乳児脂漏性湿疹(皮膚炎)の原因は?顔や頭皮の黄色い汁・湿疹の治し方は?

脂漏性湿疹

赤ちゃんの顔やおでこに湿疹はできていませんか。

新生児期から乳児期にかけては、乳井湿疹、あせも、アトピー性皮膚炎など様々な肌トラブルに悩まされることが多い時期です。

乳児脂漏性湿疹も、乳児期に見られる肌トラブルの一つで、程度の差はありますが、多くの赤ちゃんが経験する湿疹です。

赤ちゃんの湿疹は、赤く腫れたり黄色い汁がたれていたりすることもあるため、「痛そうだ。」、「かゆいのではないか。」、「跡が残ったらどうしよう。」などと、心配になってしまうでしょう。

乳児脂漏性湿疹の原因は何で、どのような症状が現れ、家庭でできるケアや治し方はあるのでしょうか。

また、乳児脂漏性湿疹と似た単語に乳児湿疹がありますが、違いはあるのでしょうか。

この記事では、乳児脂漏性湿疹の概要、乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹・新生児ニキビとの違い、乳児脂漏性湿疹の原因、症状、家庭におけるケアの方法について紹介します。

乳児脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)とは

乳児脂漏性湿疹とは、新生児期から低月齢の頃にかけて、主に首から上の部位にできる湿疹のことです。

医学的には脂漏性皮膚炎と呼ばれています。

乳児脂漏性湿疹は、顔や頭など目立つ部位にできることが多く目立ってしまいますし、フケのようなカサカサした湿疹、化膿したジュクジュクした湿疹、カサブタ状の湿疹など様々なので、「病気が潜んでいるのではないか。」などと心配する親も多いものです。

乳児脂漏性湿疹の読み方

「にゅうじしろうせいしっしん」です。

乳児脂漏性湿疹と乳児湿疹、新生児ニキビ、乳児脂肪冠(頭皮の肌荒れ)

乳児脂漏性湿疹と混同されやすい赤ちゃんの湿疹に関する単語としては、乳児湿疹、乳児脂漏性湿疹、乳児脂肪冠があります。

乳児脂漏性湿疹と乳児湿疹

乳児湿疹とは、新生児期から乳児期までの赤ちゃんの身体などにできる湿疹のことです。

つまり、乳児脂漏性湿疹、新生児ニキビ、乳児脂肪冠(頭皮の肌荒れ)は乳児湿疹の一つということです。

また、あせも、アトピーなどもまとめて乳児湿疹と呼ばれることがあります。

乳児湿疹は、湿疹ができる部位、湿疹の現れ方や程度、期間などの個人差が大きいものです。

また、複数の種類の湿疹が同時にできることも多く、医師でも区別できないこともあります。

実際、湿疹ができた赤ちゃんを複数の医師に診てもらうと、同じ症状なのに医師によって異なる診断をつけられることがあるものです

関連記事

乳児脂漏性湿疹と新生児ニキビ

新生児ニキビとは、生後2週から生後2~3ヶ月頃までの赤ちゃんにできるニキビのことです。

赤ちゃんの頬やオデコなどに、思春期のニキビのように白い芯を持ったポツポツや、赤く腫れたブツブツができるのが特徴です。

また、赤ちゃんがかきむしるなどして症状が悪化すると、化膿してジュクジュクになり、黄色い汁がたれることもあります。

皮脂の過剰分泌が主な原因で生じる肌トラブルであり、分泌が落ち着くにつれて自然に症状が和らぎます。

乳児脂漏性湿疹と新生児ニキビは、いずれも乳児湿疹の一つで、顔にできるというところは共通していますが、湿疹の種類が異なります。

関連記事

乳児脂漏性湿疹と乳児脂肪冠(にゅうじしぼうかん、頭皮の肌荒れ)

