乳児湿疹とは?湿疹の種類、症状はいつ頃まで?カサカサ肌のケア方法は?

乳児湿疹

赤ちゃんの肌は「スベスベ」で「ツヤツヤ」というのは、プレパパやプレママが抱きがちなイメージです。

確かに、本来の赤ちゃんの肌はとても綺麗でスベスベツヤツヤです。

しかし、赤ちゃんの肌はバリア機能が未熟なため、生まれたばかりの頃から様々な肌トラブルが起こります。

乳児期の赤ちゃんの顔、頭皮、体、手足などに見られる湿疹をまとめて乳児湿疹といいます。

乳児湿疹にはどのような症状があり、どのようにケアをすればよいのでしょうか。

この記事では、乳児湿疹の概要、乳児湿疹の種類とその原因や症状、ケアの方法について紹介します。

乳児湿疹(にゅうじしっしん)とは

乳児湿疹とは、新生児期から乳児期までの赤ちゃんの皮膚にできる湿疹の総称です。

乳児期という時期で分類しているため、湿疹ができる部位、湿疹の種類や程度、期間などは様々です。

例えば、おでこにできた白い芯を持ったポツポツ、頭皮にできた何層にも重なり合った鱗状のカサブタ、頬にできた化膿してジュクジュクになった湿疹なども、乳児期の赤ちゃんの顔や身体にできた湿疹であれば、乳児湿疹です。

赤ちゃんの肌のバリア機能は大人と比較して未熟なため、体質や皮膚の丈夫さ、肌ケアの内容などにより差はありますが、ほとんどの赤ちゃんが1度は乳児湿疹を経験するものです。

乳児湿疹はいつから、いつ頃まで

乳児湿疹が見られる時期について確認しておきましょう。

乳児湿疹はいつから

乳児湿疹ができ始めるのは、早ければ生後2週頃からです。

生後2週頃から生後2~3ヶ月頃までは、皮脂の異常分泌を原因とする脂漏性の湿疹が多くなっています。

皮脂の異常分泌が落ち着く生後2~3ヶ月以降は、乾燥や蒸れによる湿疹などが目立つようになります。

乳児湿疹はいつ頃まで

湿疹の種類によりますが、湿疹の多くは生後1歳頃までに自然に治ります。

個人差はありますが、生後1歳前後には肌のバリア機能が向上しており、多少の刺激を受けても湿疹ができにくくなります。

ただし、赤ちゃんがかきむしるなどして症状が悪化した場合、乳児期以降も湿疹が残り、治療を受けさせる必要が生じることもあります。

乳児湿疹の原因

しかし、皮膚のバリア機能は大人と比較すると未成熟で、毛穴も十分に機能していません。

そのため、大量に分泌された皮脂や新陳代謝による古い皮膚などが毛穴に溜まったり皮膚の表面に残ったりし、さらに汗とも混ざり合うことで乳児湿疹を起こします。

生後2~3ヶ月以降の乳児湿疹の原因

生後2~3ヶ月頃には皮脂の分泌が落ち着き、皮脂が原因で湿疹ができることは少なくなります。

しかし、赤ちゃんの皮膚は、大人と比較すると約2分の1の厚さしかなく水分を留めておく機能が不十分なので、異常分泌が落ち着いた後は一気に乾燥します。

カサカサの乾燥肌になると、ただでさえ未熟なバリア機能がさらに低下し、ちょっとした刺激で皮膚が反応して湿疹ができるようになります。

スポンサーリンク

乳児湿疹の種類

乳児湿疹の主な種類は、以下のとおりです。

  • 乳児脂漏性湿疹
  • 乳児脂肪冠
  • 新生児ニキビ
  • あせも
  • おむつかぶれ

乳児湿疹の種類:乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹とは、新生児期から生後2~3ヶ月の赤ちゃんに見られる、首から上の部位を中心にできる湿疹です。

