閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  2. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  3. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  4. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  5. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  6. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  7. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  8. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  9. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  10. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの歯磨きはいつから?回数や時間帯は?歯ブラシやガーゼを嫌がる時の対応は?

赤ちゃん 歯磨き 歯ブラシ いつから

「赤ちゃんの歯磨きはいつから始めるの?」という疑問を持っているお父さんお母さんは少なくありません。

赤ちゃんの乳歯が生え始める頃から虫歯や口内環境が気になるようになり、「歯磨きをさせないといけないのではないか。」と思い始めるお父さんお母さんが多いのではないでしょうか。

しかし、赤ちゃんの唾液には自浄作用がありますし、赤ちゃんは大人に比べて食べ物を口にする量が少ないため、口の中は清潔に保たれているものです。

そのため、赤ちゃんにとっての歯磨きは、「歯を磨いてキレイにすること」よりも、「歯ブラシに慣れさせること」を目的として始めるのが一般的です。

「毎日欠かさず歯磨きさせること」よりも、赤ちゃんが「歯磨き大好き」になるように促すことが大切なのです。

このページでは、赤ちゃんの歯磨きはいつから始めるか、歯磨きタイムを習慣化する方法、歯ブラシやガーゼを嫌がる赤ちゃんへの対応、赤ちゃん用歯ブラシの種類について紹介します。

赤ちゃんの歯磨きはいつから始めたらいいの?

乳歯が生え始める時期は個人差がありますが、生後6ヶ月頃からが多いとされています。

赤ちゃんの歯磨きデビューは、乳歯が生え始めてから始めるのが一般的です。

ガーゼや柔らかい歯ブラシ、指歯ブラシなどを使い、優しく汚れを落としてあげましょう。

実は、赤ちゃんの唾液には自浄作用があるため、本格的に食事を始めるまでは、食べカスが原因で虫歯になる恐れはほとんどありません。

そのため、食後に限らず、赤ちゃんの機嫌が良い時に、歯ブラシに慣れさせることを目的としてスタートさせましょう。

赤ちゃんが「歯磨きは楽しい」、「歯磨きが好き」と思えるよう、歯を磨きながら「ゴシゴシゴシ♬」と声を出したり、赤ちゃんの身体を優しく揺すったりすると効果的です。

赤ちゃんの機嫌が悪い時や眠い時に無理やり歯磨きをさせると、歯磨きが嫌いになってしまうリスクがあるので、控えてください。

関連ページ

赤ちゃんが歯磨きに慣れてきたら、「歯磨きタイム」を習慣づける

赤ちゃんの歯磨きは、1日1回からスタートし、嫌がらないようなら2回、3回と増やしていきます。

そして、赤ちゃんが歯磨きに慣れてきたら、食後に「歯磨きタイム」を設け、「食事が済んだら歯磨きをする」ということを習慣づけていくことになります。

赤ちゃんのうちに身につけた習慣は、大きくなってもなくなりにくい傾向があるので、歯磨きタイムも早い時期から習慣化しておくことが大切です。

また、赤ちゃんが眠っている間は唾液の量が少なくなり、起きている時よりも虫歯菌が活発になるので、寝かせる直前にも歯磨きタイムを設けてあげると良いでしょう。

ただし、歯磨きの無理強いは禁物です。

赤ちゃんの気分はコロコロ変わるもので、「昨日は歯磨きしてくれたのに、今日はしてくれない。」、「食事の後は歯磨きしてくれたのに、寝る前は嫌がる。」といったことはよくあることです。

