厚生労働省の調査結果では、20歳以下の患者数が約1000人(全年齢の患者数は約5000人)、レット症候群の発症率は0.0001%(1万人に0.9人)程度となっています。