閉じる
  1. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  2. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  3. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  4. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  5. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  6. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  7. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  8. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  9. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  10. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
閉じる

乳児期の子育て

自立歩行反射・自動歩行とは?いつからいつまで?新生児・赤ちゃんが歩く?

赤ちゃん 自立歩行反射

「赤ちゃんは、新生児の頃から歩く」と聞くと、驚きますか?

人の赤ちゃんは、他の哺乳類よりも運動機能が未熟な状態で生まれてくるもので、生まれたての頃には手足を自分の意思で動かすことすらままなりません。

しかし、新生児の頃から、親に両脇を支えられて立った状態で、足を交互に出すことができます。

これは、赤ちゃんの意思によるものではなく、赤ちゃんが生まれながらに持っている原始反射の一つ「自立歩行反射(自動歩行)」による反応です。

自立歩行反射(自動歩行)とはどのようなもので、どうして、新生児の頃から歩くことができるのでしょうか?

このページでは、自立歩行反射(自動歩行)の概要、出現時期と消失時期(いつから、いつまで)について紹介します。

原始反射とは

赤ちゃんは、運動機能が未熟な状態で生まれてきますが、母乳を飲んだり危険から身を守ったりするための機能を備えているものです。

この機能を原始反射といい、自立歩行反射も原始反射の一つです。

原始反射とは、赤ちゃんが胎外の環境に適応して生きていくために必要な機能です。

反射とは、感覚器から得たある刺激に対してある反応を示すことで、脊髄と脳幹が中枢の役割を果たしています。

原始反射は、健常な赤ちゃんの場合、お母さんの胎内にいる頃に出現して、生まれたての頃から機能し、中脳や大脳皮質など高次の脳が成熟するにつれて消失していきます。

引用:赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?|乳児期の子育て

主な原始反射は、次のとおりです。

  • 交叉伸展反射
  • 屈筋逃避反射
  • 手掌把握反射
  • 足底把握反射
  • バビンスキー反射
  • ギャラン反射
  • 陽性支持反射
  • 台乗せ反射
  • 自立歩行反射
  • 哺乳反射(探索反射、捕捉反射、吸啜反射、嚥下反射)
  • 押し出し反射
  • 引き起こし反射
  • モロー反射
  • 緊張性迷路反射
  • 非対称性緊張性頸反射
  • 対称性緊張性頸反射

自立歩行反射(自動歩行)とは

自立歩行反射とは、①赤ちゃんの両わきを支えて立たせ、②足の裏を床につけさせて、③つま先を突っ張るようにして身体を支える反射を起こさせた状態で、④身体を前方へ傾けると、⑤歩いているように足を交互に出す原始反射です。

③の反射は陽性支持反射といい、これも原始反射の一つです。

英語では「automatic walking」と表記し、歩行反射や自動歩行訳されることもあります。

自立歩行反射は、生まれてすぐに立って歩く動物だった頃の名残で、二足歩行するための基礎となる反射だと考えられています。

また、エコー検査などの発達により、赤ちゃんは胎内にいるうちから自立歩行反射を繰り返していることが分かっています。

陽性支持反射とは

陽性支持反射とは、赤ちゃんの両わきを支えて立たせ、足の裏を床につけさせると、つま先を突っ張るようにして身体を支える原始反射です。

陽性支持反射は、自立歩行反射の前提として出現する反射で、在胎35週頃に出現し、生後2ヶ月頃に自然消失します(生後8ヶ月頃まで残ることもあります)。

消失しない場合は、脳性麻痺などの障害を疑うことになります。

自立歩行反射(自動歩行)はいつから(出現時期)、いつまで(消失時期)

原始反射が現れる時期を出現時期、消えていく時期を消失時期といいます。

自立歩行反射はいつから(出現時期)

自立歩行反射は、胎児の頃(在胎37週頃)に出現し、胎内でも頻繁に反射が起きており、生まれた直後から出現します。

自立歩行反射はいつまで(消失時期)

病気や障害などがない健常な赤ちゃんの場合、生後2ヶ月頃には自然に消失していきます。

以前は、生後5ヶ月頃まで自立歩行反射が出現すると考えられていましたが、最近は生後2ヶ月頃には消失するという考えが一般的になっています。

スポンサーリンク

自立歩行反射(自動歩行)のやり方と注意点

自立歩行反射は、赤ちゃんが歩いているように見えるので、親としては一度は見てみたい反射の一つです。

家庭における自立歩行反射のやり方は、次のとおりです。

  1. 赤ちゃんが安全に歩くことができる場所を準備する
  2. 赤ちゃんの両わきを後ろから支えて立たせる
  3. 赤ちゃんの足の裏を床につけさせる
  4. 陽性支持反射を起こさせる
  5. 赤ちゃんの身体を前方へ傾ける(赤ちゃんが怖がらないようにゆっくり)
  6. 赤ちゃんが、左右の足を交互に出す

布団やソファの上など柔らかい場所だとうまく足を出せないので、つまづきの原因になる物を取り除いたフローリングや畳の上などが適しています。

また、急に身体を傾けると怖がってしまうので、赤ちゃんの様子を見ながらゆっくり傾けてください。

自立歩行反射(自動歩行)を試す時の注意点

自立歩行反射を試す上で注意したいのが、赤ちゃんの身体の状態です。

自立歩行反射が出現する時期の赤ちゃんは、首すわりが完成していません。

また、自分で歩くことはもちろん、自分の体を支えたり、立ったままバランスを保ったりすることはできません。

特に低月齢のうちは、両脇を抱えると頭がグラグラしますし、身体が折れ曲がることもあります。

そのため、自立歩行反射を試す時は、一人が赤ちゃんを抱えて反射を促し、もう一人が赤ちゃんの首の辺りに手を添えてあげるようにしましょう。

自立歩行反射が消失すると、歩けなくなる?

自立歩行反射が消失した後の赤ちゃんは、両わきを抱えて立たせても床に足をつけず、身体を前に傾けても、足を交互に出さなくなります。

そのため、「足を痛めたのではないか。」、「異常があるのではないか。」と不安になる親が少なくありません。

しかし、反射が消失して歩く動作を見せなくなることは異常ではなく、健常な赤ちゃんの多くに見られる現象です。

生後4月頃には、自分の意思で足を床に伸ばして足の裏をつけるようになり、そこから一歩踏み出し、また一歩というように、歩く動作を覚えていきます。

まとめ

自立歩行反射は、人が動物だった頃の名残であり、二足歩行するための基礎となる動きです。

低月齢の赤ちゃんが歩く様子はとてもかわいいので、ついつい試してみたくなるものですが、赤ちゃんの未熟な身体を十分に考慮し、安全面に配慮することを忘れないでください。

自立歩行反射が消失した後は、一旦、床に足をつけることすら難しい時期が訪れるため、親としては「歩くことができなくなった。」と不安になるかもしれませんが、健常な赤ちゃんに見られる正常な過程なので問題はありません。

ページ上部へ戻る