閉じる
  1. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  2. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  3. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  4. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  5. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  6. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  7. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  8. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  9. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  10. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
閉じる

乳児期の子育て

生後1ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達は?脳性麻痺と低緊張児の見分け方は?

生後1ヶ月 赤ちゃん 運動機能 発達

赤ちゃんは、生まれたての頃から五感が発達しており、周囲の刺激を敏感に感じ取ることができる一方で、運動発達は非常に未熟で、自力で手足を動かすこともままなりません。

では、生後1ヶ月頃になると、赤ちゃんの運動機能はどのように発達しているのでしょうか?

このページでは、生後1ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達と、発達の異常に気付くポイントについて紹介します。

生後1ヶ月の赤ちゃんの姿勢

生後1ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達は、特定の姿勢をとらせた時に、標準的な姿勢や動きを見せるかどうかで確認します。

生後1ヶ月の赤ちゃんは、自力で身体を動かしたり、自分の身体の重さを支えたりするだけの筋力がないので、親に寝かせてもらうか、支えてもらうしか姿勢を変える方法がありません。

乳児一ヶ月健診において、医師が確認する姿勢は、以下の4つです。

  • あおむけ(背臥位)
  • うつぶせ(腹臥位)
  • お座り(座位)
  • 立つ(立位)

それぞれの姿勢をとらせた時に、赤ちゃんが見せる標準的な姿勢や動きと、異常がある場合の特徴を見ていきましょう。

関連ページ

1ヶ月健診の内容と赤ちゃんの体重は?費用、持ち物は?保険証は必要?

生後1ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:あおむけ(背臥位)

生後1ヶ月の赤ちゃんは、一日の大半をベビーベッドやベビー布団の上であおむけに寝て過ごします。

顔は横を向く

生後1ヶ月の赤ちゃんは、あおむけの状態で頭をまっすぐに保つことが難しいので、左右の一方に顔を向けます。

頭がまっすぐになるように寝かせても、気がつくと左右の一方に向けています。

まっすぐの状態を0度とすると、90度真横を向くのではなく、まっすぐと45度~60度くらいを向いていることが多いものです。

非対称性緊張性頸反射が起こる

非対称性緊張性頸反射とは、赤ちゃんが持って生まれる原始反射の一つで、あおむけに寝ている赤ちゃんが、顔を向けた側の腕と足を伸ばし、反対側の腕と足を曲げる現象です。

頭が左右に動くのに合わせて、腕と足を曲げたり伸ばしたりします。

手はキュッと握っています。

ただし、顔を向けた方の手を口や頬の近くまで持ってきたり、ひざを立てたり、足を持ち上げようとしたりすることもあり、100%原始反射によって動くわけではありません。

関連ページ

非対称性緊張性頸反射とは?消失時期は?消失しないと異常?

脳性麻痺児や低緊張児(フロッピーインファント)の見分け方

あおむけに寝かせた赤ちゃんを見て、脳性麻痺や低緊張に気づくポイントは、以下のとおりです。

脳性麻痺児

  • 顔を横に向ける角度が大きい
  • 両肩が背中側に下がる
  • 両腕をギュッと曲げ、握ったままで手の平を外に向けている
  • 両足を伸ばして内股になる
  • 両手両足が単調な動きを繰り返す

低緊張児

  • 顔を真横に向けている
  • 非対称性緊張性頸反射が弱い(両手両足を外に向けてダランと伸ばしている)
  • 手の指は開いている

スポンサーリンク

生後1ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:うつぶせ(腹臥位)

うつぶせ寝は、乳幼児突然死症候群の関係が指摘されているので、控えてください。

赤ちゃんの運動機能の発達を確認したり、うつぶせの状態に慣れさせたりする目的でうつぶせにする場合は、必ず赤ちゃんのそばで見守り、そば離れたり寝かしつけたりする時はあおむけに戻してあげましょう。

