立ち直り反射とは?立ち直り反応に関与するもの、消失する場合の原因は?

乳児期の赤ちゃんに見られる反射には、生まれつき備わった原始反射と、出生後に脳などの発達に伴って獲得される姿勢反射があります。

立ち直り反射は、姿勢反射の一つで、様々な種類があります。

この記事では、立ち直り反射とは、立ち直り反射の出現時期とそれに関与するもの、消失する場合の原因について紹介します。

立ち直り反射とは

立ち直り反射とは、赤ちゃんの姿勢が崩れたときに、頭や身体を元の位置に戻して直立姿勢を保つ反射です。

生まれたばかりの赤ちゃんは、姿勢が崩れると重力の影響を受けて頭から地面に衝突しますが、立ち直り反射を獲得した後は、姿勢が崩れるという刺激に対する反応として、重力に抗って直立姿勢を保とうとする動きが起こります。

立ち直り反射で崩れた姿勢を立て直すことにより、転倒や衝突でケガをしにくくなります。

また、寝返りなどの動きに関与する反射でもあり、赤ちゃんの身体の発達において重要な役割を果たします。

そのため、乳幼児健診(6ヶ月健診や10ヶ月健診など)の検査項目の一つとなっています。

立ち直り反射によって起こる反応を立ち直り反応といいます。

姿勢反射とは

姿勢反射とは、身体の姿勢やバランスを調整したり保持したりする反射です。

体幹や手足の関節の屈伸状態を知覚することでその位置や動きを知覚し、身体の位置、姿勢、運動のバランスを保つ役割を果たします。

姿勢反射は、出生後に大脳皮質や中脳が発達するにつれて獲得されていきます。

引用:姿勢反射とは?姿勢反射の種類と障害は?原始反射との違いは?|乳児期の子育て

姿勢反射には、立ち直り反射以外にも様々な種類があります。

姿勢反射の名称 反応
ランドウ反射 うつ伏せに赤ちゃんのお腹を持って水平に抱っこすると、頭を持ち上げて体幹と足を伸ばす
パラシュート反射 立位またはうつ伏せの赤ちゃんを抱き上げ、頭を下にして急に床へ近づけると、両手を広げる
ステッピング反射 立たせた赤ちゃんの身体を左右に倒すと倒された方向と逆の足を交差させ、前後に倒すと片足を倒された方向に出す
ホッピング反射 立たせた赤ちゃんの身体を前後左右に倒そうとすると、足を出して身体を支える

姿勢反射と原始反射の違い

立ち直り反射と勘違いされやすいのが原始反射です。

原始反射とは、生まれたばかりの赤ちゃんが胎外生活を送るためのサポート機能として、生まれつき備わっている反射です。

通常、原始反射は、赤ちゃんが自分の意思で身体を動せるようになる(随意運動)のと入れ替わりで自然消滅します。

姿勢反射と原始反射の違いは、出現時期と消失の有無です。

出現時期 消失の有無
姿勢反射 出生後 消失しない(一部例外あり)
原始反射 出生時 消失する

関連記事

赤ちゃんの原始反射とは?一覧(種類、出現・消失時期)は?新生児に起こる?

立ち直り反射(反応)に関与するものと出現時期・消失時期

立ち直り反射の中枢は中脳であり、中脳の発達によって反射が獲得されます。

中脳は、姿勢、眼球運動、光に対する反射を司る脳の一部です。

立ち直り反射による姿勢の保持に関与するものとしては、頸筋群の感覚受容器(筋紡錘)、前庭器官(耳石、半規管)、感覚器官としての目などがあり、刺激された部位によって反応と出現時期が異なります。

名称 出現時期 刺激をキャッチする部位
視覚性立ち直り反射 仰向け:3ヶ月頃

お座り:6ヶ月頃

迷路性立ち直り反射 仰向け:3~5ヶ月

うつ伏せ:3~5ヶ月

お座り:6ヶ月頃

前庭器官(耳石、半規管)
頸の立ち直り反射 4~6ヶ月 頸筋群の感覚受容器(筋紡錘)
身体の立ち直り反射 4~6ヶ月 身体の感覚受容器

立ち直り反射の消失時期

立ち直り反射は、種類によって消失するものと生涯残るものがあります。

名称 消失時期
視覚性立ち直り反射 消失しない
迷路性立ち直り反射 5歳頃(消失しないこともある)
頸の立ち直り反射 5歳頃
身体の立ち直り反射 5歳頃

立ち直り反射が出現しない場合

立ち直り反射が消失しない場合、反射を司る中脳の異常を疑うことになります。

立ち直り反射が出現しないと、成長するにつれてケガや事故のリスクが高くなり、日常生活にも支障が及びます。

消失するはずの立ち直り反射が消失しない場合

視覚性立ち直り反射以外は、通常は生後5歳頃に消失します。

生後5歳を過ぎてもこれらの立ち直り反射が消失しない場合、中脳の異常を疑います。

まとめ

立ち直り反射は、姿勢反射の一種で、姿勢が崩れたときに、重力に逆らって頭や身体を元の位置に戻し、直立の姿勢を保つ反射です。

立ち直り反射が獲得されることで、姿勢が崩れても転倒や衝突のリスクが低くなり、また、寝返りなどの動きも獲得されていきます。

姿勢が崩れたことをキャッチする部位によって視覚性、頸筋性、体性、迷路性の4種類に分類されており、それぞれ出現時期や消失時期が異なります。

立ち直り反射が出現しない、または、消失するはずの反射が消失しない場合は、中枢である中脳の異常を疑うことになります。

脳の異常は家庭で対応することはできないため、「おかしいな。」と思ったら早急に病院を受診させ、検査してもらいましょう。

ページ上部へ戻る