「前進したり後退したりの繰り返しが子育ての大変さであり醍醐味である。」とよく言われますが、歯磨きについても、赤ちゃんのペースでじっくり取り組みましょう。

歯磨きを嫌がる赤ちゃんへの対応

実は、歯磨きを嫌がる赤ちゃんはとても多いものです。

歯ブラシが歯や歯茎に当たる感触を嫌がる、ゴシゴシという音を嫌がる、歯磨きという新しい動作を嫌がるなど、赤ちゃんによって嫌がり方は様々です。

「赤ちゃんのうちは虫歯のリスクが低いので、無理に歯磨きさせない。」というお父さんお母さんもいます。

しかし、歯磨きタイムを習慣づけることの重要性を考えると、少しずつでも歯磨きに慣れさせていきたいものです。

歯磨きを嫌がる赤ちゃんへの対応として有効なのが、お父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃんなどの家族が歯磨きする様子を赤ちゃんに見せてあげることです。

赤ちゃんは、家族が楽しそうに歯磨きしているのを見て興味を示し、歯ブラシに手を伸ばしたり、歯磨きするジェスチャーを始め、歯磨きをしても嫌がらなくなることがあります。

終わった後に「楽しかったね~ちゃんとゴシゴシできたね~」と笑顔で声をかけてあげることも、赤ちゃんの歯磨きへの意欲を高めます。

NHK番組「おかあさんといっしょ」の中の「はみがきじょうずかな」コーナーの動画など、歯磨きに関する動画や歌を視聴させたり、歯磨きに関する絵本を読み聞かせたりすることも、赤ちゃんに歯磨きへの興味を持たせることに繋がります。

幼児期以降

なお、幼児期に入って言葉が分かるようになってきたら、どうして歯磨きが必要なのかを説明してあげることも大切です。

例えば「歯磨きしないと、お口の中がバイ菌さんだらけになっちゃうよ。」というように、分かりやすい言葉で話して聞かせるようにしましょう。

そして、子供が歯磨きをした後は、たっぷり褒めてあげることも忘れないようにして下さい。

種類もいろいろ、赤ちゃん用の歯ブラシ

赤ちゃん用の歯ブラシは、メーカーや対象月齢によっていくつもの種類が販売されています。

例えば、指サック型で保護者が指に被せて赤ちゃんの口の中を磨く歯ブラシ(指歯ブラシ)や、赤ちゃんが喉を突かないように安全プレートが付いている歯ブラシ(慣らし歯ブラシ)などがあります。

また、段階別・月齢別にステップアップしていけるセットで販売されている商品もあります。

例えば、ピジョンの「乳歯ブラシセット」の場合は、3本の歯ブラシがセットになっています。

  • レッスン段階1(6~8ヶ月頃)「お口の中に入れる練習」:柔らかいゴムのような素材を使用し、のどを突かないように付属の安全プレートを付けることができる
  • レッスン段階2(8~12ヶ月頃)「みがく感覚と動作の練習」:素材はそのままだが、植毛ブラシに似た形へとステップアップしており、上手に動かせるようになったら、安全プレートを取り外して磨くことができる
  • レッスン段階3(12~18ヶ月頃)「奥歯まできちんとみがく練習」:柔らかくてコシのある短めの極細ブラシ毛を使用し、ゴシゴシ力任せにこすっても乳歯を傷つけずに磨くことができる

赤ちゃん用歯ブラシを選ぶ時は、赤ちゃんの月齢に合っていること、安全面の工夫が十分されていることと、赤ちゃんが不快感を抱きにくい素材を使用していることに注目しましょう。

まとめ

赤ちゃんにとっては歯磨きも遊びの延長です。

「楽しいこと」は何度でもやりたくなりますし、また習慣化しやすいと言われているので、赤ちゃんが楽しんで歯磨きできるような工夫をしてあげましょう。

「歌を歌いながら」、「リズムを取りながら」、「親子で一緒に」、「歯磨きの楽しい動画などを見せながら」などを試してみて、赤ちゃんが好むものを繰り返し試してみましょう。

赤ちゃんはその日その時の気分によって態度や行動がコロコロ変わるものなので、歯磨きもしたりしなかったりするのが普通です。

赤ちゃんの機嫌や様子をしっかり観察しながら、焦らず、根気強く、慣らしていくことが大切です。

ページ上部へ戻る