閉じる
  1. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  2. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  3. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  4. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  5. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  6. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  7. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  8. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  9. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  10. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの電車はいつから?赤ちゃん料金は?泣く時の泣き止ませ方は?

赤ちゃん 電車 いつから 泣く

赤ちゃんとお出かけする時に便利なのが電車です。

しかし、「乗車中に赤ちゃんが泣き出して、乗客から冷たい目で見られたらどうしよう。」、「優先座席に座れず、赤ちゃんを抱っこしたまま立ち続けるのはしんどい。」といった不安や心配から、赤ちゃん連れの電車利用を控えるお父さんお母さんは少なくありません。

また、「電車の揺れが低月齢の赤ちゃんには良くない。」と考えて、あえて電車に乗らないこともあるようです。

では、実際のところ赤ちゃんはいつから電車に乗れるのでしょうか?

また、赤ちゃんが電車内で泣いた時はどう対応すれば良いのでしょうか?

このページでは、赤ちゃんが電車に乗れるようになる時期、赤ちゃん連れで電車に乗る時の注意点、赤ちゃんが泣きだした時の泣き止ませ方について紹介します。

赤ちゃんの電車デビュー(電車に乗れる時期)はいつから?

赤ちゃんの電車デビューの時期は、法律や鉄道会社の規則などで決まっているわけではありませんが、「首すわりが完成する生後3~4ヶ月以降」が一般的です。

小児科医や保健師など赤ちゃんの専門家の間では、「首すわりが完成してから(生後3~4ヶ月)」という意見と「腰すわりが完成して自力でお座りができるようになってから(生後6~7ヶ月)」という意見があります。

ただし、後者の意見は、電車で長距離移動(乗車時間が一時間以上)することを想定したものであり、短い距離(乗車時間が数分から30分程度)であれば、首すわり完成後に電車デビューさせても問題ないという意見が大半です。

ゆっくりと電車に慣れさせることが大切

電車での移動は、赤ちゃんの身体に負担がかかりますし、慣れない乗り物に乗ってビックリする赤ちゃんもいます。

最初は5~10分程度の短い距離から慣れさせ、徐々に乗る時間を伸ばしていくようにしましょう。

新生児期(生後0ヶ月)~生後2ヶ月の赤ちゃんを電車デビューさせない方が良い理由

新生児期の赤ちゃんは、母体から免疫を受け継いではいるものの、身体の内外の機能が未熟で病気やケガのリスクがとても高く、なるべく外出させない方が良いと考えられています。

実際、外気浴をさせるために玄関先やベランダに連れ出すだけでも体調を崩す赤ちゃんもいるので、電車デビューは絶対に避けるべきです。

1ヶ月健診で健康状態に問題がなかった場合、少しずつ赤ちゃんを外出させるようになるのが一般的ですが、首すわりが完成するまでの赤ちゃんは、頭部を自力で支えられず、ちょっとした揺れや動きですぐ頭部がぐらつきます。

激しく揺れる電車内では、たとえ親がしっかり支えていたとしても、頭部が前後左右に揺さぶられて首や頭に大きな負担がかかるので、首すわりが完成するまでは電車デビューを待つ方が良いでしょう。

親の負担も考慮して電車デビューの時期を決める

出産後のお母さんは、出産によって疲弊した心と体が癒え切らないうちに、24時間体制で赤ちゃんのお世話にかかりきりになるので、当然、寝不足になって心も体も疲れ果ててしまいます。

赤ちゃんと一緒に電車に乗る行為は、赤ちゃんを抱っこするための体力だけでなく、ぐずった時の対応や周囲への気遣いなど心身ともに負担がかかるものです。

そのため、赤ちゃんを電車デビューさせるのは、ある程度赤ちゃんの子育てに慣れ、心と体に余裕が戻ってからにしましょう。

関連ページ

揺さぶられっ子症候群とは?症状はいつまで(何歳)?後遺症と予防法は?


スポンサーリンク

赤ちゃんの電車料金

赤ちゃんは、料金区分では「乳児」の区分となり、電車の料金はかからず、乗車券も必要ありません。

  • 乳児(生後1歳未満):無料
  • 幼児(生後1歳~6歳未満):無料
  • こども(小学生):子ども運賃
  • おとな(中学生以上):通常運賃

鉄道会社によっては、独自の料金体系を持っているところもあるため、事前に確認しておきましょう。

なお、おとな一人につき、乳児2人までは乗車料金がかかりませんが、おとな一人が3人以上の乳幼児を連れて乗車する場合は、3人目からこども運賃がかかります。

赤ちゃんと電車に乗る時の注意点

赤ちゃんと電車に乗る時は、大人だけで乗る時とは異なる注意点がたくさんあります。

  • 赤ちゃんの負担を考えて乗車時間を決める
  • 利用する駅の設備を確認する
  • 乗車前に授乳とおむつ交換を済ませておく
  • 抱っこ紐を持っていく
  • 電車内ではベビーカーをたたむ
  • 赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを持っていく
  • 混んでいる時間帯は避ける
  • 途中下車を活用する