乳児脂肪冠とは、新生児の頃から生後2~3ヶ月頃までの赤ちゃんに多く見られる、頭皮の肌荒れです。

頭皮から皮脂が異常分泌されることにより、カサカサしたフケや、クリーム色をした何層にも重なった鱗状のカサブタができます。

頭皮のケアを怠ると、古くなったフケやカサブタが頭皮から剥がれ落ち、衣類や布団が汚れてしまいます。

乳児脂漏性湿疹のうち、頭皮にできるフケ状または鱗状の湿疹が乳児脂肪冠です。

関連記事

乳児脂漏性湿疹の原因

乳児脂漏性湿疹の原因は、皮脂の過剰分泌と活発な新陳代謝です。

胎内でお母さんから受け取ったホルモンの影響で、生まれたばかりの頃から2~3ヶ月は皮脂の分泌が非常に活発になっています。

しかし、赤ちゃんの皮膚は大人と比較すると未熟で、毛穴の機能も十分に発達していないため、分泌された皮脂が毛穴に溜まって詰まり、乳児脂漏性湿疹の原因となります。

活発な新陳代謝の結果として出たものも毛穴煮詰まることがあります。

こまめに赤ちゃんの肌のケアをしても皮脂が毛穴煮詰まるのを完全に抑えることは困難で、皮脂の異常分泌が収まるまでは乳児脂漏性湿疹の症状が継続することが多いものです。

スポンサーリンク

乳児脂漏性湿疹の症状

乳児脂漏性湿疹の主な症状は、以下のとおりです。

  • カサカサしたフケのような湿疹
  • 化膿してジュクジュクした湿疹(黄色い汁が出ることもある)
  • 頭皮にクリーム色の分厚いカサブタが何層も重なって付着する湿疹

乳児脂漏性湿疹ができやすい部位

乳児脂漏性湿疹は、乳児湿疹のうち「主に」首から上の部位にできる湿疹です。

しかし、皮脂腺が多く皮脂がたくさん分泌される部位にできやすいため、頬、おでこ、噛みの生え際、眉間、眉毛、頭皮、耳の周辺、顎の周辺など顔や頭にできることが多いのは確かですが、股や脇の下などにできることもあります。

乳児脂漏性湿疹ができる時期(いつ治る)

皮脂の異常分泌による乳児脂漏性湿疹は、新生児期から生後2~3ヶ月頃までに多く見られ、皮脂の分泌が落ち着くと自然に治まっていきます。

その後も活発な新陳代謝によって出たものが毛穴に詰まるなどして湿疹ができることがありますが、通常は、肌の機能が向上することで生後1歳頃には症状が落ち着きます。

ただし、赤ちゃんがかきむしるなどして症状が悪化した場合、治るまでに時間を要したり、治療が必要になったりすることもあります。

乳児脂漏性湿疹のかゆみについて

乳児脂漏性湿疹には、かゆみや痛みなど赤ちゃんが不快さを感じる刺激はありません。

そのため、湿疹が酷くなっても、ケロッとしている赤ちゃんは多いものです。

ただし、赤ちゃんが爪でかくなど患部に傷ができると、痛みやかゆみが生じることもあります。

スポンサーリンク

乳児脂漏性湿疹のケア(治し方)

