閉じる
  1. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  2. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  3. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  4. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  5. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  6. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  7. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  8. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  9. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  10. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
閉じる

乳児期の子育て

端午の節句・男子の初節句とは?食事はちまき?飾り兜でお祝い?

端午の節句 男の子 初節句 飾り兜

端午の節句は、昔から男の子の健やかな成長を祈って行われてきたお祝い行事です。

現在は、「子どもの日」が有名になって「端午の節句」という名前はあまり聞かなくなりましたが、赤ちゃんや子どものお祝い行事としてはなお大切に受け継がれています。

端午の節句は、いつ、どのようにお祝いをするのでしょうか?

このページでは、端午の節句の概要、食事、祝い方について紹介します。

初節句とは

初節句とは、赤ちゃんが初めて迎える節句(季節の節目となる日)のことです。

このうち、男の子の節句が5月5日の端午の節句、女の子の節句が3月3日の桃の節句です。

五節句とは

昔は、季節の変わり目には悪いことが起こりやすい(邪気が入りやすい)と考えられており、行事を行うことで邪気を払う習慣がありました。

例えば、豊作、無病息災、子孫繁栄などを祝い、様々なお祭りやお祝い行事が行われていました。

江戸時代に入り、全国各地で無数に行われていた節句の行事のうち5つが「五節句」として取りまとめられ、端午の節句もその一つとされました。

  1. 1月7日:七草の節句・人日の節句(じんじつのせっく)
  2. 3月3日:桃の節句・上巳の節句(じょうしのせっく)
  3. 5月5日:端午の節句
  4. 7月7日:七夕の節句(しちせきのせっく)
  5. 9月9日:菊の節句・重陽の節句(ちょうようのせっく)

いずれの節句も、地域差はありますが年中行事として現在まで受け継がれています。

スポンサーリンク

端午の節句(男の子の初節句)とは

端午の節句とは、男の子が元気かつ健康に成長できること(無病息災)を祈って行うお祝い行事です。

端午の節句という呼び方以外にも、単に「端午」と呼ばれたり、「菖蒲(しょうぶ)の節句」と呼ばれたりすることもあります。

現在は、5月5日の子どもの日(国民の祝日)として定着しています。

端午の節句の読み方

端午の節句と書いて、「たんごのせっく」と読みます。

端午とは

端午の節句の端午とは、月初めの午の日(うまのひ)のことです。

端午の「端」は、「はし」という読み方があるように物事の「はしっこ(始まり)」、端午の「午」は、日本の旧暦における午の日(うまのひ)のことです。

端午は、元々、5月の初めの午の日という意味でしたが、「午」が数字の「五」と同じく「ご」と読めることから、5月5日が端午の節句として定着したと考えられています。

関連ページ

干支・十干十二支とは何か?順番、漢字、読み方は?覚え方と早見表は?

端午の節句の由来

端午の節句は、奈良時代の書物に貴族の宮中行事(菖蒲の髪飾りをつけて一堂に会し、天皇から薬玉を賜る行事)として記載されており、同時期もしくはそれ以前から行われていたと考えられています。

ただし、奈良時代頃の端午の節句が現在と同じ意味合いを持った行事であったかどうかは明らかではありません。

端午の節句が男の子の健康な成長を願う行事となったのは、武家が台頭した鎌倉時代以降です。

「菖蒲(しょうぶ)」が「尚武(しょうぶ、武道を重んじること)」と同じ読み方であることや、菖蒲の葉が日本の刀に似ていることから、男の子の節句として定着したと考えられています。

当時の武家にとって、世継ぎである男の子の誕生とその健康な成長は、一家の存亡に関わる重要な関心ごとで、必然的に端午の節句も一族の重大行事として行われていました。

スポンサーリンク

端午の節句の祝い方

端午の節句の祝い方は、地域によって差はありますが、このページでは一般的な祝い方を紹介します。

  • 鎧兜を飾る
  • 五月人形を飾る
  • 鯉のぼりを上げる
  • 菖蒲を飾る
  • ちまきやかしわ餅を食べる
  • 家族や親戚と祝い膳を囲む

端午の節句の祝い方1:鎧兜を飾る

端午の節句には、家の中に鎧兜を飾る風習があります。

武家社会が続いた鎌倉時代から江戸時代には、武士が、端午の節句に男の子の健やかな成長を祈って鎧や兜を神社へ奉納することがあり、その風習が今も残っていると考えられています。

