閉じる
  1. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  2. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  3. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  4. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  5. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  6. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  7. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  8. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  9. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  10. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
閉じる

乳児期の子育て

桃の節句・雛祭りとは?お祝いと料理、お菓子、飲み物、花は?

桃の節句 雛祭り 祝い方

桃の節句は、女の子のお祝い行事として昔から行われてきたものの一つです。

最近は、雛祭りという言葉の方が有名になり、桃の節句はあまり聞かなくなりましたが、女の子の赤ちゃんや子どものお祝い行事として大切に受け継がれています。

特に、女の子の赤ちゃんが初めて桃の節句を迎える日(初節句)は、今でも多くの家庭でお祝いを行っています。

桃の節句はどのようにお祝いするのでしょうか?

また、桃の節句と雛祭りに違いはあるのでしょうか?

このページでは、初節句の概要、桃の節句・雛祭りの概要、祝い方について紹介します。

初節句とは

まずは、節句について見ていきましょう。

節句・五節句とは

節句とは、季節の節目となる日のことです。

季節の変わり目は、昔から邪気が入ってきやすいと考えられており、全国各地で邪気を払うために無病息災や豊作祈願などの行事が行われていきました。

節句に行われる行事は全国津々浦々に無数にありましたが、そのうち5つが江戸時代に五節句としてまとめられて公的行事になりました。

  • 1月7日:七草の節句・人日の節句(じんじつのせっく)
  • 3月3日:桃の節句・上巳の節句(じょうしのせっく)
  • 5月5日:端午の節句
  • 7月7日:七夕の節句(しちせきのせっく)
  • 9月9日:菊の節句・重陽の節句(ちょうようのせっく)

昔は、奇数の数字が重なる日は不吉で悪いことが重なると考えられていたため、厄除けなどが盛んに行われており、五節句も同様の考え方に基づいて設定されています。

初節句とは

初節句とは、赤ちゃんが初めて迎える節句(季節の節目となる日)のことです。

節句には男の子と女の子で祝う日が異なるものがあり、3月3日の桃の節句には女の子がいる家庭でお祝いし、5月5日の端午の節句には男の子がいる家庭でお祝いします。

スポンサーリンク

桃の節句(女の子の初節句)とは

桃の節句とは、女の子の健やかな成長を願って行うお祝い行事です。

桃の節句は、「雛祭り」や「おんなあそび」と呼ぶこともあります。

元々は上巳の節句と呼ばれていましたが、桃の花が咲く季節であることや、百歳(ももとせ)まで生きていられるようにという願いを込めて、桃の節句と呼ばれるようになりました。

また、桃には邪気を払う効果があると言われており、そこから桃の節句という名前がついたという説もあります。

桃の節句は、昔は旧暦の3月3日(現在の4月頃)でしたが、現在はグレゴリ暦の3月3日になっており、桃の花が咲く季節よりも早い時期に行われています。

上巳とは

上巳の節句とは、月の上旬の巳の日(みのひ)という意味です。

元々は3月上旬の巳の日を意味して使用されていましたが、時期は不明ですが、3月3日に固定されました。

関連ページ

干支・十干十二支とは何か?順番、漢字、読み方は?覚え方と早見表は?

桃の節句と雛祭りの違い

桃の節句と雛祭りは同じものです。

ただし、桃の節句はお祝い行事の名称として使用する以外に、節句自体を指して使用する場合もあります。

現在は、雛祭りの方がよく知られるようになり、桃の節句という言い方を知らない人も増えています。

桃の節句の由来

桃の節句は、平安時代から京の都で行われていたという記録が残されていますが、お祝い行事ではなく、貴族階級の子女が御所を模した御殿や飾りつけをして人形遊びをするもので、お祝いや儀式というより遊びの要素が強かったと考えられています。

また、同時期、「流し雛(紙で作った人形を川へ流して厄払いする)」が行われるようになり、ひな人形を厄除けとして祀るようになりました。

上巳の日に穢れ払いを行う「上巳の祓い」という中国の儀式が日本へ伝わり、桃の節句や流し雛の起源になったと考える人もいますが、はっきりとした証拠は示されていません。

桃の節句がお祝い行事として定着したのは江戸時代で、人形遊びと流し雛が融合して五節句の一つとして公式行事となり、全国各地へ広まっていきました。

スポンサーリンク

桃の節句の祝い方

赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句を初節句と言い、女の子なら初めての桃の節句が初節句に当たります。

