閉じる
  1. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  2. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  3. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  4. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  5. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  6. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  7. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  8. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  9. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  10. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
閉じる

乳児期の子育て

カテゴリー:肌の異常

一昔前には、ベビーパウダーは、「あせも」や「おむつかぶれ」などの肌トラブルを予防するための必需品で、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭には必ずと言っていいほど置いてありました。しかし現在は、ベビーパウダーを使う家庭が減っており、お店で…

朝起きてみると、赤ちゃんの手足やほっぺが赤くパンパンに腫れていたという経験はありませんか?冬は、赤ちゃんがしもやけになりやすい季節で、どれだけ防寒対策をキチンとしていても、赤ちゃんがしもやけになるリスクを0にすることはできません。…

生まれて間もない赤ちゃんの身体に発疹が出たら、新生児中毒疹の可能性があります。新生児中毒疹は、新生児に見られる生理現象の一つです。生まれたての赤ちゃんの身体は、慣れない胎外生活に適応する過程で色々な症状が起きるものですが、新…

赤ちゃんは、顔や体にあざができることがあります。赤ちゃんの身体にあざがあると、親としては、「皮膚の病気ではないか。」、「ずっと消えないのではないか。」などと不安になってしまうものです。実際、あざの中には、治療が必要なものや、…

赤ちゃんの頬は、本来はとても白くて柔らかく弾力があるものですが、大人に比べるとデリケートなので、すぐ真っ赤になってしまいます。ある日突然、赤ちゃんのほっぺが赤くなっていると心配になりますし、実際に治療が必要な場合もあります。…

赤ちゃんは、肌だけではなく唇(くちびる)も乾燥しやすいものです。特に、冬場の乾燥した空気にさらされたり、湿度の低い場所で長い間過ごしたりすると、唇がカサカサに乾燥してしまい、出血することもあります。では、どうして赤ちゃんの唇…

太田母斑とは太田母斑とは、ほっぺたや目の周囲にかけてできる青色や赤褐色のあざのことです。思春期の女性、特に東洋人の女性によく見られるものですが、新生児期や乳児期の赤ちゃんの頃からあざができることもあります。なお、肩から上…

サーモンパッチとはサーモンパッチとは、毛細血管の拡張により、赤ちゃんの額(ひたい)、眉間(みけん)、鼻など顔の中央部分にできる、シミのような赤いあざのことです。産卵期のサケに見られる赤い模様に似ているため、サーモン(サケ)パッチ…

ウンナ母斑とはウンナ母斑とは、赤ちゃんが生まれたときから、後頭部からうなじにかけてみられる赤いアザのことで、新生児中心性紅斑の一種です。コウノトリが赤ちゃんを加えて運んできたときにできたマークだと考えられており、ストークマークと…

日焼け=健康ではない2000年前後までは、赤ちゃんが日焼けすることに対する問題意識を持っているお父さんお母さんは、ほとんどおらず、むしろ、日焼けして肌が赤いもしくは黒いのは、健康な証拠だという風潮もありました。赤ちゃんの肌が赤い…

蒙古斑とは蒙古斑は、赤ちゃんのおしり(臀部)から腰や背中に生まれたときからあるアザのことです。蒙古斑の有無は人種によってかなり差があり、黄色人種の赤ちゃんのほぼ90%、黒人の赤ちゃんの約80%、白人の赤ちゃんの約10%にみられま…

おむつかぶれとはおしり、腰、足の付け根など、おむつが触れる部分に起きる炎症をおむつかぶれといいます。医学上は、おむつ皮膚炎と呼ばれます。おむつかぶれと他の乳児湿疹との違い違いアトピー性皮膚炎、あせも、脂漏性湿疹など他の乳…

あせもとはあせもとは、たくさん汗をかいたあとにできる赤い湿疹のことで、軽いかゆみやちくちくする痛みをともないます。赤ちゃんは、汗っかきですし、ポッチャリしていて肌が重なり合う部分が多いので、大人に比べてあせもができやすいものです…

アトピー性皮膚炎とはアトピー性皮膚炎は、アトピー素因(アトピー性鼻炎、アレルギー性鼻炎、結膜炎、気管支ぜんそくなどを発症しやすい体質)を持つ人に生じやすい慢性の湿疹です。乳児のアトピー性皮膚炎の特徴としては、次のとおりです。…

乳児脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)とは頭部や顔にかさぶた状やふけ状の湿疹ができるものを、脂漏性湿疹といいます。脂漏性皮膚炎ともいいます。乳児期にできるものを乳児脂漏性湿疹ということがあり、また、頭皮にできるものを乳児脂肪冠と…

新生児にきびとは新生児期(生後2週間前後)から、生後3ヶ月頃までにできるにきびのことを、新生児にきびといいます。医学的には脂漏性皮膚炎と呼ばれます。関連ページ 赤ちゃん(乳児)の脂漏性湿疹とは?原因、症状とケア…

乳児湿疹(しっしん)とは乳児期の赤ちゃんにできる湿疹をまとめて、乳児湿疹といいます。乳児湿疹には、新生児にきび(脂漏性湿疹)、アトピー性皮膚炎、あせもなどさまざまなものがあり、原因も症状も様々なので、医師でも診断が難しいことが少…

乳児脂肪冠とは赤ちゃんの頭皮におこる肌荒れや炎症(乳児湿疹)を、乳児脂肪冠といいます。生後1ヶ月頃の赤ちゃんに多く見られますが、通常は長くても1ヶ月程度で治ります。1歳以降の赤ちゃんに乳児脂肪冠が出ることはほとんどありま…

ページ上部へ戻る