鎧兜は、私たちにとっては戦争や争い事などきな臭いことを連想させる物ですが、武士にとっては、自分の身を守ってくれる大切な道具であり、戦時に関わらず健康や安全のシンボルでした。

現在、端午の節句に鎧兜を飾るのは、健康や安全のシンボルとしてであり、病気、事故、事件などから子どもの身の安全を守ってくれることを祈って飾ります。

端午の節句の祝い方2:五月人形

五月人形も、端午の節句には定番です。

昔は、お母さんの実家が五月人形を贈る風習がありましたが、現在は、お父さんお母さんの実家が折半したり、お父さんお母さん自身が購入したりすることが多くなっています。

また、親戚や友人からは、五月人形以外に、金太郎や桃太郎など昔話に登場するヒーローの人形が贈られてくることもあります。

端午の節句の祝い方3:鯉のぼりを上げる

端午の節句には、男の子がいる家庭では鯉のぼりを上げる

鯉のぼりを上げる風習は、江戸時代から始まったと考えられています。

鯉が、綺麗な水の中だけでなく池や沼など様々な環境で生息できることにちなみ、子どもがどんな環境でもたくましく成長することを願って飾るようになったと言われています。

また、登竜門の伝説(鯉が竜門滝を上ると竜になって天高く昇っていくという伝説)にちなんでいるという説もあります。

最近は、マンションやアパートに住んでいるなど鯉のぼりを上げるスペースがない家庭では、ミニチュア鯉のぼりや鯉のぼりの人形を家の中に飾ることもあります。

端午の節句の祝い方4:菖蒲を飾る

すでに紹介しましたが、奈良時代から端午の節句には菖蒲が欠かせない物であり、現在も端午の節句を菖蒲の節句と呼ぶこともあるなど、端午の節句と菖蒲は切っても切れない関係にあります。

菖蒲は邪気を払うと言われており、家の軒先や屋根に飾るのが一般的です。

飾る以外には、枕の下に菖蒲の葉を敷く、菖蒲湯(湯船)に入る、菖蒲酒にして飲むといった地域もあります。

端午の節句の祝い方5:ちまきやかしわ餅を食べる

端午の節句に欠かせないのが「ちまき」と「かしわ餅」です。

ちまきは、「邪気が近づけない」という縁起物で、端午の節句では必ずと言って良いほど食べられています。

昔は、菖蒲の葉でちまきを巻くこともありましたが、現在はあまり見られなくなっています。

かしわ餅は、餅をくるむ柏の葉が「新芽が育つまで落ちない」ことから「家計が途絶えない」という縁起物とされていることから、「家族が末永く暮らせるように」という願いを込めて食べられています。

なお、以前は、関西地方はちまき、関東地方は柏餅を食べることが多かったのですが、他地域間の結婚、全国的な転勤や転居などによって、地域差はなくなりつつあります。

端午の節句の祝い方6:祝い膳

端午の節句には、家族や親戚が集まって祝い膳を囲みます。

祝い膳の中身は細かく決まっているわけではありませんが、食べると縁起が良い食材を選ぶと良いでしょう。

例えば、赤飯、まっすぐ伸びる特徴がありタケノコや、出世魚として有名なブリなどは祝い膳の定番です。

ただし、こだわりすぎる必要はなく、旬の食材や子どもが好きな食材を使って作っても問題ありません。

ちまきやかしわ餅は、祝い膳の中に入れても問題ありません。

スポンサーリンク

まとめ

端午の節句は、男の子の代表的なお祝い行事です。

毎年、5月5日の子どもの日にお祝いするのが定番となっており、「毎年のことだから簡単で良い。」と考えている家庭も増えてきています。

赤ちゃんが初めて迎える端午の節句(初節句)くらいは、家庭の一大イベントとしてお祝いしてはどうでしょうか。

ページ上部へ戻る