当然、初節句を祝う機会は一生に一度しかありませんが、いざ祝おうと思っても「何をすれば良いのか分からない。」というお父さんお母さんは少なくありません。

ここでは、桃の節句の祝い方を見ていきます。

  • ひな人形を飾る
  • ひな人形に雛あられや菱餅を供える
  • 桃の花を飾る
  • 祝い膳を囲む
  • 雛祭りの歌を歌う

桃の節句の祝い方1:ひな人形を飾る

桃の節句に欠かせないのがひな人形です。

ひな人形は、桃の節句で飾る、桃の節句が始まった平安時代の貴族の装束を模して造られた人形です。

昔は嫁入り道具の一つとされており、お母さんの実家から贈ることが多かったのですが、現在は両家で折半したり、お父さんお母さんが自分たちで購入したりすることも増えています。

ひな人形の種類

ひな人形は、台座の上に何人もの人が座しています。

  • 内裏雛(だいりびな):台の一番上に座っている、親王とその妃を表す男女一対の人形(ひな人形に向かって左が親王、右が妃)
  • 三人官女(さんにんかんじょ):宮中に仕える女性を表す人形(ひな人形に向かって右から提子(ひさげ)、三方(さんぽう)、長柄(ながえ))
  • 五人囃子(ごにんばやし):能のお囃子を奏でる男性を表す人形(ひな人形に向かって右から謡(うたい)、笛(ふえ)、小鼓(こづつみ)、大鼓(おおづつみ)、太鼓(たいこ))
  • 随身(ずいじん):右大臣と左大臣を表す人形(ひな人形に向かって右が年配の左大臣、左が若い右大臣)
  • 仕丁(しちょう):従者と護衛を表す人形で、三人上戸と呼ばれることもある(ひな人形に向かって右から立傘(たてがさ)、沓台(くつだい)、台傘(だいがさ))

メーカーによって、人形の装束、小道具、姿勢、表情などが微妙に異なっていることに加え、五人囃子の代わりに五人もしくは七人の雅楽としたり、三歌人や三賢女を配したりするひな人形もあります。

ひな人形にまつわる言い伝え

ひな人形の取扱いには、いくつか言い伝えがあります。

まず、ひな人形は一人一つが原則で、母親から受け継いだり、姉妹で共有したりすることは望ましくないということです。

ただし、家のスペースや経済的な事情から難しい場合もあるので、深刻に捉えすぎる必要はありません。

また、桃の節句が終わったらすぐひな人形を片付けないと、婚期が遅れるという言い伝えもあります。

あくまで言い伝えですが、長期間出したまま放置すると、人形や台座が傷んでしまうので、桃の節句が終わったら早めにしまうようにしましょう。

桃の節句の祝い方2:ひな人形に雛あられや菱餅を供える

ひな人形には、雛あられや菱餅を供えるのが一般的です。

白酒を供えることもあります。

ただし、地域によっては別の食べ物を供えたり、供え物をしなかったりすることもあります。

桃の節句の祝い方3:桃の花を飾る

桃の花は、邪気を払う効果がある縁起物とされており、桃の節句にはひな人形に供えたり、ひな壇の近くに飾りつけしたりします。

桃の節句の祝い方4:祝い膳を囲む

桃の節句には、家族や親戚が集まって祝い膳を囲んでお祝いするのが一般的です。

祝い膳は、縁起が良いとされる食材を使うのが定番になっています。

例えば、ちらし寿司、鯛のお吸い物、蛤(はまぐり、女性の貞節を意味する)のお吸い物は、多くの家庭で出されます。

桃の節句の祝い方5:雛祭りの歌を歌う

初節句の際には、赤ちゃんに雛祭りの歌を歌ってあげましょう。

スポンサーリンク

まとめ

桃の節句は、女の子の無病息災を願う大切なお祝い行事です。

特に、初節句としての桃の節句は一生に一度しかないので、無理のない範囲で祝ってあげてはどうでしょうか。

ページ上部へ戻る