赤ちゃんは、肌の発達がまだまだ未熟なので、直射日光は避けてください。

関連ページ

音に注意

赤ちゃんは、新生児期でも耳はしっかり発達していますし、外の世界に出てきて間もないため、少しの物音でも敏感に察知し、気にしてしまいます。

うるさい部屋だと眠りが妨げられ、睡眠時間が不足してしまうので、可能であれば、台所や洗面所、廊下などから離れた部屋に寝かせてあげましょう。

一方で、赤ちゃんは、部屋の中が静か過ぎると、不安を感じたり、寂しくなったりしてしまいます。

クラシックやオルゴールメリーの音楽を流しておいてあげ、鳴き声が聞こえたらすぐに駆けつけてあげます。

風通しを良くする

風通しが良いと、赤ちゃんが汗をかきすぎなくて済むので、あせもや脱水を予防できます。

また、赤ちゃんは風に吹かれるのが大好きなので、風通しの良い部屋だとぐずりにくくなるというメリットもあります。

ただし、風が強すぎたり、夜風に当たったりすると風邪を引いてしまうので、毎日、風の入り具合を確認し、ブランケットをかけたり、窓を閉めたりと臨機応変に対応する必要があります。

清潔に保つ

赤ちゃんは、大人に比べると肌や内臓機能が未熟なので、細菌、ハウスダスト、ダニ、カビなどの影響を受けやすく、簡単に感染したり体調を崩したりしてしまいます。

そのため、部屋の中を清潔に保ち、赤ちゃんに悪影響を及ぼす物質をなるべく取り除くことが大切です。

特に、ベッドや布団のシーツ、マットレス、カーペット、ブランケット、タオルケットなど、赤ちゃんが直接触れる物は、こまめに掃除し、晴れた日には日干しするよう心がけましょう。

また、毎日一回は窓を開けて風を通し、室内の空気を入れ替えます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの周囲に物を置かない(安全対策)

赤ちゃんが寝ている周りには、なるべく物を置かないことが大原則です。

新生児期の赤ちゃんは、手に触れたものを反射的に握ります(手の把握反射)。

ガーゼハンカチ、タオル、服などを近くに置くと、赤ちゃんが掴んで顔に被せてしまい、窒息する危険性があります。

なお、柔らかいベッドや布団は、赤ちゃんの顔がうもれて窒息する危険性があるので、避けましょう。

家具や日用品などを赤ちゃんの近くに置く場合、背の高い家具は避け、物は固定した家具の中に収納するようにします。

盲点になりがちなのが照明器具です。

落下した時のことを考え、照明器具の真下には絶対に赤ちゃんを寝かせないでください。

関連ページ

うちの場合

最初は、レンタルしたベビーベッドに寝かせていましたが、寂しがって泣くので妻の隣に布団を敷いて一緒に寝るようになりました。

朝と昼は南向きの部屋の窓際近くに寝かせ、太陽の光と風を思う存分楽しめるようにしていましたが、直射日光が当たりそうになると、こまめに移動させました。

夏場は、室温を見ながらエアコンで温度を調節しましたが、微調整が難しかったので、少し高めの温度に設定して、うちわや扇風機で調整しました。

夜は、北側の寝室に移動させ、妻と私と一緒に寝ました。

エアコンのない部屋でしたが、風通しを良くしていたので寝付きが悪いということはありませんでした。

清潔面については、私が小さい頃にアトピーやあせもなどに悩まされてきたので特に気を使い、なるべく毎日布団を干し、シーツを洗濯し、部屋の中は掃除機をかけました。

安全面では、新生児期なのでまだ大丈夫だろうと思い、赤ちゃんの近くに物を置かないようにしただけでした。

ページ上部へ戻る