閉じる
  1. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  2. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  3. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  4. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  5. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  6. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  7. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  8. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  9. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  10. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
閉じる

乳児期の子育て

カテゴリー:発達障害

発達性協調運動障害は、最近注目されるようになってきた発達障害の一つです。「自分で服を脱ぐのが難しい」、「鉛筆で字がうまく書けず、紙が破れてしまう」、「ボールを上手にキャッチしたり投げたりできない」など、日常生活における動作や運動に支…

幼児期の子供が、お父さんお母さんの発した言葉をそのまま口にすることはありませんか?この現象は、反響言語(エコラリア)と呼ばれており、自閉症などの発達障害や、脳の障害に起因する言語障害によって起こる症状の一つです。このページで…

発達障害や精神疾患の診断に関するマニュアルはいくつもありますが、もっとも有名で世界的に使用されているのがDSMです。DSMは、DSM-Ⅰの出版以降、発達障害などに関する新たな知見や研究結果を参考にして改定が繰り返されており、現在は、…

子供が、文字を左右反対に書くことはありませんか?例えば、平仮名の「く」を「>」と書いたり、「し」を「J」と書いたりといった感じです。1つや2つなら「書き間違え」で済みますが、いつも左右反対に書いていると心配になってしまいます…

発達障害を持つ子供の子育てには、発達障害を持たない子どもへの子育てにはない悩みや不安があり、それは時に大きなストレスになって親にのしかかってきます。ストレスで余裕をなくすと、子どもの行動を冷静に受け止められず、つい頭ごなしに叱りつけ…

療育手帳を知っていますか?療育手帳は、障害者手帳の一種で、知的障害の人が申請することで発行されます。「障害がある事実と直面させられる。」、「障害者というレッテルを貼られることになる。」といった気持ちの面から申請に消極的な親が…

発達障害は根治法が確立されていません。そのため、発達障害の子供への対応としては、社会で生きにくさを感じず、不適応を起こさずに自立した生活を送れるようにトレーニングを行うことになります。発達障害の子供のトレーニングとして効果的…

小児期崩壊性障害という発達障害を知っていますか?小児期崩壊性障害は、順調に育っているように見えた子供が、ある時期を境に退行していき、最終的には重度の自閉状態になってしまう障害です。このページでは、小児期崩壊性障害の概要、特徴…

トゥレット症候群(トゥレット障害)という発達障害を知っていますか?トゥレット症候群は、精神・神経疾患多様な運動チックと1つ以上の音声チックが1年以上持続した場合に診断される精神・神経疾患です。トゥレット症候群の認知度は高いとは言えず…

レット症候群という障害を知っていますか?レット症候群は、女の子のみが発症し、一度獲得した能力が徐々に失われていく病気です。親にとっては、日に日に新しいことを覚えていた子どもが、ある時期を境に退行していく姿を目の当たりにするこ…

発達障害は、早期発見・早期療育が大切です。「子どもが発達障害かもしれない。」と思ったら、早めに子どもに病院や専門機関を受診させ、必要に応じて療育を受けさせることで、発達障害の諸症状が日常生活に及ぼす影響を最小限に抑えることができます…

昔は、知能などに遅れがある障害を精神薄弱や精神遅滞と呼んでいましたが、約20年前に知的障害(知的発達障害の略)という言葉が使われるようになり、一般社会にも広まっています。しかし、知的障害とはどのような障害で、原因、症状、特徴は何かな…

学習障害(LD)は、発達障害という概念が社会一般に知られるようになるにつれて、教育現場を中心として注目を集めるようになった発達障害です。通常、どんな学校にも一定数の学習障害の生徒がいるのですが、適切な対応がなされないままになったり、…

発達障害に詳しくなくても、注意欠陥多動性障害やADHDという名称を聞いたことはあることがあるでしょう。ADHD(注意欠陥多動性障害)は、発達障害の中でもよく知られた障害の一つで、幼児期以降の集団生活場面において、落ち着きのなさ、不注…

発達障害の中でも良く知られている障害の一つが、アスペルガー症候群(DSM-5では自閉症スペクトラム障害に含まれる)です。アスペルガー症候群は、「高名な学者や研究者にアスペルガー症候群が多い。」という噂が広まったこともさることながら、…

発達障害の概念や特徴が、世間一般に知られるようになってきました。中でも、自閉症(自閉症スペクトラム障害)は、乳幼児期や学童期の子どもを持つ親なら一度は聞いたことがあるでしょう。自閉症をはじめとする発達障害の社会的な認知度が高…

赤ちゃんや子どもの発達は、認知、学習、運動、言語などいくつかの領域に分けることができます。発達障害とは、生まれつきの脳の機能不全により、発達の領域のうちの1つもしくは複数が障害されている状態なので、発達障害について正しく理解するには…

発達障害という言葉は社会に浸透してきましたが、発達障害について正しく理解している人はまだまだ多くはありません。発達障害についての誤解には、「発達障害は自然に治る。」、「発達障害がある人は一生発達しない。」、「子どもの性格や親の育て方…

発達障害にはたくさん種類があり、乳児期の赤ちゃんや幼児期の子どもに見られる特徴や症状も実に様々です。一人の子どもが複数の発達障害を抱えていることも多く、同じ診断を受けていても特徴や症状、日常生活への支障の程度、支援の方法などは一人ひ…

発達障害は、医療や教育の現場では以前から注目されていましたが、最近はニュースなどでも取り上げられる機会も増えて社会的な認知度が向上しました。その結果、発達障害と診断された大人や子どもの多くに、赤ちゃんの頃から発達障害の特徴や兆候が見…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る