新生児ニキビの原因は?黄色い汁はいつ治る?治し方はワセリンで保湿?

新生児にきび

新生児にもニキビができることを知っていますか。

ニキビといえば思春期の男女が悩まされる肌トラブルとして有名ですが、実は、生まれたばかりの赤ちゃんの頬やおでこなどにも似た症状が現れることがあります。

新生児期の赤ちゃんのお世話で気を遣うことの一つが、肌トラブルのケアです。

赤ちゃんの肌トラブルには、乳児脂漏性湿疹、あせも、乳児脂肪冠、アトピー性皮膚炎などがありますが、新生児ニキビもその一つです。

新生児ニキビは、生まれたばかりの赤ちゃんに起こりやすい肌トラブルの一つで、「新生児にニキビができるなんて。」と驚くお父さんお母さんも多いものです。

新生児ニキビはどうしてでき、どのようにケアすれば良いのでしょうか。

また、頭皮の肌トラブルとしては乳児脂漏性湿疹が有名ですが、新生児ニキビとの違いは何なのでしょうか。

この記事では、新生児ニキビの概要、乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹・乳児脂肪冠との違い、新生児ニキビの原因、症状、家庭におけるケアの方法について紹介します。

新生児ニキビとは

新生児ニキビとは、乳児湿疹の一つで、新生児期から赤ちゃんの顔にできるニキビのことです。

医学的には脂漏性皮膚炎という名称で呼ばれていますが、思春期のニキビと似た症状が現れることから、一般的には新生児ニキビという呼び方が定着しています。

新生児や乳児の肌は「つるつる」で「すべすべ」というイメージを持っている人が多いと思いますが、実際は、生まれたばかりの頃から様々な肌トラブルに悩まされています。

新生児ニキビは、赤ちゃんの頬やおでこなどにできるため目立ちますし、赤ちゃんを抱っこしたりほおずりしたりするときにも気になることが多いものです。

新生児ニキビと乳児湿疹、乳児脂漏性湿疹、乳児脂肪冠(頭皮の肌荒れ)

赤ちゃんの湿疹に関する単語には、新生児ニキビ以外にも乳児湿疹、乳児脂漏性湿疹、乳児脂肪冠があります。

新生児ニキビと乳児湿疹

乳児湿疹とは、新生児期から乳児期にかけて赤ちゃんの顔や頭、身体などにできる湿疹の総称です。

新生児ニキビの他、乳児脂漏性湿疹、あせも、アトピーなども乳児湿疹とまとめられることがあります。

乳児湿疹は、湿疹が現れる部位、種類(ブツブツ、カサカサ、ジュクジュクなど)、肌トラブルの程度、継続期間などの個人差が大きい上に、複数の湿疹が同時にできることもあります。

そのため、明確に区別することが困難なことが多くなっています。

実際、赤ちゃんの湿疹を診てもらうために複数の病院を受診させると、同じ症状に対して乳児湿疹、乳児脂漏性湿疹、あせも、新生児ニキビなど異なる診断をされることがあります。

関連記事

乳児湿疹はいつからいつまで?ガサガサ肌のケアはどうする?

新生児ニキビと乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹とは、乳児湿疹の一つで、顔や頭など首より上にできる湿疹のことです。

乳児脂漏性湿疹は、頭皮やおでこなどにカサカサしたフケのような湿疹ができたり、頭皮に魚の鱗のような湿疹ができたりするなど、赤ちゃんの体質や皮膚の頑丈さなどで症状の現れ方が異なります。

通常、痛みやかゆみはなく、沐浴・入浴時に頭皮のケアをしていれば、乳児期のうちに自然に消失していきます。

関連記事

赤ちゃん(乳児)の脂漏性湿疹とは?原因、症状とケア方法は?

