ランドウ反射とは?出現時期と消失時期は?姿勢反射の一つ?

ランドウ反射とは 消失

赤ちゃんの反射には、生まれつき備わっている原始反射と、生まれた後に獲得する反射があり、それぞれ出現時期と消失時期や役割が異なります。

ランドウ反射は、赤ちゃんが生まれた後に獲得する反射の一つで、姿勢反射に分類されています。

聴き慣れない人も多いと思いますが、どのような反射なのでしょうか。

また、いつ頃から見られるようになり、いつ消失するのでしょうか。

この記事では、ランドウ反射とは、姿勢反射と原始反射の違い、ランドウ反射の出現時期と消失時期について紹介します。

ランドウ反射とは

ランドウ反射とは、うつ伏せに寝かせた赤ちゃんのお腹を持って抱っこし、身体が床と水平になるようにすると、頭を持ち上げて体幹と足を伸ばす反射です。

赤ちゃんを「高い高い」するときの姿勢と言えば分かりやすいでしょうか。

ランドウ反射は、姿勢反射の一つで、中脳が発達することで出生後に獲得する反射です。

迷路性立ち直り反応、視覚性立ち直り反応、頸の立ち直り反応など他の姿勢反射によって起こる反応が組み合わされているのが特徴です。

ランドウ反射の役割

ランドウ反射自体が何のために起こるかについては、明らかにされていません。

しかし、ランドウ反射が起こると、赤ちゃんの膝や肘が伸び、反応が終わると再び曲がります(赤ちゃんの両手両足は曲げた状態がスタンダードです)。

そのため、反射が起こることで膝や肘の曲げ伸ばしをする動きが獲得され、ズリバイやハイハイ、お座りをするための筋肉がついたり、身体の動かし方を覚えたりするのに効果があると考えられています。

姿勢反射とは

姿勢反射とは、身体の姿勢やバランスを調整したり保持したりする反射です。

体幹や手足の関節の屈伸状態を知覚することでその位置や動きを知覚し、身体の位置、姿勢、運動のバランスを保つ役割を果たします。

姿勢反射は、出生後に大脳皮質や中脳が発達するにつれて獲得されていきます。

引用:姿勢反射とは?姿勢反射の種類と障害は?原始反射との違いは?|乳児期の子育て

ランドウ反射以外の主な姿勢反射は、以下のとおりです。

姿勢反射の名称 出現時期
パラシュート反射 6ヶ月頃
視覚性立ち直り反射 6ヶ月頃
ステッピング反射 9ヶ月頃
ホッピング反射 1歳3ヶ月~1歳6ヶ月

把握反射は、ランドウ反射などの例外はありますが、一度獲得されると生涯反応が見られる物が多くなっています。

姿勢反射と原始反射の違い

ランドウ反射を含む姿勢反射と混同されやすいのが、原始反射です。

原始反射とは、赤ちゃんが胎外生活に適応するサポート機能として出生時に備わっており、脳などの発達に伴って自然消失する反射です。

赤ちゃんに見られる反射としては、モロー反射、手の把握反射、ギャラン反射などを聞いたことがある人が多いと思いますが、いずれも原始反射です。

姿勢反射と原始反射の違いは、以下のとおりです。

出現時期 消失の有無
姿勢反射 出生後 消失しない(一部例外あり)
原始反射 出生時 消失する

ランドウ反射の出現時期と消失時期

ランドウ反射の出現時期と消失時期を確認しましょう。

出現時期

ランドウ反射の出現時期は、生後3ヶ月頃です。

ランドウ反射の原型となる反射は出生後すぐ起こっていますが、一般的には生後3ヶ月頃から出現する反射がランドウ反射と呼ばれています。

ランドウ反射によって起こる反応は、時間の経過とともに変化します。

月齢・年齢 目視できる反応
0~6週 頸部、体幹、手足が軽く曲がる
6週~3ヶ月 頸は水平、体幹と手足は軽く曲がる
6ヶ月~2歳 頸を持ち上げる、体幹と手足は伸びる

消失時期

姿勢反射は、一度獲得されると生涯残る反射が多いですが、ランドウ反射は脳などが発達して随意運動が活発化するにつれて消失します。

ランドウ反射の消失時期は、生後2歳頃と考えられています。

ただし、生後1歳頃までという指摘もあり、見解の相違があります。

ランドウ反射の異常

ランドウ反射は、中脳レベルで起こる姿勢反射であり、標準的な出現時期を過ぎても出現しない場合、脳に異常がある可能性が疑われます。

また、反射自体は起こっているものの、筋力が弱くて目視できるレベルの反応がみられないこともあります。

乳幼児健診でもランドウ反射の有無がチェックされますが、家庭で反応が見られないことに気づいたら、その時点で小児科を受診させてください。

まとめ

ランド反射は、中脳の発達によって出生後に獲得される姿勢反射の一つです。

時間の経過とともに反応が変化することや、各種立ち直り反応を組み合わせた反応が見られることが特徴です。

把握反射は、一度獲得されると生涯残るものが多いですが、ランドウ反射は、随意運動が活発になるにつれて生後2歳頃には消失します。

ランドウ反射が見られない場合は、脳や身体に異常がある可能性があるため、早めに小児科を受診させてください。

ランドウ反射は、家庭でも簡単に起こすことができる反射の一つですが、赤ちゃんの安全面には十分留意してください。

ページ上部へ戻る