乳児脂漏性湿疹の主な症状は、以下のとおりです。

  • カサカサしたフケのような湿疹
  • 化膿してジュクジュクした湿疹(黄色い汁が出ることもある)
  • 頭皮にクリーム色の分厚いカサブタが何層も重なって付着する湿疹

皮脂腺が多い部位にできやすく、頭皮、髪の生え際、眉毛などに湿疹ができることが多いですが、脇の下や股にできることもあります。

かゆみや痛みはありませんが、乳児脂漏性湿疹を放置すると、古くなった皮脂が皮膚から剥がれ落ちて衣類や布団を汚したり、炎症を起こして赤く腫れあがったり、化膿してジュクジュクになり黄色い汁がたれたりします。

関連記事

乳児脂漏性湿疹(皮膚炎)の原因は?顔や頭皮の黄色い汁・湿疹の治し方は?

乳児湿疹の種類:乳児脂肪冠(にゅうじしぼうかん、頭皮の肌荒れ)

乳児脂肪冠とは、新生児期から生後2~3ヶ月頃の赤ちゃんの頭皮が荒れた状態のことです。

乳児脂肪冠は、乳児脂漏性湿疹のうち頭皮に湿疹ができた状態のことで、主な症状は、頭皮にカサカサしたフケのような湿疹ができたり、クリーム色のカサブタが何層にも重なったりすることです。

かゆみや痛みはありませんが、放置すると古くなった皮脂が皮膚から剥がれ落ちて衣類や布団を汚してしまいます。

また、赤ちゃんがカサブタの感触を気にして触り、爪で頭皮を傷つけるなどすると、傷口から雑菌が入り込んで化膿したりすることもあります。

関連記事

乳児脂肪冠とは?赤ちゃんの頭皮の肌荒れの原因、症状、ケアは?

乳児湿疹の種類:新生児にきび

新生児ニキビとは、新生児期から生後2~3ヶ月頃の赤ちゃんの頬やおでこなどにできるニキビです。

医学的には脂漏性皮膚炎という名称で呼ばれていますが、一般的には新生児ニキビという呼ばれています。

新生児ニキビは、思春期にできるニキビに似た白い芯を持つポツポツが頬、おでこにできます。

患部を刺激すると炎症を起こして赤く腫れたり、化膿してジュクジュクになり、黄色い汁がたれたりします。

かゆみや痛みはありませんが、感触を気にした赤ちゃんが触ってしまうことがあります。

関連記事

新生児ニキビの原因は?黄色い汁はいつ治る?治し方はワセリンで保湿?

乳児湿疹の種類:あせも(汗疹)

あせもとは、垢や汗が皮膚の汗腺に詰まり、分泌された汗が皮膚の内側に溜まることにより、皮膚に炎症や発疹ができる皮膚トラブルです。

夏場の暑い時期などにたくさん汗をかいた後に起こりやすいですが、春・秋・冬でも室温や湿度が高すぎたり、厚着をさせ過ぎたりすることであせもができることがあります。

首周り、手足のくびれ、脇の下、肘や膝の裏など、汗腺が集中する部位や皮膚と皮膚が重なり合う部位にできやすく、主に以下のような種類があります。

  • 水晶様汗疹(すいしょうようかんしん):かゆみや痛みのない透明または白い水泡(1~3mm程度)ができる
  • 紅色汗疹(こうしょくかんしん):強いかゆみや痛みのある、炎症を伴う丘疹(きゅうしん、皮膚が盛り上がる発疹)ができる

水晶様汗疹は、かゆみや痛みもなく、家庭で肌のケアを続けることで自然に治ることが多いものです。

紅色汗疹は、痒みや痛みが強く、赤ちゃんが患部をかきむしって症状を悪化させやすいあせもで、「あせものより(多発性汗腺膿瘍)」や「とびひ」になることもあります。

  • あせものより(多発性汗腺膿瘍):あせもができた部位の感染に細菌が感染して化膿した状態で、患部が膿、痛み、発熱、リンパ節の腫れなどの症状がある。
  • とびひ(伝染性膿痂疹):あせもができた部位に細菌が感染し、膿疱(膿汁の溜まる水疱)と膿痂疹(カサブタのできる皮膚の病変)ができた状態で、広範囲に症状が広がる

関連記事

あせもとは?赤ちゃんのあせもの原因、症状、ケア方法は?