新生児ニキビと乳児脂肪冠(頭皮の肌荒れ)

乳児脂肪冠(にゅうじしぼうかん)とは、新生児期から生後2~3ヶ月頃の間に赤ちゃんの頭皮に見られる肌荒れのことです。

皮脂の異常分泌が原因で頭皮にフケや魚の鱗(うろこ)に似たカサブタができ、何層にも積み重なるのが特徴です。

痛みやかゆみはありませんが、放置すると古くなったカサブタが剥がれ落ち、赤ちゃんの衣類や布団に付着することがあります。

新生児ニキビと乳児脂肪冠は、いずれも乳児湿疹の一つですが、湿疹ができる部位や湿疹の種類が異っています。

関連記事

乳児脂肪冠とは?赤ちゃんの頭皮の肌荒れの原因、症状、ケアは?

新生児ニキビの原因

生まれたばかりの赤ちゃんは、胎内にいた頃のホルモンの影響で皮脂が異常に分泌される上、新陳代謝も活発です。

一方で、赤ちゃんの皮膚は毛穴などの機能が未成熟です。

そのため、異常分泌された皮脂や新陳代謝で出たものが肌の表面や毛穴に溜まって詰まり、新生児ニキビの原因となります。

ホルモンや毛穴の未成熟が原因であるため、肌のケアをしていても新生児ニキビができる赤ちゃんはたくさんいます。

新生児ニキビの症状(黄色い汁など)

新生児ニキビの症状は、思春期の男女にできるニキビと同じで、頬、おでこに白い芯のあるポツポツしたニキビができます。

赤ちゃんが患部をかいたりこすったりすることや、布団やタオルでこすれることなどで炎症を起こすと、赤く腫れてブツブツした状態になったり、化膿してジュクジュクした状態になり、黄色い汁がたれたりすることがあります。

新生児ニキビができやすい部位

頬やおでこです。

体質や皮膚の丈夫さによっては、頭皮に新生児ニキビと乳児脂肪冠が同時にできることもあります。

新生児ニキビができる時期(いつ治る)

新生児ニキビができやすい時期は、生後2週(新生児期)から生後2~3ヶ月頃が一般的です。

新生児ニキビの原因の一つである皮脂の異常分泌が生後2~3ヶ月頃には落ち着くため、その後は新生児ニキビの症状も和らいでいきます。

ただし、赤く腫れたり、化膿して黄色い汁がたれたりしている場合、症状が長引いたり、別の湿疹などが発症したりすることがあります。

新生児ニキビのかゆみについて

新生児ニキビそのものにかゆみはありません。

しかし、赤ちゃんがニキビを気にしてかいたりこすったりすることで傷ができると、痒みや痛みを伴うことがあります。

スポンサーリンク

新生児ニキビのケア

新生児ニキビの原因は、新生児期から低月齢の時期に特有の皮脂の過剰分泌であり、通常は、皮脂の分泌が落ち着くと症状も自然に和らいでいきます。

しかし、衣擦れや赤ちゃんが触ることなどで症状が悪化し、赤く腫れたり化膿したりすると症状が長引き、新生児ニキビの跡が残ることもあります。

そのため、新生児ニキビができた部位を中心に、赤ちゃんの肌を清潔に保ってあげるケアが大切になります。

新生児ニキビのケアは、入浴時に皮脂汚れを取り除いて保湿するとともに、赤ちゃんの爪や肌に触れる物にも配慮する必要があります。

入浴時の新生児ニキビのケア

1日に1度は沐浴・入浴させ、皮脂汚れを取り除くことが大切です。

泡立つタイプのベビーソープを使用し、新生児ニキビのできた部位を中心に優しく洗い、皮脂汚れを取り除いてあげます。

タオルなどでゴシゴシこすると肌が傷んで症状が悪化するため、泡を赤ちゃんの顔に乗せて撫でるように優しく洗ってあげてください。

石けんを泡立てて使う方法もありますが、十分に泡立てて十分に洗い流さないと別の湿疹の原因になることがあるため、泡立つタイプの洗い流しやすいタイプのベビーソープがおすすめです。