乳児一ヶ月健診では、赤ちゃんの運動機能の発達を見るために、医師が赤ちゃんをうつぶせに寝かせて姿勢や動きを確認します。

胎内にいた頃の姿勢をとろうとする

生後1ヶ月の赤ちゃんをうつぶせに寝かせると、両手両足をギュッと縮め、身体を丸めて、胎内にいた頃の姿勢をとろうとします。

しかし、羊水に浸かっていた胎内と違い、お腹の下には床があり、重力の影響も受けるので、完全に丸まることはできません。

両手両足をギュッと曲げる

両足は、膝がお腹に付くくらいギュッと曲げて身体の真ん中に近づけ、足の指は、床につくか外を向きます。

両腕をギュッと曲げ、握った手を口元や鼻のあたりに持ってきます。

身体が丸まり、お尻が高い位置に来る

両足をギュッと曲げることで身体が丸まります。

骨盤が後ろに下がって腰が丸まり、お尻が高い位置に来ます。

顔は横を向く

あおむけに寝かせた時と同じで、顔は左右どちらかに向けます。

また、うつぶせの状態では、お尻が高い位置にある分だけ頭に体重がかかってしまい、自力で顔の向きを変えることができないことがあります。

膝で床をこする動き

生後1ヶ月の赤ちゃんは、ギュッと曲げた両足を動かし、膝で床をこする動きを見せることがあります。

脳性麻痺児や低緊張児(フロッピーインファント)の見分け方

うつぶせに寝かせた赤ちゃんを見て、脳性麻痺や低緊張に気づくポイントは、以下のとおりです。

脳性麻痺児

  • 両肩が背中側に下がる
  • 身体が丸まらずに伸びている(反り返る)
  • 両腕を曲げ、手の平は握って下に向ける
  • 両足は伸ばして内股になる

低緊張児

  • 両手両足が伸びている
  • お尻が高い位置に来ない
  • 顔が真横を向く

スポンサーリンク

生後1ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:お座り(座位)

生後1ヶ月の赤ちゃんは、自力でお座りすることはできません。

乳児1ヶ月健診では、赤ちゃんの運動機能の発達を見るために、医師が赤ちゃんの身体を支えてお座りの姿勢をとらせます。

しかし、首すわりが完成しておらず、全身の筋肉もお座りの姿勢を維持できるほど発達していないので、家庭ではなるべく控えてください。

前にうなだれる

生後1ヶ月の赤ちゃんは、お座りの姿勢を維持する筋肉がついていないので、骨盤が後ろに下がって身体が曲がり、頭は前に垂れて、うなだれた姿勢になります。

両足は曲がる

両足は筋緊張によって曲がり、身体の真ん中に近づきます。

その結果、身体が不安定になってお座りの姿勢を維持するのが困難になります。

両肩を支える、頭を起こす

頭が前に垂れた状態の赤ちゃんの両肩を支えると、30秒以内にふらつきながらも頭を持ち上げます。

しかし、頭を持ち上げた状態は数秒程度しか維持できず、再び頭が前もしくは後ろに垂れます。

脳性麻痺児や低緊張児(フロッピーインファント)の見分け方

お座りした赤ちゃんを見て、脳性麻痺や低緊張に気づくポイントは、以下のとおりです。

脳性麻痺児

  • 骨盤が大きく後ろに下がり、身体が大きく曲がる
  • 両足を伸ばして内股になっている
  • 両肩を支えても頭を起こすことができず、後ろに垂れたままになる

低緊張児

  • 健常な赤ちゃんより骨盤が後ろ、お尻が前の方に来る
  • 前に大きくうなだれている
  • 両足は、ひざが床に付くくらい開いて曲げている
  • 顔は横向きのまま、頭を垂れている

生後1ヶ月の赤ちゃんの運動機能の発達:立つ(立位)

乳児一ヶ月健診では、医師が赤ちゃんの両わきを支えて立たせ、運動機能の発達を確認します。

家庭においては、お座りと同じくらい危険なので、控えてください。

両足を伸ばして、身体を起こす

生後1ヶ月の赤ちゃんは、医師が両わきを支えて立たせると、両足を伸ばして体を支えようとします。

ただし、筋肉が未熟なので、支えていられるのは数秒から数十秒程度です。

自立歩行反射が起こる

自立歩行反射とは、赤ちゃんが持って生まれる原始反射の一つで、両わきを支えて立たせた状態で身体を前の方へ傾けると、歩き出すかのように足を交互に上げる反射です。

歩行反射、自動歩行とも呼ばれています。

立たせた状態で身体を前の方へ傾けると、自動歩行反射が起こります。

関連ページ

自立歩行反射・自動歩行とは?いつからいつまで?新生児・赤ちゃんが歩く?

脳性麻痺児や低緊張児(フロッピーインファント)の見分け方

両わきを支えて立たせた赤ちゃんを見て、脳性麻痺や低緊張に気づくポイントは、以下のとおりです。

脳性麻痺児

  • 両足を伸ばして内股になり、つま先を伸ばす
  • 身体を前に傾けると、より両足を伸ばして内股になり、つま先を伸ばす(自立歩行反射は見られない)
  • 頭と身体は前にうなだれている

低緊張児

  • 両足を伸ばすが、身体を支える動きは起こらない
  • 身体を前に傾けても自立歩行反射は見られない

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんの運動機能の発達は、月齢を経るにつれて確実に進んでいきます。

健常な赤ちゃんは、原始反射を持って生まれますし、あおむけ、うつぶせ、お座り、立つ姿勢をとらせると、個人差はあるものの、ほぼ同じ姿勢や動きを見せるものです。

そのため、乳幼児健診では、どの赤ちゃんにも同じ姿勢をとらせて、標準的な姿勢や動きが見られるかどうかを見ることで、運動機能の発達や異常の有無を確認することができるのです。

赤ちゃんの発達で心配がある場合は、1ヶ月健診で相談できます。

もし、早急に相談したいことがある場合は、1ヶ月健診を待たずに小児科を受診したり、保健センターを訪ねたりしてみましょう。

ページ上部へ戻る