乳児湿疹の種類:おむつかぶれ(おむつ皮膚炎)

おむつかぶれとは、お尻、腰周り、足の付け根などオムツが触れている部位がおしっこやうんちの刺激によって炎症を起こした状態です。

正式名称はおむつ皮膚炎ですが、一般的にはおむつかぶれという呼び方が定着しています。

紅色汗疹(赤いあせも)に似たブツブツした湿疹ができます。

放置すると、おしり全体に症状が広がり、おしりの皮がむけて痛みを生じることもあります。

夏場の暑い時期だけでなく、厚着させすぎや室温や湿度が高い環境で過ごさせるなど汗をたくさんかく状況で発症しやすく、症状があせもと似ているため、医師でも区別が難しいことがあります。

おむつかぶれのサインは、以下のとおりです。

  • おしりをふくと、赤ちゃんが痛がって泣き出す
  • 湯船につけた瞬間、赤ちゃんが泣き出す
  • 赤ちゃんがおしりをかゆがる
  • おむつを替えるときにおしりをむずむずさせる

関連記事

赤ちゃんのおむつかぶれの原因と対処方法は?病院へ行く?

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、アトピー素因を持つ人に生じやすい慢性の湿疹です。

アトピー素因とは、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、結膜炎、気管支ぜんそくなどを起こしやすい体質のことです。

アトピー性皮膚炎は、顔、頭、耳、手足などに強いかゆみを伴う赤い湿疹ができ、症状が改善したり悪化したりすることを繰り返すのが特徴です。

乳児のアトピー性皮膚炎の主な特徴は、以下のとおりです。

  • 家族にアトピー素因がある確率が高い
  • 生後1~2ヶ月頃から顔や頭に湿疹が見られ、時間の経過とともに、顔だけではなく体や手足にも広がることが多い
  • 湿疹は改善と悪化を繰り返して、生後1~2歳前後には消失することが多い
  • 肌がジュクジュクするだけではなく、乾燥してカサカサになることもある

アトピー性皮膚炎の湿疹と乳児湿疹の湿疹を区別するのは難しく、症状の改善と悪化が繰り返されるか否か、アトピー素因の家族がいるか否かなどを確認して判断されます。

関連記事

アトピー性皮膚炎とは?原因と症状は?治療で完治する?

湿疹と突発性発疹

乳児期の赤ちゃんは、突発性発疹を発症することがあります。

突発性発疹とは、ヒトヘルペスウィルスなどへの感染が原因で起こる発疹性の感染症です。

生後6ヶ月頃から生後2歳頃にかけて発症しやすい病気です。

発症すると、急に38度以上の高熱が出て3~5日間継続します。

その後、熱が下がるのと同時に首や体幹部分を中心に薄い赤色の発疹ができて手足にまで広がりますが、1~2日で消失します。

突発性発疹で赤ちゃんの身体にできる発疹は、乳児湿疹の症状に似ており、発疹を見るだけでは湿疹との区別がつきにくいものです。

関連記事

突発性発疹の原因は?症状は発熱と不機嫌?感染経路と治療は?外出と風呂は?