入浴後の新生児ニキビのケア

入浴後は、新生児ニキビを刺激しないよう、柔らかいタオルで優しく水分を拭き取ってあげましょう。

「肌を乾燥させた方が良いのではないか。」と思うかもしれませんが、肌の水分や油分が不足すると、赤ちゃんの身体が余計に皮脂を分泌させようとします。

そのため、皮脂を洗い流した清潔な状態でベビーローションを塗り、適度な水分と油分を補ってあげることが大切です。

ワセリンやベビークリームも保湿にはなりますが、赤ちゃんがベタベタした感触を気にして触ることがあるため、水分を含んでいて刺激が少ないベビーローションがおすすめです。

赤ちゃんの肌に触れる物に気をつける(衣類や寝具)

新生児ニキビができる新生児期から生後2~3ヶ月頃の赤ちゃんは、1日の大半を寝て過ごします。

そのため、新生児ニキビのケアには、赤ちゃんの肌に触れる物に配慮することも大切です。

衣類や布団・ベビーベッドなどは、赤ちゃんから分泌された皮脂や汗、口から流れ出た汗、吐き出した母乳やミルクなどで汚れやすいものです。

汚れを放置すると雑菌などが繁殖し、それが赤ちゃんの肌に触れて新生児ニキビの症状を悪化させるリスクがあります。

こまめに着替えさせたりシーツを交換したりすることで、赤ちゃんの身の回りを清潔に保ってあげましょう。

また、赤ちゃんの肌に触れるタオルなども、刺激が少ない赤ちゃん専用の物を選ぶことで、より赤ちゃんの肌を守ることができます。

赤ちゃんの爪のケア

新生児ニキビに痛みやかゆみはありませんが、赤ちゃんがポツポツやブツブツを気にして触れることはあります。

触れても肌が傷つかないよう、赤ちゃんの爪は短く切りそろえ、赤ちゃん用のやすりでまるく整えてあげましょう。

なお、赤ちゃんがかきむしらないようにミトン(手袋)の着用を勧めている記事を見かけることがあります。

しかし、赤ちゃんは、いろいろなものに直接手で触れて感じることで脳を刺激して成長していくものなので、素手で物に触れる機会を奪うことはおすすめできません。

大人のニキビ薬は使用しない

乳児期の赤ちゃんに、大人のニキビ薬を使うことはできません。

大人のニキビ薬にはステロイドが配合されており、大人のニキビには効果がありますが、赤ちゃんの健康には悪影響を及ぼす可能性があるため、絶対に使用しないでください。

新生児ニキビ以外の可能性を考える

生後2週目以前にニキビのような湿疹ができた場合、頭以外に症状が広がった場合、生後3か月を過ぎても症状が治まらない場合は、アレルギーなど別の乳児湿疹の可能性を疑い、早めに小児科を受診してください。

新生児ニキビで病院を受診する目安

新生児ニキビが化膿してジュクジュクになり、黄色い汁がたれるようになった場合、他の部位に二次感染するリスクがあるため、病院を受診させてあげてください。

病院では、抗生物質や抗生物質が入った軟膏が処方されるので、用法用量を守って使用することで対処してください。

まとめ

新生児ニキビは、皮脂の異常分泌が原因で新生児期から生後2~3ヶ月頃にできる乳児湿疹です。

白い芯を持った状態が多いですが、赤ちゃんがかくなどして刺激すると赤いブツブツした状態や、化膿してジュクジュクした状態になり、黄色い汁がたれることもあります。

新生児ニキビは皮脂の異常分泌が落ち着くと自然に和らいでいきますが、症状が悪化しないよう、皮脂汚れの除去、入浴後の保湿、赤ちゃんのかきむしり対策など肌のケアを徹底することが大切です。

また、新生児ニキビのような症状が頭以外に広がった場合などは、他の乳児湿疹の可能性を考えて、小児科を受診させてあげましょう。

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 赤ちゃん 風邪 発熱 下痢 咳 鼻水 鼻づまり
  4. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  5. 赤ちゃん 医療費控除 申請 計算 対象
  6. 赤ちゃん 自閉症 症状 兆候
  7. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  8. カンガルーケア 赤ちゃん
  9. 発達障害 図 自閉症
  10. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害

facebookページ

ページ上部へ戻る