テレビが赤ちゃんに与える影響は?いつから見せる?近い、付けっ放しはダメ?

赤ちゃん テレビ 影響 いつから

赤ちゃんはテレビが大好きです。

テレビを付けっぱなしにしていると、赤ちゃんは、ジッと画面を見つめます。

また、ハイハイやつかまり立ちができるようになると、テレビのまん前まで行って食い入るように画面を見るようになります。

赤ちゃんがテレビに夢中になっていると、家事ははかどりますし、自分の時間も満喫できますが、「視力が悪くならないかな。」、「電磁波の影響が出ないかな。」などと心配になってしまうものです。

この記事では、テレビが赤ちゃんに与える影響、テレビを見せる時期、赤ちゃんがいる家庭におけるテレビの使い方について紹介します。

テレビが赤ちゃんに与える影響

赤ちゃん テレビ 影響 付けっ放し 近い いつから

テレビが赤ちゃんに与える影響はたくさんあります。

  • 視力の低下
  • 受身になる
  • コミュニケーション能力の発達が遅れる
  • 言葉が遅れる
  • 情緒面の発達が遅れる
  • 運動機能の発達が遅れる

それでは、具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク

視力の低下

「赤ちゃんにテレビを見せると視力が低下する。」と思われがちですが、乳児期の赤ちゃんは、大人のようにテレビ画面をジッと見続けることができないので、テレビを見たからといって急に視力が下がるリスクは高くありません。

ただし、テレビ画面までの距離が近すぎる、斜めから見る、視聴時間が長いといった場合は、目に負担がかかります。

受身になる

赤ちゃんは、すぐテレビの刺激のとりこになり、画面をジッと見つめるようになります。

しかし、テレビは映像や音声を一方的に流すものです。

赤ちゃんが話しかけたり叩いたりしても、テレビが反応を返すことはなく、親子の会話のように双方向のやりとりは成立しません。

そのため、赤ちゃんは、ひたすら刺激だけを受け取り続け、自分の行動に反応が得られないという経験を積み重ねることになります。

その結果、「僕(私)がなにかしても意味がないんだ。」と思うようになり、自ら周囲に働きかけたり、興味を向けたりする意欲を失ってしまいます。

コミュニケーション能力の発達が遅れる

赤ちゃんは、お父さんお母さんなど身近な人とたくさん触れ合い、話すという双方向のやり取りを繰り返すことで、コミュニケーション能力を向上させます。

しかし、テレビを見すぎて受身の姿勢を身につけてしまうと、積極的に周囲の人と関わろうとしなくなり、結果的にコミュニケーション能力の発達が遅れることになります。

また、親子のコミュニケーションは、親が子に話しかけ、子が反応し、子の反応を喜んだ親がさらに話しかけるというように、互いに反応し合うことで成立します。

そのため、赤ちゃんが反応しなくなると、お父さんお母さんが赤ちゃんに話しかける頻度も少なくなり、さらにコミュニケーションが減るという悪循環に陥ってしまいます。

言葉を話すのが遅れる

赤ちゃんは、たえず身近な人に強い興味を持って観察し、マネをしながら言葉を学習します。

しかし、テレビの見すぎで受身の姿勢を身に付けると、身近な人に興味を向けなくなり、言葉をマネすることも少なくなるので、言葉を話すのが遅れる傾向があります。

日本小児科学会は、赤ちゃんにテレビを長時間見せることが、言葉の発達に悪影響を及ぼすことを指摘しています。

情緒面の発達が遅れる

テレビを長時間見続けた赤ちゃんは、テレビをあまり見ない赤ちゃんに比べて落ち着きや集中力がなく、怒りっぽくなります。

また、幼児期、児童期になっても、相手の気持ちを察したり、状況を客観的に把握したりするのが苦手で、集団生活に馴染めなくなる傾向が指摘されています。

こうしたリスクは、テレビを見る時間が長ければ長いほど高くなると考えられています。

運動機能の発達が遅れる

赤ちゃんは、月齢を経るにつれて骨や筋肉が発育し、出来ることが増えていきます。

そして、体を目一杯動かして遊ぶことで運動機能を向上させていきます。

テレビに夢中になっていると、体を動かす機会が減ってしまうため、運動機能の発達が遅れる傾向があります。

赤ちゃんはいつからテレビを見るようになるか

赤ちゃん テレビ 影響 いつから

赤ちゃんは、新生児期から生後2,3ヶ月頃までは視力がとても低く、テレビ画面がはっきり見えていないので、テレビにあまり興味を示しません。

赤ちゃんがテレビに興味を持ち始めるのは、生後4ヶ月、生後5ヶ月、生後6ヶ月頃からが一般的です。

ズリバイやハイハイを始めると、テレビのまん前まで移動して画面をジッと見つめるようになるので、テレビの見せ方について検討する必要が出てきます。

赤ちゃんがいる家庭におけるテレビの使い方

赤ちゃん テレビ 影響 付けっ放し 柵

テレビを買わない、一切見ないというのは、現実的ではありません。

しかし、テレビが赤ちゃんに与える影響を考えて、使い方を見直すことはとても大切です。

  • 赤ちゃんにテレビを見せるのは1日1時間以内
  • テレビをつけっぱなしにしない
  • テレビ画面から2m以上離れて見させる
  • テレビを見る角度に気をつける
  • 赤ちゃんに一人でテレビを見せない
  • 授乳中や離乳食中はテレビを消す
  • 赤ちゃんが寝るときはテレビを消す
  • テレビを子守りに使わない

