閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  2. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  3. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  4. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  5. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  6. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  7. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  8. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  9. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  10. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
閉じる

乳児期の子育て

生後4ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達は?首がすわる?寝返りは?

赤ちゃん 乳児期 生後4ヶ月

赤ちゃんは、生後3ヶ月頃には、あおむけの状態で顔を正面に向けて両手を触れ合わせたり、足裏を合わせたりして遊ぶようになります。

また、うつぶせの状態で頭を持ち上げたり、お座りの状態で頭や身体をまっすぐ維持したりできるようになっていきます。

自立歩行反射などの原始反射が消失するのも生後3ヶ月頃です。

では、生後4ヶ月頃には、赤ちゃんの運動機能はどのように発達していくのでしょうか?

また、生後4ヶ月頃の発達は、生後4ヶ月頃までと比べてどのような変化があるのでしょうか?

このページでは、生後4ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達について紹介します。

生後4ヶ月の赤ちゃんの姿勢

生後4ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達は、特定の姿勢をとらせた時に、標準的な姿勢や動きを見せるかどうかで確認します。

生後4ヶ月頃の赤ちゃんは、乳児4ヶ月健診(地域によっては3ヶ月健診)を受けます。

4ヶ月健診では、医師が赤ちゃんに色々な姿勢をとらせてみて、運動機能の発達を確認します。

通常、赤ちゃんにとらせる姿勢は、次の4つです。

  • あおむけ(背臥位)
  • うつぶせ(腹臥位)
  • お座り(座位)
  • 立つ(立位)

スポンサーリンク

生後4ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:あおむけ(背臥位)

あおむけは、赤ちゃんの基本姿勢です。

手で身体をあちこち触れる

赤ちゃんは、生後2ヶ月頃から指しゃぶりを始め、生後3ヶ月頃から両手を触れ合わせる遊びを覚え、生後4ヶ月頃には、口や手以外の身体の部位を触るようになります。

また、両足を曲げた状態でしっかり持ち上げられるようになり、両手で両膝を触る動きを覚えます。

ハンドリーガード、手と口の協調

ハンドリガードとは、赤ちゃんが自分の手を顔の前に持ってきて見つめる行動です。

略して「ハンリガ」と呼ばれることもあります。

また、手や、手に持った物を口に入れるのに合わせて口をモグモグ動かすという、口と手の協調も確認できます。

関連ページ

ママ用語・今時育児用語一覧!ワンオペ、ハツマタ、ワーママ、姫・王子とは?

左右非対称な動きとバランス

片方の手を口に入れ、もう片方の手を前に伸ばすというように、左右非対称な動きも見られます。

生後1ヶ月頃まで見られた非対称性緊張性頸反射とは異なり、赤ちゃんが自分で左右非対称な動きをしています。

また左右非対称な動きによって重心が移動しても、手足を動かしてバランスを保つこともでき始めると考えられています。

身体を横に向けることができる

原始反射に頼らずに非対称的な動きもできるようになります。

代表的なのが、身体を横に向ける動きです。

片方の足で床を押し、身体を反り返らせるようにして、床を押した足とは反対側に身体を向けることができるようになります。

生後3ヶ月頃まではあおむけのままで、顔を左右に向けたり、両手両足を動かしたりするのがやっとでしたが、生後4ヶ月頃には、身体を左右に動かすことができるようになるのです。

偶然、寝返りすることもある

身体を横に向ける動きを繰り返すうちに、勢い余ってコロンとひっくり返ることがあります。

赤ちゃんが初めて自力で行う寝返りです。

生後4ヶ月頃の寝返りは、通常の寝返りに比べると動きがぎこちない上に、非対称性緊張性頸反射などの影響を受けて、寝返りした側の腕が体の下敷きになることが多いものです。

また、寝返りでうつぶせになった状態から元に戻ることができないため、窒息などの危険が高まります。

赤ちゃんが偶然であっても寝返りを始めたら、知らないうちに寝返りしてしまわないようにする工夫が必要になります。

関連ページ

赤ちゃんの寝返りはいつから(生後○ヶ月)?練習法は?寝返り返りとは?


