閉じる
  1. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  2. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  3. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  4. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  5. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  6. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  7. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  8. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  9. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  10. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
閉じる

乳児期の子育て

マタニティブルーはいつからいつまで?妊娠中と産後で原因や症状が違う?

マタニティブルー 妊娠中 産後

妊娠後は、つわりに悩まされたり、出産や子育てに対する不安や焦りを感じたりして、肉体的にも精神的にも妊娠前にはなかったしんどさを感じ、マタニティブルーに陥ることがあります。

夫や他人にイライラする、わけもなく気持ちが落ち込む、突然泣き出すなど、うつ症状や神経症状が現れ、女性自身も周りの人も戸惑うことが多いものです。

では、どうしてマタニティブルーが起こり、どのような症状が現れて、どう対処すればよいのでしょうか?

また、いつまで続くものなのでしょうか?

この記事では、妊娠中と産後のマタニティブルーの概要、症状、原因、対応について紹介します。

スポンサーリンク

マタニティブルーとは

マタニティブルーとは、妊娠中や出産後の女性に見られる軽いうつ症状や不安神経症状のうち、のことです。

マタニティブルーという名前から妊娠中に起こる諸症状のことだと思われがちですが、本来は「出産後の女性の起こるうつ症状や神経症状などのこと」です。

しかし、一般的には、「妊娠中や出産後の女性のうつ症状などを表す言葉」として定着しており、むしろ、妊娠中の諸症状だけを指すものだと勘違いしている人も少なくありません。

個人差はありますが、初めて妊娠・出産した(ハツマタ)の女性に多く見られる傾向があり、疲れやすい、無気力になる、涙もろくなる、イライラしやすくなるなど様々な症状が現れます。

関連記事

ママ用語・今時育児用語一覧!ワンオペ、ハツマタ、ワーママ、姫・王子とは?

マタニティブルーの原因

妊娠中と出産後のマタニティブルーの原因について見ていきましょう。

妊娠中のマタニティブルーの原因

妊娠中のマタニティブルーは、妊娠によるホルモンバランスの崩れと生活の変化が絡み合って起こると考えられています。

妊娠すると、プロゲステロン、エストロゲンなどのホルモンが大量に分泌されてホルモンバランスが崩れ、心身に様々な影響を及ぼします。

  • プロゲステロン(黄体ホルモン):妊娠の成立と維持、体内の水分量の維持、基礎体温を上昇させる、乳腺の発達を促すに作用するホルモン
  • エストロゲン(卵胞ホルモン):乳腺の発達を促す、子宮内膜を増殖させるなどに作用するホルモン
  • プロラクチン:妊娠維持や母乳分泌に作用するホルモン

また、妊娠すると、母体と胎児の健康を第一に考えて過ごすことになり、妊娠前と比較すると行動が制限されてしまうため、ストレスを感じやすい傾向があります。

こうしたホルモンバランスの変化と生活の変化が、マタニティブルーの原因だと考えられているのですが、詳しいメカニズムが解明されているわけではありません。

なお、心配性や几帳面な性格の女性がなりやすいという指摘や、精神疾患とマタニティブルーの関係性について触れている研究結果もありますが、いずれもメカニズムの解明には至っていません。

出産後のマタニティブルーの原因

出産後のマタニティブルーの原因は、出産による心身の疲弊、ホルモンバランスの崩れ、育児疲れなどが複雑に絡み合って起こると考えられています。

出産後は、妊娠中に大量に分泌されていたホルモンが急激に減少しますが、身体はその変化についていくことができません。

また、女性は、出産によって身体が疲弊している上、赤ちゃんのお世話に追われて心も体もより一層疲弊してしまいます。

つまり、出産による疲弊やホルモンバランスの急激な変化で身体が悲鳴を上げているところに、昼夜問わず授乳やおむつ交換、ぐずる赤ちゃんをあやして寝かしつけるなどを繰り返すことでさらに身体が疲弊し、寝不足にもなり、気持ちの余裕もなくなって、マタニティブルーに陥ってしまうことがあるのです。

ただし、妊娠中のマタニティブルーと同じで、詳しいメカニズムの解明には至っていません。

スポンサーリンク

マタニティブルーはいつから、いつまで?

マタニティブルーになりやすい時期について見ていきましょう。

マタニティブルーはいつから?