赤ちゃんにテレビを見せるのは1日1時間以内

乳児期のうちは1日1時間以内が目安です。

1日1時間半以内、1日2時間以内という記載を見かけますが、これは幼児期の目安で、乳児期の赤ちゃんには長すぎます。

また、1日1時間続けてテレビを見せるのではなく、30分ずつに分けて見せる方が、影響が少ないと言われています。

テレビを見る時間が長くなるほど、視力の低下が進み、情緒面や運動面の発達が阻害されることになりますし、親子のコミュニケーションも減ってしまいます。

赤ちゃんのうちから1日1時間半時間以上テレビを見ていると、集中力や落ち着きのなさが顕著になり、保育園や学校での集団生活に支障が出てしまうリスクが高くなると言われているので、1日1時間以内は徹底しましょう。

テレビをつけっぱなしにしない

赤ちゃんは、テレビが付いているとすぐ興味を奪われるので、テレビがつけっぱなしになっていると、気づかないうちに1時間以上見続けてしまいます。

テレビを見ないときはこまめに消すようにしましょう。

テレビ画面から2m以上離れて見させる

赤ちゃんは、興味のあるものに近づこうとするので、テレビもまん前まで近づこうとします。

しかし、テレビに近づくほど画面から出る光の影響を強く受けてしまうので、少なくとも2m以上離れたところから見させるようにしましょう。

赤ちゃんをテレビに近づかせないためには、赤ちゃん用の椅子に座らせるか、テレビの前にベビーサークルや柵を準備する方法が一般的です。

テレビを見る角度に気をつける

テレビとの距離が離れていても、テレビを斜めから見たり、見上げるように見たりすると、そうした見方がクセになってしまいます。

その結果、物を見るときに顔を傾けるようになる、首の筋肉のバランスが悪くなる、片目だけ視力が悪くなるといった悪影響が出てしまいます。

テレビの真ん前に座らせて、真正面から見させてあげましょう。

赤ちゃんに一人でテレビを見せない

赤ちゃんがテレビを見て受身の姿勢を身につけるのは、「刺激-反応のくり返し」という双方向のやり取りができないからです。

赤ちゃんにテレビを見せるときは、隣に座って一緒に視聴し、「これは○○だよ。」、「これ、○○ちゃんに似てるねえ。」、「○○マンだ!」などと赤ちゃんに声をかけてあげることが大切です。

また、赤ちゃんが体を動かしたり、声を出したりしたら、相槌を打ち、応えてあげましょう。

そうすることで、赤ちゃんは、テレビを見ていても受身にならずに済みますし、親子のコミュニケーションも増えていきます。

授乳中や離乳食中はテレビを消す

授乳中や離乳食を食べさせている最中にテレビをつけていると、赤ちゃんはテレビに気を取られてしまい、口を止めてテレビ画面を食い入るように見たり、視線をテレビに向けたまま口を動かしたりします。

その結果、食べこぼしや飲みこぼしが多くなりますし、誤飲によって呼吸困難などを引き起こすリスクもあります。

また、離乳食の練習中にテレビをつけっぱなしにしていると、テレビを見ながら食べる習慣が身についてしまいます。

乳児期のうちに身に付いた食事の習慣は、後になって修正するのがとても難しいので、乳児期のうちから、テレビを消して食事に集中できる環境を整え、正しい食事マナーを身につけさせましょう。

赤ちゃんが寝るときはテレビを消す

赤ちゃんは、寝るときにテレビがついていると気になって寝付けないので、消しておきます。

また、赤ちゃんが寝た後でも、テレビの音が耳から入って安眠を妨げてしまうので、赤ちゃんが寝ている部屋ではテレビをつけないようにしましょう。

テレビを子守りに使わない

家事が忙しくて赤ちゃんに構えなくなると、テレビをつけて赤ちゃんの興味を引くお父さんお母さんは少なくありません。

一時的なものであればやむを得ませんが、子守りの手間が省けるからとテレビに頼りきってしまわないようにしましょう。

赤ちゃんがテレビを長時間見ると、注意欠陥障害になるというのは誤解

赤ちゃん テレビ 付けっ放し 障害

「赤ちゃんがテレビを○時間以上見ると、注意欠陥障害になる」という記載を見かけますが、誤解です。

注意欠陥障害というのは、注意欠陥多動性障害(ADHD)という発達障害のうち、不注意や多動の症状が強い場合のことです。

確かに、赤ちゃんがテレビを長時間見ると、集中力や落ち着きがなくなる傾向はありますが、注意欠陥障害と診断されることはありません。

関連ページ

スポンサーリンク

スマホの登場

赤ちゃん スマホ 影響

最近は、スマホで赤ちゃんにユーチューブの動画を見せたり、知育アプリで遊ばせたりする親が増えています。

いわゆるスマホ育児で、スマホユーザーの増加に比例してここ数年で急増しています。

スマホは、テレビと同じ影響を赤ちゃんに与えることが分かっています。

また、赤ちゃんでも簡単に操作できる上、テレビと違って赤ちゃんの行動に画面が反応してくれるため、テレビ以上に依存性が高いことも指摘されています。

関連ページ

まとめ

「テレビ=赤ちゃんに悪影響を及ぼす」ということではありません。

適度な視聴であれば、赤ちゃんの興味関心の範囲を広げたり、親子の交流のきっかけになったりするでしょう。

しかし、赤ちゃんと大人ではテレビから受ける影響が異なるので、赤ちゃんの発達に応じたテレビの見せ方を検討することは大切です。

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 赤ちゃん 風邪 発熱 下痢 咳 鼻水 鼻づまり
  4. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  5. 赤ちゃん 医療費控除 申請 計算 対象
  6. 赤ちゃん 自閉症 症状 兆候
  7. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  8. カンガルーケア 赤ちゃん
  9. 発達障害 図 自閉症
  10. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害

facebookページ

ページ上部へ戻る