乳児湿疹のケア

通常、乳児湿疹の症状は、皮脂の異常分泌が落ち着き、赤ちゃんの肌の機能が向上するなど湿疹の原因が解消することで自然に治ります。

しかし、赤ちゃんが患部をかきむしるなどして症状が悪化すると、湿疹の直りが遅くなったり、より重い病気にかかったりするリスクが高くなります。

そのため、赤ちゃんの肌に乳児湿疹ができた場合、湿疹が自然に治るまで、症状が悪化しないよう肌のケアを継続することが大切です。

以下、乳児湿疹の基本的なケア方法について見ていきましょう。

赤ちゃんの肌を清潔に保つ

乳児期の赤ちゃんは、新陳代謝が活発な上に、新生児期から生後2~3ヶ月頃までは皮脂が過剰に分泌されています。

また、大人と同じ数の汗腺があり、汗腺が集中する頭などには大量の汗をかくため、すぐに皮膚が汚れてしまいます。

こまめに赤ちゃんの肌の様子を確認し、濡らしたガーゼで汗を拭き取ったり、入浴(沐浴)させたりして肌を清潔に保つことが大切です。

入浴(沐浴)は、少なくとも1日に1回、夏場の暑い時期や汗をたくさんかいた日には2~3回は赤ちゃんの身体を洗ってあげましょう。

ベビーソープ(泡立つタイプ)を手に取り、湿疹ができた部位を中心に、泡で赤ちゃんの肌を優しくなでるように洗い、皮脂汚れを取り除いてあげます。

取れにくいからといってタオルなどで強くこすると赤ちゃんの肌が傷つき、痛みやかゆみ、細菌感染の原因となるため、止めてください。

関連記事

赤ちゃんをお風呂に入れるときは、お父さんお母さん一緒に

赤ちゃんの肌を保湿する(カサカサ肌のケア)

肌の汚れを落とした後は、赤ちゃんの肌に必要な水分と油分を補い、肌を保湿してあげなければなりません。

「せっかく皮脂を洗い流したのに、油分を補う必要があるのか。」と思うかもしれません。

しかし、私たちの肌は、乾燥すると普段より多く皮脂が分泌されるようになっているため、適度に油分を補って余計な皮脂の分泌を抑えることが大切なのです。

入浴後、赤ちゃんの身体を柔らかいタオルで水分を十分に拭き取った上で、ベビーローションを塗ります。

ワセリンやベビークリームでも保湿は可能ですが、湿疹ができた肌については、水分が多く赤ちゃんの肌への刺激が少ないベビーローションが適しています。

赤ちゃんの肌に触れる物を清潔に保つ

乳児期の赤ちゃんは、月齢が低いほど1日の大半を寝て過ごします。

そのため、赤ちゃんの肌をケアするためには、肌に触れる衣類、布団、タオルなどを清潔に保つことも欠かせません。

赤ちゃんから分泌された皮脂や汗、口から流れ出た汗、吐き出した母乳やミルクなどで汚れた衣類などには菌が繁殖しやすく、それらに触れることで湿疹が悪化してしまうからです。

普段から、衣類をこまめに着替えさせたり、シーツやカバーを取り替えたりすることを意識し、汚れを見つけた場合は新しいものに取り換えるようにしてください。

赤ちゃんの爪のケア

赤ちゃんは、湿疹にかゆみや痛みがなくても、偶然、患部を触ってしまったり、患部の感触が気になって触れたりすることがあります。

爪が伸びていると患部を傷つけ、そこから菌が体内へ入り込んで症状を悪化させることがあるため、赤ちゃんの爪を短く切り、赤ちゃん用のやすりで尖った部分をなくしておくケアも大切です。

ミトン(手袋)の着用については、赤ちゃんが素手で物に触れる機会を奪うことになるため、おすすめできません。

大人のニキビ薬は使用しない

大人用に湿疹の薬はステロイドが配合されていることが多く、赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼすリスクがあります。

使用しないでください。

スポンサーリンク

まとめ

乳児湿疹は、乳児期にできる湿疹の総称で、乳児脂漏性湿疹、乳児脂肪冠、新生児ニキビ、あせも、おむつかぶれなどが含まれています。

皮脂の異常分泌や肌のバリア機能の未成熟が原因で起こることが多いため、それらの原因が解消されるにつれて症状も落ち着いていきます。

しかし、赤ちゃんが患部をかきむしるなどして症状が悪化した場合、湿疹が長引いたり、家庭でのケアでは対処しきれなくなったりする場合もあるため、普段から赤ちゃんの肌のケアに努めることが大切です。