乳児脂漏性湿疹のケアの方法について見ていきましょう。

乳児脂漏性湿疹は治る

乳児脂漏性湿疹は、赤ちゃんの肌を清潔に保ってあげていれば、肌のバリア機能が向上することによって自然に治っていきます。

個人差はありますが、早いと生後2~3ヶ月頃、遅くても乳児期に入る頃には治まります。

一方で、乳児脂漏性湿疹の原因は皮脂の異常分泌であり、分泌を抑えることは困難なので、短期間のうちに症状を劇的に改善させることは難しいものです。

そのため、大人の肌トラブルのように早急に治そうとするのではなく、湿疹が悪化しないようケアを続け、自然に治るのを待つことが基本的な対処法となります。

入浴時の乳児脂漏性湿疹のケア

少なくとも1日に1回は赤ちゃんを入浴(沐浴)させて、湿疹の原因となる皮脂の汚れを取り除いてあげましょう。

赤ちゃんの頭を洗うときはベビーソープ(泡立つタイプ)を使い、湿疹ができた部位を中心に泡の力で皮脂汚れを取り除きます。

取れにくいこともありますが、タオルなどでこすると肌を傷つけて症状を悪化させるリスクがあるため、赤ちゃんの肌を泡で優しく撫でるような洗い方を心がけてください。

赤ちゃんにも使用できる無添加石けんなどを泡立てて使うこともできますが、泡立て方が不十分だと石けんの成分が赤ちゃんの肌に残りやすいため、注意してください。

入浴後の乳児脂漏性湿疹のケア

まずは、赤ちゃん用の柔らかく刺激の少ないタオルで顔や身体の水分を十分に拭き取ります。

その後、入浴(沐浴)で失われた水分や油分を適度に補うために、ベビーローションを塗ってあげます。

肌が乾燥すると、普段よりも余計に皮脂が分泌されるため、乳児脂漏性湿疹のケアでは水分と油分を補うことが欠かせません。

ワセリンやベビークリームでも保湿はできますが、べたべたした感触を赤ちゃんが嫌がることがあるため、刺激が少ないベビーローションが安心です。

衣類や寝具を清潔に保つ

乳児期の赤ちゃんは、月齢が低いほど1日の大半を寝て過ごすため、赤ちゃんの肌に触れる衣類、布団、タオルなどにも配慮しなければなりません。

赤ちゃんから分泌された皮脂や汗、口から流れ出た汗、吐き出した母乳やミルクなどで汚れた衣類や布団には雑菌などが繁殖しやすく、それが赤ちゃんの肌に触れることで湿疹が悪化します。

汚れを見つけたらすぐ新しいものに取り換え、赤ちゃんの肌に汚れが付着しないようにしてください。

赤ちゃんの爪のケア

軽度の乳児脂漏性湿疹に痛みやかゆみはありません。

しかし、赤ちゃんが湿疹を気にして触ることはありますし、化膿するなど症状が悪化すると痛みやかゆみが生じることがあります。

そのため、赤ちゃんの爪を短く切り、赤ちゃん用のやすりで尖った部分をなくしてあげましょう。

ミトン(手袋)の着用を勧める記事が散見されますが、素手で物に触れる機会を奪うことはあかちゃんの成長にとって良い影響は与えないため、控えてください。

大人のニキビ薬は使用しない

大人用に湿疹の薬は、赤ちゃんには刺激が強すぎます。

健康被害が出るリスクがあるため、使用しないでください。

乳児脂漏性湿疹で病院を受診する目安

乳児脂漏性湿疹の患部が化膿してジュクジュクになり、黄色い汁がたれだすような場合、二次感染のリスクを考えなければなりません。

化膿するまで症状が悪化すると家庭でのケアは難しいため、早めに病院を受診させて抗生物質や抗生物質が入った軟膏を処方してもらい、用法用量を守って使用してください。

まとめ

乳児脂漏性湿疹は、新生児期から生後1歳前後までにできる乳児湿疹です。

皮脂の異常分泌が落ち着く生後2~3ヶ月頃までが特にひどく、その後は、皮脂の分泌が落ち着くとともに肌の機能が向上するにつれて症状が和らぎ、生後1歳頃には自然に治ります。

こまめな肌ケアにより赤ちゃんの肌を清潔に保ち、症状が自然に落ち着くのを待つのが基本的な対応ですが、化膿してジュクジュクになった場合は、病院で治療を受けさせてあげましょう。

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 赤ちゃん 風邪 発熱 下痢 咳 鼻水 鼻づまり
  4. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  5. 赤ちゃん 医療費控除 申請 計算 対象
  6. 赤ちゃん 自閉症 症状 兆候
  7. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  8. カンガルーケア 赤ちゃん
  9. 発達障害 図 自閉症
  10. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害

facebookページ

ページ上部へ戻る