赤ちゃんと電車に乗る時の注意点1:赤ちゃんの負担を考えて乗車時間を決める

赤ちゃんは、低月齢であるほど、電車に乗るだけで体力をたくさん消耗します。

また、電車に慣れないうちは不安や心配を感じることもあります。

そのため、赤ちゃんの月齢や乗車回数・期間などを考慮し、乗車時間を決めましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんと電車に乗る時の注意点2:利用する駅の設備を確認する

赤ちゃんは、数時間ごとにおなかを空かせますし、おしっこやうんちをします。

赤ちゃんと電車に乗る時は、利用する駅に授乳室やおむつ替え台付きのトイレがあるかどうかを確認しておきましょう。

また、ベビーカーを利用する場合は、エレベーターの有無を確認しておく必要があります。

たまに、ベビーカーをエスカレーターに乗せている親を見かけますが、転落や巻き込みの危険が高いので止めてください。

赤ちゃんと電車に乗る時の注意点3:乗車前に授乳とおむつ交換を済ませておく

電車内で赤ちゃんが泣きだすと、他の乗客の迷惑になりますし、乗客からの冷たい目線を浴びて親としても辛い思いをすることになります。

乗車前に授乳を済ませ、おむつを交換しておくことで、赤ちゃんが電車内で泣き出す確率を低くすることができます。

赤ちゃんと電車に乗る時の注意点4:抱っこ紐を持っていく

授乳やおむつ交換を済ませ、寝かしつけた状態で乗車したとしても、赤ちゃんはふとした拍子に目を覚まし、泣き出すことがあります。

赤ちゃんが泣きだしたら、抱っこしてあやしてあげることになりますが、揺れる車内で赤ちゃんを両手で抱きかかえるのは危険なので、抱っこ紐を持っていきましょう。

赤ちゃんと電車に乗る時の注意点5:電車内ではベビーカーをたたむ

乗車マナーの一つです。

電車内が空いている時は、ベビーカーの上に赤ちゃんを寝かせておいても問題ありませんが、混んできたら赤ちゃんを抱っこし、ベビーカーは畳んで隅に寄せましょう。

赤ちゃんと電車に乗る時の注意点6:赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを持っていく

赤ちゃんが泣きだした時のために、お気に入りのおもちゃを1~2個持っていくと良いでしょう。

赤ちゃんと電車に乗る時の注意点7:混んでいる時間帯は避ける

通勤ラッシュや帰宅ラッシュ、休日や連休中の混んでいる時間帯などに赤ちゃん連れで電車に乗るのは避けましょう。

満員電車に乗ること自体が赤ちゃんの大きなストレスになりますし、他人の身体やカバンが当たってケガをするリスクも高くなります。

赤ちゃんと電車に乗る時の注意点8:途中下車を活用する

一度電車に乗ったら、目的の駅まで行きたいと思うでしょう。

しかし、赤ちゃんがぐずり出した、疲れが見える、お腹が空いている様子、おしっこやうんちをしたといった場合は、途中下車して丁寧にケアをしてあげることが大切です。

親が電車内で立ち続けてしんどくなった場合も、一度途中下車して体力を回復させることをおすすめします。

スポンサーリンク

赤ちゃんが電車で泣く時に泣き止ませる方法

赤ちゃんが電車内で泣き出すと、他の乗客から好奇の目や冷ややかな目線が寄せられ、親としては居心地の悪い思いをすることになります。

しかし、早く泣きやませようと焦るあまり、赤ちゃんを激しく揺さぶったり、大きな声で叱ったりするのは逆効果です。

まずは親が気持ちを落ち着けて冷静に赤ちゃんの状態を観察し、赤ちゃんが泣いている原因を考えることが大切です。

赤ちゃんが泣きだす主な原因と泣き止ませる方法は、以下のとおりです。

  • 空腹:授乳した後、抱っこして寝かしつける
  • おむつが気持ち悪い:おむつを交換した後、抱っこして寝かしつける
  • 暑い・寒い:服の着脱やタオルケットなどで調節する
  • とにかく機嫌が悪い:抱っこしてあやし、お気に入りのおもちゃを渡す

他にも優しく名前を呼ぶ、背中をなでる、いないいないばあや手遊び歌で気をそらすといった方法が有効なことがあります。

どうしても泣き止まない場合は途中下車し、赤ちゃんが落ち着いて機嫌が良くなるか、寝るまで丁寧にケアしてあげましょう。

まとめ

赤ちゃんと電車で移動できるようになると、行動範囲がグッと広がり、赤ちゃんは新しい刺激をたくさん得られるようになります。

しかし、電車移動は赤ちゃんの身体に負担がかかるものなので、くれぐれも無理はさせないでください。

なお、どれだけ注意していても、赤ちゃんが電車内で泣きだすことはあります。

そんな時は、まず電車内で泣き止ませる努力をして、どうしても難しい場合は途中下車をしてください。

「赤ちゃんは泣くものだから仕方ない。」と開き直り、赤ちゃんを泣かせたまま乗り続ける人もいるかもしれません。

しかし、電車は公共交通機関であり、乗客の中には赤ちゃんの泣き声を不快に思う人も少なからずいるので、そうした乗客への配慮も忘れないようにしましょう。

ページ上部へ戻る