妊娠中のマタニティブルーになりやすいのは、妊娠初期(妊娠15週まで)から妊娠中期(妊娠16週~27週まで)にかけての時期です。

妊娠によりホルモンバランスが崩れることに加え、妊娠初期症状に悩まされて仕事や家庭に影響が出たり、出産や子育てなどへの不安を感じたりして心身にストレスが募ってしまい、マタニティブルーに陥る妊婦が多くなっています。

ただし、マタニティブルーになる時期や程度については個人差が大きく、症状がないまたは軽い妊婦もいれば、妊娠超初期からうつ症状などに悩まされる妊婦もいます。

産後のマタニティブルーは、出産直後から生後1ヶ月頃の間になりやすいものです。

出産による疲弊、ホルモンバランスの変化、育児疲れ、寝不足などが影響していると考えられています。

マタニティブルーはいつまで?

妊娠中にマタニティブルーの症状が続く期間は個人差が大きく、標準的な期間を示した統計等も見当たりません。

産後のマタニティブルーについては、出産から1ヶ月月程度で解消することが多くなっています。

ただし、赤ちゃんの離乳期や女性の月経再開時期に症状が起こることもあり、長引いて産後うつへ移行する人も一定数います。

マタニティブルーの症状

マタニティブルーの主な症状は、以下のとおりです。

  • 突然泣きたくなり、実際に涙が止まらなくなる
  • 理由がないのに気分が落ち込む
  • すぐイライラしてしまう
  • 漠然とした不安が頭から離れず、眠れなくなる
  • 感情の起伏が激しくなる
  • 不安やイライラを抑えられず、周囲の人に八つ当たりする
  • やる気が出ない
  • 身体がだるい
  • 食欲不振
  • 集中力がなくなる
  • 外出や人に会うことが億劫になり、家に引きこもりがちになる

通常、複数の症状が同時に起こります。

マタニティブルーになった妊婦自身が、自分の言動に驚き戸惑い、自己嫌悪に陥ってさらに症状を悪化させてしまうという悪循環に陥りやすいものです。

産後うつのリスク

通常、産後のマタニティブルーは、出産後の短い間に見られる一過性のものですが、長引く場合は「産後うつ」に移行している可能性があります。

産後うつとは、出産から数ヶ月の間に見られるうつ症状のことです。

主な症状はマタニティブルーと同じで、マタニティブルーと混同して使われることもあります。

産後うつが悪化すると、自傷行為や乳児虐待(上の子がいる場合は児童虐待)のリスクが高くなり、最悪の場合は自殺や虐待死を招いてしまうこともあります。

マタニティブルーの予防と対策

マタニティブルーに陥ると、妊娠中や出産後の生活が辛くなり、子育てにも影響が出てしまいます。

全くマタニティブルーに陥らないことは難しいですが、できるだけ予防し、陥った後も早期に回復する方法は知っておくと良いでしょう。

  • 自分の時間を作る
  • 相談できる人を見つける
  • ストレスを感じることはできるだけしない

自分の時間を作る

妊娠中は、母体や胎児の健康を第一に考えて行動することを余儀なくされ、出産後は赤ちゃんのお世話に追われることになり、なかなか自分の時間を持つことができません。

自分の時間が持てないと、妊娠、出産、子育てのストレスが募り、気持ちが落ち込みやすくなります。

独身の頃や夫婦2人の頃と比べると時間的制約は多くなりますが、「しんどいな」と感じたら、夫や家族に育児や家事を任せて息抜きする時間を作りましょう。

話ができる人を見つける

人は、「話すこと」で抱えた不安やストレスを軽くすることができる生き物です。

妊娠などのストレスも他人に話すことで少しは解消できるものなので、抱えたものを吐き出させてくれる相手を見つけましょう。

パートナーである夫が話し相手になってくれるのが理想ですが、現実的にはなかなか難しいものです。

まずは、親きょうだいや親友など、夫以外で身近な人に話をしてみると良いでしょう。

ストレスを感じることはできるだけしない

妊娠、出産、子育ては、楽しいことも多いですがしんどいことも多いものです。

妊娠中や出産直後は、身体の健康や赤ちゃんの世話に専念し、それ以外のストレスを感じることはできるだけ周りの人に任せてしまいましょう。

スポンサーリンク

まとめ

マタニティブルーは、妊娠中や出産後の女性に起こるもので、感情の起伏が激しくなる、倦怠感、漠然とした不安、引きこもりがちになるなど様々な症状が現れます。

長引くと日常生活や子育てに影響が出てしまうので、マタニティブルーの予防を徹底し、症状が出たら早期回復を目指す必要があります。

大切なのは、女性が一人で頑張るのではなく、男性が女性の状態を理解して支えてあげることです。

Facebookページ

ページ上部へ戻る