スポンサーリンク

生後4ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:うつぶせ(腹臥位)

生後4ヶ月の赤ちゃんは、首すわりが完成し、頭をしっかりと持ち上げたり、頭を左右に動かして広い範囲を見渡せるようになります。

上半身を両腕と両肘で支える

生後4ヶ月頃の赤ちゃんは、首や身体の筋力が向上し、両腕と両肘を立てて上半身を起こすことができるようになります。

頭をしっかり持ち上げて、広い範囲を見渡せる

両腕と両肘で上半身を持ち上げた状態で頭をしっかり持ち上げ、その状態を維持できるようになります。

また、頭を持ち上げた状態で顔を左右に向けて、周囲を見渡すこともできます。

それにより、動く物を目で追う(追視)ことができる範囲も一気に広がり、周囲の人や物に対する関心も高まっていきます。

重心を移動させる

興味のある物に近づこうとすることもあります。

腕や肩、身体の筋力が向上し、重心を身体の中心から左右に移せるようになりますが、重心をうまく移せずにバランスを崩して横に転がることも多いものです。

生後4ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:お座り(座位)

生後4ヶ月の赤ちゃんは、まだ自力でお座りするのは困難なので、周囲の大人が身体を支えてあげる必要があります。

乳児4ヶ月健診(地域によっては3ヶ月健診)では、医師が赤ちゃんにお座りの姿勢をとらせて、運動機能の発達を確認します。

身体が曲がらず、顔が前を向く

生後3ヶ月頃よりも、身体を曲げずに起こし状態でいられる時間が延びます。

また、首すわりが完成すると、頭をしっかりと持ち上げて、顔をまっすぐ前に向けていられるようになります。

あおむけの状態から引き起こすと、頭がついてくる

赤ちゃんをあおむけに寝かせた状態で、赤ちゃんの両腕を持って引き起こすと、頭が後ろに垂れることなくついてきます。

短い時間なら腕で身体を支える

数秒間ではありますが、手の平を床につけて身体を支え、お座りの状態を維持することができるようになります。

ただし、失敗して転ぶことも多いので注意が必要です。

生後4ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:立つ(立位)

4ヶ月健診(地域によっては3ヶ月健診)では、医師が赤ちゃんの両わきを支えて立たせ、姿勢や動きを確認します。

原始反射に頼らずに両足を伸ばす

赤ちゃんは、生後1ヶ月頃には原始反射によって足を伸ばして身体を支える動きを見せますが、生後2ヶ月頃に原始反射が消失し、生後3ヶ月頃に立たせようとすると足を曲げるようになります。

生後4ヶ月頃には、原始反射に頼らずに足を伸ばすようになります。

ただし、自力で身体を支えるのは困難です。

スポンサーリンク

まとめ

生後4ヶ月は、首すわりが完成し、身体の筋力も向上して、赤ちゃんの動きが一気に増えていく時期です。

もちろん、生後4ヶ月にいきなり新しい動きを覚えるのではなく、生後3ヶ月頃までに積み重ねてきたものが目に見える形で表れてきているのです。

そして、生後4ヶ月でできるようになった動きは、生後5ヶ月以降の発達につながっていきます。

できることが増える反面、ケガや事故の危険も高まります。

例えば、偶然寝返りを覚えた赤ちゃんが、親がそばにいない時に寝返りをして元に戻れなくなり、シーツやタオルなどで窒息するという事故は後を絶ちません。

親としては、赤ちゃんの発達に応じて室内環境を整え、ケガや事故に備えておくことが求められます。

なお、4ヶ月健診は実施されますが、医師も、赤ちゃんの発達を100%把握できるわけではありません。

赤ちゃんの発達の異常に一番気づくことができるのは、日常的にお世話をしているお父さんお母さんです。

赤ちゃんの発達について気になることがある場合は、小児科や保健センターにこまめに相談する習慣をつけておきましょう。

ページ上部へ戻る